Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

浦和対C大阪プレビュー

2006-08-25 23:43:31 | 浦和レッズ
中二日の試合だと、毎日Jリーグの話題を書く感覚なのですね。新聞記者の大変さを、ある程度感じます。

浦和の次節の相手は、最下位のC大阪です。C大阪は昨年は最終節まで優勝を争ったチームですが、ファビーニョ、久藤らが抜けた穴を埋められないうちに、下位に低迷して小林伸二監督が解任されています。後任は塚田雄二監督で、正直言うと当時J2の甲府を最下位に低迷させたイメージしかありません。

また、最下位のチームだと、どうしても戦術はいじりたくなるので、前節は3バックでしたが、浦和戦も3バックでくるかは不明です。ここではC大阪が3バックでくるとして話をすると、左アウトサイドのゼ・カルロスは浦和戦には出場しません。C大阪は伝統的に堅守速攻のチームですが、不思議なことに左アウトサイドは攻撃的な酒本や徳重などを揃えています。

ということは、対面の平川にとっては最も持ち味が生きる相手です。ここ2試合、4バックでサイドを固めてくる相手が続いたので、平川のスペースへの飛び出しはあまり見られませんでしたが、3バックで左サイドが攻撃的なら平川にとっては絶好の相手です。1トップが予想される田中達也に、平川からパスが入る展開になれば、浦和のゴールラッシュも見られるかもしれません。

ただ、C大阪は森島、古橋と走れるトップ下がいるので、なかなかマークするのは難しい相手です。浦和の鈴木啓太、長谷部のダブルボランチは、足は遅くはないですが、一瞬の速さは森島にはかないません。森島にゴール前に入り込まれると、失点の危険は大いにあります。闘莉王のオーバーラップは控えめにして、バランス良く守った方がいいかもしれません。
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
« 苦戦の中の救世主(8/23浦和... | トップ | 連戦疲れか?(8/26C大阪対浦和) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

浦和レッズ」カテゴリの最新記事