小部屋日記

映画、音楽、本…好きなものに愛をこめて・・
コメント、TB大歓迎です!

パフューム ある人殺しの物語

2007-03-11 | ハ行の映画
Perfume: The Story of a Murderer(2006/ドイツ)
【劇場公開】

監督・脚本・音楽: トム・ティクヴァ
出演: ベン・ウィショー/ダスティン・ホフマン /アラン・リックマン /レイチェル・ハード=ウッド /アンドレス・エレーラ /サイモン・チャンドラー /デヴィッド・コールダー

匂いを感じとれる映画ということで、興味津々で観にいってきました!
想像以上に独創的なお話。
リアリズムを追求する人は、ついていけないかな^^;
パトリック・ジュースキントのベストセラー小説を映画化。

冒頭、悪臭ただよう魚市場のえぐいシーンで、どうなることやらと思いましたが、それからはすんなり観られました。
18世紀のパリのたたずまいがうまく再現されてます。
犬のような驚異的な嗅覚の持ち主である主人公グルヌイユ。
みじめな人生を救ってくれたのは、香水調合師という仕事についてから。

師匠もおどろくほど、たぐい稀な才能を発揮する。
師匠役ダスティン・ホフマンが化粧して登場はびっくり!
プラム売りの少女の匂いにとりつかれ、ストーカーのように追跡。
匂いオタクじゃなくて、本能ですねえ。
赤毛の髪をクンクンするところは、どんな匂いなのか私も嗅ぎたくなった。笑
きっといい匂いだろうなあ。
主人公の初恋ともいえる・・・


グルヌイユが、香水の都グラースで出会った裕福な少女ローラに魅せられますが、バルコニーに立つローラの匂いに、グルヌイユが涙目で見つめるシーンはひきつけられた!
映像と音楽で盛り上げてくれます。


グルヌイユが、いい匂いを捉えておくために殺人をおかすのですが、はじめは変質者にみえたのが、物語がすすむにつれノーマルにみえてくるのが不思議。

彼は体臭がないので、だから匂いに敏感なのだ。
魚市場に捨てられていた自分、幸せを感じたことがない。
いい匂いで幸福を味わっているのよね。
演じるベン・ウィショーの生真面目さ、恍惚の表情もいい。

前半、中盤はサスペンス、ゴシックロマン風だったのが、驚きのラストで唖然・・・
私の隣に座った男性、笑ってたな^^ゞ
私もここだけは微妙・・・

トータルすると視覚効果で楽しめますね。
グレーの空のパリ市内、グラースのラベンダー畑、赤い薔薇、黄色いプラム・・・
ベルリンフィルの音楽はいい~。
劇場で観る価値はあると思うなあ。パリの社会風刺も描かれています。

愛に飢えた孤独で貧しい男の数奇な運命。
世界を変えることもできた彼だけど、最後まで無垢な人生でした。

ベン・ウィショーは、内面を重視する難しい役をよくこなしてましたね。

★★★★(5段階☆は0.5)

「パフューム ある人殺しの物語」公式サイト

ブログ王ランキング


最新の画像もっと見る

38 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
衝撃のラスト (kossy)
2007-03-11 23:57:16
ラストでファンタジーらしくまとめてくれましたよね。
あれがグルヌイユに残された最後の良心だったかと考えると、やっぱり悲しい物語なんですよね・・・
TBありがとうございます。 (masala)
2007-03-12 00:01:24
こんにちは。
「パフューム』のラスト私も笑っちゃったんですが、あれは見る人によって様々な解釈になると思うのです、私はラスト直前まで本当に緊張して見ていたのですが、あれを見てしまったら腰が抜けたみたいな感じでヘナヘナになってしまい笑いに繋がったようです。でも、映画として素晴らしい作品だったので早くも今年のベスト候補の作品になることでしょう。
これからも「masalaの辛口映画館」を宜しくお願いします。
Unknown (くろねこ)
2007-03-12 00:53:59
こんばんは♪
腰がヘナヘナですね。
私は頭がポカ~ンとしました(笑)
もう少しかぐわしい香りがほしかったですけど、
この匂いにこだわった映像は
見ごたえありましたね♪
Unknown (アニー)
2007-03-12 02:01:09
フェチフェチ、臭いフェチ~。

見たいぃ、最近なにげに、一番見たいでーす!
でも、ニャンコの残酷シーンが有るから、私には
どうかな?・・と言われております。

しかし、変人チックな、お話は大好きなんですよね~。やっぱり、見たい・・けど、近くの劇場に来てません・・トホホ
こんにちは! (由香)
2007-03-12 07:56:46
アイマックさん、こんにちは~
グルヌイユのやっている事は大量殺人なのに、罪の意識が感じられないぶん、何とも不気味な雰囲気が漂っていましたね。。。
難しい役を演じたベンの表情が印象的でした。
これから彼を他の映画で観ても、グルヌイユを思い出しそうです(笑)
変人・変態、たぶん大好き (ちゃぴちゃぴ)
2007-03-12 08:45:53
これ(も)観たいよ~。



ムフっ

なんとか観たいなぁと画策してるんですがねっ。

( -o-)=з

いいねぇ~コレッ☆

春休みマンガ映画におされたら、R付きは終わりそうだしなぁ…。

観たいわぁ
おはようございます♪ (こべに)
2007-03-12 09:09:52
TBありがとうございます♪
衝撃のシーンはお口ぽかんでしたが
そのうち絵画のようだわ~って思ってしまったの。
やってることは人殺しなのに嫌悪感も感じることなく観れちゃうなんだかスゴイ映画でした♪

Unknown (AnneMarie)
2007-03-12 11:24:27
TBありがとうございます♪
究極の香りを街中でうっかりかいでしまったら・・・恐ろしいなぁ。
最後のアレは…へ? と拍子抜けしちゃったんだけど、時間がたった今はアリだなって思えるようになりました。
目標達成してへなちょこになってるだけじゃないだろうかと。
>衝撃のラスト (アイマック)
2007-03-12 23:10:53
kossyさん、こんばんは!

まさかファンタジー映画だとは思いませんでした・・・
ちょっと呆気にとられましたけどね^^ゞ

>グルヌイユに残された最後の良心だった

切なくって・・
今思うと深いお話でしたねー。
masalaさん、こんばんは! (アイマック)
2007-03-12 23:18:26
コメントもどうもありがとうございます!

>あれを見てしまったら腰が抜けたみたいな感じでヘナヘナになってしまい笑いに繋がったようです。

思いもかけない展開で、開いた口がふさがらない感じかな。^^
ローラの父までへなへなになるとはなあ。

>映画として素晴らしい作品だったので早くも今年のベスト候補の作品になることでしょう。

あとになって、内容は深いものがあるなあと思います。
おもしろい題材、映像と音楽に魅せられましたね~
これからもそうぞとよろしく!

post a comment