自然匠剪定® 小林植木の庭ブログ

自然匠剪定®の小林植木です。東京都・神奈川県川崎市・横浜市の事業所・神社仏閣・個人宅の自然剪定や緑地の管理を行っています

樹木の剪定方法・・・鋏を使わない剪定

2012年03月24日 08時20分32秒 | 植栽管理
おはようございます。川崎市の小林植木、小林敏弘です。

神奈川県の天気は雨のち晴れ、最高気温は16℃、夕方には晴れ間が見えそうですね。

今日は神奈川県内の取引先製薬会社H工場で除草と掃除、高津区のマンションのお手入れ、横浜市港北区のS様邸で消毒と芝生の除草剤残布を行います。


今日のテーマは、樹木の剪定方法・・・鋏を使わない剪定です。

三ツ葉透かしは、モッコクやモチノキなどで剪定した後にすべての小枝の先に葉を3~4枚残して葉をむしっていきます。こうすることで仕上がりがよりきれいになります。

爪透かしは、カイヅカイブキやチャボヒバ類に行います。カイヅカイブキなどの針葉樹は、葉を鋏で切ると切り口が赤茶色に変色し見栄えが悪くなります。そこで剪定を行った後に葉先をつまんでむしり取ります。また、鎌などを使い枝先からむしり取る方法もあります。

どちらも手間がかかりますが、手間をかけた分仕上がりがきれいになります。

今日のポイントは

1、三ツ葉透かしは、枝先に3~4枚葉を残して仕上げる

2、爪透かしは、針葉樹で葉先をむしるように行う

3、手間はかかるが、仕上がりがきれい

です。

川崎市高津区を拠点とし、神奈川県内・東京都内で活動している造園、植木業者です。
草刈・剪定・高木の伐採等、お庭のお手入れは小林植木へ御用命下さい。
御予算に応じて、御見積いたします。
また、大切な木や記念樹の樹勢回復、木の治療も行っています。御相談下さい。

有限会社小林植木  公式HP:http://www.kobayashiueki.jp/
E-mail kobayashiueki@hello.odn.ne.jp
電話 044ー754ー9875

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 3月23日(金)のつぶやき | トップ | 3月24日(土)のつぶやき »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

植栽管理」カテゴリの最新記事