Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

天皇杯松本山雅戦プレビュー

2018-07-05 21:46:42 | 浦和レッズ
W杯で日本代表の試合が終わると、世界の強豪のプレーは楽しみでも、少しずつレッズに飢えてくる自分も感じます。そんなレッズサポにとっては、ちょうどいいタイミングであるのが、7/11(水)にアウェイの松本で開かれる、天皇杯3回戦の松本山雅戦でしょう。天皇杯がACLに直結するルールになってから、各チームは天皇杯を重視するようになり、先日の2回戦でも多くのチームがベストメンバーを投入しました。

浦和も、代表から帰って間もない、槙野や遠藤航の起用までオリベイラ監督は視野に入れていると聞きます。休ませて欲しい気持ちもある反面、遠藤航は1試合も出ていないので試合に飢えているかもしれないとも思います。そのあたりは、最初別メニューで調整させて判断することになるのでしょう。

対戦相手の松本山雅は、2015年シーズンはJ1で戦いましたが1年で降格して現在J2です。山雅は喫茶店の名前で、かつてセミプロだった時代に選手たちが集まって戦術の話をした喫茶店から取っています。その喫茶店は今はないですが、松本山雅のオフィシャルショップの喫茶店の名前になって復活しています。

相手のメンバーを調べたところ、2015年に対戦した当時から残るのは、DF飯田、DF岩間、MF岩上くらいです。J2は選手の移籍が激しく、1年見ていないと別のチームのようになることが多いですが、松本山雅も例外ではなかったです。今季の目玉は、水戸からレンタルバックしたFWの前田大然です。水戸時代はスピードスターで知られ、技術より身体能力で抜いていくドリブルが武器です。

また、元浦和のFW高崎寛之も在籍しています。直前の熊本戦もスタメンで、J2レベルならまだまだエースストライカーを張れる実力を維持しているのはさすがです。前田大然が仕掛けて高崎に合わせるような、得点パターンを想像するほどです。

相手はJ2とはいえ、J2では有数のサポーターを誇る相手とアウェイで対戦するのは簡単ではないでしょう。この試合で、静岡キャンプで戦術面を調整した浦和の成果を出してもらわないと困ります。今はJ1で下位にいるので、ここで勝って上位浮上のきっかけをつかんでほしい一戦です。
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
« ブラジル対メキシコ | トップ | ブルーレジェンズ201807 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

浦和レッズ」カテゴリの最新記事