Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

欧州CL決勝戦プレビュー

2018-05-22 22:01:34 | ワールドサッカー
今週末の26日、ウクライナの首都キエフで、Rマドリード(スペイン)対リバプール(イングランド)の欧州CLの決勝戦が行われます。この勝負は一発勝負で、決着がつかなければ延長戦もPK戦も行われます。レアルが勝てば3連覇、リバプールが勝てば2005年以来13年ぶりの優勝になります。

試合前の下馬評は、圧倒的にレアル有利でしょう。レアルはユベントス、バイエルンと強豪相手に競り勝っての決勝進出ですが、リバプールは相手に恵まれた感もあります。今回のCLのように、決勝戦は意外にも最強チーム同士の試合にはならず、意外な相手が勝ち上がってくることはよく見られます。

もっとも、圧倒的にレアルがリバプールを攻め込むかと思うと、ちょっと違うでしょう。リバプールは堅守速攻タイプのチームですが、FWにサラー、マネとスピードのあるタイプがおり、ボールの失い方が悪いと一気に速攻を食らう恐れのある相手です。この相手に、レアルがどう出てくるかは注目ポイントです。

レアルは派手に前に出て打ちあうサッカーもできますが、後ろに2ラインを引いて現実的に守るやり方にも対応できるという強みがあります。レアルは以前はBBC(ベンゼマ、ベイル、Cロナウド)という強力な3トップを武器にしていましたが、次第にジダン監督が現実主義を志向し始め、ベイルをベンチに置いてLバスケスを起用して、4-4-2で堅実に戦うオプションも今季は見せています。

もし、レアルが引き気味に入ると、試合が膠着状態になる可能性があります。そういうときに、セットプレーで点が取れるのがレアルの強みでもあるので、この試合は1点で十分だとレアルがさらに引いてくる試合になる可能性もあります。もし、攻め合いの面白いサッカーを見たいなら、リバプールが先制する展開しかないでしょう。

もっとも、ロナウドはそういう膠着状態でも、一人の力で打ち破れる能力があります。戦術や駆け引きを超えたところにいるのがロナウドなので、終わってみればさすがロナウドと言っている可能性が高いのではと思っています。
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
« 別所沼公園トレーニング2018... | トップ | 大相撲夏場所中盤戦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ワールドサッカー」カテゴリの最新記事