Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

サッスオーロ対ユベントス

2019-02-12 21:42:19 | ワールドサッカー
オフネタ恒例のワールドサッカーのビデオは、イタリア・セリエAのサッスオーロ対ユベントスの映像を見ていました。ユベントスの強さの秘密に、前にロナウドを残して、代わりにCFのマンジュキッチが守備をしているということは以前ビデオで確認しました。この日の映像からは、相手サッスオーロの健闘が目につきました。

ユベントスの4-3-3では、相手がアンカーを置くシステムだとアンカーにプレスに行きにくい布陣です。サッスオーロはそれを十分研究していたようで、アンカーのセンシ(12番)が面白いようにフリーになれました。サッスオーロの4-1-4-1では、アンカーがボールを散らしてサイドのウイングを生かすのが良く、この日のサッスオーロはリーグ首位のユベントス相手に逆にボールを支配するサッカーを見せます。

ユベントスはやむなく、マンジュキッチや右FWのベルナルデスキが下がって自陣に2ラインを引いて守り、カウンターを狙うという本来のサッカーでない形を強いられることになります。それでも、シュート数では互角になるところが面白く、サッスオーロはボールを持つ割にチャンスにならず、逆にユベントスは押され気味でもロナウドに集めればシュートに至ってくれるという展開です。

その通り、先制点はユベントスに入ります。やはりロナウドでした。ロナウドのシュートを、サッスオーロGKが辛くも止めますが、その跳ね返りにケディラが反応してフリーのシュートを決めます。サッスオーロとしては、意図したサッカーはできていても、展開としてはビハインドという、戦い方の難しい試合になります。

そのため、サッスオーロは前の選手を交代させて攻撃の活性化を図ります。しかし、無理に攻めに出る裏はユベントスにとっては狙いどころで、ユベントスは後半にCKからのロナウドのヘディングシュートで2点目を入れて勝負を決します。最後は3-0でユベントスの勝利という、両チームの実力を考えれば予想通りのスコアに落ち着いていることは、セリエAではよくあることです。

セリエAにいた中村俊輔の証言によると、イタリアでは相手の布陣を研究して、その形に対抗する練習がほとんどです。そのため、映像でセリエAを見るとよく格下チームが善戦します。それでも、点を取られてしまうとその格下戦術に徹し切れずに敗れるのも、セリエAでは良くみられる展開です。この日もそんな試合でした。
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
« マンチェスターC対アーセナル | トップ | ゼロックス杯川崎戦プレビュー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ワールドサッカー」カテゴリの最新記事