小部屋日記

映画、音楽、本…好きなものに愛をこめて・・
コメント、TB大歓迎です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

怪談

2007-08-14 | カ行の映画

(2007/日本)【劇場公開】
監督:中田秀夫
出演:尾上菊之助[5代目] /黒木瞳/井上真央/麻生久美子/木村多江/瀬戸朝香

ずっと、ずっと、ずっと、あなただけ。

お盆ということで(笑)「怪談」を観てきました!
恐くないって聞いてましたが、やっぱり日本の怪談話は恐かった~
「リング」シリーズの中田秀夫監督、5年ぶりの日本映画。
三遊亭円朝の傑作「真景累ケ淵」(しんけいかさねがふち)を題材にした愛と情念の物語。悲恋ものですね。
丁寧につくられてあって、幽玄な音楽も雰囲気を出してます。
欧米、アジアほか世界40か国に配給されるとのこと。

たばこ売りの新吉(尾上菊之助)と三味線の師匠・豊志賀(黒木瞳)。
実は二人は親の代から続く不思議な縁で結ばれていたんです。
新吉の父親は20年前に豊志賀の父親を殺していた。
運命のいたずら・・・
二人が初めて出会うシーン、お互い目をあわせた瞬間、空気が止まったかのよう。


新吉役の尾上菊之助がびっくりするほど色っぽい!!
セクシーじゃなくて、江戸時代のおとこの色気。

歌舞伎役者さん特有の目の演技、目で殺すタイプだな・・・
そこにいるだけで、女性が寄ってきそうですよ。
豊志賀は、その目にはまったんだろうな。自分にはない若さもね。


二人は恋をし、新吉は豊志賀の家に居つくようになる。
だが、豊志賀の愛はいつしか嫉妬を生み、新吉とのいさかいで顔に傷を負う。
まるで四谷怪談のお岩さんみたいです。

色男の新吉は女性に優しいのでモテモテ。
そんな姿を想像する豊志賀は哀れになるぐらい苦しむ。
そして「このあと女房を持てば、必ずや、とり殺す」と書き残し死んでいく。
ここまで思われる男って幸せ!といいたいけど・・・恐い。。

その後、江戸を逃げ出した新吉ですが、彼に思いを寄せる女たちが次々と恐怖の惨劇に巻き込まれるのだ。
弟子のひとり、その叔父の娘、芸者あがりの女(自業自得でもある)。
豊志賀の恨みは深くて悲しい。
新吉もそんなに悪い男にはみえないけど、因果応報。


夏の花火、冬の情景、日本の四季の映像は美しいです。
駕籠の中から手が出るところは、場内どよめきが起きましたねえ。ドッキリ
こういう演出はリングっぽいです。
〈親の因果が子に報い〉運命に逆らうことができなかった男女のせつない話。
新吉は死後も豊志賀から離れられないだろうな。
ピチャピチャ感は、日本特有のじめじめした恐さで、日本映画らしくよかったです。

黒木瞳は着物姿もきれいで、官能的だった。瀬戸朝香、ワルな女がぴったり。
なんといっても尾上菊之助はハマリ役!
累ケ淵での鎌で大立ち回りもがんばってたね。
浜崎あゆみの主題歌は、意外にもホッとさせてくれました。

「怪談」公式サイト

★★★★(5段階☆は0.5)

ブログ王ランキング


Comments (18)   Trackbacks (21)   この記事についてブログを書く
« オーシャンズ13 | TOP | DOA/デッド・オア・アライブ »
最新の画像もっと見る

18 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ。 (masala)
2007-08-15 00:29:57
TBありがとうございます。
籠のシーンでどよめきましたか、それは監督冥利に尽きますね。
あそこのシーンは私もビクッと反応してしまいました。
やっぱり夏は怪談やホラーがいいですね。
正統派ホラー? (ちゃぴちゃぴ)
2007-08-15 01:29:53
うん、なんかじっとりしてるねぇ。
黒木瞳は、情炎がちょい薄そうな気もするんだけど、官能的だったんなら、よかったんですね。
女の嫉妬って、怖いねぇ。
嫉妬というと、源氏物語の生き霊になる六条御息所も、ワタシは意外に好きですけどね。
私自身は、めんどくさいんで、嫉妬すんのもヤになっちゃう。

あたしは、「エクステ」「口裂け女」と
なんだか、方向の違うホラー系観ちゃいましたねぇ。
やっぱ、日本の夏は「怪談」ですなぁ。
(^O^)きゃはは
こんにちは! (こでまり)
2007-08-15 09:10:02
こんにちは!初めまして!TB&コメントありがとうございました!

籠から手・・・あそこは恐かったですねぇ・・・まさかああいう場面が出てくるとは思ってなかったので、息止まっちゃいましたョ・・・
ピチャピチャ感・・・確かにそうですね。
昔の日本の怪談ってそんな感じがします。水が多く使われてたりするし。
海外に配給されて、この湿った感じが伝わるといいですよね!
また寄らせていただきます~
流し目☆ (BC)
2007-08-15 19:03:01
kobeyanikkinewさん、はじめまして☆
トラックバックありがとうございます。(*^-^*

>セクシーじゃなくて、江戸時代のおとこの色気。

そうですよね。
豊志賀〔黒木瞳〕の心を惑わせる新吉〔尾上菊之助〕の流し目に色っぽさがあるのでしょうね。(*^-^*
>こんばんわ。 (アイマック)
2007-08-15 23:03:17
masalaさん、こんばんは!
いつもコメントありがとうございます!
籠のシーン、離れたところに座ってた女子高校生たち、びっくりした!って声が聞こえてきましたよ。
私もドキッとしました^^;
気配とか、音とかも恐かったですよ。。暑い夏に怪談は涼しくなりますねえ。
>正統派ホラー? (アイマック)
2007-08-15 23:11:43
ちゃぴちゃぴさん、こんばんは!
やっぱし日本の怪談は恐いっす。
黒木瞳はやつれた感じで、だいぶ年上に見えたけど、
相手の尾上菊之助のほうが色っぽかったですよ^^
はじめて演技を見たけど、目がそそられる。
そういえば、豊志賀は六条御息所と似てるね。

ここまで執念深いのも困りもの・・・
罰があたるというのも日本らしいね。

>こんにちは! (アイマック)
2007-08-15 23:17:31
こでまりさん、こんばんは!
こちらこそ、ご訪問ありがとうございます!

籠から手はまったく予想してなかったので、びっくりしましたねえ。
雨や水のしたたる音、自然の音も怪談ならではの恐さですよね。
冒頭がモノクロで昔の映画を見ているようでした。
海外の人にも「KAIDAN」が理解してもらえたらいいですね。
私もまた遊びにいかせていただきますね!
>流し目☆ (アイマック)
2007-08-15 23:22:22
BCさん、こんばんは!
こちらこそ、ご訪問ありがとうございます!

>豊志賀〔黒木瞳〕の心を惑わせる新吉〔尾上菊之助〕の流し目に色っぽさがあるのでしょうね。(*^-^*

新吉の流し目は、女性はノックアウトされるかも。
危険な男なんだけど、本人はまったく自覚がなかったですね^^ゞ
いくら因縁とはいえ、可哀想になりましたよ。
こんにちは! (パピのママ)
2007-08-18 14:50:38
今年の夏の暑いこと、夏バテしていませんか?
お盆といったら「怪談」映画か「戦争」映画ですよね。
あまりの暑さに「怪談」を見て正解でした!(^^)!
中田秀夫監督の演出と映像素晴らしかったです。
おるいとの間に出来た赤ん坊、泣かないし眠らない、新吉が抱くと黒い蛇が出てきて、やはり豊志賀の怨念なんでしょうね。
最後は、豊志賀に抱かれて新吉も本望でしょう(^^♪
>こんにちは! (アイマック)
2007-08-19 16:12:09
パピのママさん、こんにちは!
夏バテはしてないと思いますが、集中力欠きますよ・・
今も暑くて、頭がまわってない感じで^^ゞ

涼しくなりたいときは「怪談」ですよね!
中田秀夫監督の怪談、なかなかよかったですね。

あの赤ん坊は恐かったですよ・・・蛇がポタポタ落ちるところとかね。
恨みはほんとに恐ろしい。。。
抱かれる新吉、ゾゾーっとしました^^;

post a comment

Recent Entries | カ行の映画

21 Trackbacks

麻生久美子 (アイドル画像を探そう)
麻生久美子「愛の形を感じました」 麻生久美子演じる皆美の存在が…
映画「怪談」を試写室にて鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 築地の松竹試写室にて「怪談」を鑑賞した。 映画の話 時は江戸時代。煙草売りの新吉は、美しい三味線の師匠・豊志賀と巡りあい、瞬く間に激しい恋に落ちる。実は2人の出会いは、親同士の因果な関係と深くつながっていた。やがて新吉と豊志賀の身に不幸な運命が訪れる...
怪談 78点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
沖縄怪談 逆吊り幽霊・支那怪談 死棺破り 公式サイト 落語家であり講釈師でもある三遊亭円朝による怪談噺『真景累ヶ淵』を、『リング』など新時代の和製ホラー映画の旗手である中田秀夫監督により映画化。 主演に歌舞伎俳優の尾上菊之助を選ぶなど、鶴屋南北による...
「怪談」女たらしと金遣いが過ぎた先に受けた先代の負の代償と天罰 (オールマイティにコメンテート)
「怪談」(PG-12指定)は江戸時代を舞台にした出会ってはならない2人の愛し合った先に嫉妬の怨念が男を追い詰めるホラー映画である。夏といえばホラー映画のシーズンだが、今年はホラーな夏になりそうだ。
「怪談」女たらしと金遣いが過ぎた先に受けた先代の負の代償と天罰 (オールマイティにコメンテート)
「怪談」(PG-12指定)は江戸時代を舞台にした出会ってはならない2人の愛し合った先に嫉妬の怨念が男を追い詰めるホラー映画である。夏といえばホラー映画のシーズンだが、今年はホラーな夏になりそうだ。
怪談 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
綺麗な作品だ。だが美しさばかりが目立ってさっぱり怖くないのが玉にキズ。この映画はホラー映画ではなく、文字通り古典的な日本の“怪談”だと思って見るべき。古典落語の真景累ヶ淵がもとで「親の因果が子に報いる」運命を官能的に描く。表面は優しいが芯は冷淡な新吉役...
怪談 (読書と時折の旅 (風と雲の郷本館))
 映画「怪談」の試写会に行った。出だしは、一龍斎貞水の語りで始まったが、モノクロームの画面とよくマッチし、なかなか期待が持てた。 煙草売りの新吉と、三味線の師匠豊志賀は、出会いそしてひかれ合う。しかし20年前豊志賀の父を殺したのは、新吉の父であった。こ...
「怪談」(129) (映画とワンピースのこでまり日記)
女の情念恐ろしやぁ~~~
映画「怪談」(2007年、日) (富久亭日乗)
     ★★★★☆  三遊亭円朝作の落語「真景累ケ淵」 を「リング」の中田秀夫監督が映画化した。  江戸・深川の三味線の師匠、豊志賀が、 年下の新吉と愛人関係になるが、 怪我がもとで死んでしまう。  死の間際に残した言葉が、 「あたしが死んだあと、女房をも...
『怪談』(2007年)を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
シェアブログ1563に投稿 ※↑は〔ブログルポ〕へ投稿するために必要な表記です。  あーっ! この人、犬神家の佐清だったのか!! 『怪談』(2007年) 2007年・日本・119分 監督:中田秀夫 製作総指揮:迫本淳一 製作:松本輝
『怪談』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2007年:日本映画、一瀬隆重プロデューサー、中田秀夫監督最新作、尾上菊之助・黒木瞳・井上真央・麻生久美子・木村多江・瀬戸朝香・津川雅彦共演。 三遊亭円朝の傑作『真景累ヶ淵(しんけいかさねがふち)』を題材にした作品。
怪談 (ともみの言いたい放題♪)
「日本の夏の風物詩」を、劇場で体感しました・・・
「怪談」 (てんびんthe LIFE)
「怪談」よみうりホールで鑑賞 菊之助の顔まじまじじっくりみちゃいました。お母さんにもお父さんにもお姉さんにもそっくりで、「あなたのような美しいお顔の…」って誰かが台詞を言ったときはうなずいたけど、本当にきれいかどうか終わったときに考えました。やっぱり...
「怪談」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「怪談」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *2007年/松竹映画 *出演:尾上菊之助、黒木瞳、井上真央、麻生久美子、木村多江、瀬戸朝香、他 *監督:中田秀夫 *主題歌:浜崎あゆみ「fated」 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラ...
怪談(日本) (映画でココロの筋トレ)
最近、全然映画を観にいけてないなー。今日こそ、何か観よう!  と思って調べたら「怪談」がちょうどいい時間に上映でした。 ( → 公式HP  ) 出演:尾上菊之助、黒木瞳、井上真央、麻生久美子、木村多江、瀬戸朝香 上映時間:119分  新吉(尾...
怪談(映画館) (ひるめし。)
ずっと、ずっと、ずっと、あなただけ。
【2007-113】怪談 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 出逢ってはならない2人 決して愛してはならない運命 陶酔と戦慄の愛の物語 ずっと、ずっと、ずっと、あなただけ。
怪談 (映画通の部屋)
「怪談」製作:2007年、日本 119分 PG-12指定 監督:中田秀夫 原作:
★「怪談」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日休みの劇場鑑賞は2007/08/04公開の2本。 その1本目。 ひらりん、黒木瞳は大好きだし・・・。
怪談 (愛猫レオンとシネマな毎日)
「リング」の中田秀夫監督の最新作です。 チラシに載っているワンシーンごとが美しかったのと、こわいもの見たさです(笑) 黒木瞳さんや、井上真央ちゃんも好きでしたし・・・ 想像してたとおり、映像が幻想的で美しかった! 美術的にもスバラシイと思います。 スト...
怪談 (肉球シネマブログ)
■2008/2/22日DVD発売 ■日本制作 ■119分 ■監督 ・中田 秀夫 ■出演 ・尾上菊之助(新吉) ・黒木瞳(豊志賀) ・井上真央(お久)  ・木村...