こばとの独り言

ただひたすらに趣味を語るブログ。現在はエロゲー&花騎士&艦これ&デレステがメインです。

「Pure Marriage ~赤い糸物語 ハーレム編~」 あらすじ・感想

2018年04月26日 00時00分00秒 | Lass

2018年3月発売タイトル第9弾は、LassPixyの「Pure Marriage ~赤い糸物語 ハーレム編~」でした(*'∇')

最後くらいはイチャラブオンリーだろうと思って買ってみました、ハーレム編w

Pure Marriage ~赤い糸物語 ハーレム編~ 概要
数年前に両親を交通事故で失くした主人公・花咲桃真が、町でも有名なお金持ちの屋敷に住むお嬢様の広原・D・セリカを交通事故から助けたところ、彼女の父親に気に入られてしまい、セリカと結婚してほしいと告げられる恋愛ADV。
ヒロインは主人公の幼馴染の星ヶ丘まどか、主人公の憧れのお嬢様・広原セリカ、主人公の妹の花咲さくらの3人がいますが、今回結ばれるヒロインは全員を花嫁にしようというお話です。

「Pure Marriage ~赤い糸物語~」シリーズのあらすじ・感想はこちら↓
星ヶ丘まどか編】【広原・D・セリカ編】【花咲さくら編

Pure Marriage ~赤い糸物語 ハーレム編~ キャラクター紹介
花咲桃真
シリーズ通しての主人公。交通事故遭遇率が非常に高く、よく生きていられるなレベルだが、ちゃんと生きているので悪運の持ち主と言える(爆)
基本的に自分勝手で頭が悪くあまり深く考えずに発言し、いざとなると優柔不断ですぐ他人を理由にして物事を判断する癖があり、その度にヒロイン達に怒られている。ぶっちゃけ、何故このヘタレ男が好かれるのか理解できない(ぁ

星ヶ丘まどか

まどかは桃真の幼馴染で1作目のヒロイン。容姿は人の目を引く美人系だが、性格はちょっと大雑把でサバサバしている。桃真とは同い年だが花咲兄妹に対してお姉さん気取りでいる。
桃真のことが好きだが、普段の付き合いからか素直にそれを表に出せないでいる。桃真に対しては無防備な姿を見せることが多いが、それは桃真に女の子として見てもらいたいため。そして、将来桃真のお嫁さんになるために密かに花嫁修業をしており、家事は一通りこなせるが桃真の前ではまだ披露していない。
両親のいない花咲兄妹のために隠れてバイトしており、時々帰りが遅くなることがあるが、兄妹にはそのことを秘密にしている。詳しくは1作目を参照。

広原・D・セリカ

セリカは町で有名なお金持ちのお嬢様で2作目のヒロイン。桃真やまどかとは幼い頃に窓越しに知り合っていたが、今まで桃真たちとは紙とペンを使ってコミュニケーションを取り合っていただけで、直接話したことはなかった。
桃真はセリカのことを“ラプンツェル”と呼んで彼女に憧れており、今もセリカのところまで定期的に会いに行っている(まどかは中学生になった頃には同行しなくなった)。セリカの方も桃真とのコミュニケーションで得たことは全て大切な思い出として記憶しており、間接的にではあるが会ったことのない桃真の妹・さくらの事も知っている。
生まれてからずっと屋敷から出たことがない正真正銘の箱入りのお嬢様だが聡明で、アホな桃真の考えていることくらいはお見通し。そして、広原家の娘として、いずれは父親が決めた相手と結婚するという運命を受け入れ覚悟も出来ている(もちろん本心は違うが)。その為、桃真のことを慕っていても、桃真の中途半端な気持ちを受け止めようとはせず、桃真が選んだ相手のことを祝福すると決めている。
彼女が屋敷から出られないのにはある理由があるが、詳しくは2作目を参照。

花咲さくら

さくらは桃真の妹で3作目のヒロイン。昔はお兄ちゃん大好きっ子だったが、今は兄を避けており疎遠になっている。しかし、今でもお兄ちゃんのことは大好きで、その気持ちをずっと隠している。
花咲家の家事全般を任されていて料理は得意。又、成績優秀で将来医学部を目指しており、只今猛勉強中で、学費が免除になる特別推薦枠を狙っている。
兄を避けるようになったのには、ある理由があるが・・・。

クリフォト

セリカが“くりりん”と呼んでいる黒猫が人になった姿。基本的に猫の姿でいることが多く、関心のない相手には顔を見せたり挨拶はしない。セリカにだけはよく懐いている。
本当はただの黒猫ではなくセリカが何度目かのセキュバス化で偶然魔界から呼び出した使い魔。

広原・D・ルドマン三世

どう考えてもおかしいとしか思えないが、セリカの父親である。いつも白いふんどしで上半身裸。非常に暑苦しい。
ものすごい金持ちで色々な無理も無茶も押し通すことが出来る家柄だが、実際にどんな仕事をしているのかは不明。セリカの話では、いくつかの企業の経営に関わっていたり、投資の相談に乗っている模様。

Pure Marriage ~赤い糸物語 ハーレム編~ あらすじ
幼い頃、小指を怪我して幼馴染と妹に指を舐められたときの夢を見ていた花咲桃真は、幼馴染の星ヶ丘まどかの叫び声に起こされます。その後、最近めっきり会話が少なくなった妹のさくらが作った朝食を久しぶりに食べた桃真は、妹との関係改善をすべく、家事をしているさくらに話しかけますが、冷たくあしらわれてしまい、打ちひしがれたまま学園に登校します。登校途中まどかを見かけたため、声をかけて一緒に行くことにしますが、まどかから放課後“ラプンツェル”のところに行くのか聞かれます。“ラプンツェル”とは、更級町の住民からは「広原城」と呼ばれている大きな屋敷にある塔の頂上の部屋の窓から町を見下ろしている薄幸そうな美少女のことでした。桃真とまどかは幼い頃にその少女とコミュニケーションを図ったことがあり、まどかは中学に上がってからは同行しなくなりましたが、桃真はラプンツェルとの交流を続けていました。桃真にとっては初恋で一目惚れだったからです。
放課後、桃真は途中までまどかと一緒に帰ったとき、車に轢かれそうになったお婆さんを助けます。お婆さんを助けた直後、まどかが幼い頃に交通事故に遭ったことを思い出したのも束の間、今度は同世代の女の子が車に轢かれそうになっていたので、再び桃真が助けます。桃真が助けた女の子は今日桃真が会いに行こうとしていたラプンツェル本人でした。広原セリカ・・・それが彼女の本名でした。セリカは桃真と出会えたことを喜び、今日初めて屋敷の外に出てみたと話します。そして、桃真が小指を怪我しているのを知ると彼女はその傷口を舐めはじめます。すると桃真にはかつてまどかやさくらに舐められたときにも見えた赤い糸が見えます。セリカともっと話がしたいと誘ってみた桃真に対し、セリカは父親の許可が必要だと話すと、彼女の父親である広原・D・ルドマン三世が突然現れ許可します。ルドマンは娘と先程助けた下僕の老婆を助けてくれたことに対して礼を言った後、桃真のことを“婿殿”と呼び、桃真もまどかも驚きます。先程の老婆はセリカの婿に相応しいか試すためのルドマンの仕掛け人でした。誰も老婆を助ける男がいないと嘆いていたところに現れたのが桃真で、想定外だったセリカを助けたことも高評価に繋がっていました。そして、両親がいない花咲兄妹のことは全て広原家で面倒を見るというルドマンの言葉に釣られそうになった桃真ですが、まどかの必死の説得と目に浮かべた涙を見て冷静になります。ルドマンはまどかの気持ちを考えていなかったことを反省し、1度彼女としっかり話をしたほうが良いと言います。そして、3日間の猶予を与えるからそれまでに結論を出してほしいと桃真に告げるのでした。
家に帰った桃真はルドマンから持ちかけられた結婚話をさくらにします。桃真は最初さくらの学費等を理由にしていましたが、そのことにさくらは激怒。そして、結婚のことを軽く考えている桃真を説教し、まどかのことをどう思っているか聞きます。これまでまどかのことを友達だと思っていた桃真ですが、さくらに言われてそれだけじゃないことを自覚。しかし、好きかどうかまでは分かりませんでした。連絡が取れなかったまどかとは翌日学校で会い話しますが、桃真が結論を出さない限り家には行かないと言って少し2人の間に距離が出来てしまいます。放課後になりまどかと一緒に帰ろうとしたものの、友人と約束があるからと断られ、しかたなく家に帰ると、さくらが出迎えてくれます。数年ぶりにさくらと夕食を一緒に食べたとき、良い機会だと思った桃真は、さくらに自分を避けるようになったのか聞いたものの教えてもらえませんでした。
翌朝、桃真は、もう1度ルドマンと会い、考える時間の延長をもらえるよう交渉すべく、広原家の屋敷に向かいます。広原家の屋敷に着いたもの、インターホンに出たメイドにアポイントを取っていないことを理由に門前払いされそうになります。しかし、緊急な話があると言うと、セリカが応対することになりました。桃真はもっとセリカのことを知りたいから考える期間を延長してほしいと言うと、セリカは広原家には奇妙な習わしがあるため、難しいかもしれないと話します。その習わしとは、ある年齢になると伴侶を選び結婚しなければならず、結婚すれば外に出ることが出来るというもの。桃真はそんなのは古い考えだと批判しますが、セリカは家族のために必要とされる役割を担うことを良しとする者もいるから理解してほしいと言います。
セリカの境遇に同情しそうになった桃真ですが、セリカからそういった理由で結婚しようというつもりなら私の方からお断りさせて頂きますと心を読まれてしまいます。セリカの覚悟と心意気を知った桃真は、自分がガキだったことを思い知らされます。その後、セリカからの積極的なアプローチを受けた桃真は、心と身体が分離してしまったかのようにセリカに吸い寄せられ思わず抱きしめ、キスをしそうになりますが、それを止めたのはセリカが飼ってる猫のくりりんでした。冷静になったセリカは勢いに任せて卑劣な真似をしてしまったと言い、その言葉に桃真は違和感を覚えます。その後、桃真はセリカの身体を触ってしまったことに責任を取ると言いますが、セリカはそれを拒否。桃真も男としての体裁だけでセリカを選ぼうとしたことを反省し、今度はちゃんとルドマンとの約束の期限内に答えを出すとセリカに約束するのでした。
期限内に答えを出すとセリカと約束した桃真は、授業が始まっている時間になっていることに気付いて学園に向かいますが、完全に遅刻でした。しかし、セリカに会って話をしてきたことをまどかに伝えようと、嫌がる彼女を無理矢理学園の外まで連れていき、話そうとします。すると、まどかは話を聞こうとせず学園に戻ろうとして道路に飛び出してしまい、車に轢かれそうになります。まどかは桃真のおかげで何とか助けられましたが、桃真に助けられたことで冷静になり謝ります。桃真はまどかに、さくらに忠告されちゃんと相手を理解した上で決めたいから時間をくれと頼んできたが、それが不可能だと分かったことを伝えます。すると、まどかがどうしてわたしにまでそういう話を教えるのかと聞いてきたため、桃真はその理由を答えようとして告白の寸前までいきそうになり誤魔化します。結局お互い告白までは至らず、未だ友達以上恋人未満の関係は続くことになりましたが、結婚話が持ち上がってからというものギクシャクしていた2人はいつの間にか仲直りしていたのでした。
セリカとまどかとの狭間で揺れ動く桃真。夜まで外を散歩しながら考えたものの、結論が出ず家に帰った桃真は、2日連続でさくらと夕飯を食べます。桃真はさくらに進路のことを聞きますが、さくらは学費が全額免除になるという医学部の特別推薦枠を狙っていると答えます。ただ、そこを狙うにはボーダーラインギリギリだという話をしたため、桃真は自分がバイトを増やすからさくらはバイトを減らして勉強に費やすと良いと言うと、さくらはそれを拒否。今でも無理をしている桃真に、バイトを減らしてほしいとお願いするさくらですが、今度は桃真がそれを拒否します。さくらは私の学費を理由に結婚しないで欲しいと再度忠告すると、桃真はセリカにも似たようなことを言われたからそんなことはしないと伝えます。そして、もしもセリカもまどかも選ばず、さくらが以前のように接してくれるなら、当分は誰とも特別な関係にならないと話します。すると、さくらは急に昔の口調に戻り狼狽え、残酷で卑怯だよと言って自分の部屋に戻ってしまいます。桃真はさくらが自分を避けるようになった理由がないか昔のことを思い出そうとしますが、それと繋がるようなものはなかったため、翌朝寝坊したのを良いことに妹の部屋に侵入して何か理由になりそうなものはないか探そうとします。そして、さくらの部屋で見つけたのは、さくらが捨てたと言ってた桃真がプレゼントした万年筆と一緒に洗うのはイヤと言っていた桃真のパンツで、それを見た桃真は間接的にさくらの気持ちを知り動揺するのでした。
遅刻して学園に着くとまどかが休みであることを彼女の友人から聞いた桃真。2人からまどかが桃真やさくらに何かあったときのための貯金として1年前から工事現場でバイトしていることを知り、今日もバイトのために休んでいることを聞きます。桃真は学園をサボってまどかが働いている工事現場に向かい、仕事が終わったところで彼女に声をかけます。花咲家の問題なんだからまどかは気にしなくていいと桃真は言いますが、まどかはただの自己満足だからと返します。2人はしばらく口論しますが、お互いのことを考えていると分かると自然と抱き合い告白する雰囲気になりますが、まどかがそれを拒否します。まどかが拒否した理由。それは、桃真にとってセリカが憧れの女の子だったことを知っていたからでした。けど、まどかやさくらの気持ち、セリカの覚悟を知った桃真は、明日ちゃんとルドマンとセリカの前で結論を出すと約束します。自分自身の心を絶対に裏切らない答えを出すと。すると、まどかも一緒に行きたいと言い、桃真の頬にキスをして帰って行くのでした。
家に帰りお風呂に入ると、バイトから帰ってきたさくらが風呂に入ってきて驚きます。さくらは桃真の背中を流しながら、ずっと桃真に助けてもらってて、今回の件で桃真が決断を下せないのは私の問題があるからだと話します。自分が重荷になっていると。さくらのそんな言葉を聞いて、桃真はようやくさくらが自分を避けるようになった理由・・・両親が亡くなったときに桃真がさくらに自立できるようになれと言ったからだと気付きますが、さくらはそれは半分正解だと教えます。その後、一緒にお風呂に入ってさくらからのHなアプローチを受けた桃真は、自分が反応してしまったことに動揺し、風呂を出て自分の布団に潜り込みます。さくらはすぐ追いかけてきて、一緒に寝たいと言って桃真の布団に入りこみ、お兄ちゃんのことが好きと告白します。さくらが桃真を避けるようになったのは、自立できるようになるためだけじゃなく、兄を男の人として意識するようになったからでした。さくらは、これまで周囲の目を気にして自分の気持ちを抑えていましたが、セリカとの結婚話で兄が遠くに行ってしまうのではないかと怖くなったため、それなら自分の気持ちを打ち明ければ結婚しないと言ってくれるかもと考えたのです。そして、さくらもまたまどか同様に桃真が打算抜きで誰を選ぶか見たいと言って同行することを決めます。そして、運命の日。1日街の中を歩いて考えて桃真が出した結論は・・・。
桃真が出した結論は全員と結婚したいというものでした。当然、まどかとさくらはそんなの世の中を甘く見過ぎていると批判しますが、セリカが桃真の答えを受け入れたことで状況は一変。2人もハーレムを受け入れ、ルドマンもセイカだけではなく、まどかとさくらとの子も見せることを条件にハーレムを認めます。こうして、桃真は花嫁候補3人と結婚式を挙げることになりました。その日の夜、桃真は一旦自宅に帰ることになり、まどかとさくらも一緒に帰ろうとすると、セリカも自分一人だけ置いて行かれたくないと一緒についていきます。帰り道、セリカが暴走トラックに轢かれそうになったところを(どう見てもトラックが通れそうな道ではないのだが)桃真が助けると、セリカの背中に羽根、お尻から尻尾が生えていることに気付きます。すると、セリカは自分がハーフサキュバスであることを打ち明け、そのことを隠していたことを桃真が不快に思ったのではと心配しますが、桃真がびっくりしただけでその姿も可愛いと受け入れたため、セリカはますます桃真のことが好きになりました。その後、自宅に戻り、セリカの秘密を聞かされ(詳しくは2作目参照)、詳しい事情を知ってもなお桃真たちはセリカを受け入れてくれたため、セリカは大泣きして喜びますが、そこへ黒猫のクリフォトがセリカがイジめられたと勘違いして乱入します。そして、人の姿になり、桃真に襲い掛かりますが、落ち着いたセリカから感激して泣いていただけだと知ると、その勢いも止まり、そのまま桃真と一緒に倒れこんで、その拍子に2人はキスをしてしまうのでした。
翌日、大勢の人に見守られながら結婚式を挙げた桃真たちは、ルドマンから屋敷を譲り受け、桃真は3人の初めてを貰います。翌日、桃真が誰の部屋で寝泊まりするか相談することになり、さくらの考えたローテーションにすることに決定したものの、昨晩全員を相手にして疲れただろうというさくらの配慮から、その日はエッチなしということになり、桃真は1人でお風呂に入ることになりました。しかし、そこへクリフォトが来て、相性が悪い2人は売り言葉に買い言葉で大喧嘩をしてしまい、その時に桃真がクリフォトの身体のことを言ったことをセリカに告げ口され、セリカたちは屋敷を出ていってしまいます。クリフォトは本当はセリカからの誘いを桃真に伝えるためにお風呂に来ただけでしたが、まどかとさくらに対して抜け駆けになると思い、そのことを伝えずに憎まれ口だけ叩いて帰ろうと思って大喧嘩になってしまったことから、その腹いせに桃真だけを悪者にしてしまったため、さすがに良心が痛み、仲直りをしに実家に戻ってきた桃真に謝罪し、桃真たちの間を取り持つことにしました。しかし、さくらの部屋で行われていた女子会でセリカが昨晩の真相・・・抜け駆けの件を暴露し、さくらとまどかがそれを許し、更にクリフォトの心を読んだことで昨晩の一連の真相を知って自分に原因があったのだとセリカは謝りますが、そもそもクラスの男子の浮気させない方法という言葉を真に受けて桃真をじらした自分が悪いとさくらも謝り始めたため、桃真は誰も悪くなかったという風にまとめると、全員が頷き、桃真たちは仲直りし、桃真はクリフォトとも打ち解けたのでした。
桃真と結ばれたことでサキュバスの力を制御できるようになり、ようやく外に出られるようになったセリカ。しかし、あまり自分のワガママを言わない彼女は、本当はもっと外に出たいという本心を隠していました。それが昨晩の騒動に繋がっていたことは明らかだったことから、セリカが素直になるように自然な流れで外に連れていくための相談をルドマンにします。そして、ルドマンは桃真の提案に乗り、セリカのためにある物を用意します。それは、桃真たちが通う学園の制服でした。桃真はこれを来て自分たちと一緒に登校してほしいと言うと、セリカは感激して、桃真に抱き付きます。こうして、セリカは桃真たちの通う学園に編入されることになったのでした。
セリカが学園に通うようになりこれまでにないほどの楽しい日々を送れるようになったことにルドマンとクリフォトは感激し、桃真に感謝します。すっかり桃真と打ち解けたクリフォトですが、セリカの分身たる彼女は自分の戒めとして自分の行動に制約を設けているようでした。幸いにもクリフォトが桃真の嫁になりたがっていたことから、セリカは彼女の制約を解く為にもクリフォトを4人目の嫁にしてほしいと桃真に頼みます。そして、まどかやさくら、ルドマンからもクリフォトを4人目の嫁として迎え入れる案が受け入れられたことから、桃真はクリフォトとも結婚することを決意。しかし、クリフォトは自分の気持ちを否定し、逃げ出してしまいます。そして、夜になり桃真は一緒にクリフォトを捜していたセリカ達を休ませることにし、1人でクリフォトを探すことにします。すると、クリフォトが姿を現しますが、クリフォトは猫の姿で走り去ってしまいました。しかし、最初は猫の姿だったのに、気が付くと人の姿になっており、裸にワイシャツという姿から周囲の人間に注目されてしまいますが、クリフォトは自分の力を制御できず戻れなくなってしまいました。クリフォトは心細くなり、桃真とセリカに助けを求めていると、追いかけてきた桃真が駆けつけ屋敷まで逃げます。そして、落ち着いたところで話をしようとしますが、桃真は言葉の使い方を間違えてしまい、クリフォトは更に意固地になってしまいました。それからしばらくの間、桃真は他の嫁を放ったらかしにして自分を避け続けるクリフォトを探し回ります。最初は協力する姿勢を見せていたさくら達でしたが、全員を幸せにするという約束を反故にしている桃真に我慢できなくなり、さくらが先陣を切って動き出します。
さくらに嫁たちを無視してしまっていることを指摘された桃真は、さくらにお仕置きされますが、その行為をクリフォトは見ていて、オナニーをしていました。そして、エッチが終わると、桃真は疲れて寝てしまいますが、さくらはクリフォトが近くにいたことに気付き、彼女に本心を聞き出します。すると、クリフォトは桃真と結婚したい気持ちがあることを話し、けれど主に恥をかかせたくないという思いもあって素直になれないことを打ち明けます。それを聞いたさくらは、セリカ達と相談し、桃真とクリフォトが上手くいくように便宜を図ります。当分はクリフォトを口説いたりプロポーズしたりせず、少し距離を置いて挨拶や普通の会話のみにする・・・それがクリフォトが最大限に出来る譲歩でした。桃真も自分が冷静になっていなかったことを反省し、クリフォトの心の準備が出来るまで待つことにします。そして、その時がついに訪れ、クリフォトは桃真のプロポーズを受け入れ、4人目の花嫁となったのでした。
4人目の花嫁となったクリフォトですが、セリカ達に遠慮して3人に子どもが出来るまでは極力2人きりにならないように配慮していました。それから1年近く経ったある日のこと、セリカ達は妊娠していることが発覚し、学園を休学することになりました。そして、セリカ達は身重になる前に旅行に出かけることにしますが、女性だけの旅行と題し、桃真と桃真の世話役としてクリフォトを置いていくことにします。クリフォトは桃真の世話をやくのは単に自分の仕事だと思っていましたが、クリフォトがずっと遠慮していたことに気付いていたセリカ達は、自分たちがいない間に桃真を独り占めしていいと言って旅行に出掛けます。初日こそ少々の邪魔が入りエッチは出来ませんでしたが、2日目は子作りのために何度もエッチをし、その結果、クリフォトにも子どもが出来ました。それから数年後。ルドマンの跡を継いだ桃真は忙しい日々を送っていましたが、今の仕事が上手くいき、久しぶりに屋敷に戻れることになりました。そして、電車で帰ってきた桃真が駅を降りて見たものは、夫の帰りを待つ4人の妻と4人の娘たちの姿でした。

Pure Marriage ~赤い糸物語 ハーレム編~ 感想
桃真が余計なことを言わなければ何も問題なく終わったんじゃないかと思わなくもないですが、セリカちゃんのサキュバス化やさくらちゃんの妊娠の問題が解決した状態で結婚生活がスタートしてたので、とりあえず、今までの中では1番良かったシナリオだった気はします。桃真のバカさ加減に目を瞑ればですけどもw まぁ桃真がバカなのは共通ルートの時点で分かってたので今更ですけどね。後半はハーレムっていうよりクリフォトの話になってたので、今回のシナリオは実質クリフォト編のような気がします。前半こそセリカのことがメインでしたけど、そこにはクリフォトも深く関わっていましたし。まぁでも、今までの中では1番まともだったので、とりあえずは良かったです。本当はもっとイチャラブオンリーでも良いんじゃないかと思いますけどね。あと、結婚するまでの話はもう何度も見ててくどいので、前作までを1本でもプレイした人向けに、エピソードを飛ばせるようにしてもらえなかったのかなとちょっと思ってました。セリカ編の頃から(爆)
Hシーンに関しては、セリカちゃんだけはきっちりおっぱい見せてたのでその点では満足でした。パ○ズ○フェ○がないのは残念でしたが。1番ガッカリしたのはまどかちゃんかな。おっぱい全然見せなかったので。ハーレムとはいっても全員と結婚して、ローテーションするという内容だったので、1対1のHが半分を占めてたから、ハーレムHがあまり好きではない私でも前半は楽しむことが出来ました。その点は良かったです。ハーレムの方はやはりおっぱい見せなかったので、やっぱりなと思いましたねヽ(´ー`)ノ え?クリフォト?ちっぱいには興味ないです(爆)
とりあえず、これでシリーズ完結・・・だと思うんですけど、やはりシリーズ通してコンセプトを無視してシリアス多目という点が残念でしたね。今回はマシな方でしたが、1番期待していたセリカ編とかシリアスばかりでHシーンが手抜きされてたし・・・コンセプトをきっちり守ってほしいなぁって思いましたねぇ・・・キャラや設定同じでイチャラブメーカーにリメイクしてほしいですわヽ(´ー`)ノ

「Pure Marriage ~赤い糸物語~」シリーズのあらすじ・感想はこちら↓
星ヶ丘まどか編】【広原・D・セリカ編】【花咲さくら編

「Pure Marriage ~赤い糸物語~」のグッズ購入品はこちら↓
星ヶ丘まどかB2タペストリー

「Pure Marriage ~赤い糸物語 ハーレム編~」の公式サイトはこちらから↓ 

Pure Marriage ~赤い糸物語~ ハーレム編

ところで、セリカちゃんの抱き枕カバー化はまだなんですか?何故彼女だけ抱き枕カバーがないんですか?不公平ですよね(´_ゝ`)?

コメント

「Pure Marriage ~赤い糸物語 ハーレム編~」 マスターアップ

2018年03月08日 12時00分00秒 | Lass

2018年3月30日発売LassPixy最新作「Pure Marriage ~赤い糸物語 ハーレム編~」がマスターアップしたそうですね。

マスターアップおめでとうございます~(*'∇')

このシリーズは徹底してコンセプト外しに来てますが、さすがに今回はシリアス少な目だろう・・・と思いたいw

それ以前にハーレムがあまり好きではないので、実は殆ど期待してな(ry

でもまぁ、ここまでプレイした以上は買いますけどねヽ(´ー`)ノ

「Pure Marriage ~赤い糸物語~」シリーズのあらすじ・感想はこちら↓
星ヶ丘まどか編】【広原・D・セリカ編】【花咲さくら編

「Pure Marriage ~赤い糸物語~」のグッズ購入品はこちら↓
星ヶ丘まどかB2タペストリー

「Pure Marriage ~赤い糸物語 ハーレム編~」の公式サイトはこちらから↓ 

Pure Marriage ~赤い糸物語~ ハーレム編

セリカちゃんのおっぱいさえ見られれば満足なんだけどなぁ・・・。

コメント

「Pure Marriage ~赤い糸物語 ハーレム編~」 発売延期

2018年01月13日 12時00分00秒 | Lass

2018年2月23日発売予定だったLassPixy最新作「Pure Marriage ~赤い糸物語 ハーレム編~」が制作の遅れから2018年3月30日に延期になったようです。

うん、知ってたヽ(´ー`)ノ

立て続けて発売するなんて、おかしいなぁと思ったけど、ここで延期になったんですねw

まぁセリカちゃんとさくらちゃんのシナリオが微妙だったので、期待してるような、してないような、そんな感じなんで、延期しても特に気にしてないですけどねw

「Pure Marriage ~赤い糸物語~」シリーズのあらすじ・感想はこちら↓
星ヶ丘まどか編】【広原・D・セリカ編】【花咲さくら編

「Pure Marriage ~赤い糸物語~」のグッズ購入品はこちら↓
星ヶ丘まどかB2タペストリー

「Pure Marriage ~赤い糸物語 ハーレム編~」の公式サイトはこちらから↓ 

Pure Marriage ~赤い糸物語~ ハーレム編

2月は元々少なかったけど、これでますます本数が・・・w

コメント

「Pure Marriage ~赤い糸物語 さくら編~」 あらすじ・感想

2017年12月29日 00時00分00秒 | Lass

2017年12月発売タイトル第3弾は、LassPixyの「Pure Marriage ~赤い糸物語 さくら編~」でした(*'∇')

いよいよ、可愛い妹、さくらちゃんがお嫁さんになる日がやってまいりました(*´Д`*)b

Pure Marriage ~赤い糸物語 さくら編~ 概要
数年前に両親を交通事故で失くした主人公・花咲桃真が、町でも有名なお金持ちの屋敷に住むお嬢様の広原・D・セリカを交通事故から助けたところ、彼女の父親に気に入られてしまい、セリカと結婚してほしいと告げられる恋愛ADV。
ヒロインは主人公の幼馴染の星ヶ丘まどか、主人公の憧れのお嬢様・広原セリカ、主人公の妹の花咲さくらの3人がいますが、今回結ばれるヒロインは桃真の妹である花咲さくらとなります。

Pure Marriage ~赤い糸物語 さくら編~ キャラクター紹介
花咲桃真
シリーズ通しての主人公。交通事故遭遇率が非常に高く、よく生きていられるなレベルだが、ちゃんと生きているので悪運の持ち主と言える(爆)
基本的に自分勝手で頭が悪くあまり深く考えずに発言し、いざとなると優柔不断ですぐ他人を理由にして物事を判断する癖があり、その度にヒロイン達に怒られている。ぶっちゃけ、何故このヘタレ男が好かれるのか理解できない(ぁ

花咲さくら

さくらは桃真の妹で今作のヒロイン。昔はお兄ちゃん大好きっ子だったが、今は兄を避けており疎遠になっている。しかし、今でもお兄ちゃんのことは大好きで、その気持ちをずっと隠している。
花咲家の家事全般を任されていて料理は得意。又、成績優秀で将来医学部を目指しており、只今猛勉強中で、学費が免除になる特別推薦枠を狙っている。
兄を避けるようになったのには、ある理由があるが・・・。

星ヶ丘まどか

まどかは桃真の幼馴染で1作目のヒロイン。容姿は人の目を引く美人系だが、性格はちょっと大雑把でサバサバしている。桃真とは同い年だが花咲兄妹に対してお姉さん気取りでいる。
桃真のことが好きだが、普段の付き合いからか素直にそれを表に出せないでいる。桃真に対しては無防備な姿を見せることが多いが、それは桃真に女の子として見てもらいたいため。そして、将来桃真のお嫁さんになるために密かに花嫁修業をしており、家事は一通りこなせるが桃真の前ではまだ披露していない。
両親のいない花咲兄妹のために隠れてバイトしており、時々帰りが遅くなることがあるが、兄妹にはそのことを秘密にしている。詳しくは1作目を参照。

広原・D・セリカ

セリカは町で有名なお金持ちのお嬢様で2作目のヒロイン。桃真やまどかとは幼い頃に窓越しに知り合っていたが、今まで桃真たちとは紙とペンを使ってコミュニケーションを取り合っていただけで、直接話したことはなかった。
桃真はセリカのことを“ラプンツェル”と呼んで彼女に憧れており、今もセリカのところまで定期的に会いに行っている(まどかは中学生になった頃には同行しなくなった)。セリカの方も桃真とのコミュニケーションで得たことは全て大切な思い出として記憶しており、間接的にではあるが会ったことのない桃真の妹・さくらの事も知っている。
生まれてからずっと屋敷から出たことがない正真正銘の箱入りのお嬢様だが聡明で、アホな桃真の考えていることくらいはお見通し。そして、広原家の娘として、いずれは父親が決めた相手と結婚するという運命を受け入れ覚悟も出来ている(もちろん本心は違うが)。その為、桃真のことを慕っていても、桃真の中途半端な気持ちを受け止めようとはせず、桃真が選んだ相手のことを祝福すると決めている。
彼女が屋敷から出られないのにはある理由があるが、詳しくは2作目を参照。

クリフォト

セリカが“くりりん”と呼んでいる黒猫。関心のない相手には顔を見せたり挨拶はしない。セリカにだけはよく懐いている。
本当はただの黒猫ではないが・・・。

広原・D・ルドマン三世

どう考えてもおかしいとしか思えないが、セリカの父親である。いつも白いふんどしで上半身裸。非常に暑苦しい。
ものすごい金持ちで色々な無理も無茶も押し通すことが出来る家柄だが、実際にどんな仕事をしているのかは不明。セリカの話では、いくつかの企業の経営に関わっていたり、投資の相談に乗っている模様。

Pure Marriage ~赤い糸物語 さくら編~ あらすじ
幼い頃、小指を怪我して幼馴染と妹に指を舐められたときの夢を見ていた花咲桃真は、幼馴染の星ヶ丘まどかの叫び声に起こされます。その後、最近めっきり会話が少なくなった妹のさくらが作った朝食を久しぶりに食べた桃真は、妹との関係改善をすべく、家事をしているさくらに話しかけますが、冷たくあしらわれてしまい、打ちひしがれたまま学園に登校します。登校途中まどかを見かけたため、声をかけて一緒に行くことにしますが、まどかから放課後“ラプンツェル”のところに行くのか聞かれます。“ラプンツェル”とは、更級町の住民からは「広原城」と呼ばれている大きな屋敷にある塔の頂上の部屋の窓から町を見下ろしている薄幸そうな美少女のことでした。桃真とまどかは幼い頃にその少女とコミュニケーションを図ったことがあり、まどかは中学に上がってからは同行しなくなりましたが、桃真はラプンツェルとの交流を続けていました。桃真にとっては初恋で一目惚れだったからです。
放課後、桃真は途中までまどかと一緒に帰ったとき、車に轢かれそうになったお婆さんを助けます。お婆さんを助けた直後、まどかが幼い頃に交通事故に遭ったことを思い出したのも束の間、今度は同世代の女の子が車に轢かれそうになっていたので、再び桃真が助けます。桃真が助けた女の子は今日桃真が会いに行こうとしていたラプンツェル本人でした。広原セリカ・・・それが彼女の本名でした。セリカは桃真と出会えたことを喜び、今日初めて屋敷の外に出てみたと話します。そして、桃真が小指を怪我しているのを知ると彼女はその傷口を舐めはじめます。すると桃真にはかつてまどかやさくらに舐められたときにも見えた赤い糸が見えます。セリカともっと話がしたいと誘ってみた桃真に対し、セリカは父親の許可が必要だと話すと、彼女の父親である広原・D・ルドマン三世が突然現れ許可します。ルドマンは娘と先程助けた下僕の老婆を助けてくれたことに対して礼を言った後、桃真のことを“婿殿”と呼び、桃真もまどかも驚きます。先程の老婆はセリカの婿に相応しいか試すためのルドマンの仕掛け人でした。誰も老婆を助ける男がいないと嘆いていたところに現れたのが桃真で、想定外だったセリカを助けたことも高評価に繋がっていました。そして、両親がいない花咲兄妹のことは全て広原家で面倒を見るというルドマンの言葉に釣られそうになった桃真ですが、まどかの必死の説得と目に浮かべた涙を見て冷静になります。ルドマンはまどかの気持ちを考えていなかったことを反省し、1度彼女としっかり話をしたほうが良いと言います。そして、3日間の猶予を与えるからそれまでに結論を出してほしいと桃真に告げるのでした。
家に帰った桃真はルドマンから持ちかけられた結婚話をさくらにします。桃真は最初さくらの学費等を理由にしていましたが、そのことにさくらは激怒。そして、結婚のことを軽く考えている桃真を説教し、まどかのことをどう思っているか聞きます。これまでまどかのことを友達だと思っていた桃真ですが、さくらに言われてそれだけじゃないことを自覚。しかし、好きかどうかまでは分かりませんでした。連絡が取れなかったまどかとは翌日学校で会い話しますが、桃真が結論を出さない限り家には行かないと言って少し2人の間に距離が出来てしまいます。放課後になりまどかと一緒に帰ろうとしたものの、友人と約束があるからと断られ、しかたなく家に帰ると、さくらが出迎えてくれます。数年ぶりにさくらと夕食を一緒に食べたとき、良い機会だと思った桃真は、さくらに自分を避けるようになったのか聞いたものの教えてもらえませんでした。
翌朝、桃真は、もう1度ルドマンと会い、考える時間の延長をもらえるよう交渉すべく、広原家の屋敷に向かいます。広原家の屋敷に着いたもの、インターホンに出たメイドにアポイントを取っていないことを理由に門前払いされそうになります。しかし、緊急な話があると言うと、セリカが応対することになりました。桃真はもっとセリカのことを知りたいから考える期間を延長してほしいと言うと、セリカは広原家には奇妙な習わしがあるため、難しいかもしれないと話します。その習わしとは、ある年齢になると伴侶を選び結婚しなければならず、結婚すれば外に出ることが出来るというもの。桃真はそんなのは古い考えだと批判しますが、セリカは家族のために必要とされる役割を担うことを良しとする者もいるから理解してほしいと言います。
セリカの境遇に同情しそうになった桃真ですが、セリカからそういった理由で結婚しようというつもりなら私の方からお断りさせて頂きますと心を読まれてしまいます。セリカの覚悟と心意気を知った桃真は、自分がガキだったことを思い知らされます。その後、セリカからの積極的なアプローチを受けた桃真は、心と身体が分離してしまったかのようにセリカに吸い寄せられ思わず抱きしめ、キスをしそうになりますが、それを止めたのはセリカが飼ってる猫のくりりんでした。冷静になったセリカは勢いに任せて卑劣な真似をしてしまったと言い、その言葉に桃真は違和感を覚えます。その後、桃真はセリカの身体を触ってしまったことに責任を取ると言いますが、セリカはそれを拒否。桃真も男としての体裁だけでセリカを選ぼうとしたことを反省し、今度はちゃんとルドマンとの約束の期限内に答えを出すとセリカに約束するのでした。
期限内に答えを出すとセリカと約束した桃真は、授業が始まっている時間になっていることに気付いて学園に向かいますが、完全に遅刻でした。しかし、セリカに会って話をしてきたことをまどかに伝えようと、嫌がる彼女を無理矢理学園の外まで連れていき、話そうとします。すると、まどかは話を聞こうとせず学園に戻ろうとして道路に飛び出してしまい、車に轢かれそうになります。まどかは桃真のおかげで何とか助けられましたが、桃真に助けられたことで冷静になり謝ります。桃真はまどかに、さくらに忠告されちゃんと相手を理解した上で決めたいから時間をくれと頼んできたが、それが不可能だと分かったことを伝えます。すると、まどかがどうしてわたしにまでそういう話を教えるのかと聞いてきたため、桃真はその理由を答えようとして告白の寸前までいきそうになり誤魔化します。結局お互い告白までは至らず、未だ友達以上恋人未満の関係は続くことになりましたが、結婚話が持ち上がってからというものギクシャクしていた2人はいつの間にか仲直りしていたのでした。
セリカとまどかとの狭間で揺れ動く桃真。夜まで外を散歩しながら考えたものの、結論が出ず家に帰った桃真は、2日連続でさくらと夕飯を食べます。桃真はさくらに進路のことを聞きますが、さくらは学費が全額免除になるという医学部の特別推薦枠を狙っていると答えます。ただ、そこを狙うにはボーダーラインギリギリだという話をしたため、桃真は自分がバイトを増やすからさくらはバイトを減らして勉強に費やすと良いと言うと、さくらはそれを拒否。今でも無理をしている桃真に、バイトを減らしてほしいとお願いするさくらですが、今度は桃真がそれを拒否します。さくらは私の学費を理由に結婚しないで欲しいと再度忠告すると、桃真はセリカにも似たようなことを言われたからそんなことはしないと伝えます。そして、もしもセリカもまどかも選ばず、さくらが以前のように接してくれるなら、当分は誰とも特別な関係にならないと話します。すると、さくらは急に昔の口調に戻り狼狽え、残酷で卑怯だよと言って自分の部屋に戻ってしまいます。桃真はさくらが自分を避けるようになった理由がないか昔のことを思い出そうとしますが、それと繋がるようなものはなかったため、翌朝寝坊したのを良いことに妹の部屋に侵入して何か理由になりそうなものはないか探そうとします。そして、さくらの部屋で見つけたのは、さくらが捨てたと言ってた桃真がプレゼントした万年筆と一緒に洗うのはイヤと言っていた桃真のパンツで、それを見た桃真は間接的にさくらの気持ちを知り動揺するのでした。
遅刻して学園に着くとまどかが休みであることを彼女の友人から聞いた桃真。2人からまどかが桃真やさくらに何かあったときのための貯金として1年前から工事現場でバイトしていることを知り、今日もバイトのために休んでいることを聞きます。桃真は学園をサボってまどかが働いている工事現場に向かい、仕事が終わったところで彼女に声をかけます。花咲家の問題なんだからまどかは気にしなくていいと桃真は言いますが、まどかはただの自己満足だからと返します。2人はしばらく口論しますが、お互いのことを考えていると分かると自然と抱き合い告白する雰囲気になりますが、まどかがそれを拒否します。まどかが拒否した理由。それは、桃真にとってセリカが憧れの女の子だったことを知っていたからでした。けど、まどかやさくらの気持ち、セリカの覚悟を知った桃真は、明日ちゃんとルドマンとセリカの前で結論を出すと約束します。自分自身の心を絶対に裏切らない答えを出すと。すると、まどかも一緒に行きたいと言い、桃真の頬にキスをして帰って行くのでした。
家に帰りお風呂に入ると、バイトから帰ってきたさくらが風呂に入ってきて驚きます。さくらは桃真の背中を流しながら、ずっと桃真に助けてもらってて、今回の件で桃真が決断を下せないのは私の問題があるからだと話します。自分が重荷になっていると。さくらのそんな言葉を聞いて、桃真はようやくさくらが自分を避けるようになった理由・・・両親が亡くなったときに桃真がさくらに自立できるようになれと言ったからだと気付きますが、さくらはそれは半分正解だと教えます。その後、一緒にお風呂に入ってさくらからのHなアプローチを受けた桃真は、自分が反応してしまったことに動揺し、風呂を出て自分の布団に潜り込みます。さくらはすぐ追いかけてきて、一緒に寝たいと言って桃真の布団に入りこみ、お兄ちゃんのことが好きと告白します。さくらが桃真を避けるようになったのは、自立できるようになるためだけじゃなく、兄を男の人として意識するようになったからでした。さくらは、これまで周囲の目を気にして自分の気持ちを抑えていましたが、セリカとの結婚話で兄が遠くに行ってしまうのではないかと怖くなったため、それなら自分の気持ちを打ち明ければ結婚しないと言ってくれるかもと考えたのです。そして、さくらもまたまどか同様に桃真が打算抜きで誰を選ぶか見たいと言って同行することを決めます。そして、運命の日。1日街の中を歩いて考えて桃真が出した結論は・・・。
桃真が選んだのはさくらでした。しかし、桃真がさくらを選んだ瞬間、ルドマンが手のひらを反して結婚の便宜を図るのを止めると言い出します。兄妹で結婚など世間から後ろ指をさされると。急に態度が変わったルドマンに対し、セリカとまどかは酷いと非難しますが、桃真もさくらも構わず自分達の覚悟を示すと、ルドマンは2人の覚悟を認め、2人を試すためにやったと謝ります。かくして、ルドマンの手配により2人は夫婦として世間にも認められ、結婚式は身内だけで執り行われました。そして、兄妹で夫婦の生活が始まりますが、初夜でやりすぎて遅刻寸前になってしまったため、桃真がエッチを控えようとしてエロ本で処理したところ、さくらの怒りを買ってしまったり、主にエッチ方面で色々と問題が起こりましたが、さくらがまどかの前ではツンツンしてしまうこと以外では特に何もなく夫婦円満(?)で生活していました。結婚してからしばらく経ったある日、ルドマンからさくらが妊娠したときのための医師団と最新の医療設備を調達できたから、早速検査を受けてほしいと言われ、休日に兄妹で広原家を訪ねます。検査の結果は、2人の間に産まれる子には一切問題がないという診断でした。その結果に安堵する桃真とさくら。そして、もう1つ広原家を訪ねた理由があり、それはルドマンが2人のために各種手続きをしているときに発覚した桃真達の両親の遺産についてでした。両親の遺産は兄妹が生活するのに必要な最低限の部分を残して親類に分配することで決着が付きましたが、その時誰も欲しがらなかったものがありました。それは中央アジア某国が独立時に発行した長期国債で、原油価格低下と内戦の勃発で国債は紙切れ同然に成り果てていたため、親類は目もくれず放置したようでした。しかし、現在は内戦の終結と希少鉱物の発見という安定材料で、国債は暴騰寸前というほどに価値が上がっていました。今換金すれば2人が大学院を卒業するまではお金の心配をする必要がないレベルであり、更にルドマンの取り計らいでそのお金を2人の教育資金として両親が用意されていたという扱いにしたことで、法的にも強欲な親類が一切手を出せないようにしていました。ずっとさくらの大学進学のためのお金について悩んでした桃真もこれで大学に行かせることが出来ると安堵し、ルドマンに感謝するのでした。
お金の心配は無くなったとはいえ、学生の身で赤ちゃんを育てることは難しいことから、計画的なエッチと避妊をするようになった2人。しかし、順調そうに見えた2人の生活に大きな問題が発生します。それは、前回の検査で2人の間に出来る子どもには何の問題はないと分かった他に、さくら自身が妊娠しにくい身体であることが発覚したのです。ルドマンはこのことを2人に告げるつもりでしたが、セリカがまずはさくらに教えて、あとはさくらに委ねることにしたため、広原家の屋敷にはさくらだけが呼ばれました。さくらは自分の身体のことを聞かされショックを受けますが、若いうちなら妊娠の可能性があると聞かされたため、家に帰ると桃真に避妊しないでエッチがしたいと言い出します。事情を知らない桃真はさくらの急な方針転換に戸惑いつつも誘惑に負けて何度かエッチしますが、その度に誘惑に負けたことを謝っていたため、さくらからそんなに私との赤ちゃんが欲しくないのと怒られます。そして、さくらが「今しか赤ちゃんを作れない」と言ったため、さくらの態度が急変したのには何かあると思い、問い詰めようとするとさくらは外に飛び出してしまいます。さくらを追いかけようとしたものの、スタートダッシュで遅れた桃真はさくらを見失いますが、さくらが広原家の屋敷に向かったのをまどかが目撃したため、2人で屋敷へと向かいます。しかし、さくらの要望でセリカが屋敷に入れてくれなかったため、まどかを通じて連絡を取り、セリカからさくらを預かるから放課後にまどかだけ来て欲しいと言われ、一旦引き下がります。事情を聞いたまどかは、ルドマンがそうしようとしていたように、最初から桃真も一緒に話を聞いてもらえば良かったと指摘すると、余計なことをしたとセリカが謝りますが、それは桃真にしたほうがいいと言います。さくらが桃真に打ち明けなかったのは、もしもそのことを知ったら桃真は自分の人生を棒に振ってでもさくらが妊娠するまでさくら中心の生活をするのではないかという心配があったからでした。けど、セリカやまどかと話をして少し落ち着いたさくらは、桃真のことを信じることにし、明日丁度桃真が広原家に招待される日だったため、その時に桃真に打ち明けることを決意。その日はセリカの家にまどかと一緒に泊まることにします。
翌日、広原家を訪れた桃真は、さくらから20代前半までに妊娠しないと子どもが作れない身体であることや、さくらが自分に打ち明けなかった理由を聞き、桃真は打ち明けてくれればここまで大きな問題にならなかったと注意しつつも、赤ちゃんが欲しいというさくらのためにも今後のことについて話し合います。桃真はさくらと子どもを養うためにもまずは学校を卒業してから社会人になり、さくらは妊娠したら休学して勉強しながら子育てして、それが一段落したら進学することに決め、方針が決まったことで、2人は当面は子作りを優先することにします。ルドマンが用意した医師団によるさくらの体質改善は進み、夏休みの中頃にあった夏祭りの日、主人公はさくらから祭りの会場に呼び出されると、さくらが浴衣姿で現れます。そして、さくらは主人公に自分のお腹に赤ちゃんがいることを告げるのでした。

Pure Marriage ~赤い糸物語 さくら編~ 感想
・・・んん、なんだろう、これ。セリカ編に比べたらまだイチャラブしてるのかなーって気はしますけど、さくらちゃんが妊娠しにくい体質っていう設定は必要だったのか?って思う内容ですね・・・。普通にイチャラブして、最後にさくらちゃんが妊娠しましたっていう流れだけで良かったと思うよ?体質改善始めた直後にエンディングになってさくらちゃんが妊娠して終わりですよ?w 「あれ?これで終わりなの!?」って思いましたよwwwww ルドマンさんの伝手の医師団が凄い人達でさくらちゃんが妊娠できる身体になったっていうだけで、主人公はまったく何もしてないし、体質改善の具体的な中身も特にないw これだったら、イチャラブオンリーにして普通に妊娠しましたで良いと思うんですけど?w なんかセリカ編はまぁ何となく設定上、ああいう話にしたっていうのは理解できたけど、さくら編の設定は無駄だったように思う。エンディング見てる間、なんだかなぁ・・・ってずっと思ってました。
っていうか、僅か1ヶ月足らずで妊娠って分かるものなの?体質改善を始めたのは1学期の終業式で翌月の夏祭りのときに妊娠が発覚って・・・長く見ても3週間くらいですよね。短すぎですよね。実は体質改善始める前には妊娠してたんじゃね?体質改善する必要なかったんじゃね?そんなに早く効果が出るわけなくね?なんかもうツッコミどころ満載でグダグダだったんですけどw “数年後”っていう前置きがつくなら納得もするけど、そうは言ってなかったし。あと、序盤も主人公の行動が一貫性なくてグダグダだったし(毎日はエッチしない→結局性欲に負けてエッチ→避妊する→結局その場の勢いに任せて生でエッチと自分で決めたことと真逆の行動ばかりする)、全体的にもうちょっとちゃんと考えようよって思う内容でした。まぁ主人公に関してはヘタレでアホなヤツって思ってたので、もうどうでもよかったけど、今回は本当に何もしてなくてただ空気な存在感でした。
Hシーンは11回。微妙におっぱい見せない本番Hが多めかな~。裸エプロンとかそれなりにシチュエーションは考えてあったけど、最後の浴衣姿でのHシーンはなかったし。パ○ズ○が最後にあったけどパ○ズ○フェ○はなし。とりあえず、テキストに関してはセリカ編に比べたらマシになってたかな・・・。結果的に、内容もHシーンも最初のまどか編が1番良かったのは間違いないです。
とりあえず、これだけは言える。さくらちゃんは可愛い(*´Д`*)b

「Pure Marriage ~赤い糸物語~」シリーズのあらすじ・感想はこちら↓
星ヶ丘まどか編】【広原・D・セリカ編

「Pure Marriage ~赤い糸物語~」のグッズ購入品はこちら↓
星ヶ丘まどかB2タペストリー

「Pure Marriage ~赤い糸物語 さくら編~」の公式サイトはこちらから↓

Pure Marriage ~赤い糸物語~ さくら編

これでヒロイン3人分終了しましたけど、ハーレム編が残ってるんですよね。自分はハーレムは興味ないんですけど、一応は買うつもりです。ただ、クリフォトの抱き枕カバーは要らないので通常版で。セリカちゃんの抱き枕カバーが出たら買いたいですね。セリカちゃんだけ抱き枕カバー化されないのはあんまりです・・・。
ピュアマリはヒロインは文句なしなんですけど、シナリオがものすごく微妙になってるのが残念なんですよね~。Hシーンも、まどか編以外は微妙だし・・・。Lassが一度潰れたのも分かる気がするヽ(´ー`)ノ

コメント (2)

「Pure Marriage ~赤い糸物語 ハーレム編~」 公式サイト公開

2017年12月24日 12時00分00秒 | Lass

2018年2月23日発売予定LassPixy最新作「Pure Marriage ~赤い糸物語 ハーレム編~」の公式サイトが公開されました(*'∇')

ま~、いつか来るかな~って思ってたけど、やっぱり来ましたね~、ハーレム編。クリフォトともHシーンがあるっぽいです。

自分はハーレムルートには興味ないけど、新システムが導入されるとの事で、それ次第では買おうかなと思ってます。とはいっても、今回は買うにしても通常版ですけどね。特典がクリフォトの抱き枕カバーですし、巨乳派の私には興味がないので(爆)

っていうか、1番好きなセリカちゃんだけ抱き枕カバー化されてないので、まどかちゃんの時のようにどこかのイベントで抱き枕カバーを販売してほしいですね(結局まどかちゃんのは買わなかったけど)。通販ありで。つか、1番おっぱいが大きいメインヒロインが抱き枕カバー化されずにサブキャラだった子が先に抱き枕カバー化ってのは有り得ないですよ。さくら編は抱き枕カバーにしてんのに、何故セリカ編は抱き枕カバーにしなかったんだ?

とりあえず、現時点ではまださくら編もプレイしてないんですけど、コンセプトのところは「本当かよ?」って疑問に思っちゃいますね、まどか編やセリカ編を見ていると・・・素材は良いんだけどなぁ・・・。

「Pure Marriage ~赤い糸物語~」シリーズのあらすじ・感想はこちら↓
星ヶ丘まどか編】【広原・D・セリカ編

「Pure Marriage ~赤い糸物語~」のグッズ購入品はこちら↓
星ヶ丘まどかB2タペストリー

「Pure Marriage ~赤い糸物語 ハーレム編~」の公式サイトはこちらから↓ 

Pure Marriage ~赤い糸物語~ ハーレム編

あと、セリカ編みたいにHシーンの手抜きテキストは止めてね(´_ゝ`)?

コメント

「Pure Marriage ~赤い糸物語 さくら編~」 マスターアップ

2017年11月30日 11時45分00秒 | Lass

2017年12月22日発売LassPixy第3弾タイトル「Pure Marriage ~赤い糸物語 さくら編~」がマスターアップしたそうですね。

マスターアップおめでとうございます~(*'∇')

Lassが発売延期しないというのは珍しい・・・やはり元々完成していたんでしょうねぇ~。

期待はしているんですが、2作続けてイチャラブのコンセプトを無視してきたので、期待半分不安半分って感じかな~。

ラストくらいはイチャラブメインにしてほしいなぁ・・・。

「Pure Marriage ~赤い糸物語~」シリーズのあらすじ・感想はこちら↓
星ヶ丘まどか編】【広原・D・セリカ編

「Pure Marriage ~赤い糸物語~」のグッズ購入品はこちら↓
星ヶ丘まどかB2タペストリー

「Pure Marriage ~赤い糸物語 さくら編~」の公式サイトはこちらから↓

Pure Marriage ~赤い糸物語~ さくら編

さくらちゃん可愛い(*´Д`*)b

コメント (2)

「Pure Marriage ~赤い糸物語 セリカ編~」 あらすじ・感想

2017年10月28日 00時00分00秒 | Lass

2017年10月発売タイトル第1弾は、LassPixy最新作「Pure Marriage ~赤い糸物語 セリカ編~」でした(*'∇')

待望のセリカ編です!一時期はLass倒産で発売も危ぶまれましたが、無事発売されて嬉しいですわ~(*'∇')

もちろんタペストリー付で買いました(*´Д`*)b

ペーパーも付いてました。

( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!

Pure Marriage ~赤い糸物語 セリカ編~ 概要
数年前に両親を交通事故で失くした主人公・花咲桃真が、町でも有名なお金持ちの屋敷に住むお嬢様の広原・D・セリカを交通事故から助けたところ、彼女の父親に気に入られてしまい、セリカと結婚してほしいと告げられる恋愛ADV。
ヒロインは主人公の幼馴染の星ヶ丘まどか、主人公の憧れのお嬢様・広原セリカ、主人公の妹の花咲さくらの3人がいますが、今回結ばれるヒロインは桃真の初恋の相手である広原・D・セリカとなります。

Pure Marriage ~赤い糸物語 セリカ編~ キャラクター紹介
花咲桃真
シリーズ通しての主人公。交通事故遭遇率が非常に高く、よく生きていられるなレベルだが、ちゃんと生きているので悪運の持ち主と言える(爆)
基本的に自分勝手で頭が悪くあまり深く考えずに発言し、いざとなると優柔不断ですぐ他人を理由にして物事を判断する癖があり、その度にヒロイン達に怒られている。ぶっちゃけ、何故このヘタレ男が好かれるのか理解できない(ぁ

広原・D・セリカ

セリカは町で有名なお金持ちのお嬢様で今作のヒロイン。桃真やまどかとは幼い頃に窓越しに知り合っていたが、今まで桃真たちとは紙とペンを使ってコミュニケーションを取り合っていただけで、直接話したことはなかった。
桃真はセリカのことを“ラプンツェル”と呼んで彼女に憧れており、今もセリカのところまで定期的に会いに行っている(まどかは中学生になった頃には同行しなくなった)。セリカの方も桃真とのコミュニケーションで得たことは全て大切な思い出として記憶しており、間接的にではあるが会ったことのない桃真の妹・さくらの事も知っている。
生まれてからずっと屋敷から出たことがない正真正銘の箱入りのお嬢様だが聡明で、アホな桃真の考えていることくらいはお見通し。そして、広原家の娘として、いずれは父親が決めた相手と結婚するという運命を受け入れ覚悟も出来ている(もちろん本心は違うが)。その為、桃真のことを慕っていても、桃真の中途半端な気持ちを受け止めようとはせず、桃真が選んだ相手のことを祝福すると決めている。
彼女が屋敷から出られないのにはある理由があるが・・・。

星ヶ丘まどか

まどかは桃真の幼馴染で1作目のヒロイン。容姿は人の目を引く美人系だが、性格はちょっと大雑把でサバサバしている。桃真とは同い年だが花咲兄妹に対してお姉さん気取りでいる。
桃真のことが好きだが、普段の付き合いからか素直にそれを表に出せないでいる。桃真に対しては無防備な姿を見せることが多いが、それは桃真に女の子として見てもらいたいため。そして、将来桃真のお嫁さんになるために密かに花嫁修業をしており、家事は一通りこなせるが桃真の前ではまだ披露していない。
両親のいない花咲兄妹のために隠れてバイトしており、時々帰りが遅くなることがあるが、兄妹にはそのことを秘密にしている。詳しくは1作目を参照。

花咲さくら

さくらは桃真の妹。昔はお兄ちゃん大好きっ子だったが、今は兄を避けており疎遠になっている。しかし、今でもお兄ちゃんのことは大好きで、その気持ちをずっと隠している。
花咲家の家事全般を任されていて料理は得意。又、成績優秀で将来医学部を目指しており、只今猛勉強中で、学費が免除になる特別推薦枠を狙っている。
兄を避けるようになったのには、ある理由があるが・・・。

クリフォト

セリカが“くりりん”と呼んでいる黒猫。関心のない相手には顔を見せたり挨拶はしない。セリカにだけはよく懐いている。
本当はただの黒猫ではないが・・・。

猫耳少女

寝ている桃真の前に突如現れたネコ耳の女の子。猫の恩返しと言って桃真を誘惑してくるが、その時の桃真には既に心に決めた相手がいたため失敗に終わる。
桃真はこのやり取りを夢の中の出来事だと思っていたが・・・。

広原・D・ルドマン三世

どう考えてもおかしいとしか思えないが、セリカの父親である。いつも白いふんどしで上半身裸。非常に暑苦しい。
ものすごい金持ちで色々な無理も無茶も押し通すことが出来る家柄だが、実際にどんな仕事をしているのかは不明。セリカの話では、いくつかの企業の経営に関わっていたり、投資の相談に乗っている模様。

Pure Marriage ~赤い糸物語 セリカ編~ あらすじ
幼い頃、小指を怪我して幼馴染と妹に指を舐められたときの夢を見ていた花咲桃真は、幼馴染の星ヶ丘まどかの叫び声に起こされます。その後、最近めっきり会話が少なくなった妹のさくらが作った朝食を久しぶりに食べた桃真は、妹との関係改善をすべく、家事をしているさくらに話しかけますが、冷たくあしらわれてしまい、打ちひしがれたまま学園に登校します。登校途中まどかを見かけたため、声をかけて一緒に行くことにしますが、まどかから放課後“ラプンツェル”のところに行くのか聞かれます。“ラプンツェル”とは、更級町の住民からは「広原城」と呼ばれている大きな屋敷にある塔の頂上の部屋の窓から町を見下ろしている薄幸そうな美少女のことでした。桃真とまどかは幼い頃にその少女とコミュニケーションを図ったことがあり、まどかは中学に上がってからは同行しなくなりましたが、桃真はラプンツェルとの交流を続けていました。桃真にとっては初恋で一目惚れだったからです。
放課後、桃真は途中までまどかと一緒に帰ったとき、車に轢かれそうになったお婆さんを助けます。お婆さんを助けた直後、まどかが幼い頃に交通事故に遭ったことを思い出したのも束の間、今度は同世代の女の子が車に轢かれそうになっていたので、再び桃真が助けます。桃真が助けた女の子は今日桃真が会いに行こうとしていたラプンツェル本人でした。広原セリカ・・・それが彼女の本名でした。セリカは桃真と出会えたことを喜び、今日初めて屋敷の外に出てみたと話します。そして、桃真が小指を怪我しているのを知ると彼女はその傷口を舐めはじめます。すると桃真にはかつてまどかやさくらに舐められたときにも見えた赤い糸が見えます。セリカともっと話がしたいと誘ってみた桃真に対し、セリカは父親の許可が必要だと話すと、彼女の父親である広原・D・ルドマン三世が突然現れ許可します。ルドマンは娘と先程助けた下僕の老婆を助けてくれたことに対して礼を言った後、桃真のことを“婿殿”と呼び、桃真もまどかも驚きます。先程の老婆はセリカの婿に相応しいか試すためのルドマンの仕掛け人でした。誰も老婆を助ける男がいないと嘆いていたところに現れたのが桃真で、想定外だったセリカを助けたことも高評価に繋がっていました。そして、両親がいない花咲兄妹のことは全て広原家で面倒を見るというルドマンの言葉に釣られそうになった桃真ですが、まどかの必死の説得と目に浮かべた涙を見て冷静になります。ルドマンはまどかの気持ちを考えていなかったことを反省し、1度彼女としっかり話をしたほうが良いと言います。そして、3日間の猶予を与えるからそれまでに結論を出してほしいと桃真に告げるのでした。
家に帰った桃真はルドマンから持ちかけられた結婚話をさくらにします。桃真は最初さくらの学費等を理由にしていましたが、そのことにさくらは激怒。そして、結婚のことを軽く考えている桃真を説教し、まどかのことをどう思っているか聞きます。これまでまどかのことを友達だと思っていた桃真ですが、さくらに言われてそれだけじゃないことを自覚。しかし、好きかどうかまでは分かりませんでした。連絡が取れなかったまどかとは翌日学校で会い話しますが、桃真が結論を出さない限り家には行かないと言って少し2人の間に距離が出来てしまいます。放課後になりまどかと一緒に帰ろうとしたものの、友人と約束があるからと断られ、しかたなく家に帰ると、さくらが出迎えてくれます。数年ぶりにさくらと夕食を一緒に食べたとき、良い機会だと思った桃真は、さくらに自分を避けるようになったのか聞いたものの教えてもらえませんでした。
翌朝、桃真は、もう1度ルドマンと会い、考える時間の延長をもらえるよう交渉すべく、広原家の屋敷に向かいます。広原家の屋敷に着いたもの、インターホンに出たメイドにアポイントを取っていないことを理由に門前払いされそうになります。しかし、緊急な話があると言うと、セリカが応対することになりました。桃真はもっとセリカのことを知りたいから考える期間を延長してほしいと言うと、セリカは広原家には奇妙な習わしがあるため、難しいかもしれないと話します。その習わしとは、ある年齢になると伴侶を選び結婚しなければならず、結婚すれば外に出ることが出来るというもの。桃真はそんなのは古い考えだと批判しますが、セリカは家族のために必要とされる役割を担うことを良しとする者もいるから理解してほしいと言います。
セリカの境遇に同情しそうになった桃真ですが、セリカからそういった理由で結婚しようというつもりなら私の方からお断りさせて頂きますと心を読まれてしまいます。セリカの覚悟と心意気を知った桃真は、自分がガキだったことを思い知らされます。その後、セリカからの積極的なアプローチを受けた桃真は、心と身体が分離してしまったかのようにセリカに吸い寄せられ思わず抱きしめ、キスをしそうになりますが、それを止めたのはセリカが飼ってる猫のくりりんでした。冷静になったセリカは勢いに任せて卑劣な真似をしてしまったと言い、その言葉に桃真は違和感を覚えます。その後、桃真はセリカの身体を触ってしまったことに責任を取ると言いますが、セリカはそれを拒否。桃真も男としての体裁だけでセリカを選ぼうとしたことを反省し、今度はちゃんとルドマンとの約束の期限内に答えを出すとセリカに約束するのでした。
期限内に答えを出すとセリカと約束した桃真は、授業が始まっている時間になっていることに気付いて学園に向かいますが、完全に遅刻でした。しかし、セリカに会って話をしてきたことをまどかに伝えようと、嫌がる彼女を無理矢理学園の外まで連れていき、話そうとします。すると、まどかは話を聞こうとせず学園に戻ろうとして道路に飛び出してしまい、車に轢かれそうになります。まどかは桃真のおかげで何とか助けられましたが、桃真に助けられたことで冷静になり謝ります。桃真はまどかに、さくらに忠告されちゃんと相手を理解した上で決めたいから時間をくれと頼んできたが、それが不可能だと分かったことを伝えます。すると、まどかがどうしてわたしにまでそういう話を教えるのかと聞いてきたため、桃真はその理由を答えようとして告白の寸前までいきそうになり誤魔化します。結局お互い告白までは至らず、未だ友達以上恋人未満の関係は続くことになりましたが、結婚話が持ち上がってからというものギクシャクしていた2人はいつの間にか仲直りしていたのでした。
セリカとまどかとの狭間で揺れ動く桃真。夜まで外を散歩しながら考えたものの、結論が出ず家に帰った桃真は、2日連続でさくらと夕飯を食べます。桃真はさくらに進路のことを聞きますが、さくらは学費が全額免除になるという医学部の特別推薦枠を狙っていると答えます。ただ、そこを狙うにはボーダーラインギリギリだという話をしたため、桃真は自分がバイトを増やすからさくらはバイトを減らして勉強に費やすと良いと言うと、さくらはそれを拒否。今でも無理をしている桃真に、バイトを減らしてほしいとお願いするさくらですが、今度は桃真がそれを拒否します。さくらは私の学費を理由に結婚しないで欲しいと再度忠告すると、桃真はセリカにも似たようなことを言われたからそんなことはしないと伝えます。そして、もしもセリカもまどかも選ばず、さくらが以前のように接してくれるなら、当分は誰とも特別な関係にならないと話します。すると、さくらは急に昔の口調に戻り狼狽え、残酷で卑怯だよと言って自分の部屋に戻ってしまいます。桃真はさくらが自分を避けるようになった理由がないか昔のことを思い出そうとしますが、それと繋がるようなものはなかったため、翌朝寝坊したのを良いことに妹の部屋に侵入して何か理由になりそうなものはないか探そうとします。そして、さくらの部屋で見つけたのは、さくらが捨てたと言ってた桃真がプレゼントした万年筆と一緒に洗うのはイヤと言っていた桃真のパンツで、それを見た桃真は間接的にさくらの気持ちを知り動揺するのでした。
遅刻して学園に着くとまどかが休みであることを彼女の友人から聞いた桃真。2人からまどかが桃真やさくらに何かあったときのための貯金として1年前から工事現場でバイトしていることを知り、今日もバイトのために休んでいることを聞きます。桃真は学園をサボってまどかが働いている工事現場に向かい、仕事が終わったところで彼女に声をかけます。花咲家の問題なんだからまどかは気にしなくていいと桃真は言いますが、まどかはただの自己満足だからと返します。2人はしばらく口論しますが、お互いのことを考えていると分かると自然と抱き合い告白する雰囲気になりますが、まどかがそれを拒否します。まどかが拒否した理由。それは、桃真にとってセリカが憧れの女の子だったことを知っていたからでした。けど、まどかやさくらの気持ち、セリカの覚悟を知った桃真は、明日ちゃんとルドマンとセリカの前で結論を出すと約束します。自分自身の心を絶対に裏切らない答えを出すと。すると、まどかも一緒に行きたいと言い、桃真の頬にキスをして帰って行くのでした。
家に帰りお風呂に入ると、バイトから帰ってきたさくらが風呂に入ってきて驚きます。さくらは桃真の背中を流しながら、ずっと桃真に助けてもらってて、今回の件で桃真が決断を下せないのは私の問題があるからだと話します。自分が重荷になっていると。さくらのそんな言葉を聞いて、桃真はようやくさくらが自分を避けるようになった理由・・・両親が亡くなったときに桃真がさくらに自立できるようになれと言ったからだと気付きますが、さくらはそれは半分正解だと教えます。その後、一緒にお風呂に入ってさくらからのHなアプローチを受けた桃真は、自分が反応してしまったことに動揺し、風呂を出て自分の布団に潜り込みます。さくらはすぐ追いかけてきて、一緒に寝たいと言って桃真の布団に入りこみ、お兄ちゃんのことが好きと告白します。さくらが桃真を避けるようになったのは、自立できるようになるためだけじゃなく、兄を男の人として意識するようになったからでした。さくらは、これまで周囲の目を気にして自分の気持ちを抑えていましたが、セリカとの結婚話で兄が遠くに行ってしまうのではないかと怖くなったため、それなら自分の気持ちを打ち明ければ結婚しないと言ってくれるかもと考えたのです。そして、さくらもまたまどか同様に桃真が打算抜きで誰を選ぶか見たいと言って同行することを決めます。そして、運命の日。1日街の中を歩いて考えて桃真が出した結論は・・・。
桃真が選んだのはセリカでした。ずっと好きで今もそうだからと。セリカも桃真の告白を受け取り、選ばれなかったまどかやさくらも覚悟は出来ていたため、2人を笑顔で祝福します。その後、結婚式で着る服の採寸をした桃真は、傷心のまどかやさくらのフォローをしようと家に帰りますが、そこは既に宴会状態になっており、何故かくりりんも一緒にいて、まどかとさくらは桃真に対する愚痴を言いたい放題言っていました。その後、宴会も終わり、くりりんはルドマンに連絡したところ、一晩預かることになりました。しかし、夜中になり寝ている桃真をネコ耳の女の子が起こします。女の子は以前桃真が助けたお婆さんの飼い猫で恩返しに来たと話し、わたしの身体をもてあそんで下劣な欲望を満たすがいいニャと言い出します。しかし、桃真は心に決めた人と明日結婚するからそれは出来ないと拒否。すると、ネコ耳の女の子は誘惑を諦めて姿を消すのでした。
翌日、慌ただしい結婚式を終えた桃真とセリカは初夜を迎え2人は結ばれます。翌日、セリカに言われ普通に学園に登校した桃真は、まどかから結婚して浮かれているのは分かるけど、さくらのことも気にかけてあげてほしいと言われ、広原家に帰る前に花咲家に寄ります。さくらはセリカが料理が出来ないことを知り花咲家に伝わる料理を教えられないのは残念だと言い、無意識に兄の分まで作っていた夕飯をお土産として兄に渡し、入れ物は後でセリカと一緒に返しにくればいいと言って桃真を追い出します。その日の晩、広原家の夕食はさくらの料理が並びますが、セリカがさくらから花咲家の料理を教わりたいと言ったため、桃真は家に行けば教えてもらえるはずだと答えます。しかし、セリカとルドマンは、屋敷にさくらを連れてくるように言い、その様子が不自然だったため、桃真はふとある大事なことを聞くことを忘れていたことに気付きました。それは、何故セリカは屋敷の中だけで生活していたのかでした。夕食後、その事をルドマンに聞こうとすると、夫婦の間で話すのが良いだろうと答えます。そして、ルドマンはもしもセリカが事実を伏せたり誤魔化すようであれば、深くは問い詰めないでほしい、そうなったら儂から話すと桃真にお願いします。その後、セリカと部屋で2人きりになり、桃真が事情を聞こうとするとセリカは最初は誤魔化そうとしましたが、流石に隠し通せないと分かり、桃真に自分の秘密を話します。
セリカが外に出ない理由は、母親の血統に由来する特別な体質が不特定多数の人に迷惑がかかるからでした。それは、セリカが近くになると精神的に不安定になり、奇怪な行動を取り、男女問わず破廉恥なことを人前でも初めてしまうというものでした。そうなるのはセリカの容姿に関係があり、大勢の人が参加していた昨日の結婚式でも、もしセリカに変化が表れたら参加者を避難させる手筈になっていました。セリカは普通の人間ではなく、人間の父親とサキュバスの母親の間に生まれたのがセリカでした。セリカの母親はセリカを産むと魔力が不足してしまったため、すぐに魔界に戻ってしまいましたが、普通の人間として産まれたセリカはルドマンと共にこちら側の世界に残っていました。しかし、幼い頃に不完全な形でサキュバスの血が目覚めてしまいます。力を上手く制御できないセリカは、容姿がサキュバスになると無制限に魅了の力が働いてしまい、周囲の人を混乱させてしまいました。そして、意識的にサキュバスの姿にもなることが出来ず、力も制御できないセリカは、周囲に迷惑をかけないために屋敷から出ることが出来なくなりました。何度かサキュバス化していくうちに分かったことは、セリカ自身が強い感情を抱く場合のみ変化するというものでした。結婚相手の探し方が独特だったのも呪術的な占いにより、セリカを幸せに出来る相手を探すためのもので、理想的な夫と結ばれたなら、定期的に精を得ることで不安定な能力も落ち着くだろうという推測でした。だから、セリカはその性質から桃真との初夜では変化すると覚悟していましたが、最後まで変化することがなかったため、話す機会を失ってしまったようでした。
桃真と結ばれ、秘密を知られて離婚することになったとしても、桃真以外と結婚するつもりはなく、桃真との初夜の思い出を胸に人里離れた場所でひっそりと暮らすつもりと話すセリカ。桃真は人里離れた場所で1人で暮らすなんてと言いますが、セリカはくりりんがいるから大丈夫と言って、くりりんを呼びます。くりりんはセリカが何度目かのセキュバス化で偶然魔界から呼び出した使い魔で、セリカに言われるとくりりんは人の姿になって桃真を驚かせます。その姿は夕べ桃真を誘惑してきたネコ耳の女の子でした。くりりんはまだ桃真のことを認めていませんでしたが、桃真はそのことは大して気にせず、むしろ、くりりんの存在のおかげで魔界や魔法、サキュバスが実在するのだと実感します。セリカはこれで桃真とお別れだと呟きますが、桃真はそれがなんだと突っぱねます。サキュバスだろうと悪魔だろうと俺は広原セリカが好きで結婚したし、別れるつもりなんてない、今でも大好きだと言って。セリカはその言葉に驚き、1つだけ確認します。桃真が一目惚れしたという2人の出会いのとき、自分はサキュバスの姿をしていたかと。そして、桃真がそんな姿はしていなかったと答えると、セリカは自分の制御できない魅了の力で桃真の心を歪めたわけじゃないと安心して涙ぐみます。桃真はそんな彼女の姿を見て、セリカは魅了の力で子どもの頃の桃真が自分を好きになってそれが今も継続しているだけだったのではと考えて怖かったのだと気付き、セリカの側から離れないと言って抱きしめると、嬉しくなったセリカはサキュバス化し、そんなセリカを見て桃真は可愛いじゃないかと伝えるのでした。
桃真が協力して、これまでセリカが怖がって出来なかったサキュバスの制御をする修行を始めることにした2人。サキュバス化しても部屋に閉じこもったりはせず、人から自然と溢れてくる生命エネルギーを吸い取ることで少しずつ制御も出来るようになっていました。そんなある日のこと、ルドマンがセリカに内緒で屋敷にいる人間たちを連れて旅行に行きます。桃真はまだ外を出歩けないセリカとの新婚旅行の気分を味わってほしいと屋敷の留守番を頼まれ引き受けましたが、何も話を聞いてなかったセリカはクリフォトがいるとはいえ、不安な気持ちでいっぱいでした。そして、不安な気持ちが爆発して傍にいるクリフォトと百合展開に発展しそうになったため、クリフォトは逃げて急いで桃真にすぐ学校から帰ってくるように連絡します。連絡を受けた桃真は、急いで屋敷へと戻ると、セリカはサキュバス化していて、不安な気持ちを桃真に話します。桃真がルドマンが何も言わなかったのはサプライズのつもりで、自分たちに新婚旅行気分を味わってほしかったからだと説明しますが、暴走しているセリカはまったく聞く耳を持たず桃真を押し倒します。エッチした後、セリカは正気に戻って謝りますが、桃真も黙っていたことを謝り、今後はこういうセリカを1人にするようなサプライズはやらないと約束し、不安な気持ちが消えたセリカを連れて夕飯の買い出しに出かけます。そして、何事もなく買い物デートを終えて屋敷まで戻ってくると、セリカがサキュバスの羽根を桃真に見せ驚かせます。セリカは一昨日から自分の意志で自由に姿を変えられるようになっていました。一緒に買い物に出掛けることを躊躇しなかったのはそれが理由のようでした。1人ぼっちになって不安な気持ちを暴走させてしまい、まだ未熟であることを痛感したセリカですが、桃真と一緒なら出掛けることは平気だと確信したのでした。
桃真と一緒に買い物をするようになり、セリカはそろそろ料理を覚えたいと思い、買い物の途中で会ったさくらとまどかに相談して、今度の休日に屋敷で料理教室をすることになりました。しかし、その前にセリカが桃真に弁当を作って大失敗してしまい、その時初めてセリカがナマモノが嫌いであること、そのせいで加熱しすぎて失敗したことが分かり、桃真はどうセリカに言って良いか分からず、さくら達に教われば良いとセリカを責めるような言い方をしてしまいます。そして、セリカから謝ってくるものだと思っていた桃真ですが、数日セリカから少し距離を置かれたことで危機を感じ、彼女と向き合って話をします。そして、セリカから謝ってくるだろうという自惚れた考えをしていたこと、弁当を作ってくれたことへの感謝とこれからも作ってほしいという言葉を最初に言うべきだったと反省して、セリカにそのことを伝えます。すると、セリカも誰にも教わらなくても桃真が満足できる料理が出来る、桃真なら何をしても何を言っても喜んでくれると自惚れていたことを反省し、お互いに謝ります。こうして初めての夫婦喧嘩は無事解決するのでした。
夫婦喧嘩も円満に解決し、早速仲直りのエッチをしようとした桃真ですが、この日はさくら達が屋敷に来て料理教室をする日だからとセリカに止められてしまいます。その後、さくら達が来る前に桃真とクリフォトで基本的な料理のいろはをセリカに教えることにしますが、そこで意外な事実が判明します。セリカはナマモノへの過剰な衛生観念がある事以外はとても筋が良く、2人が少し教えただけで簡単な料理ならば上手に作れるようでした。屋敷に来たさくら達はセリカの作った料理を見て、教えることは無さそうと言いますが、セリカは以前の失敗から加熱に関しては不安があるのと、桃真の好物であるという鶏肉料理の神髄を教えてほしいと言い、料理教室が始まります。サキュバスの力も自分の意志で使えるようになったり、料理も出来るようになり、今まで出来なかったことを色々と経験できるようになったセリカ。しかし、ある日、セリカはいくでも食べられると夕飯に出たお肉をたくさん食べてしまい、食べ過ぎで夜の営みが出来ずに眠ってしまいますが、桃真が目を覚ますとセリカがサキュバス化していて、しかも力を暴走させていました。桃真はエッチが終わった後にまだセリカが求めてきそうだったため、セリカから一旦離れて旅行中のルドマンに連絡を取ろうとしますが、結局セリカに押し倒され、魅了の力をまともに受けた桃真は逆らうことが出来ずにエッチして限界まで精気を奪われてしまいます。翌朝、セリカは正気に戻り謝りますが、桃真が学校から帰ってくると、セリカは再び桃真とエッチすることしか考えられていなかったため、自分から部屋に閉じこもって桃真と距離を置くことにしました。昨日のエッチではクリフォトの協力で何とか桃真は死なずに済んでいましたが、このままだとセリカに精気を吸われてミイラになってしまうとクリフォトから警告されたため、桃真も距離を置くことにします。しかし、クリフォトからセリカの心の葛藤を見せてもらった桃真は、このままセリカを放っておくことは出来ないと言います。そこでクリフォトは、セリカと繋がっている自分とエッチして、セリカの感覚に快楽を逆流させそれで落ち着いた隙にクリフォトが性欲を抑制する力をセリカに打ち込めば元に戻ると提案します。桃真はやむなくその提案を受け入れクリフォトとエッチをし、セリカの力の制御を取り戻しますが、その代償としてクリフォトは力を失い普通の黒猫になってしまうのでした。
自分のサキュバスの力のせいでクリフォトとの意思疎通が出来なくなったセリカは激しく落ち込み、自分の大切な人に迷惑がかかるのならこのまま部屋から出ない方が良いと再び部屋に閉じこもってしまいます。桃真も事情が事情とはいえ、クリフォトを抱いてしまったことが負い目になり、セリカに言いたいことも言えず、2人の距離は桃真がセリカのことを“ラプンツェル”と呼んでいた頃よりも離れてしまっていました。そんなある日、2人が夫婦喧嘩していると思ったまどかから、出会った頃みたいに窓越しに会話したらどうかとアドバイスをされたため、何も良い案が思いつかなかった桃真は、まどかに言われたアドバイスを実践してみることにします。以前のようにセリカのいる部屋に小石を投げて合図をし、今度は文字ではなく言葉で直接セリカに伝えます。本来ならお互いの声など聞こえるはずもないのに、何故か聞こえることを不思議に思う2人ですが、そのまま2人は周囲の目を気にせず夫婦喧嘩を始めます。そして、セリカの全てを受け入れる、愛しているという桃真の言葉に嬉しくなったセリカはサキュバス化し、そのまま窓を割って桃真のもとへと降り立ちます。そして、セリカは桃真の趣味でコスプレしてるという体にして2人は商店街まで買い物をします。こうして、2人は恥ずかしい仲直りをしたバカップルにして夫の高度な趣味にコスプレで応じる妻という伝説を商店街に残すのでした。
セリカが暴走した原因は、彼女が桃真の子を妊娠したからでした。本来ならばサキュバスは妊娠したら使い魔に魔力を送り込んで力を蓄えコントロールしますが、セリカはそれを知らなかったため暴走してしまい、本来の方法ではなかったとはいえ結果的にクリフォトが使い魔の役目を果たしたため、元に戻ったようでした。そのことをようやく連絡が取れたルドマンから聞き、セリカはもっと自分の力と向き合っていればクリフォトはこんなことにならなかったと反省しますが、クリフォトは「気にするな」と言わんばかりに鳴きます。それから数ヶ月後、セリカは無事女の子を出産。2人の名前から取って「モモカ」と名付けられ、大切に育てられます。そして、それから数年後、少し成長した娘と未だ話せないクリフォトも連れてセリカの夢であった海を見に行くのでした。

Pure Marriage ~赤い糸物語 セリカ編~ 感想
セリカちゃん自身はとても可愛いし、サキュバス化するとエロエロになって良かったと思います。最初は箱入り娘で何も出来ませんけど自分から色々覚えようとして料理上手になったり尽くしてくれますし、お嫁さんと呼ぶにふさわしい子です!おっぱいも大きいし!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!
ただ、シナリオの方に問題がありますねぇ。結末はセリカちゃんの妊娠・出産、そして子供が成長した姿を見せて良かったとは思いますが、その経過が・・・分かっていたとはいえ、セリカのサキュバスのことに話が集約してしまい、このシリーズのコンセプトであるイチャラブ部分が飛ばされてて、まどか編よりシリアス多目でした。シナリオの展開上仕方ないとはいえ、クリフォトとエッチしちゃいますしね。まぁその後もズルズルといって3Pまで懸念してた私としては、1回だけで終わったのでホッとしてますがw そもそもルドマンがきちんとサキュバスの特性について説明しておけば後半のような展開にはならなかったし、旅行に行って海外情勢が不安定で帰ってこられないとかそんな理由で不在にさせてたのも無理矢理感がありました。
期待していたHシーンですが、まどか編と比べて3回少ない上、ものすごく短くてすぐ終わってしまうエッチも多く、Hシーンに関しては手抜きと言われても仕方ない出来。CGは比較的おっぱい見せてくれたので良かったのですが、この内容では・・・。他メーカーの作品ですがプレカノの「となりに彼女のいる幸せ」並に短いものが多く(特にラストの本番Hのテキストは手抜きすぎて笑えるレベル)、実用的とは言えないですね。あと、結局パ○ズ○は体験版で見たとおりの着衣しかないんですね・・・期待しすぎた面もあるけど、さすがにこれは期待外れと言わざるを得ない。セリカちゃんのパ○ズ○フェ○は特に楽しみにしてたのになぁ・・・よりによって着衣とか有り得ないでしょ。そういう用途でなら、まどか編の方が実用的だと思いますね。折角巨乳でCGもおっぱい見せてたというのに、シーン自体が短いというのは致命的ですなぁ。
セリカちゃんが料理出来るようになるというシチュとか、成長した子供の姿が見られたりとか良い部分はありますが、コンセプト通りに前半はシリアス多目でも後半はイチャラブオンリーにしてほしかった・・・何故コンセプト通りに出来ないのか?このシリーズは、ヒロインがすごく良い素材なので問題はシナリオ。2ヶ月後に発売を予定しているさくら編がちょっと不安だ・・・これはシナリオライターをイチャラブ得意な人に変えてもらった方が良いレベルですぞ・・・。

「Pure Marriage ~赤い糸物語~」シリーズのあらすじ・感想はこちら↓
星ヶ丘まどか編

「Pure Marriage ~赤い糸物語~」のグッズ購入品はこちら↓
星ヶ丘まどかB2タペストリー

「Pure Marriage ~赤い糸物語 セリカ編~」の公式サイトはこちらから↓

Pure Marriage ~赤い糸物語~ セリカ編

まぁでも、セリカちゃんのおっぱいはとても良かったです。( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!

コメント (4)

「Pure Marriage ~赤い糸物語 さくら編~」 公式サイト公開

2017年10月22日 12時00分00秒 | Lass

2017年12月22日発売予定LassPixy第3弾タイトル「Pure Marriage ~赤い糸物語 さくら編~」の公式サイトが公開されてます(*'∇')

これまた唐突ですね、発売日も2ヶ月後とかw

セリカ編の予約が好評みたいでタペストリー付は完売直前だそうです。そのおかげかな?

ともあれ、さくらちゃんとの結婚生活も見たかったので嬉しいです!

っていうか、12月がますます激戦区に・・・これはもう買うタイトルを絞らないとダメっぽいな。このままだと本数が2桁突入するwww

ところで、さくら編は抱き枕カバー付になっていますが、セリカちゃんは抱き枕カバー化されないんですかね?

まどかちゃんはイベントグッズで抱き枕カバー化されてますし、あとはセリカちゃんだけなんですよね。セリカちゃんの抱き枕カバーが1番欲しいので、是非ともセリカちゃんの抱き枕カバー化を是非ともお願いします!資金が足りないならCFしてもらってもOKですw

ともあれ、さくら編も期待大!

「Pure Marriage ~赤い糸物語 さくら編~」の公式サイトはこちらから↓
http://lass.jp/lasspixy/puremarriage/sakura/index.html

「Pure Marriage ~赤い糸物語~」シリーズのあらすじ・感想はこちら↓
星ヶ丘まどか編

「Pure Marriage ~赤い糸物語~」のグッズ購入品はこちら↓
星ヶ丘まどかB2タペストリー

「Pure Marriage ~赤い糸物語 セリカ編~」の公式サイトはこちらから↓

Pure Marriage ~赤い糸物語~ セリカ編

さくらちゃんは可愛いけど、セリカちゃんもよろしくね!

コメント (2)

「Pure Marriage ~赤い糸物語 セリカ編~」 体験版 あらすじ・感想

2017年10月10日 00時00分00秒 | Lass

2017年10月27日発売、LassPixy第2弾タイトル「Pure Marriage ~赤い糸物語 セリカ編~」の体験版をプレイしてみました(*'∇')

既にマスターアップ済ですね。プレイするのが遅くなってすいません(´Д`;)ヾ

Pure Marriage ~赤い糸物語 セリカ編~ 概要
数年前に両親を交通事故で失くした主人公・花咲桃真が、町でも有名なお金持ちの屋敷に住むお嬢様の広原・D・セリカを交通事故から助けたところ、彼女の父親に気に入られてしまい、セリカと結婚してほしいと告げられる恋愛ADV。
ヒロインは主人公の幼馴染の星ヶ丘まどか、主人公の憧れのお嬢様・広原セリカ、主人公の妹の花咲さくらの3人がいますが、今回結ばれるヒロインは桃真の初恋の相手である広原・D・セリカとなります。尚、1作目は星ヶ丘まどかでした。

Pure Marriage ~赤い糸物語 セリカ編~ キャラクター紹介
花咲桃真
シリーズ通しての主人公。交通事故遭遇率が非常に高く、よく生きていられるなレベルだが、ちゃんと生きているので悪運の持ち主と言える(爆)
基本的に自分勝手で頭が悪くあまり深く考えずに発言し、いざとなると優柔不断ですぐ他人を理由にして物事を判断する癖があり、その度にヒロイン達に怒られている。ぶっちゃけ、何故このヘタレ男が好かれるのか理解できない(ぁ

広原・D・セリカ

セリカは町で有名なお金持ちのお嬢様で今作のヒロイン。桃真やまどかとは幼い頃に窓越しに知り合っていたが、今まで桃真たちとは紙とペンを使ってコミュニケーションを取り合っていただけで、直接話したことはなかった。
桃真はセリカのことを“ラプンツェル”と呼んで彼女に憧れており、今もセリカのところまで定期的に会いに行っている(まどかは中学生になった頃には同行しなくなった)。セリカの方も桃真とのコミュニケーションで得たことは全て大切な思い出として記憶しており、間接的にではあるが会ったことのない桃真の妹・さくらの事も知っている。
生まれてからずっと屋敷から出たことがない正真正銘の箱入りのお嬢様だが聡明で、アホな桃真の考えていることくらいはお見通し。そして、広原家の娘として、いずれは父親が決めた相手と結婚するという運命を受け入れ覚悟も出来ている。その為、桃真のことを慕っていても、桃真の中途半端な気持ちを受け止めようとはせず、桃真が選んだ相手のことを祝福すると決めている。
彼女が結婚してからでないと屋敷から出られないのにはある理由があるが・・・。

星ヶ丘まどか

まどかは桃真の幼馴染で1作目のヒロイン。容姿は人の目を引く美人系だが、性格はちょっと大雑把でサバサバしている。桃真とは同い年だが花咲兄妹に対してお姉さん気取りでいる。
桃真のことが好きだが、普段の付き合いからか素直にそれを表に出せないでいる。桃真に対しては無防備な姿を見せることが多いが、それは桃真に女の子として見てもらいたいため。そして、将来桃真のお嫁さんになるために密かに花嫁修業をしており、家事は一通りこなせるが桃真の前ではまだ披露していない。
両親のいない花咲兄妹のために隠れてバイトしており、時々帰りが遅くなることがあるが、兄妹にはそのことを秘密にしている。詳しくは1作目を参照。

花咲さくら

さくらは桃真の妹。昔はお兄ちゃん大好きっ子だったが、今は兄を避けており疎遠になっている。しかし、今でもお兄ちゃんのことは大好きで、その気持ちをずっと隠している。
花咲家の家事全般を任されていて料理は得意。又、成績優秀で将来医学部を目指しており、只今猛勉強中で、学費が免除になる特別推薦枠を狙っている。
兄を避けるようになったのには、ある理由があるが・・・。


クリフォト

セリカが“くりりん”と呼んでいる黒猫。関心のない相手には顔を見せたり挨拶はしない。セリカにだけはよく懐いている。
本当はただの黒猫ではないが・・・。

猫耳少女

寝ている桃真の前に突如現れたネコ耳の女の子。猫の恩返しと言って桃真を誘惑してくるが、その時の桃真には既に心に決めた相手がいたため失敗に終わる。
桃真はこのやり取りを夢の中の出来事だと思っていたが・・・。

広原・D・ルドマン三世

どう考えてもおかしいとしか思えないが、セリカの父親である。いつも白いふんどしで上半身裸。非常に暑苦しい。
ものすごい金持ちで色々な無理も無茶も押し通すことが出来る家柄だが、実際にどんな仕事をしているのかは不明。セリカの話では、いくつかの企業の経営に関わっていたり、投資の相談に乗っている模様。

Pure Marriage ~赤い糸物語 セリカ編~ 体験版 あらすじ
幼い頃、小指を怪我して幼馴染と妹に指を舐められたときの夢を見ていた花咲桃真は、幼馴染の星ヶ丘まどかの叫び声に起こされます。その後、最近めっきり会話が少なくなった妹のさくらが作った朝食を久しぶりに食べた桃真は、妹との関係改善をすべく、家事をしているさくらに話しかけますが、冷たくあしらわれてしまい、打ちひしがれたまま学園に登校します。登校途中まどかを見かけたため、声をかけて一緒に行くことにしますが、まどかから放課後“ラプンツェル”のところに行くのか聞かれます。“ラプンツェル”とは、更級町の住民からは「広原城」と呼ばれている大きな屋敷にある塔の頂上の部屋の窓から町を見下ろしている薄幸そうな美少女のことでした。桃真とまどかは幼い頃にその少女とコミュニケーションを図ったことがあり、まどかは中学に上がってからは同行しなくなりましたが、桃真はラプンツェルとの交流を続けていました。桃真にとっては初恋で一目惚れだったからです。
放課後、桃真は途中までまどかと一緒に帰ったとき、車に轢かれそうになったお婆さんを助けます。お婆さんを助けた直後、まどかが幼い頃に交通事故に遭ったことを思い出したのも束の間、今度は同世代の女の子が車に轢かれそうになっていたので、再び桃真が助けます。桃真が助けた女の子は今日桃真が会いに行こうとしていたラプンツェル本人でした。広原セリカ・・・それが彼女の本名でした。セリカは桃真と出会えたことを喜び、今日初めて屋敷の外に出てみたと話します。そして、桃真が小指を怪我しているのを知ると彼女はその傷口を舐めはじめます。すると桃真にはかつてまどかやさくらに舐められたときにも見えた赤い糸が見えます。セリカともっと話がしたいと誘ってみた桃真に対し、セリカは父親の許可が必要だと話すと、彼女の父親である広原・D・ルドマン三世が突然現れ許可します。ルドマンは娘と先程助けた下僕の老婆を助けてくれたことに対して礼を言った後、桃真のことを“婿殿”と呼び、桃真もまどかも驚きます。先程の老婆はセリカの婿に相応しいか試すためのルドマンの仕掛け人でした。誰も老婆を助ける男がいないと嘆いていたところに現れたのが桃真で、想定外だったセリカを助けたことも高評価に繋がっていました。そして、両親がいない花咲兄妹のことは全て広原家で面倒を見るというルドマンの言葉に釣られそうになった桃真ですが、まどかの必死の説得と目に浮かべた涙を見て冷静になります。ルドマンはまどかの気持ちを考えていなかったことを反省し、1度彼女としっかり話をしたほうが良いと言います。そして、3日間の猶予を与えるからそれまでに結論を出してほしいと桃真に告げるのでした。
家に帰った桃真はルドマンから持ちかけられた結婚話をさくらにします。桃真は最初さくらの学費等を理由にしていましたが、そのことにさくらは激怒。そして、結婚のことを軽く考えている桃真を説教し、まどかのことをどう思っているか聞きます。これまでまどかのことを友達だと思っていた桃真ですが、さくらに言われてそれだけじゃないことを自覚。しかし、好きかどうかまでは分かりませんでした。連絡が取れなかったまどかとは翌日学校で会い話しますが、桃真が結論を出さない限り家には行かないと言って少し2人の間に距離が出来てしまいます。放課後になりまどかと一緒に帰ろうとしたものの、友人と約束があるからと断られ、しかたなく家に帰ると、さくらが出迎えてくれます。数年ぶりにさくらと夕食を一緒に食べたとき、良い機会だと思った桃真は、さくらに自分を避けるようになったのか聞いたものの教えてもらえませんでした。
翌朝、桃真は、もう1度ルドマンと会い、考える時間の延長をもらえるよう交渉すべく、広原家の屋敷に向かいます。広原家の屋敷に着いたもの、インターホンに出たメイドにアポイントを取っていないことを理由に門前払いされそうになります。しかし、緊急な話があると言うと、セリカが応対することになりました。桃真はもっとセリカのことを知りたいから考える期間を延長してほしいと言うと、セリカは広原家には奇妙な習わしがあるため、難しいかもしれないと話します。その習わしとは、ある年齢になると伴侶を選び結婚しなければならず、結婚すれば外に出ることが出来るというもの。桃真はそんなのは古い考えだと批判しますが、セリカは家族のために必要とされる役割を担うことを良しとする者もいるから理解してほしいと言います。
セリカの境遇に同情しそうになった桃真ですが、セリカからそういった理由で結婚しようというつもりなら私の方からお断りさせて頂きますと心を読まれてしまいます。セリカの覚悟と心意気を知った桃真は、自分がガキだったことを思い知らされます。その後、セリカからの積極的なアプローチを受けた桃真は、心と身体が分離してしまったかのようにセリカに吸い寄せられ思わず抱きしめ、キスをしそうになりますが、それを止めたのはセリカが飼ってる猫のくりりんでした。冷静になったセリカは勢いに任せて卑劣な真似をしてしまったと言い、その言葉に桃真は違和感を覚えます。その後、桃真はセリカの身体を触ってしまったことに責任を取ると言いますが、セリカはそれを拒否。桃真も男としての体裁だけでセリカを選ぼうとしたことを反省し、今度はちゃんとルドマンとの約束の期限内に答えを出すとセリカに約束するのでした。
期限内に答えを出すとセリカと約束した桃真は、授業が始まっている時間になっていることに気付いて学園に向かいますが、完全に遅刻でした。しかし、セリカに会って話をしてきたことをまどかに伝えようと、嫌がる彼女を無理矢理学園の外まで連れていき、話そうとします。すると、まどかは話を聞こうとせず学園に戻ろうとして道路に飛び出してしまい、車に轢かれそうになります。まどかは桃真のおかげで何とか助けられましたが、桃真に助けられたことで冷静になり謝ります。桃真はまどかに、さくらに忠告されちゃんと相手を理解した上で決めたいから時間をくれと頼んできたが、それが不可能だと分かったことを伝えます。すると、まどかがどうしてわたしにまでそういう話を教えるのかと聞いてきたため、桃真はその理由を答えようとして告白の寸前までいきそうになり誤魔化します。結局お互い告白までは至らず、未だ友達以上恋人未満の関係は続くことになりましたが、結婚話が持ち上がってからというものギクシャクしていた2人はいつの間にか仲直りしていたのでした。
セリカとまどかとの狭間で揺れ動く桃真。夜まで外を散歩しながら考えたものの、結論が出ず家に帰った桃真は、2日連続でさくらと夕飯を食べます。桃真はさくらに進路のことを聞きますが、さくらは学費が全額免除になるという医学部の特別推薦枠を狙っていると答えます。ただ、そこを狙うにはボーダーラインギリギリだという話をしたため、桃真は自分がバイトを増やすからさくらはバイトを減らして勉強に費やすと良いと言うと、さくらはそれを拒否。今でも無理をしている桃真に、バイトを減らしてほしいとお願いするさくらですが、今度は桃真がそれを拒否します。さくらは私の学費を理由に結婚しないで欲しいと再度忠告すると、桃真はセリカにも似たようなことを言われたからそんなことはしないと伝えます。そして、もしもセリカもまどかも選ばず、さくらが以前のように接してくれるなら、当分は誰とも特別な関係にならないと話します。すると、さくらは急に昔の口調に戻り狼狽え、残酷で卑怯だよと言って自分の部屋に戻ってしまいます。桃真はさくらが自分を避けるようになった理由がないか昔のことを思い出そうとしますが、それと繋がるようなものはなかったため、翌朝寝坊したのを良いことに妹の部屋に侵入して何か理由になりそうなものはないか探そうとします。そして、さくらの部屋で見つけたのは、さくらが捨てたと言ってた桃真がプレゼントした万年筆と一緒に洗うのはイヤと言っていた桃真のパンツで、それを見た桃真は間接的にさくらの気持ちを知り動揺するのでした。
遅刻して学園に着くとまどかが休みであることを彼女の友人から聞いた桃真。2人からまどかが桃真やさくらに何かあったときのための貯金として1年前から工事現場でバイトしていることを知り、今日もバイトのために休んでいることを聞きます。桃真は学園をサボってまどかが働いている工事現場に向かい、仕事が終わったところで彼女に声をかけます。花咲家の問題なんだからまどかは気にしなくていいと桃真は言いますが、まどかはただの自己満足だからと返します。2人はしばらく口論しますが、お互いのことを考えていると分かると自然と抱き合い告白する雰囲気になりますが、まどかがそれを拒否します。まどかが拒否した理由。それは、桃真にとってセリカが憧れの女の子だったことを知っていたからでした。けど、まどかやさくらの気持ち、セリカの覚悟を知った桃真は、明日ちゃんとルドマンとセリカの前で結論を出すと約束します。自分自身の心を絶対に裏切らない答えを出すと。すると、まどかも一緒に行きたいと言い、桃真の頬にキスをして帰って行くのでした。
家に帰りお風呂に入ると、バイトから帰ってきたさくらが風呂に入ってきて驚きます。さくらは桃真の背中を流しながら、ずっと桃真に助けてもらってて、今回の件で桃真が決断を下せないのは私の問題があるからだと話します。自分が重荷になっていると。さくらのそんな言葉を聞いて、桃真はようやくさくらが自分を避けるようになった理由・・・両親が亡くなったときに桃真がさくらに自立できるようになれと言ったからだと気付きますが、さくらはそれは半分正解だと教えます。その後、一緒にお風呂に入ってさくらからのHなアプローチを受けた桃真は、自分が反応してしまったことに動揺し、風呂を出て自分の布団に潜り込みます。さくらはすぐ追いかけてきて、一緒に寝たいと言って桃真の布団に入りこみ、お兄ちゃんのことが好きと告白します。さくらが桃真を避けるようになったのは、自立できるようになるためだけじゃなく、兄を男の人として意識するようになったからでした。さくらは、これまで周囲の目を気にして自分の気持ちを抑えていましたが、セリカとの結婚話で兄が遠くに行ってしまうのではないかと怖くなったため、それなら自分の気持ちを打ち明ければ結婚しないと言ってくれるかもと考えたのです。そして、さくらもまたまどか同様に桃真が打算抜きで誰を選ぶか見たいと言って同行することを決めます。そして、運命の日。1日街の中を歩いて考えて桃真が出した結論は・・・。
桃真が選んだのはセリカでした。ずっと好きで今もそうだからと。セリカも桃真の告白を受け取り、選ばれなかったまどかやさくらも覚悟は出来ていたため、2人を笑顔で祝福します。その後、結婚式で着る服の採寸をした桃真は、傷心のまどかやさくらのフォローをしようと家に帰りますが、そこは既に宴会状態になっており、何故かくりりんも一緒にいて、まどかとさくらは桃真に対する愚痴を言いたい放題言っていました。その後、宴会も終わり、くりりんはルドマンに連絡したところ、一晩預かることになりました。しかし、夜中になり寝ている桃真をネコ耳の女の子が起こします。女の子は以前桃真が助けたお婆さんの飼い猫で恩返しに来たと話し、わたしの身体をもてあそんで下劣な欲望を満たすがいいニャと言い出します。しかし、桃真は心に決めた人と明日結婚するからそれは出来ないと拒否。すると、ネコ耳の女の子は誘惑を諦めて姿を消すのでした。
翌日、慌ただしい結婚式を終えた桃真とセリカは初夜を迎え2人は結ばれます。翌日、セリカに言われ普通に学園に登校した桃真は、まどかから結婚して浮かれているのは分かるけど、さくらのことも気にかけてあげてほしいと言われ、広原家に帰る前に花咲家に寄ります。さくらはセリカが料理が出来ないことを知り花咲家に伝わる料理を教えられないのは残念だと言い、無意識に兄の分まで作っていた夕飯をお土産として兄に渡し、入れ物は後でセリカと一緒に返しにくればいいと言って桃真を追い出します。その日の晩、広原家の夕食はさくらの料理が並びますが、セリカがさくらから花咲家の料理を教わりたいと言ったため、桃真は家に行けば教えてもらえるはずだと答えます。しかし、セリカとルドマンは、屋敷にさくらを連れてくるように言い、その様子が不自然だったため、桃真はふとある大事なことを聞くことを忘れていたことに気付きました。それは、何故セリカは屋敷の中だけで生活していたのかでした。夕食後、その事をルドマンに聞こうとすると、夫婦の間で話すのが良いだろうと答えます。そして、ルドマンはもしもセリカが事実を伏せたり誤魔化すようであれば、深くは問い詰めないでほしい、そうなったら儂から話すと桃真にお願いします。その後、セリカと部屋で2人きりになり、桃真が事情を聞こうとするとセリカは最初は誤魔化そうとしましたが、流石に隠し通せないと分かり、桃真に自分の秘密を話します。
セリカが外に出ない理由は、母親の血統に由来する特別な体質が不特定多数の人に迷惑がかかるからでした。それは、セリカが近くになると精神的に不安定になり、奇怪な行動を取り、男女問わず破廉恥なことを人前でも初めてしまうというものでした。そうなるのはセリカの容姿に関係があり、大勢の人が参加していた昨日の結婚式でも、もしセリカに変化が表れたら参加者を避難させる手筈になっていました。セリカは普通の人間ではなく、人間の父親とサキュバスの母親の間に生まれたのがセリカでした。セリカの母親はセリカを産むと魔力が不足してしまったため、すぐに魔界に戻ってしまいましたが、普通の人間として産まれたセリカはルドマンと共にこちら側の世界に残っていました。しかし、幼い頃に不完全な形でサキュバスの血が目覚めてしまいます。力を上手く制御できないセリカは、容姿がサキュバスになると無制限に魅了の力が働いてしまい、周囲の人を混乱させてしまいました。そして、意識的にサキュバスの姿にもなることが出来ず、力も制御できないセリカは、周囲に迷惑をかけないために屋敷から出ることが出来なくなりました。何度かサキュバス化していくうちに分かったことは、セリカ自身が強い感情を抱く場合のみ変化するというものでした。結婚相手の探し方が独特だったのも呪術的な占いにより、セリカを幸せに出来る相手を探すためのもので、理想的な夫と結ばれたなら、定期的に精を得ることで不安定な能力も落ち着くだろうという推測でした。だから、セリカはその性質から桃真との初夜では変化すると覚悟していましたが、最後まで変化することがなかったため、話す機会を失ってしまったようでした。
桃真と結ばれ、秘密を知られて離婚することになったとしても、桃真以外と結婚するつもりはなく、桃真との初夜の思い出を胸に人里離れた場所でひっそりと暮らすつもりと話すセリカ。桃真は人里離れた場所で1人で暮らすなんてと言いますが、セリカはくりりんがいるから大丈夫と言って、くりりんを呼びます。くりりんはセリカが何度目かのセキュバス化で偶然魔界から呼び出した使い魔で、セリカに言われるとくりりんは人の姿になって桃真を驚かせます。その姿は夕べ桃真を誘惑してきたネコ耳の女の子でした。くりりんはまだ桃真のことを認めていませんでしたが、桃真はそのことは大して気にせず、むしろ、くりりんの存在のおかげで魔界や魔法、サキュバスが実在するのだと実感します。セリカはこれで桃真とお別れだと呟きますが、桃真はそれがなんだと突っぱねます。サキュバスだろうと悪魔だろうと俺は広原セリカが好きで結婚したし、別れるつもりなんてない、今でも大好きだと言って。セリカはその言葉に驚き、1つだけ確認します。桃真が一目惚れしたという2人の出会いのとき、自分はサキュバスの姿をしていたかと。そして、桃真がそんな姿はしていなかったと答えると、セリカは自分の制御できない魅了の力で桃真の心を歪めたわけじゃないと安心して涙ぐみます。桃真はそんな彼女の姿を見て、セリカは魅了の力で子どもの頃の桃真が自分を好きになってそれが今も継続しているだけだったのではと考えて怖かったのだと気付き、セリカの側から離れないと言って抱きしめると、嬉しくなったセリカはサキュバス化します。そんなセリカを見て桃真は可愛いじゃないかと伝えると、セリカはますます嬉しくなりサキュバスの力を制御できないまま桃真を押し倒すのでした。

Pure Marriage ~赤い糸物語 セリカ編~ 体験版 感想
主人公が3人の中から誰を選ぶか決めるまでの話はまどか編とまったく同じですね。初プレイの人のためにあえてそのまま収録したんですかね?まどか編をプレイした人はさらっと流せるようにしてほしかったですけど、まぁ忘れてる部分もあったので丁度良かったかなw
今回のヒロインはセリカちゃん。1番お気に入りのヒロインだったのでずっと期待して待っていました。Lassの倒産のときは絶望しましたが、絵師さんがセリカ編はまだ販売の道を模索していると言っていたので、その言葉を信じて待っていました。いやー、やっぱりセリカちゃんは良いですね。サキュバス化すると性格が少し変わっちゃいますけど、人間のときのセリカちゃんは本当に良いです。Hシーンはおそらく人間verのときが受け、サキュバスverのときが攻めになるんでしょうけど、サキュバス化ばかりじゃなく人間verのHシーンもちゃんと用意してくれると嬉しいかな。人間verの方が好みなんで。ところで、セリカちゃんの秘密が早々に分かったわけですが、この後はその力を制御できるようになるためにエッチしまくる展開ってことでいいのかな?まどか編みたく、後半イチャラブオンリーと言っておきながら実はシリアスありましたーっていう展開は止めてほしいけど、これ絶対後半は何かありそうですよね?まどか編のときは後半にシリアスがぶちこまれてて、このシリーズのコンセプトは結婚した後はイチャラブオンリーじゃなかったっけ?って思ったんですけどw
Hシーンは初夜の他に2つ見られますが、初夜はおっぱい見せてくれたので満足です。しかし、おまけで見られる2つはおっぱい見せなかったので残念。特にパ○ズ○フェ○。何故着衣やねん。1番おっぱいが大きいセリカちゃんのパ○ズ○ですぞ?それなのにおっぱい隠すとか信じられないんですけど!!1番期待していた部分を早速裏切られてガッカリですわ!・・・まぁ唯一の希望は、まどか編はHCGの使い回しが多く差分で誤魔化していたというのがあったので、それで差分でおっぱい見せるバージョンがあると期待したい。それがなかったら本当に怒りますよヽ(´ー`)ノ セリカちゃんのおっぱいをっぱい堪能したいです!!
あとは、セリカちゃんが料理を覚えてくれたりすると嬉しいかなーとか、1番気に入ってるヒロインだけに色々期待をしたいところですが、あんまり期待しすぎるとおっぱいを見せなかったパターンのときのショックが大きいので、何も考えずに発売日を待つことにします(爆)

あ、今作の売上次第で、さくら編がどうなるかも決まるそうなので、全国のお兄ちゃんは必ずセリカ編を買うように!!(※さくら編の発売が決定しました!ヤッホーイ!)

「Pure Marriage ~赤い糸物語~」のあらすじ・感想はこちら↓
星ヶ丘まどか編

「Pure Marriage ~赤い糸物語~」のグッズ購入品はこちら↓
星ヶ丘まどかB2タペストリー

「Pure Marriage ~赤い糸物語 セリカ編~」の公式サイトはこちらから↓

Pure Marriage ~赤い糸物語~ セリカ編

どうか、セリカ編を見終わった後は( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!って言える内容であってほしいw

コメント

「Pure Marriage ~赤い糸物語 セリカ編~」 マスターアップ

2017年10月02日 20時04分47秒 | Lass

2017年10月27日発売予定LassPixy最新作「Pure Marriage ~赤い糸物語 セリカ編~」がマスターアップしたそうですね(*'∇')

マスターアップおめでとうございます~!

Lassだけに延期の心配もあったにはあったんですが、考えて見れば元々は4月発売予定になっていたものが会社のゴタゴタで延びただけで、半年の猶予期間があったから延期の心配はほとんどなかったんですよね。・・・それでも延期するのがLassだと思ってましたが(爆)

体験版は公開中ですが、Hシーンだけしかまだ見られてません。Hシーンでまさかのおっぱい見せずだったので、期待値が若干下がり気味ですが(特にパ○ズ○フェ○がまさかの着衣だったのがガッカリ)、他のHシーンでおっぱい見せてくれると期待しています・・・。

セリカちゃんのおっぱいには1番期待してたので、これでおっぱい見せないとかそういうのはないですよね?w

「Pure Marriage ~赤い糸物語~」のあらすじ・感想はこちら↓
星ヶ丘まどか編

「Pure Marriage ~赤い糸物語~」のグッズ購入品はこちら↓
星ヶ丘まどかB2タペストリー

「Pure Marriage ~赤い糸物語~」の公式サイトはこちらから↓

Pure Marriage ~赤い糸物語~ セリカ編

( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!って言えるHシーンを期待しますw

コメント