Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

西武対ロッテ、マニアック分析

2018-09-09 21:35:23 | 他スポーツ
西武は同点のスコアを見て、勝ちパターンの継投を見せ、6回からマーティンを出してきます。マーティンは202cmというアメリカのテキサス州出身の剛腕で、シーズン途中加入です。西武の中継ぎ投手がなかなか安定しなかったための獲得とも言えますが、彼の安定して150km/hを超すストレートはメジャーのロースターを外れたとはいえさすがです。

それでも、コントロールのいい150km/h投手はメジャーに残るので、日本に来るというのはそれなりの理由があります。マーティンの場合は制球難で崩れる試合があります。先頭打者の井上に二塁打を打たれると、続く鈴木に四球を与え、代打三木に送りバントを決められます。これでは、失点を防ぐのはかなり厳しい状況で、続く藤岡にライトへ犠飛を打たれて10-9と勝ち越し点を与えます。

この失点が効いて、負け投手はマーティンということになりましたが、それでも相手走者鈴木が三塁を飛び出して挟殺プレーでアウトになり、何とか1回1失点と中継ぎ投手としてはギリギリの信頼度の投球です。もちろん、早い回から継投に入らざるを得なくなった、先発十亀の乱調が招いた負けということになります。

それでも、西武打線の破壊力なら1点差ならわかりません。私の隣の席の男性が巨体で、圧迫感を感じて苦しかったですが、それでも勝てそうなら最後まで見るつもりでした。そんな私が、この試合を途中で帰ることになったのは、8回の3失点が原因です。平井は7回を抑えて、8回にもイニングまたぎで起用しましたが、ヒット二本を浴びて野田と交代することになります。

それから野田がつかまって、3失点となってしまうと、4点差はさすがの西武打線でも苦しいだろうと判断しました。それでも、写真を撮るという意味では過去最高にうまく行った日になりました。こうやって、一日野球のことだけを考える時間も、きっと大切だろうと思います。



























『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ドルトムント対ハノーバー | トップ | 西武ドームの女神たち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

他スポーツ」カテゴリの最新記事