Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

イングランド対スウェーデン

2018-07-08 22:07:00 | ワールドサッカー
準々決勝のイングランド対スウェーデンの映像も見ました。スウェーデンはここまで2ラインコンパクトサッカーの守備的な戦術で、1次リーグのドイツ戦こそ敗れたものの、韓国、メキシコ、スイスを破って準々決勝までたどり着きました。パスを回すタイプの相手に対し、スウェーデンの中盤でカットしてからの速攻が、相手にとってやりにくかったのがこのサッカーがはまった理由です。

しかし、イングランドはスウェーデンの強みである高さでは互角の相手です。これまでと同じような、セットプレーの力技では潰せない相手でした。また、スウェーデンの右SBルスティグの出場停止という、若干の弱みもありました。イングランドとしては、スウェーデンがCBの強さに自信を持っているのでサイドからのクロスは上げさせていいという守備をしているので、そのサイドを狙う展開に持ち込みました。

そのサッカーをするには、イングランドの3-5-2はうってつけの戦術でした。アウトサイドの攻撃参加という、スウェーデンが持っていない武器を活用してサイドから圧力をかけて、CKを何本も取ることに成功します。イングランドの先制点はそのCKでした。ちょうど、スウェーデンの高さという意味では弱点のゲームメーカー、フォルスベリのところに長身DFマグワイアを置いてその隙をヘディングで狙ったのが成功しました。

それでも、スウェーデンは1点ビハインドなら十分逆転可能圏内と、極端に無理はしてきませんでした。4-4-2の後ろ2ラインをコンパクトに保ってからのカウンターを狙えばいいというプランでした。それが崩れたのはイングランドの2点目でした。イングランドの右からのクロスに、MFアリがフリーになって頭で押し込んで2-0と、堅守のスウェーデンにとって痛すぎる2点ビハインドになります。

これで、スウェーデンはついに売り物の2ラインコンパクトサッカーを諦めて、両MFをFW気味に上げて4トップ気味にして、サイドからのクロスを頭で合わせる攻めに最後の望みをつなぐしかなくなりました。そのクロスが何度か合っているのですが、この日はイングランドGKピックフォードが絶好調でした。3度、スウェーデンの決定的なシュートを止めて、イングランドは2-0で勝利を収めました。

イングランドの勝因として、アンカーのヘンダーソンの縦パスの能力もあります。彼が効いているので、スウェーデンは中央からパスを回せませんでした。中盤対決という意味でもイングランドの勝利だったように思えます。スウェーデンのもう一つの売り物である、中央からの縦の速攻が出なかったのは彼が効いていたからでしょう。
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
« ブラジル対ベルギー | トップ | 4番も打てる?(秋山翔吾) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ワールドサッカー」カテゴリの最新記事