Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

内容は悪かった試合(9/16横浜FM対浦和)

2018-09-16 22:43:55 | 浦和レッズ
今日の横浜FMとのアウェイ戦、結果は2-1で浦和の勝利に終わりました。もっとも、内容は決していい試合ではなく、横浜FMのポステゴグル監督が見せる、強気の高い最終ラインの裏をたまたま利用できただけです。そう感じるのは、特に前半のボールの回りの悪さが理由です。解説の柱谷幸一氏によれば、「横浜FMがキープして浦和はカウンターを狙う」と試合前に予想していましたが、本当にそういう試合になりました。

それでも、そのカウンターを機能させてシュートで終わっていれば決して内容が悪いとは思いません。この日の浦和の内容の悪さを感じたのは、前半にどういう攻撃をするか意図が全然見えなかったからです。シャドーのマルティノスのスピードを使いたい様子は見えましたが、右SBのイッペイ・シノズカに勝てておらず、チャンスでもトラップミスで潰しました。後半頭から荻原をマルティノスに変えて投入した、大槻コーチの采配も当然と言えます。

その前半は、相手右ウイングの仲川に宇賀神の裏を狙われ、何度もあったシュートチャンスが一度でも決まっていれば負けでした。GK西川の好守と、この日は好調だったCBの槙野とマウリシオで辛くもクリアして逃れるのが手いっぱいでした。そんな、完敗ペースの試合が変わったのは、前半41分の直接FKです。武藤の蹴ったボールはクリアされたものの、フォローに来ていた宇賀神がバイタルエリアから思い切ってシュートを狙い、これが相手DFでブラインドになったようでGK飯倉は反応できず、試合は1-0と浦和リードで折り返すことになります。

後半、荻原が入ったことで浦和の攻撃は変わりました。マルティノスのスピードはなくなるものの、荻原が見せるドリブルからのシュートで終われるなど、ボールを収める箇所がようやくシャドーにできます。それでも、柏木の不在は痛く、ボールが回らないのを見た興梠がMF的にプレーする時間が増えます。ビハインドを負った横浜FMがFWのウーゴ・ヴィエイラを投入して2トップに変え、狙われ始めていた右サイドの途中出場、平川のところからのプレーでウーゴ・ヴィエイラはDFマウリシオを振り切って同点ゴールを決めます。

今の浦和はかなり選手層が薄くなっており、橋岡の控え一番手の森脇が離脱しているための平川投入でしたが、相手も平川のところは狙うと徹底的にボールを集めてきました。今の平川には、昔のスピードはなくなっており、相手がスピードあるユン・イルロクを入れてくると劣勢は明らかでした。もう仕方ない、勝ち点1でも拾ってくれと祈り始めた頃、青木のロングボールから武藤がDFライン裏へ抜け出して決勝点を入れて、浦和が2-1で勝利を収めることができました。

相手DFライン裏を狙えたのは結果であり、決してそれがゲームプランではなかったでしょう。それでも、残留争いに巻き込まれる恐れがあったこの試合を勝利しておいたのは大きく、またも大槻コーチが浦和をギリギリのところで救うのは再現した格好です。何か持っているのかもしれませんね。
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
« 大相撲秋場所7日目 | トップ | 西武ライオンズ、優勝マジッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

浦和レッズ」カテゴリの最新記事