Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

オマーン戦プレビュー

2019-01-11 22:52:28 | ワールドサッカー
明後日の日曜日夜、日本代表はアジアカップのグループリーグ第二戦のオマーン戦です。オマーンは日本からは遠い中東のチームですが、なぜか日本とよく当たる相手で、記憶にあるだけでも1997年1次予選、2004年1次予選、2008年3次予選、2012年最終予選と対戦しています。最近の対戦は2016年、ハリル監督時代の親善試合でカシマスタジアムで対戦しています。

オマーンは石油を産出する国で豊かですが、国土が狭いため強化には限界があるようで、ワールドカップの出場歴はありません。もっとも、個人レベルでは成功した選手もいます。今回も出場する正GKのアル・ハブシは当時イングランドプレミアリーグ、ウィガンで正GKだった実績があります。もっとも、お馴染みの名前はそのアル・ハブシだけです。

オマーンは前回のW杯予選では2次予選でグループリーグ2位になったものの、他グループとの比較で2位の中の上位4チームに入れずに敗退しています。そのため、2016年に来日して日本代表と対戦した当時は、次のカタールW杯に向けて若手への切り替えを行っている最中でした。その当時のオマーンは5バックで守りを固め、日本相手にカウンターで攻めるプランでした。

このときはハリル監督が、サイドハーフの本田圭佑、齋藤学を意図的に中央に寄せてオマーンのサイドを中に釣っておいて、空いたサイドを両SBに仕掛けさせる作戦がうまく行って快勝しています。また、この試合は今や代表のエースストライカーになった大迫勇也のブレイクの試合で、前でテクニックを生かしてキープする彼の持ち味が出た試合でした。

もっとも、この試合は中立地のUAEですが、オマーンにとっては比較的近い場所です。環境に対する慣れなどは相手の方が上なので、日本としてはビハインドを追って長い時間が過ぎると消耗が大きくなって苦しくなるでしょう。森保監督が何人かメンバーを入れ替える可能性はありますが、トルクメニスタン戦が少し情けない試合だったので、ここでしっかりと勝ち切る試合を見たいです。
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
« トルクメニスタン戦マニアッ... | トップ | 青森山田対尚志 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ワールドサッカー」カテゴリの最新記事