Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

鳥栖戦プレビュー

2018-08-10 21:50:12 | 浦和レッズ
明日、浦和はアウェイのベストアメニティスタジアムで、サガン鳥栖と対戦します。鳥栖は降格圏の17位と苦しんでいるチームですが、中断期間に行った補強が、Fトーレス、金崎夢生、豊田陽平と豪華だったので注目されています。特にFトーレスはスペイン代表で長年エースストライカーだったスピード型FWで、噂にはなっていたものの「本当に鳥栖に来るんだ?」と驚いたほどの選手です。

もちろん、Fトーレスも既に34歳ですから、全盛期のようなスピードはなくなっているでしょう。それでも、2012年のクラブW杯コリンチャンス戦で、後ろから来たロングボールを正確に足元に止めたような技術は変わらないと思います。上手さを出させないことが、浦和には必要となり、非常に嫌な相手だと思います。

金崎もスピード型です。もっとも、彼の場合は空走りではそれほど速くないと思っています。彼はそのスピードを実際より速く見せる技術が卓越しており、ゴール前にもほぼトップスピードを落とさずに入って来られます。こういうスピード型が相手だと、CBプロパーの右ストッパーの岩波のところはどうしても狙われるでしょう。

浦和としては、C大阪戦で見せた、自陣からロングボールでDFライン裏へ走らせる攻撃を狙いたいです。鳥栖はラインDFの4バックの相手なので、裏へ走る攻撃を見せておけば相手のラインが下がります。そうすれば、シャドーのファブリシオが空くことになるので、ロングボールとファブリシオのテクニックをバランス良く使えればいいと思います。

暑さの中の試合になるので、試合運びも大事です。時には引いて守る時間も作りながら、行くべきときは行くとメリハリをつけることが、この試合を優位に運ぶには大事になってくるでしょう。勝って、上位進出のきっかけにしたいですね。
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
« 投げ方がいい(今井達也) | トップ | 動けなかった浦和(8/11鳥栖対... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

浦和レッズ」カテゴリの最新記事