Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

ブラジル対コスタリカ

2018-06-22 23:29:42 | ワールドサッカー
W杯観戦記は、ブラジル対コスタリカです。初戦のスイス戦でまさかの引き分けに終わっているブラジルはどうしても勝ちたい試合で、初戦のセルビア戦を落としているコスタリカは最低でも引き分けて最終戦に希望をつなぎたい試合です。この試合は予想通り、ブラジルが持ち味のテクニックで高いボール支配率を見せ、コスタリカは自陣に5バックで守る展開になりました。

もちろん、コスタリカの立場では、相手がブラジルなのでただ守るだけで引き分けられる相手ではないことは十分理解している様子でした。コスタリカはブラジルの1.3倍の距離を走り、縦パスを1トップのウレーニャ(21番)に合わせて攻撃をシュートで終わらせようとしてきました。普段守っている、MFの4枚が必死で走ってチャンスに顔を出しました。

また、コスタリカはブラジルに技術では負けることは理解して、どうやってブラジルが得意でない領域で勝負するか考えていました。それは運動量と高さです。ブラジルも今回のチームはハードワークすると言われていますが、コスタリカのハードワークはブラジル以上で、前半は4本のシュートを放ち0-0で折り返す健闘を見せます。

それでも、さすがブラジルと言えるのは、つなぎながら相手の消耗を待てることです。つなぐ技術なら世界一のブラジルは、コスタリカの帰陣が遅れるタイミングをうまく狙っていました。VARでPKの判定が取り消されたり、ネイマールが苛立ってボールを叩きつけてイエローカードをもらう場面などに、ブラジルとしてはうまく行っていないことは現れていましたが、それでも最後にコスタリカの選手が疲れて、軽微な接触で倒れて時間を使い始めたあたりにこの試合の伏線はありました。

この試合はコスタリカの時間稼ぎの影響で、6分という長いロスタイムがありました。そこでブラジルは攻めに出ます。最後はゴール前のジェズズが止めたボールに、後ろから走り込んだコウチーニョが間に合い、ついにこれまで好守を見せていたGKナバスの守るゴールをこじ開けてブラジルが先制します。

これでブラジルには十分でした。あとはボールを取りに来るコスタリカのプレスをうまくかわして時間を使い、ロスタイムの7分にはネイマールにゴールまで出て、この好ゲームは2-0でブラジルの勝利に終わります。コスタリカの5バックは頑張りましたが、そのあとちょっとを守り切れるかどうかも差なのでしょう。
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
« デンマーク対豪州 | トップ | セネガル戦プレビュー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ワールドサッカー」カテゴリの最新記事