Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

鹿島劇場その2(8/19鹿島対浦和)

2006-08-19 22:47:20 | 浦和レッズ
カシマスタジアムで、2年連続劇的なドラマが起ころうとは、想像していませんでした。終了間際の同点劇は、G大阪の勝利で首位を明け渡すことになっても、ここで得た勝ち点1がどこかで効いてくることを信じました。(昨年も闘莉王退場で10人になりながら、後半に2点を連取して引き分けています。)

試合の構図は、攻める浦和に守る鹿島でした。どこまで威力を発揮するのか楽しみだったワシントン、達也の2トップですが、この両者間のパスコースを鹿島DFが完全に封鎖していました。また、Jリーグのレベルでは4バックのチームが両SBを最終ラインに残してくると、意外と優勢な側でも攻め手がなくなります。

そのため、両アウトサイドの三都主、平川まではパスが入るものの、その後のクロスがクリアされてしまい、なかなか浦和の攻めは形になりませんでした。逆に、前半終了間際に鹿島が最初のCKで、アレックス・ミネイロがマークについていた平川を振り切って、ニアサイドで頭ですらし1-0と先制しました。

試合内容と結果が一致しないという展開で、前半を折り返しましたが、後半になってくると鹿島のカウンターが冴えました。上がりを自重していた両SBも上がってきて、鹿島の2点目は柳沢とアレックス・ミネイロのワンツーからです。

さすがに、いくら押していても2点差はちょっときついかなと思い始めた頃、田中達也のスペースへのフリーランニングから、クロスをワシントンが落とし、そこに走り込んだ小野伸二の左足シュートで1点差にしました。柳沢の2点目の直後だったので、このゴールは結果的に重要になりました。

しかし、時計は容赦なく時を刻み、いよいよロスタイム目前になった頃、永井が空いた右サイドをドリブルで突き進み、クロスを闘莉王が落としたところを、ワシントンがフリーで抜け出して同点ゴールを決めました。結果は引き分けです。

ポイントはゴール前のポスト役でした。ワシントンにしても、闘莉王にしても、鹿島DFに競り勝てる高さがあります。単純な放り込みでは勝てませんでしたが、相手左SBが上がった一瞬の隙を狙いました。ポストで落とすことができれば、かなりの確率でチャンスになることを示しました。
コメント

鹿島対浦和プレビュー

2006-08-18 22:13:55 | 浦和レッズ
明日、浦和が対戦する相手は、長年なかなか勝てなかった鹿島です。しかも、過去にリーグ戦では2回しか勝ったことがないカシマスタジアムでの開催です。雰囲気もかなりアウェー色が強いでしょう。前回のリーグ戦(5/6)で4-0で勝っているからという楽観は禁物です。

5/6のときは鹿島にレギュラーのボランチ、フェルナンドと青木がいませんでした。小笠原、増田の急造ボランチコンビが脆さを見せたための、浦和の大勝です。ある程度真ん中が固まれば、鹿島の強さが発揮される可能性は高いです。

ただ、浦和側にも好要素はあります。それはワシントンが復帰する可能性があるということです。ドイツ合宿に行った数少ないサポしか見ていない、未知のワシントン、達也ラインがつながる日が楽しみだったので、見られれば最高です。その場合はトップ下を伸二1枚にした3-5-2になるでしょう。

ポンテは先週のGGRで「出られるコンディションではない」と言っていたことから、鹿島戦での復帰はないとみました。ただ、気になるのは、代表組が中2日での試合なので、練習で一回も合わせないでの試合になることです。(前日練習はリラックスすることが多く、大抵戦術練習にはなりません。)

ワシントン、達也は単独突破もできるけれど、あまり頼りすぎてはいけません。やはり中盤のサポート、特に好調平川を絡めた攻めを中心に組み立てて欲しいと思います。
コメント

オシムの言葉(書籍)

2006-08-17 20:37:56 | ワールドサッカー
オシム監督の代表監督就任で、にわかに注目を集めたこの本ですが、一番驚いたフレーズは、民族紛争の激しかった旧ユーゴで、「オシム監督は全共和国から支持されていた」ということです。日本人の私には、旧ユーゴの民族間の感情はわかりませんが、オシム監督は全民族を公平に扱い、結果的に絶大な支持を得たのです。

また、オシム監督の奥さんが、内戦状態に置かれたサラエボで、死と隣り合わせの2年近くの歳月を送り、やっとの思いで抜け出せたというのも衝撃的でした。連絡もアマチュア無線でしか取れず、しかも必ずしもつながるとは限らない状態でした。しかし、戦争をしているはずの兵士に、オシム監督の教え子がいて、奥さんの手助けをするというあたりにも、オシム監督の人間性を感じます。

そんな壮絶な日々を送った以上、戦争のない日本のJリーグで指揮を執る日々はきっと楽しめたのではと思います。毎年主力選手を引き抜かれた当時の市原で、選手を育てながら勝利に導いたのは、「選手を信頼し、安心してリスクを冒せるようにすること」が信条だったそうです。
コメント (2)

湿気の中の凡戦(8/16日本対イエメン)

2006-08-16 22:29:35 | ワールドサッカー
今日のオシムジャパン第二戦、イエメン戦は暑さの影響を強く受けた試合だと思います。前半10分ほどで、既に選手のユニフォームがぐっしょり濡れていた事実からも、午後7時で30度を超えていた暑さが、かなり日本代表の体力を奪った可能性は高いです。

実際、オシム監督の「考えて走る」サッカーは、中東や東南アジアという暑い地域でのアウェー戦を戦わなければならない日本代表にとっては、いつもできるサッカーではないような気はしていました。事実、試合後の記者会見でも、オシムは暑さのことを持ち出して選手をかばいました。

ただ、前線に4人近くが止まってしまい、ただボールが送られてくるのを待つサッカーが本当にオシムサッカーなのかというと、私は違うと思います。田中達也は動かない前線にしびれを切らして、引いてきてドリブル突破を仕掛けました。結果的には決定機を外しましたが、オシム監督はこういうところは見ているはずです。

もっとも、前線の人数が増えるサッカーになったのは、イエメン側の事情もありました。イエメンは5-4-1でしたが、1トップや2枚のトップ下も守備に参加し、全員で引いてくるサッカーでした。あそこまで全員守備に徹されると、とにかく前線に人数を送り込んでパワープレーで攻めたいと判断した選手の決断も、間違ってはいません。

しかし、オシム監督はこのサッカーでは駄目だと判断して、羽生を入れてサイドからの崩し(羽生はトップ下ですが、サイドへ走るプレーが得意な選手です)を狙って、マークを分散させました。あれほど堅守を誇っていたイエメンGKは、最後の佐藤寿人のゴールの場面で決定的なミスを犯しました。ベンチのアシストで勝った試合でしょう。

中東のアウェー2連戦は、暑さの中でどういうメリハリを利かせて、オシムサッカーを実現するかを見たいと思います。サウジ戦はテレビ中継がないかもしれないという、未確認情報もありますが。
コメント (2)   トラックバック (1)

ジダンの伝説(7/1フランス対ブラジル)

2006-08-15 21:44:41 | ワールドサッカー
今更ながらのW杯ネタですが、ジダンといえば頭突きというイメージが皆様には強く残っているでしょう。実は頭突き事件の前の準々決勝のブラジル戦では、非常に素晴らしいプレーを見せて、優勝候補ブラジルが敗れるという波乱を演出しています。

1998年フランスW杯優勝でジダンは既に伝説的プレーヤーの仲間入りをしていましたが、この日のプレーでその伝説は、さらに1ページを加えました。以下、当時の私のメモより抜粋します。

きっと、フランスが優勝候補ブラジルに対し、ワンチャンスをものにして勝った試合なのだろうと思っていた。しかし、その予想と実際の試合展開はまったく違った。フランスは
ブラジル相手に互角の攻め合いを選び、ボール支配率でも劣らずに勝ったのである。

中盤と言えばブラジルのイメージがあるが、この日はジダンが絶好調だった。世界中がジダンの個人技に注目しているから、ジダンがボールを持つとテレビの画面がアップになるため、余計目立ったこともあるが、リフティングで相手をかわしてパスを出したり、ドリブルで相手のボランチを抜いてオーバーラップしたビエラの突破につながるパスを出した
りした。試合を支配するのはフランスで、見ているうちに相手がブラジルだということを思わず忘れてしまうほどだった。

ブラジルというチームは、自分達が攻めの形を作る戦略は巡らすが、相手のキーマンを封じて守備を固めるのは決して得意ではない。しかも、守備の職人であるボランチのエメル
ソンは負傷で欠場していた。また、ブラジルは売り物のはずの攻撃も、パレイラ監督の不可解な采配で機能しなかった。

これまでの試合では、ロナウジーニョを左MFに置いて、ロナウド、アドリアーノの2トップで戦っていた。しかし、このフランスは、ブラジルにとっては今大会で初めて当たる互角の力を持つチームである。どうやら、パレイラ監督は必要以上にフランスを恐れてしまったのではと思う。(アドリアーノを外した)

ブラジルの攻撃は、結局ロナウド一人が前線に残る形になり、世界有数のDFであるチュラムとギャラスが、ロナウド一人を封じればいいという、フランスにとっては楽な展開になった。ブラジルのボランチが攻撃参加したくても、フランスのダブルボランチはビエラ、マケレレという守備に強いタイプで突破は難しい。日本戦やガーナ戦で見せた奔放な攻撃は見せることができなかった。

結局前半は0-0で折り返すが、やりたいサッカーをやっているのはフランスの方だった。フランスはいけるぞという雰囲気でハーフタイムに突入したと思う。これなら、フランスに先制点が入るのは必然と言えた。後半12分の遠い距離からのジダンのFKで、ブラジルは絶対にフリーにしてはいけないアンリに、ファーサイドでフリーになられてしまった。

これなら、いくら遠い距離のFKでも、ジダンの技術ならアンリに合わせられる。アンリはただ当てるだけでいいという、絶妙のボールが送られてきた。アンリは確実に合わせて、GKジーダの守るゴールを破り、フランスが先制した。

かつては巧いけれども勝負弱いと言われていたフランスは、ベテランを多く入れたこともあり、老獪さを身につけていた。中央をチュラム、ギャラス、ビエラ、マケレレで固め、攻守両面で効くリベリーやマルダーを走らせて、カウンターでチャンスを作った。単純な縦パスでは、ブラジルのDFなら簡単にクリアできるだろうが、フランスにはジダンがいた。

ジダンのところで一旦ボールを落ち着かせ、広い視野で走り込む味方にパスを出した。たとえシュートまで結び付かなくても、FWがボールを持つことができれば時間が使える。焦って前がかってきたブラジルにとっては苦しい展開になった。

結局、試合はフランスが1-0で勝利し、その後決勝まで進めるだけの戦い方に自信を深める一戦になった。あれほどまでに、ブラジル本命と騒がれていたのはいったい何だったのだろう。雑誌で見ると、どうやら良かったのは日本戦だけらしく、クロアチア戦やオーストラリア戦は内容が良くなかったらしい。結局、サッカーはコンディションということなのだろう。W杯を戦うのは、想像以上に難しいものなのだろうと改めて思う。
コメント

さいたま市花火大会

2006-08-15 14:46:31 | 埼玉
雷雨で、さいたま市花火大会が順延になったので、レッズ戦と重なって行けないはずの花火が見られました。今の花火は、昔はなかった青や紫などの色もあり、蝶の形や土星の輪の形などもあります。大きな二尺玉の花火もあり、打ち上げ地点から離れている自宅の近くからでも、よく見えました。

一番驚いたのは、2回破裂する花火です。一回目で白色の閃光が円状に広がると、二回目で赤色のスターマイン(通常の打ち上げ花火)が複数個光る花火でした。尺玉クラスの大きな花火なので、これには圧倒されました。

ただ、近くで見ていないと、どうしても花火がいつ終わったかわからず、最後の二尺玉は見逃した可能性が高い(大きな音だけ聞いた)のが残念でした。まあ、花火はたくさん見ればいいというものではなく、一瞬で消える美しさを堪能すればいいと思うので、そんなに精神的ダメージはありませんが。
コメント

日本対イエメン・プレビュー

2006-08-14 20:13:00 | ワールドサッカー
今週水曜、日本代表の相手は、初対戦のイエメンです。日本代表と対戦したことがなければ、当然日本人でイエメン代表に詳しい人は皆無でしょう。そのため、どんなチームかの情報はまったくありません。マスコミもどうやら同じらしく、「おそらく引いてくる」程度しか記述はありません。

そもそも、イエメンがどこにある国かすら、よくわかっていないことに気付き、検索サイトで「イエメン」と打ち込んでみました。外務省HPによると、イエメンはアラビア半島の南端、サウジアラビアの南隣の国です。石油で豊かな中東のイメージとは異なり、貧困国の一つに数えられる国です。また、1994年には内戦も勃発するなど、まだまだ不安定な国です。

ということは、当然サッカーの強化につぎ込める予算は限られているでしょう。中東特有の、引いてからの速いカウンターが完成しているとは、どうしても思えません。ただ、何とか大物食いを成し遂げようと、相手のモチベーションは高いはずです。日本としては、できるだけ早い時間で点を取って、相手のやる気をなくしたいところです。

私が注目しているのは、ボランチの人選です。オシム監督が、前の試合で良かった鈴木啓太を使うか、それとも千葉時代にオシムイズムを理解している阿部勇樹を使うかです。ここでの選択は、ひょっとすると、これからの代表の中心選手を決める選択になるかもしれないので、注目しています。
コメント (2)   トラックバック (1)

スタジアムの観戦環境(西武ドーム)

2006-08-14 09:15:32 | 他スポーツ
埼スタは2001年の完成で、観戦環境の良さは長年の経験が積み重なっています。トイレの数も売店の数も多いです。椅子の幅も広いです。

しかし、27年も前にできた西武ドーム(旧西武球場)も、観戦環境という意味では決して悪くないスタジアムでした。このバリアフリー時代に、車椅子席がないという課題はありますが、隣の席との間隔は十分広く、隣に人が座っていても気にすることなく試合を見ることができます。

また、トイレの数は十分多いです。野球はサッカーと違って、ハーフタイムに人が集中することはないですが、それでもトイレで困らないというのは、快適な観戦に必要な条件です。

聞いた話では、西武ライオンズを九州から誘致するときに、当時の堤オーナーが、アメリカのメジャーリーグまで行って椅子の幅からホットドッグの値段まで全てを調べて来いと指示を出したそうです。その努力が、現在でも通用する観戦環境の良さにつながっているのでしょう。

当時のスタジアムは、長いすだった後楽園球場や川崎球場など、まだまだ観戦環境という意味では不十分なスタジアムもありましたから、今更ながら当時の西武グループの努力を感じることができました。
コメント

サイドの攻防(8/12浦和対FC東京)

2006-08-13 10:09:52 | 浦和レッズ
まずは、前のエントリで、「ロースコアの一戦になる」と書いた予想が大きく外れ、大変失礼しました。勝つ可能性は高いと思いましたが、まさか4-0とは。ただ、もちろんその結果には理由がありました。

浦和はいつもの3-6-1でしたが、FC東京も3-6-1できました。3バックの両チームが対戦するときは、両アウトサイドの攻防が試合の鍵を握ります。ただ、狙い方には微妙に違いがあって、浦和はスルーパスへの反応ならチームナンバーワンという平川を右サイドに起用して、縦パスで攻めようとしてきました。

対するFC東京は慎重策もありかなと思っていましたが、本来攻撃的MFの石川を右アウトサイドに起用したのは、ドリブルで三都主の裏を突こうとする狙いでした。ただ、FC東京のガーロ監督は、前任者の原監督と違って、必ず守備の駒を入れてきます。それは左アウトサイドの伊野波でした。実際は伊野波は平川へのマークという意味ではあまり機能しておらず、逆に平川の裏を狙って攻めていましたが。

先制点は浦和の狙い通り、平川のクロスでした。小野のゴールは逆サイドで受けてうまいボールコントロールからきっちり決めたものです。しかし、前半の内容は互角でした。FC東京も梶山、ルーカスとボールの持てるMFがいます。ボール支配率ではそれほど差のない展開でした。

そのバランスが崩れたのは、伊野波の退場でした。平川を後ろから引っ掛けて2枚目のイエローを受けたのですが、これでFC東京は石川を右SB気味に置く変則4バック(左アウトサイドのいない3バックにも見える)で戦ってきました。左サイドの守備は茂庭に任せ、右サイドだけ退場前の形を維持してきました。

浦和はFC東京の左サイドを崩せばと思いましたが、意外にも崩したのは右サイドでした。代表戦2ゴールの三都主がドリブルで切れ込んでシュート。これがネット右に決まり2-0となりました。しかし、試合を本当に決定付けたのは、山田の投入でした。この山田投入は永井に代えて入れたので、本来ならトップ下に置くところです。

しかし、山田の位置は、あえて固定したポジションを与えず、最終ラインから左サイド、トップ下とさまざまな位置を移動しました。これで数的不利で特定のマーカーをつけられないFC東京のマークは混乱しました。山田には自在にクロスを上げられ、最後は達也の折り返しを三都主が珍しいヘディングシュート。こんな手もあるのかと、ギドの采配の妙に感心した試合でした。
コメント (4)   トラックバック (2)

首位らしからぬ野球(8/11西武対楽天)

2006-08-12 09:31:14 | 他スポーツ
今日から夏休みなので、西武ドームまで野球観戦に行ってきました。西武の相手は楽天で、昨年のチーム創設以来初めて見ました。あまのじゃくの私は、楽天が最下位に低迷している理由が一つでもわかればと思っていました。

西武の先発、グラマンは変化球でかわすタイプで、楽天の先発一場は速球派です。今では一場は楽天ではエース格に成長したため、楽天にとっては勝ちたい試合です。しかし、序盤をリードしたのは西武でした。和田のホームランで先制し、一時同点にされたものの、5回にカブレラの投手強襲安打と和田のライトフェンスに当たる2塁打で、5-1とリードを広げ、一場をマウンドから降ろしました。

一場は速球はさすがという切れを持っていましたが、変化球が甘く入ったところを狙い打たれました。しかし、本来なら西武の勝ちパターンのはずの展開なのに、西武ファンの立場でもすっきりしませんでした。理由は楽天にヒットを多く打たれていたことと、走塁ミスが2度あったことです。楽天も守備に細かいミスはありましたが、西武の内容も悪かったので、この試合だけで楽天が最下位に低迷している理由はわからない内容でした。

そんな不安は、グラマンが崩れるという形で表に出てしまいました。もともと、5回で5安打を浴びていたグラマンは、6回に3連打と押し出し四球で、満塁のランナーを残し降板しました。一応勝ち投手の権利は残しての降板ですが、どんなチームでも先発投手が6回で降りてしまうと、後の中継ぎが苦しくなります。西武も中継ぎ専門の山岸を、6回、7回の2イニングを投げさせざるを得ませんでした。

結果的には、山岸が7回にフェルナンデスに同点3ランを浴びたのが敗因になるのですが、山岸はもともとくせ球の投手で、長いイニングを投げることは想定していない投手です。この試合の間接的な敗因は、6回で満塁の走者を残して降りた、グラマンにあると言ってもいいでしょう。

また、決勝点を二つのエラーで献上したところも、西武らしからぬところです。一試合一失策以下がプロ野球の平均ですから、この日の3失策は、高校球児以下と言われても反論できないところです。この日は西武の方が、楽天より下の野球をやってしまったと思います。サッカーと違って、格下が会心の野球をやれば、プロ野球のレベル(上下の差が小さい)なら勝てます。プロ野球は一年間の積み重ねのスポーツなのです。
コメント