Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

真夏の夜の完敗(8/30大分対浦和)

2006-08-31 20:44:34 | 浦和レッズ
浦和は前半はシュートなしという、前半の出来の差が勝負を分けました。テレビ観戦だったので、誰がワシントンをマークしていたかがわからないのが残念ですが、予想通りワシントンには二人ついていました。小野伸二も完封され、サイド攻撃も平川の不調で機能しませんでした。

それでも浦和はボールは持つのですが、大分のカウンターが鋭かったです。強力なダブルボランチのエジミウソンとトゥーリオは、パスセンスが高く、カウンターを確実に前線に通します。このロングパスが失点の起点になっています。エジミウソンからパスを受けた松橋がサイドを切り崩した時点で、ほぼ失点は必然でした。

高松が倒れながら押し込んだのは偶然でも、あそこまでカウンターを機能させてはいけません。前半の大分はこれ以外にもサイドの選手に正確なパスを通し、どちらが首位だかわからないほどでした。ただ、何とか前半を1失点で終わらせたので、試合はまだわかりませんでした。

後半に入って、大分のDFの弱さが出てきたからです。しかし、ワシントンがフリーで受けた2度のチャンスを決められず、ここで同点にしていればと残念に思います。ただ、ワシントンも不調のときはあります。ワシントンに頼り過ぎては、総合力で戦うリーグ戦で優勝を狙うのは厳しいです。(コメントには矛盾することを書いたけど。)

結果的には、大分の高橋に2点目を決められたのが敗戦につながりましたが、どこからでもゴールを狙えるチームになることも、ブッフバルト監督は考えて欲しいと思います。

この試合で、もう一つ鍵になったのは、意外にも大分のセットプレーの守備の強さでした。ワシントンや闘莉王は完封され、他の選手を狙わざるを得ませんでした。どうやらセットプレーのパターンが大分に完全に読まれていたようです。週に2試合の開催だと、入念にセットプレーを練る時間はありません。強行日程が生んだ敗戦とも言えるでしょう。
ジャンル:
サッカー
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 大分対浦和プレビュー | トップ | サウジ対日本プレビュー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やるせない (野ばら)
2006-09-01 08:50:21
相手に先制されてしまったことが、そもそもの敗因でしたね。

蒸し暑さと疲労と移動だらけの連戦。

その上、翌日の代表召集が脳裏をかすめながらでは

一度切れた集中は空回りで、糸の切れた凧状態でした。

ゆっくり休めと言いたいところを

7人も連れて行かれちゃいましたね。

大丈夫でしょうか。



復帰後すぐは気を吐いていた達也ですが

最近は全然前を向いたプレーができていない気がします。ちょっと心配。
達也の役割 (kobby)
2006-09-01 21:29:49
野ばらさん:



代表招集をぎりぎりまで引き延ばしたオシム流ですが、いつ呼ばれるかわからないと思う気持ちはプラスにもマイナスにも働きますね。



鹿島の本山がかつて「代表合流直前の試合はいつも悪い」とトニーニョ・セレーゾ監督に言われていたようなことはなくなりますが、代表合流を想定して大荷物を持ったのが無駄に終わる選手への影響は?と思います。



また、達也の役割ですが、私はアシスト役を主に担わせた方が持ち味が出ると思います。平川が手詰まりだった大分戦では、達也がドリブルで仕掛けるのが良かったのではと思います。ワシントンなら、サイドを崩してくれたパスは外さないでしょうから。

コメントを投稿

浦和レッズ」カテゴリの最新記事

トラックバック

何が足りないんだ浦和レッズ!大分戦敗戦 (浦和レッズに捧げる2006)
アウェイに乗り込んだ大分戦。 湿度の高い九州石油ドーム独特の暑さの中ゲームが行われた。ゲームの入り方は決して悪くはなかったと思うが浦和の選手達の連携の悪さが徐々に浮き彫りに!その結果、大分に先制点を許し前半は浦和レッズシュート数「ゼロ」で終わっ ...