こばとの独り言

ただひたすらに趣味を語るブログ。現在はエロゲー&花騎士&艦これ&デレステがメインです。

「リアルエロゲシチュエーション! H×3」 あらすじ・感想その6 松永・アメリア・恋編&咲楽花沙音編、感想まとめ

2018年02月22日 00時00分00秒 | 自宅すたじお

最後は松永・アメリア・恋&咲楽花沙音の2人でした(*'∇')

松永・アメリア・恋 キャラクター紹介

学園の生徒会長で二次元同好会にも所属している3年生。学園一の秀才。中性的な口調で話す。忍や桐也とは悪友のような関係で、アニメやゲーム好き。忍が二次元同好会を辞めて脱オタしてからも交流があった。卯衣とはコスプレ仲間である。
密かに忍のことを想っているが、忍と彩愛たちの一件は皆に遠慮して間に割って入ろうとはしていない。ただ、自分のことをあまり周りには話さないが、忍に片想いしていることは、ゆりにだけは気付かれている模様。

咲楽花沙音 キャラクター紹介

忍のクラスの委員長兼風紀委員。風紀委員として真面目に取り組んでいて、やや融通が効かないところがあるが、素行不良の生徒にも真剣に向き合う姿勢を見せる。その姿勢があまり接点のなかった環奈との関係を変えることになった。
環奈とは今は親友同士で環奈の初恋を応援しているが、1年前は素行不良が目立っていた環奈に対してあまり良い印象を持っていなかった。しかし、環奈に相談を持ちかけられたことで彼女への印象が変わり、親友になるにまで至った。
あまりに環奈のことが好き過ぎて、環奈のこととなると周りが見えなくなる。そして、「環奈ちゃん観察日記」まで書いており、現在23冊目。

ただし、このルートは2人のキャラ設定が上記の本編仕様と若干変わってしまってるので注意されたし。

松永・アメリア・恋&咲楽花沙音編 あらすじ
【共通ルート】
1年前。風紀委員の仕事を終えた花沙音は、教室まで自分の鞄を取りに戻りますが、教室には環奈が1人で残っていました。当時、花沙音は素行不良が目立つ環奈に対してあまり良い印象を持っていませんでしたが、その環奈から相談を持ちかけられたため、クラス委員として相談に乗ってあげることにします。環奈の相談は“自分を変えたい”というものでした。花沙音はそう思うに至るキッカケが何なのか気になったものの、環奈がとある人に言われたということだけ話し、顔を真っ赤にして黙秘権を行使したため、深く聞くのは止め、誰に言われたのかだけ聞きます。その相手とは長門忍でした。
花沙音はどうして自分に相談を持ちかけたのか気になり聞いてみると、環奈は真剣に風紀を取り締まってくれて、私や彩愛のことも気にかけてくれている、だから今更私がこんなことを言っても咲楽さんなら聞いてくれるかもと思ったと答えます。それを聞いて、花沙音は素直に嬉しいと感じ、その気持ちに応えたいと強く思い、環奈のことを“環奈ちゃん”と呼び、友達になったのでした。
花沙音は、環奈の家庭の事情を知り、2人の仲を取り持とうとしているうちに、忍のことも気になりだし、忍と仲が良い生徒会長の恋もまた忍のことを気にしていることに気付きます。恋が忍に抱いている気持ちは恋心であることは間違いなく、それと比べると環奈が忍に対して抱いているのは恋心まで発展していないと診断した花沙音ですが、そこであることに気付きます。それなら松永先輩と同じような気持ちを長門くんへと感じている私は、彼のことが気になっているということではないかと。
それから1年後。忍は生徒会と風紀委員、2つの組織のお手伝いをしていました。その日の放課後も手伝いをするために生徒会室に向かった忍ですが、恋と花沙音の2人は忍を間に挟んで火花を散らしていました。そして生徒会と風紀委員会の両方から勧誘された忍は、いつかはどっちに入るか決めなければならないと思っていましたが・・・。
それから2人と少しだけエッチなことをした忍は、まだどっちに入るか悩んでいましたが、その状況を更に混沌とさせる出来事が発生します。それは忍が帰ろうとしたとき、自分の下駄箱に手紙が入っていることに気付き、その手紙を読むと、花沙音からの呼び出しの内容になっていました。微かな違和感を覚えつつも待ち合わせ場所である教室に向かうと、そこには忍の机で角オナしている彩愛の姿がありました。彩愛は忍の姿を確認すると、忍にもオナニーを勧め、自分もオナニーを再開しようとしますが、それを止めたのは花沙音と恋でした。そして、彩愛を追い出した後、2人は忍を正座させて説教しようとしますが、どっちが忍に指導するかで揉めに揉めて、最終的に忍の判断に任せることにします。そして、逃げる事が出来ないと感じた忍は、今まで引き伸ばしにしていた2択の答えを告げるのでした。
【松永・アメリア・恋編】
恋を選んだ忍は、生徒会室で恋との初体験を済ませ、来年の春に恋が卒業してしまうから少しでも長く一緒にいたいという理由で生徒会に入ることにします。その後、帰ったはずの花沙音が覗き見していたことが発覚するというハプニングはあったものの、忍は正式に恋に告白して交際を申し込み、恋もそれを受け入れて、2人は恋人同士になったのでした。
恋人同士になったものの、丁度学園祭の準備も始まってしまい、なかなかイチャつけない日々を送っていた2人。休日にデートするために急いで仕事を終わらせて念願のデートをしますが、そこで恋は忍に学園祭で密かに実行しようと考えている計画を打ち明けます。それは、学園祭でベストカップルコンテストを開いて、2人でこのコンテストに参加し優勝して公認のカップルになるというものでした。
恋の根回しにより、みるの協力を得て、学園祭のイベントにベストカップルコンテストをねじ込むことに成功。ただし、条件として、彼氏が用意したコスプレ衣装を彼女が着て参加するというのを付け加えられました。そして、ベストカップルコンテスト開催の話は瞬く間に学園中に広まり、忍もどんな衣装を恋に着せるか考えます。しかし、1人ではなかなか良い案が思い浮かばなかったため、彩愛や桐也に相談すると、2人からそういったお店で試着できることを教えてもらい、恋と一緒に教えてもらったお店を回り、どういう衣装にするか決めた忍は、二次元同好会の部室を借りて自分で衣装を作ります。そして迎えた学園祭当日。恋の作戦が見事にハマり2人はベストカップルに選ばれ、晴れて学園公認のカップルとなったのでした。
【咲楽花沙音編】
花沙音を選んだ忍は、花沙音にパイズリをしてもらいますが、花沙音は風紀委員としてはいけないことをしてしまったのではないかと悩みますが、忍からパイズリはセックスではないと言われ、納得してしまいます。その後、真面目な話になり、忍は花沙音に好きだと告白し、彼女になってくださいと言います。すると、花沙音も忍くんのことが好きだと返事をし、2人は恋人同士になったのでした。
恋人同士になってすぐ忍の部屋にお邪魔した花沙音は、どうして彩愛と教室で一緒にいたのかと改めて問いただします。忍は下駄箱に入っていた手紙を花沙音に見せますが、花沙音はそれを読んで、彩愛がまだ諦めず次の計画を練っていると判断。彼女に先を越されないようにと勇気を出して自分から忍を押し倒し、初体験を済ませます。しかし、最中の声が大きすぎたため、家に上がっていたなずなとゆりに見られていたことが発覚。それを知った花沙音はショックで倒れてしまうのでした。
恋人同士になった翌日、花沙音の自爆やゆりのうっかりもあってあっという間に学園中に交際していることが広まってしまい、半ば公認のカップルになってしまった2人。忍は改めて風紀委員会に入り、花沙音と一緒に活動を開始しますが、公認のカップルになっている2人が一緒に風紀委員やっていることに対して、公私混同だという苦情が入り、このままだといくら注意したところで仕事中にイチャついてるやつに言われたくないと反発を招いでしまうとみるから注意を受けます。忍たちは風紀委員の活動中は真面目にやっていましたが、そういう色眼鏡で見られてしまっている以上、2人が一緒に活動をすることは難しく、しばらく別々に活動することで真面目にやっていることをアピールすることにします。しかし、真面目な花沙音は色々と思い悩んでしまい、ストレスを溜めこんでいました。そして、そのストレスがついに爆発してしまいます。
学園祭の準備中、彩愛に言い寄られていた忍を見て、花沙音のストレスが大爆発。忍くんは私のものだと主張して公衆の面前で忍にキスをし、風紀委員というだけで恋人と一緒になることも許されず、こんなに苦しい思いをするくらいなら風紀委員を辞めると言い出し、忍を連れてそのまま下校してしまいます。翌日、一晩経って冷静になった花沙音は昨日の行動を反省し、改めて自分は風紀委員の仕事が好きなんだと自覚しましたが、昨日の自分の発言への責任もあり、どうしようか悩んでいました。しかし、昨日の状況になることを危惧していた恋が予め根回ししておいたお蔭で、花沙音は忍と一緒に風紀委員の活動が出来るようになりました。そして、今までの行動を省みた花沙音は、今度は風紀委員として恋人の模範になるようにすればいいと言って忍にキスをするのでした。

松永・アメリア・恋&咲楽花沙音編 感想
こちらも卯衣ちゃんがいない本編の方のIFルート。恋先輩は本編でもシナリオが用意されてましたが、それとはまた別の話で、花沙音と環奈の忍に対する感情が入れ替わっているため、微妙に本編とは設定が変わってます。恋先輩は生徒会長として、花沙音は風紀委員として、それぞれの立場があるため、2人のシナリオは、主人公と恋人になった後は、その立場が恋人関係の邪魔になってしまうというお話になっていました。恋先輩は相変わらず優秀すぎるというか、敵に回したくないタイプだなぁって思いましたが、花沙音の方は環奈への暴走がそのまま主人公にも適用されるって感じで、自爆しまくる花沙音が面白可愛かったですねw しかし、花沙音の場合は、主人公と環奈、どっちを選ぶって聞かれたら最終的に環奈を選びそうな気がするぞw ただまぁ、花沙音のはキッカケが少し無理矢理感があったかなぁ。
恋先輩との話はともかく、花沙音の話では主人公のヘタレな部分が表面に出てたのが残念かな。花沙音の暴走について主人公は花沙音に原因があるって言ってたけど、花沙音を不安にさせていたテメーが原因だろって思いました。何他人事みたいなことを言ってるんだよ。ゆりちゃんや彩愛に言い寄られて拒否しないとか、花沙音がストレス溜まってるの知ってるのに放置するとかさ、男としてどうなの?って思いましたわ。一緒にいられない学校じゃなくて休日や時間が空いたときに時間を作ってデートするとかやれることはあっただろうがって思いましたね。
恋先輩のHシーンは5回。本番Hは3回あります。正直ラブホまで行って本番がないのはどうかと思う。まぁそれはさておき、おっぱい見せる本番Hは2回。バックと正常位で正常位にアニメーションがあります。正常位の方はCGは文句無しでしたが1回戦だけで短めだったのが残念でした。バックはみる先生やなずなさんが近くにいるというシチュでしたが、自分はこういうHシーンはHに集中できないという点であまり好きじゃないので、恋先輩で満足したのは結局、最後の正常位だけでしたね・・・ラブホのローションプレイが完全に不要だったなぁ・・・折角の巨乳なんだからパ○ズ○してほしかったよ。最初のフェ○も終わり際に男の小便とか意味不明。だから、男の小便なんて見たくないんだってば。お漏らしするなら女の子の方だろう。誰得なんだよ・・・。恋先輩はなずなさんの次にHシーンに期待してた子なんですけど、その肝心のHシーンの内容にガッカリだったなぁ。
花沙音のHシーンは5回。本番Hは2回だけ。2回ともおっぱい見せてくれたのは良かったけど・・・パ○ズ○が着衣だったのが残念でしたね。着衣のパ○ズ○なんてパ○ズ○じゃないね。しかも、そこにアニメーションが使われてるとか・・・その点はガッカリでしたね。あと、正面向くのは慣れてからって言ってたけど、結局正常位なかったですよね?あのバイブ入れて街を歩くやつは要らなかっただろ、それなら正常位にしろよ。本番Hを削ってまで入れるシチュじゃないだろって思いました。本番Hは良かったんだけどねぇ。
・・・ところで、花沙音との初体験のとき、なずなさんも一緒にいたはずなんだけど、その後もう一度花沙音が家に来たときに、なずなさんが花沙音と初対面みたいな会話になってたんだが、これってライターさんのミスよね?w あと、恋先輩のコスプレ衣装は翔鶴姉っぽい気がするんですけど気のせいですかねw

リアルエロゲシチュエーション! H×3 感想まとめ
なんだろう、中途半端なHシーンが多いですね。前戯だけで終わるやつがやたらと多い。ラブホテルまで行って本番なしとか普通有り得ないと思うんですけど。折角Hシーンをメインに据えたお話になってるのに、肝心のHシーンが本番少ないってどうなの?って思います。ここは本番ないとダメでしょってところに本番がない。前戯だけで終わる。単にHシーンの回数の水増し。そういうところがガッカリしましたね。本番Hは比較的おっぱい見せてて良かっただけに余計にそう思いました。前戯だけで回数を増やすのは手抜きにしか思えません。あと、何度も言うけど、男の小便は要らないからな?
アニメーションHに関しても動きが中途半端すぎてこれなら無い方が良いかなって思うレベル。もっとパンパン動いてほしかったかな。softhouse-sealGRANDEEとかみたいに(出来ればクレージュAレベルが良いですw)。しかも、回数が1人1回ずつと少ない。擬音を表示するというのは良いけど、アニメーションはちょっと残念すぎるのでもっと滑らかに早く動くようにバージョンアップしてほしいですね。
シナリオに関しては、彩愛と環奈についてはイチャラブメインで良かったと思います。2人とも本編ではお互いのことばかりでイチャラブが疎かになってた面があったので。ゆりちゃんは相変わらずアホな展開。これはこれで彼女らしいとは思いますが、折角のお嫁さんスキルを活用出来てない点がやっぱり残念だったかな。卯衣ちゃんは存在そのものが可愛かったのでそれだけで満足です(爆) 内容は1番真面目なお話でシナリオそのものは良かったけど、もう少しイチャラブを見せてほしかったかな。
サブヒロイン4人については、なずなさん&みる先生の大人2人に甘えるシチュという点で良かったかなー。特に、なずなさんは良かったです。ずっと甘えていたい!恋先輩に関しては前作でもシナリオはあったわけだし、彼女単独でも良かったような気はします。花沙音を主人公に向かせるのはやや無理があるような気がしたのでw まぁ自爆や暴走は見てて面白かったので別に良いですけどw
ヒロインに関しては、圧倒的に卯衣ちゃんですね。この子、可愛すぎます。エロゲを知ってどんな変態になるのかと危惧したけど、ゆりちゃんという前例を見ていたせいか、思ったよりも普通というか少なくともメインヒロインの中では1番まともでしたし、元々の素直で天使な性格はそのままだったし、ただひたすらにその可愛さに癒されましたね(*´Д`*)b これで最後まで「おにーちゃん」を貫いてくれてれば最高だったんですけどね、エピローグの最後のセリフだけがガッカリでしたね。そんなわけで、卯衣ちゃん>なずなさん>恋先輩>ゆりちゃん>花沙音>彩愛>環奈>みるの順番になるかなー。なずなさんは卯衣ちゃんとは真逆の方向で大好きなんですよねー、徹底的に甘えたいのでw あとは恋先輩が好きですねー。秘められた恋心をもっと前面に出したシナリオにしてくれればもっと良かったです。H×3だと恋心を隠そうとしてませんでしたしね。
まぁそんな感じで。本番Hが意外と少ない事とアニメーションの動きが微妙という点が残念でしたが、おっぱいは良かったので、次回作はもっと本番Hを増やしておっぱい見せてほしいですね。とにかく卯衣ちゃんが可愛いなと思ったり、なずなママに甘えたいと思った人にはオススメです(爆)

「リアルエロゲシチュエーション!」のあらすじ・感想はこちら↓
リアルエロゲシチュエーション!

「リアルエロゲシチュエーション!」の頂き物はこちら↓
応援バナーキャンペーン当選グッズ原画家直筆サイン入りアートキャンパス

「リアルエロゲシチュエーション! H×3」の公式サイトはこちらから↓

自宅すたじお 3rd project『リアルエロゲシチュエーション! H×3』応援中!

同じコスプレ仲間なら、卯衣ちゃんと恋先輩の絡みをもっと見たかったですね。その点も残念だったかなー。

コメント (2)

「リアルエロゲシチュエーション! H×3」 あらすじ・感想その5 里神なずな編&八重桜みる編

2018年02月21日 00時00分00秒 | 自宅すたじお

ここからはサブヒロイン編。サブヒロインは、なずなさん&みる先生、恋会長と花沙音ちゃんの2つに分かれています。

そんなわけで、先ずは大人組のなずなさん&みる先生から!

里神なずな キャラクター紹介

ゆりの母親であり、ゆりが変態になる原因でもある。なずな自身も母親から色々と教わったようで、変態なのは先祖代々らしいw 尚、未亡人だが、どうやって収入を得ているかは不明。
聖母のような包容力で忍を息子のように可愛がってとことん甘やかし、何かと世話をしてくれるため、忍にとってはもう1人の母親のような存在。
行動原理は「面白いかどうか」であり、基本的に娘の応援を優先しているが、恋愛成就しようと頑張る子も同じように応援し、時には娘に不利になるようなアドバイスもする。そして、それにより事態が進展して忍達がどう行動するか見て楽しんでいる。ある意味、忍たちを掻き回す黒幕とも言えるw

八重桜みる キャラクター紹介

忍のクラスの担任教師で、なずなの親友。見た目は幼女だが中身はオッサン。背が低く胸も小さいという身体的特徴と年齢のことはタブーである。口は悪いが生徒想いで面倒見は良く、何かと忍にアドバイスを送り手助けをしている。
半ば忍の家で暮らしているようなもので、いつも入り浸って酒を飲んでいる。あまりにだらしないため彼女のクラスの目標は「みる先生のようにはなるな」になっている。尚、みる本人はそのことを知らないw
未だかつて恋人が出来たことがなく、婚期が遅れていることを気にしているが、まったくモテないわけではない。彼女に男が出来ない最大の理由は、みるに近づいた男はなずなが彼女に相応しいかどうか見極め、最終的に追い払ってしまうからである。

里神なずな編&八重桜みる編 あらすじ
【共通ルート】
彩愛、環奈、ゆりの3人から猛烈なアプローチを受け続けた忍は、3人の気持ちを受け止めようと必死でした。しかし、忍の体力は既に限界にきていて、授業中に寝てしまう有様ですっかり生気が失われていました。そんな忍を見て元気にさせようと、彩愛たち3人は忍を生徒会室まで連れていき、3人でご奉仕しようしますが、まったく勃起することなく、エッチする前に忍が倒れてしまいます。疲れ果て不能になった忍に必要なのは癒し。忍が目を覚ますと、みるが膝枕をしてくれていて、自分の事を気遣う彼女を見た忍は、みるの包容力に惹かれていきます。その日、忍は珍しくみるを誘って一緒に下校しますが・・・。
その日の晩、みるはなずなに忍と彩愛たちの事について相談を持ちかけます。このままでは忍の身体が持たないと。事情を聞いたなずなは、少し考えた後、のぶくんのことは私に任せておいてと言い、部屋で休んでいる忍の部屋へと行きます。普段、余程のことがない限り、忍がいる間は部屋に来ることはないなずなが訪ねてきたことで忍は驚きますが、心配して話を聞きに来たなずなにこれ以上迷惑はかけられないと思い、大丈夫だと強がりを言います。しかし、なずなは忍を抱き寄せ、のぶくんのお母さん代わりなんだから、甘えたいときは甘えてくれていい、その方が嬉しいと伝えると、忍はなずなに甘えてみることにします。すると、彩愛たちに迫られたときは勃起しなかった息子が反応し大きくなっていました。そして、なずなにヌいてもらった忍は、この日、徹底的に彼女に甘えることにしたのでした。
翌朝、なずなの癒し効果により息子が復活した忍は、心配して様子を見に来たみるを見て、今なら先生みたいなお嫁さんが欲しいと言います。すると、なずなはそれならみるっちも候補に入れてあげたらと提案。みるは忍からのとんでもない発言となずなの提案に驚きますが、忍が学校に行った後、なずなは自分1人では忍を癒すことに限界があることから、学校でのことはみるにお願いすることにし、みるも引き受けることにします。こうして、本人が知らないところで、「忍のお○んちんお守り同盟」が結成されるのでした。
学校では彩愛たちに迫られるたびにみるが助けに来て、忍はみるのことを頼もしく思うようになり、なずなのとき同様にみるに甘えることにします。そして、みるともエッチなことをした忍は彼女と一緒に帰りますが、家に着くと2人がエッチした事に気が付いたなずなから、私とみるっちどっちが良かったと聞かれます。そして、彩愛たちではなく、なずなとみるの包容力に惹かれていた忍は決断を下しますが・・・。
【里神なずな編】
なずなを選んだ忍。なすなも忍の気持ちに応え、元気にしようとはりきり、徹底的に甘やかします。そして、学園祭の準備が始まったその日の夜に、忍はなずなと結ばれます。忍はなずなのことを一人の女性として意識していましたが、なずなに断られたときのことが怖くて言い出せませんでした。しかし、どうしようもなく、その気持ちが抑えられなくなり、眠りに就く直前に、自分の気持ちを伝えようとしますが、最後まで言い切る前に眠ってしまいます。それでも、なずなは忍の気持ちを知り、自分も覚悟を決めるのでした。
そして、迎えた休日。なずなの買い物に付き合うことになった忍は、なずなから誰のことが気になっているか聞かれ、彼女に自分の気持ちを伝えることを決意し、好きだと告白します。すると、なずなは突然忍にキスをします。好きな人としかキスはしない・・・それがなずなからの返事でした。そして、2人は家に帰って恋人としてのセックスをするのでした。
【八重桜みる編】
みるを選んだ忍。忍の言葉にみるが恥ずかしがって買い物に出かけてしまい、忍はお風呂に入ります。一方、みるの方ははなずなにそそのかされて家に戻ってスク水を着せられてそのままお風呂に突入し、忍との初体験を済ませます。そして、2人がエッチしたことを聞いたなずなは、みるを忍争奪戦に参加させることにし、みるもそれを受け入れますが・・・。
それから学校では学園祭の準備に入りますが、買い出しに行くときにみるが桐也の代わりについて来たり、忍がコスプレ好きなのを知って自分から制服を着せてみたりと、みるからのアプローチもあってか忍はみるへの気持ちが固まり、告白することを決意し、みるに自分の部屋に来て欲しいと言います。そして、自分の部屋にみるを連れてきた忍は、みるに自分の気持ちを打ち明け、好きだと告白し、恋人になってほしいと言います。すると、みるも忍の告白を受け入れ、2人は恋人同士になったのでした。

里神なずな編&八重桜みる編 感想
この2人のルートは卯衣ちゃんが転校してこない前作の時間軸でのお話になります。聖母のような極大な母性を見せるなずなさんと、小柄だけど意外な母性を見せるロリおかんなみる先生という2人の大人に甘えるお話になっています。
なずなさんの母性はもう最高ですね、やはり母親キャラにはとことん甘えたい。ダメ人間になってもいいですw ただひたすらになずなさんに甘える内容になっていた点は非常に良かったと思います。期待していた方向にいってて良かった。
みる先生は初々しい恋愛って感じでしたね。積極的ななずなさんとは対照的だった気がします。でも、忍の好みに合せようと健気に尽くしてくれるみる先生は可愛かったですね。きちんと結婚後までやってくれたのは良かったです。出来れば結婚式で締めくくってほしかったですけどねw これで貧乳じゃなければなぁヽ(´ー`)ノ
なずなさんのHシーンは5回ですが、本番は2回だけです。パ○ズ○フェ○は1回あります。初本番Hのときはパ○ズ○フェ○→本番Hと続くので、実質4回ですかね。本番Hは2回ともおっぱい見せてくれたし、好きな裸エプロンでアニメーションがあったのは良かったですが、1点だけ。足○キじゃなくて違うものにしてほしかったなぁ・・・これはなずなさんのイメージじゃないので。というか、母性と足○キは相反するものだと思う。足○キに母性は感じないです。最初の授乳手○キやパ○ズ○フェ○は母性ヒロインには必須事項と言え、この2つは期待した通りですけど、足○キだったらフェ○や69の方がマシかな。出来れば本番Hの回数の方が多いことに越したことはないですが。しかも、足○キの最後に男のお漏らしなんて不要すぎる。不要なものに不要なものが重なって最悪。そこだけが唯一残念なところでした。まぁパ○ズ○フェ○も半着衣みたいな感じなのが微妙ですけど、微かに乳首は見えてるので良しとします。
みる先生のHシーンも5回ですが、こちらは本番Hが3回あります。ちっぱいなのでHシーンにはあまり興味なかったんですけど、本番Hはいずれもおっぱい見せてたし、意外と可愛かったので良かったと思いますw 特にウェディングドレス姿でのHシーンがあったのは良かった。他のヒロインにも欲しかったくらいです。ただ、不満な点があるとすれば、恋人になった時のHシーンがパ○ズ○フェ○だけで終わった点ですかね。そこは本番入れなきゃダメなんじゃね?生徒会でのHシーンを無くして恋人になった後のHシーンに本番Hを入れて欲しかったです。あそこで前戯だけで終わるとか有り得んわ。それでも生徒会室でのHを入れるなら、生徒会室でのHをパ○ズ○フェ○、恋人になった直後を本番Hにしてほしかったわ。ぁ、パ○ズ○フェ○はおっぱいが見えなかったので論外です。ううーん、リアエロってここで本番がないのはおかしいだろって思うことが多いなぁ・・・。
そういえば、シーン回想で、なずなさんクリア前は2回分しか表示してなかったんですけど、クリア後はきちんと反映されるんですね、最初2回しかないのかとガッカリしましたよw まぁでも、なずなさんも同じだけ回数があって良かったです。本番が少ないのは残念ですけど。まぁ溢れんばかりの母性にいっぱい甘えられただけでも良いかw

「リアルエロゲシチュエーション!」のあらすじ・感想はこちら↓
リアルエロゲシチュエーション!

「リアルエロゲシチュエーション!」の頂き物はこちら↓
応援バナーキャンペーン当選グッズ原画家直筆サイン入りアートキャンパス

「リアルエロゲシチュエーション! H×3」の公式サイトはこちらから↓

自宅すたじお 3rd project『リアルエロゲシチュエーション! H×3』応援中!

なずなさんオンリーでフルプラ作品出ても買いますよ、それぐらい、なずなさんは好きですw もっといっぱい甘えたい(*´Д`*)b

コメント (2)

「リアルエロゲシチュエーション! H×3」 あらすじ・感想その4 天咲彩愛編

2018年02月20日 00時00分00秒 | 自宅すたじお

4人目は天咲彩愛でした(*'∇')

天咲彩愛 キャラクター紹介
忍のクラスメイトで二次元同好会に所属。見た目はギャルそのものだが隠れオタクで忍のことが大好き。猛烈に忍にアタックする様子から付けられた二つ名が“恋する核弾頭”。朝の挨拶“おっはおー”は何となく流行りそうな気がしなくもない。同じ学校に通い風紀委員に所属している弟がいて、下僕扱いしている。
とにかく積極的に忍にアプローチをかけてきて、隙あらばベッタリくっ付いてエッチなことをしてくる。ビッチな印象があるが、実際は純情で素直な性格の女の子。元気すぎて若干子どもっぽいところもあり、集中力が長く続かない。ただ、好きなものだったり目標があればものすごく集中できる“やれば出来る子”。
オタクになったのは忍のことが好きになってからで特にコスプレが趣味。勉強は苦手だが、手先が器用でイラストを描いたりコスプレ衣装も自作可能。そして、かつては料理が苦手だったが、忍の彼女になるために料理も修行中。

天咲彩愛編 あらすじ
学園祭前日になずなとみるから誰を選ぶか聞かれた忍は天咲と答えます。理由は自分が環奈に惚れて脱オタをしたときと同じように、自分に対して一生懸命になってくれて嬉しかったから。その日の晩、もう一度誰を選ぶか改めて考えても思い浮かんでくるのは彩愛だったため、翌朝、再度なずな達に彩愛に今日中に告白する決意を話しますが、その会話を彩愛本人に聞かれてしまい、ムードもないまま忍は彩愛に好きだと告白。彩愛も忍の告白を受け入れ2人は恋人同士になったのでした。
彩愛と付き合い始めたことで正式にオタクに復帰した忍。学園祭が終わった後、部室で彩愛と話をし、彼女の提案でリアルでエロゲみたいなイベントを再現することになり、忍は彩愛とのハッピーエンドを目指して彼女とデートを重ねて行きます。そして、彩愛が忍の家にお泊りに来て、なずな達の気遣いで3日間一緒に過ごしているうちに、忍は将来彩愛との結婚を意識するようになります。彩愛も似たような考えを持っていて、忍と本気で一緒になりたいと話します。それは具体的な話というわけではなく、気構えという意味でしたが、彼女からずっと大切にしてくれる?と聞かれた忍は、もちろんだと迷うことなく答え、絶対にハッピーエンドに導いてみせると決意を語るのでした。
それから数年後。忍の家で同棲生活をしていた2人は、その日も仲良くデートに出掛けます。専門学校に通う彩愛より先に社会人になっていた忍は、そのデート中にあることを考えていました。そして、デートが終わった後に、彩愛に結婚しようと言ってプロポーズします。彩愛は突然のプロポーズに驚きましたが、すぐに笑顔になり「有言実行だね、彩愛ルート、本当に最高のハッピーエンド迎えちゃった」と言って忍のプロポーズを受け入れます。こうして、2人のリアルエロゲはエンディングを迎え、終わることのないアフタールートに突入していくのでした。

天咲彩愛編 感想
前作もそうだったけど、共通ルートの彩愛はただの変態女子だったのに、恋人になると変態という形で出ていた一途なところが可愛い方向へ変化していきますね。主人公のことが大好きで、主人公のためになら何でも頑張れちゃう女の子。とても可愛いです。オタ趣味を持ってるし、実は理想的な彼女なんじゃないかって思いますね。
シナリオも環奈編同様に前作と違ってヒロインのことだけに集中して楽しめるようになってて、イチャラブ満載で良かったと思います。リアルエロゲを作ろうっていうのは作品のテーマにも合ってる感じはしました。最後はプロポーズして終わってましたが、あそこまでいったなら、エピローグはきちんと結婚式で終わらせてほしかった気はします。まぁでも内容は良かったので満足です。
Hシーンは9回。本番Hは他のメインヒロイン達よりも多く7回ありますが、やはりラブホにまで行って本番なしとかお泊りしてエッチするのに本番なしとか、何故そこまで行って本番Hがない?っていうのがあってそこがちょっと残念でしたね。まぁ他のヒロインにも言えることですけど。あと、パ○ズ○フェ○が69で行われてて、尚且つ、おっぱいが下向きになって乳首がよく見えなかったのが残念かな。
でも、7回ある本番H全てでおっぱい見せてくれるし、2回目のダブルピース以外はすごく良かったです。巨乳っ子のHシーンのお手本のようなHCGでした。アニメーションも正統派の正常位で最初はバイブ使ってるけど本番は普通だったし、声もエロいし、とにかく本番Hはおっぱいいっぱいで満足でした!特におっぱいを窓にはりつけてのバックと全裸騎乗位は最高でした(*´Д`*)b
やっぱり巨乳っ子はHシーンでおっぱい見せないとダメですよね!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!

「リアルエロゲシチュエーション!」のあらすじ・感想はこちら↓
リアルエロゲシチュエーション!

「リアルエロゲシチュエーション!」の頂き物はこちら↓
応援バナーキャンペーン当選グッズ原画家直筆サイン入りアートキャンパス

「リアルエロゲシチュエーション! H×3」の公式サイトはこちらから↓

自宅すたじお 3rd project『リアルエロゲシチュエーション! H×3』応援中!

っていうか、コスプレHはやっぱり艦これの鹿島たんなんですね・・・前作と同じやんけw

コメント

「リアルエロゲシチュエーション! H×3」 あらすじ・感想その3 宮之上環奈編

2018年02月19日 00時00分00秒 | 自宅すたじお

3人目は、宮之上環奈でした~(*'∇')

宮之上環奈 キャラクター紹介
忍のクラスメイトで委員長の花沙音とは親友同士。普段は大和撫子風の美少女だが、潜在的にSっ子の素質があり、スイッチが入るとエッチに積極的になる。両親との間で色々とあって現在は1人暮らしをしており、家事は一通りこなすことが出来る。見た目のイメージと違って勉強が苦手。幽霊の類も苦手。
オタク嫌いなことから彼女に片想い中の忍が脱オタするキッカケとなった。忍はずっと片想いだと思ってたが、実は両想いであることが後に発覚する。
色々とあって距離を置いていた彩愛と再び話す機会が増えてきたため、徐々にオタク文化への偏見が無くなっていき、卯衣の二次元同好会入部と共にオタクへと復帰した忍にも理解を示した。

宮之上環奈編 あらすじ
学園祭前日になずなとみるから誰にするのか聞かれた忍は、最終的に元々好きだった環奈を選びます。そして、環奈の好きなところを熱く語っていると、本人から軽くどつかれ驚きますが、きちんと彼女に告白し、環奈もその告白を受け入れたため、2人は恋人同士となりました。恋人同士になりお互い名前で呼ぶようになった2人は、将来一緒に住もうと約束しあいますが、その約束が早くも現実のものとなります。
学園祭1日目が終わった後、忍が家に帰ってくると、お隣の里神家が火事になっていて、住む家が無くなったなずなとゆりが家の修繕が終わるまでの間、忍の家で寝泊まりすることになりました。しかし、卯衣も含めて大所帯になってしまうため、なずなの提案により、環奈と恋人同士になった忍が家を出て1人暮らしの環奈と同棲するということで決定。こうして、早くも2人の約束は叶うのでした。
唐突に始まった同棲生活。最初は緊張していた2人も1週間も経つと慣れ始め、さながら新婚さんのようになっていました。そんなある日、忍の何気ない一言でエロゲに興味が出た環奈は、忍がハマっていたものをもっと知りたいと言い、エロゲをプレイします。忍が初めてプレイしたエロゲを同じようにプレイした環奈は、すっかりエロゲの魅力に取りつかれ、その後も忍のことをもっと知るため、エロゲだけじゃなくアニメも観始めるようになります。
それから2人は自分の好きなものを教え合うようになり、お互いの理解を深め合っていきましたが、同棲生活が1ヶ月も続いたある日、忍はみるに呼び出されます。用件は里神の家の修繕が終わったから戻ってこいということでした。環奈との同棲生活が気に入っていた忍はこのままが良いと言いますが、今までは理由があったから許されたが、家族でもない男女の生徒が何か特別な事情もないのに一緒に暮らすことは責任問題になるから許可を出せないと言われ、忍はしぶしぶ納得します。
唐突に始まった同棲生活は、終わる時も唐突に訪れ、事情を聞いた環奈は寂しそうな顔をしつつも、元々家が修繕されるまでという話だったことから納得しますが、同棲生活の最後に激しいエッチがしたいと忍に懇願し、忍も彼女のお願いに応えます。そして、エッチした後、忍は同棲生活が終わることを残念がる環奈に1つ提案をします。これからは“泊まり”に来ていいかと。同棲はダメでも友達の家に遊びに行くのまでは制限できないから。それを聞いた環奈は一瞬驚いた顔をしますが、確かにそれはそうかもしれないわねと言ってすぐに笑顔になるのでした。

宮之上環奈編 感想
オタに偏見を持っていた環奈がその偏見をなくし、徐々にオタ趣味に染まって行くお話。俺色に染まるって感じですかねw こういう風に趣味を理解してくれる彼女は良いですね。ある意味で理想的と言えます。とりあえず、前作だと彩愛とのことが中心だっただけに今回は主人公とのイチャラブがしっかり描かれていた点は良かったですね。まぁところどころ前作の面影みたいな会話がちらほら見えましたけど、彩愛の出番はほとんどなかったです。
ただ、1ついいかね、恋人同士になって最初のエッチがフェ○のみ、同棲生活始まって最初のエッチが手○キのみって・・・普通に考えてもおかしくね?え?なんで本番ないの?こういうHシーン回数の無意味な水増しは止めてほしいわ・・・。まぁ環奈はちっぱいだから別にいいけど(ぁ
Hシーンは9回。本番Hは5回ありますけど、ちっぱいなので特に興味なし(ぁ Sっ気を見せるのは相変わらず。本番Hのおっぱい見せる率は2回と少な目。しかも内1回は目隠しHなので微妙。アニメーションHも微妙に乳首が片方隠れてるし・・・ちっぱいだから興味ないけど、これが巨乳だったらクレーム入れたいレベルでしたヽ(´ー`)ノ
っていうか、家が火事になるネタって、ノラととを意識してないですかね?w 帰ったら家がバーニングw

「リアルエロゲシチュエーション!」のあらすじ・感想はこちら↓
リアルエロゲシチュエーション!

「リアルエロゲシチュエーション!」の頂き物はこちら↓
応援バナーキャンペーン当選グッズ原画家直筆サイン入りアートキャンパス

「リアルエロゲシチュエーション! H×3」の公式サイトはこちらから↓

自宅すたじお 3rd project『リアルエロゲシチュエーション! H×3』応援中!

さすがに花沙音ちゃんとの3Pは無かったかヽ(´ー`)ノ

コメント (2)

「リアルエロゲシチュエーション! H×3」 あらすじ・感想その2 里神ゆり編

2018年02月18日 00時00分00秒 | 自宅すたじお

2人目は里神ゆりちゃんです(*'∇')

里神ゆり キャラクター紹介
忍の幼馴染。以前は仲が良かったが、ゆりが忍を異性として好きになって特殊な性癖に目覚めてからというもの、忍と距離を置いてしまい、そのせいで忍からは嫌われていると思われていた。忍を異性として好きだと気付いたのは、不慮の事故で忍のパンツを被ったとき。
普段はのんびりな性格でちょっと天然入ってる恥ずかしがり屋さんだが、本当は周りが引くほどの肉食系変態女子。毎朝、忍が寝ているのを自分の部屋から覗いてオナニーするのが日課であり、オカズは忍の脱ぎたてパンツ。比喩的表現ではなく、本当に食事にパンツが並ぶw 他に好きな人の匂いが好きだったり、おしっこを飲むのが好きという変態ぶり。
それらの変態っぷりは全ては母親のなずな譲りで、母親に協力してもらい、変態行為に励んでいる。ただ、変態なだけの女の子・・・というわけではなく、料理は得意で家庭的な一面もある。

里神ゆり編 あらすじ
学園祭前日になずなとみるから誰を選ぶのか聞かれ、ゆりに告白することに決めた忍。その日は誰にするかは宣言せず、学園祭当日を迎えます。朝、卯衣に一緒に学園祭を回ろうと誘われますが、忍は断ってゆりを誘います。しかし、寝ぼけているゆりはそれが告白と同義のお誘いとは気付かずあっさりとOKします。そして、学園祭1日目が始まりますが、午前中は目の回る忙しさで終わり、午後は彩愛と入れ替わる形で2人は休憩に入り、学園祭を回ります。そして、二次元同好会に来たとき、桐也以外誰もいなかったため、3人で話をしながら食事をしますが、桐也が2人が学園祭デートをしていることを知ると、ゆりに長年の片想いが報われて良かったなと言います。ゆりは何故それを知っているのかと驚き、更に忍以外にはバレバレだったことを知ると恥ずかしさのあまりオーバーヒートを起こしてしまいます。二次元同好会を後にし、再び学園祭を回りますが、その途中で忍は告白じみたことをもう一度言ってみたものの、ゆりはまたもそれに気付かず普通に受け答えしてしまいます。忍は最終手段として、ゆりを人気のないところへ誘いますが、勘違いしたゆりが襲い掛かってきたため、それを必死に止め、ゆりに好きだ、付き合ってほしいと告白。すると、ゆりは迷うことなく、よろこんでと返事をします。こうして、ゆりの長年の片想いは報われ、2人は恋人同士になったのでした。
翌日、忍とゆりはデートしますが、ゆりが大人のデパートに行きたいと言い出し、2人は大人のデパートに入ります。そこでゆりはハメ撮りのDVDを発見し、やってみたいと忍に懇願。その後、ゆりが持っていたカメラでハメ撮りをしますが、最初は抵抗があった忍もハメ撮りにハマってしまいます。それからというもの、2人は思い出を形として残すため、“あいのあかし”と称して自分たちの性活を撮影するようになりました。しかし、やりすぎたため、学園でも撮影していたことがバレてしまい、みる達から叱られます。それでも忍たちは間違ってないと主張、そこになずなも賛成したことから、肯定派と否定派で対立することになります。最終的に肯定派が上回ったことで、みるが折れて程々にするようにということで決着は付きましたが・・・。
2人の暴走は止まらず、忍と同じ家に住む卯衣も流石に心配になってきて、彩愛と環奈に相談を持ちかけます。忍はこのころ、ゆりと撮影したハメ撮りの編集作業をしながらオナニーをするという行為を繰り返していたため、それを聞いた彩愛は倦怠期に入っていると言い出し、裸になって忍の部屋に突入。しかし、それはただの勘違いでしたが、彩愛に“ラブが足りない”と言われた忍は、ゆりとの“あいのあかし”のビデオが完成に近づいたとき、ただエッチをしていただけで、確かに愛が足りないかもしれないと思い始めます。そこで、ゆりをデートに誘い、久しぶりに普通のイチャイチャをしますが、ゆりが再び大人のデパートに行きたいと言い出し、そこで“あいのあかし”の続編を構想しているのを知ると、当初の目的を忘れ再びエッチな方向へ話が進んでしまいます。そして、ゆりからどんなプレイでもしてあげるよと言われた忍は、とんでもない要求してゆりを困らせようという雰囲気を匂わせますが、ゆりが満面の笑みを崩さなかったため、忍の思惑は外れます。そして、彼女からの全幅の信頼を試すような行為をしたことに対する申し訳なさが忍の胸に去来し、もう二度とそんなことはしないと心に誓い、“あいのあかし”の続編の構想をゆりと話し合うのでした。

里神ゆり編 感想
ただひたすらにAV撮影してただけじゃねーかwwwwww まぁそれでも前作のようなマニアックすぎるものになるよりかはマシだと思いますが・・・2人がエッチしてるところを普通に見られちゃったりしてるのは何だかなって気がします。んー、あと気になる人はすごく気になると思うんですけど、ゆりちゃんのおマ○コ、映像とはいえ、彩愛ちゃんの弟に見られてるんですよね。ほんの僅かでもそういうところを見られてしまうのは、ダメなんじゃないかなと。いくら変態チックになっても寝取り寝取られモノまたは凌辱モノではない作品で、主人公以外の男にヒロインの裸を・・・しかも女の子的に1番大事な部分を見られることはタブーなんじゃないかなって思うんですよ。弟くんはそれがゆりちゃんのアレだとは気付いてなかったみたいですけど。自分はまだ許容できるけど、拒絶反応を示す人はいそうです。そもそも、なずなさんを始めとして女性陣には普通に見られちゃってますしね。露出系が苦手な人はゆり編はダメかもですね。まぁ変態に突きぬけていることは悪いことではないですが、家庭的な一面があるというゆりちゃんの大きなアドバンテージが学園祭の準備のときのほんの一部でしか活かされてなかったのは残念かなって思います。
Hシーンは9回。本番Hは5回。アニメーションHは1回しかなく、しかもそれがよりによって目隠しエッチのときに使われたので残念でした。本番Hは裸エプロンのとき以外はおっぱい見せてたので概ね満足ですが、裸エプロンはお尻から見せるバックになる確率が高いですよね。裸エプロンというシチュは好きで、色んなエロゲで見てきましたが、Hシーンで満足したことはほとんどないです。何故なら後ろばかりでおっぱい見せないことが多いから。だから、裸エプロンになった時点でHシーンへの期待はしないようにしてます。パ○ズ○フェ○は2回あります。なずなさんとのWパ○ズ○フェ○を含めれば3回になりますね。パ○ズ○フェ○はどっちもおっぱい見せてくれて良かったですが、フェ○の時間はあまり多くなかったのは残念かな~。まぁでもゆりちゃんのおっぱいが堪能できて良かったです。なずなさんも入れてのWパ○ズ○フェ○ですが、私はW○パ○ズ○ってあんまり好きじゃないですよね。何故ならおっぱい見えないから。自分はもうおっぱい見せないHCGには用がないのです(爆)
前作と比べるとマニアック度は押さえられてますが、それでも変態度ではメインヒロインの中では1番のような気がします(なずなさんはそれ以上ですけどw)。普段のゆりちゃんはのんびりとした口調でフワフワしてるところが可愛いんですけどねw

「リアルエロゲシチュエーション!」のあらすじ・感想はこちら↓
リアルエロゲシチュエーション!

「リアルエロゲシチュエーション!」の頂き物はこちら↓
応援バナーキャンペーン当選グッズ原画家直筆サイン入りアートキャンパス

「リアルエロゲシチュエーション! H×3」の公式サイトはこちらから↓

自宅すたじお 3rd project『リアルエロゲシチュエーション! H×3』応援中!

家庭的なところがある設定なので、変態少女からの意外性をちょっと期待してたんですけど、やっぱり変態なままでしたねヽ(´ー`)ノ

コメント (2)

「リアルエロゲシチュエーション! H×3」 あらすじ・感想その1 鳥居卯衣編

2018年02月17日 00時00分00秒 | 自宅すたじお

2018年1月26日発売タイトル第6弾は、自宅すたじおの「リアルエロゲシチュエーション! H×3」でした(*'∇')

リアルエロゲシチュエーション! H×3 概要
今作は昨年1月に発売された「リアルエロゲシチュエーション!」に新しくヒロインを追加しシナリオも新しくしたアナザーストーリーとなります。
今回、物語の最初の部分は飛ばされていますが、その飛ばされた部分の内容は前作「リアルエロゲシチュエーション!」の体験版の部分となっているため、前作をプレイしてない人は、前作の体験版だけでもプレイしておきましょう。

前作「リアルエロゲシチュエーション!」のあらすじ・感想はこちら↓
リアルエロゲシチュエーション!

リアルエロゲシチュエーション! H×3 キャラクター紹介(ヒロインは簡易的に紹介)
長門忍
本作の主人公。かつてはオタクだったが、オタク嫌いの宮之上環奈に惚れて脱オタをした。
環奈の事が好きだったが、彩愛から告白を受けたことをキッカケに、彩愛、環奈、ゆりの3人から猛烈なアプローチをされることになり、学園祭までに誰を選ぶか決めることになったが・・・。

天咲彩愛

忍のクラスメイトで二次元同好会に所属。見た目はギャルそのものだが隠れオタクで忍のことが大好き。通称“恋する核弾頭”。

宮之上環奈

忍のクラスメイトで委員長の花沙音とは親友同士。オタク嫌いなことから彼女に片想い中の忍が脱オタするキッカケとなった。

里神ゆり

忍の幼馴染。以前は仲が良かったが、ゆりが忍を異性として好きになり特殊な性癖に目覚めてからというもの、忍と距離を置いてしまった。

鳥居卯衣

H×3で追加された新ヒロイン。昔、忍の隣の家(里神家とは反対側)に住んでいた幼馴染。忍とは同い年だが、忍にとっては妹のような存在で、卯衣も忍のことは「おにーちゃん」と呼び慕っている。

松永・アメリア・恋

学園の生徒会長で二次元同好会にも所属している3年生。学園一の秀才。忍や桐也とは悪友のような関係で、アニメやゲーム好き。

咲楽花沙音

忍のクラスのクラス委員長。環奈とは親友同士で環奈の初恋を応援している。

里神なずな

ゆりの母親。ゆりが変態になった原因。ある意味、忍たちを掻き回す黒幕とも言えるw

八重桜みる

忍のクラスの担任教師で、なずなの親友。見た目は幼女だが中身はオッサン。忍の家に入り浸り、いつも酒を飲んでおり、婚期が遅れていることを気にしている。

九頭竜桐也

忍のクラスメイトで友人。オタクで仲間と一緒に語り合いたいという気持ちから二次元同好会に所属している。又、同人活動もしており、ゲーム制作もしている。ゲーム制作に関しては何でも出来るマルチクリエイターという才能を持っている。
口には出さないが、忍には二次元同好会に戻ってきてほしいと思っている。

天咲一護

彩愛の弟。風紀委員に所属している。姉の下僕として扱われており、色々と苦労していたせいか、姉を惚れさせた忍をリスペクトしている。
姉と違い厳しくも優しい風紀委員の上司である花沙音のことを敬っている。

リアルエロゲシチュエーション! H×3 共通ルート あらすじ
学園祭までに天咲彩愛、宮之上環奈、里神ゆりの3人の中から1人を選ぶことになっていた忍。しかし、未だに誰と付き合うか決められなかったため、見かねたみるが本番Hも解禁させ進展を図ろうとします。その後、忍はみるに頼まれて酒のつまみを買いに外に出ますが、公園を通りかかると昔、隣の家に住んでいた幼馴染の鳥居卯衣と会います。
彼女は明日両親と一緒にこの町に引っ越してくる予定でしたが、忍に早く会いたかった卯衣は1人で先に来たようでした。しかし、母親から電話がかかっていて、父親が仕事の都合で急に来られなくなって引っ越しが中止になってしまったと言われます。しかし、卯衣の転校手続きは済ませてしまった・・・ということで、卯衣はしばらくの間、忍の家にお世話になることになったのでした。
卯衣を家に連れ帰ってきた忍は、なずなに事情を説明し、卯衣をなずなに任せてお風呂にはいりますが、忍がお風呂に入っている間、なずなは卯衣に忍が現在ゆりと他2人からアプローチされててエッチなことも経験しているとこっそり教えます。忍のことが好きな卯衣はそれを聞いて驚き、ゆりと同じ幼馴染ポジションで被っててアピールポイントがないと慌てますが、なずなから他の子と同じことをしてはダメ、卯衣ちゃんは妹扱いされて可愛がられていたのだからその方向で攻めれば良いとアドバイスを受けます。そして、早速お風呂に入っている忍に迫り、チャンスと見た卯衣は、そのまま忍と初体験を済ませるのでした。
妹属性を持ち尚且つ忍と同居している卯衣が転校してきたことで、焦りを覚えた彩愛達。しかし、みるから本番解禁の話を聞いて、負けじとこれまで以上にアプローチをかけてきます。みるから言われて覚悟を決めていた忍も彼女たちのアプローチを受け止め、卯衣の転校初日に3人と本番を済ませます。一方、持って生まれた妹体質のおかげでクラスに馴染めた卯衣は、その日の夜に、今朝忍の部屋で見た恋愛ゲームのタイトルを検索しますが、それが噂に聞くエロゲだったため驚きます。しかし、忍ともっと仲良くなるため・・・というよりも興味本位でそのエロゲをダウンロードしてプレイしますが、それが彼女の今後を変えてしまうことになるのでした。
翌日、徹夜でエロゲをしていた卯衣は授業中ずっと居眠りしてしまいますが、忍が庇ったことで何とかお咎めなしに。そして、放課後。二次元同好会に入部したいと言っていた卯衣を連れて部室へと行きますが、そこで卯衣の入部と共に、忍も仮入部という形で二次元同好会に復帰します。その話を盗み聞きしていた環奈は何の相談も受けてなかったため、やや不機嫌でしたが、彩愛のおかげでオタクへの偏見も無くなっており、忍への理解を示します。それから卯衣はすっかりクラスに馴染んで、学園祭の準備も本格的に始まり、準備は順調に進んでいよいよ学園祭前日を迎えます。そして、なずなとみるから誰を選ぶのか聞かれた忍は1人の女の子の名前を答えます。その子の名前は・・・。

・・・と、いうわけで、1人目は鳥居卯衣ちゃんでした(*'∇')

体験版で見た限りでは普通に可愛かったのでw

鳥居卯衣 キャラクター紹介
H×3で追加された新ヒロイン。昔、忍の隣の家(里神家とは反対側)に住んでいた幼馴染。忍とは同い年だが、忍にとっては妹のような存在で、卯衣も忍のことは「おにーちゃん」と呼び慕っている。彩愛ほどではないかオタク趣味を持ち(特にニチアサのアニメが大好き)、コスプレするのも好き。恋とはコスプレ会場で知り合っていた。
ちょっと人見知りなところがあり、素直で甘え上手な性格。持って生まれた妹体質のせいか、彼女を見ていると庇護欲をかきたてられ、放っておけない気がしてくる。所謂、守ってあげたくなるタイプである。
ひょんなことから忍の家に住むことになり、なずなのアドバイスを受けて妹ポジションとして忍へのアプローチ合戦に参戦する。他の3人に比べて出遅れているという焦りがあるせいか、忍へのアプローチは大胆で、再会したその日の内に忍との初体験を済ませる。卯衣との本番Hは、忍にとっても初体験だった。
性癖も特になく素直だったが、忍の部屋にあったエロゲをDL版でプレイして、エッチなことにも目覚めていく。

鳥居卯衣編 あらすじ
なずなたちに誰を選ぶか聞かれ、卯衣と答えた忍。卯衣を好きになった理由を聞かれその理由を話していると、忍の後ろで卯衣がこっそり聞いていたことが発覚。本人がいるとは気付かず自分の気持ちを話してしまった忍は恥ずかしいとは思ったものの、意を決して卯衣に「好きだよ」とちゃんと告白し、抱きしめてキスをします。卯衣もお兄ちゃんのカノジョにして下さいと返事をして、2人は恋人同士になったのでした。
翌日、学園祭当日。忍の妹兼恋人となった卯衣は、皆への報告を自分からしたいと言って、教室に着いた後、彩愛達に忍と付き合うことになったことを報告。彩愛たちは特段落ち込むこともなく、むしろまだ取り返すチャンスはあると言って、いつも通り忍にスキンシップを取ろうとします。忍の恋人になったことで皆に嫌われるのを恐れていた卯衣ですが、今まで通りの彩愛たちを見て一安心。しかし、朝から教室で騒いでいたせいか、忍と卯衣が付き合い始めたことは一気にクラスメイト達に知れ渡ることになったのでした。
そうして始まった学園祭1日目。忍のクラスは受付の卯衣とフロア担当の環奈のおかげか大繁盛し、キッチン担当のゆりはあまりのオーダーの多さに混乱していました。そんな中、教室の外で受付している卯衣の様子が気になっていた忍は、皆に許可を貰って様子を見に行きます。すると、忍が来るのを待っていた卯衣は、忍の姿を見て大喜びし、忍と卯衣はしばらく2人の世界に入ってしまったため、客が全員引いてしまいました。しかし、客がいなくなったお蔭で、環奈達はこれから迎えるお昼のピーク時に作戦を練り直しますが、忍と卯衣は恋人になった記念日だからと最初に休憩を与えられ、2人は少しの間、学園祭を楽しみ、午後はずっとお店の方で2人一緒に頑張って、学園祭1日目は無事終わるのでした。
学園祭の中休み。2人はデートしますが、喫茶店に行って卯衣が徹夜でエロゲをしていたことを聞いた忍は、そういう関係のお店があると言って卯衣をそのお店へと連れて行きます。卯衣は初めて入る専門店に大興奮し、大はしゃぎしてお店の中を回りますが、彩愛たちもお店にいるのを発見。喫茶店にいたときから視線を感じていた忍は彩愛たちがずっと尾行していたことを見抜き、弁明する気もない彩愛やゆりを見て、頭が痛くなるのでした。
学園祭2日目。この日は朝から大忙しで忍は卯衣を構うことが出来ずずっと皆の手伝いに駆り出されて放置していました。ずっと忍に無視されていた卯衣はだんだん機嫌が悪くなり、おにーちゃんは私のことが嫌いになったのかなと不安に感じるようになっていました。それに気付いたみるは忍を卯衣のところへ強引に連れ出すと、卯衣は忍を生徒会室へと連れて行きます。生徒会室には恋がいましたが、2人に留守番を任せて出て行ったため、卯衣はおにーちゃんと一緒にいたかったと言って忍を押し倒しエッチをします。そして、エッチが終わると卯衣の機嫌は直り、学園祭も大きなトラブルが発生することもなく無事終了するのでした。
学園祭が終わった後、映画館デートをした2人。その日の帰り、卯衣の携帯に電話がかかってきますが、それが誰なのか卯衣は教えてくれず、卯衣の表情からは笑顔が消えていました。それからも頻繁に卯衣に電話がかかってくるようになり、卯衣も少しずつ元気がなくなっていきました。そんなある日の事、学校から帰ってきて、出迎えたなずなに卯衣のことを聞くと、事情を知ってるなずなは、こういうことは本人の口から言った方がいいけどと言いつつ、卯衣に両親から連絡が入ったことを教えます。そして、その理由も聞いて信じられない気持ちになった忍ですが、決心がついた卯衣から話がしたいと言われ、部屋で2人きりになって話し合います。
卯衣が両親から言われたのは、これ以上、忍たちに迷惑をかけられないから戻ってきなさいということでした。卯衣はようやく忍と再会できて、学園では友達もいっぱい出来て、そして忍とは恋人になれたから、ここから離れたくないと泣きながら言います。涙を流す卯衣に対し、忍は俺は卯衣を話したくない、ずっと一緒だと言って抱きしめます。そして、卯衣の本心がそうなら俺も卯衣がこれからもこの家にいられるように協力すると約束します。とはいえ、卯衣の家の問題に首を突っ込んでいいものか悩んだ忍は、翌朝、恋と桐也の2人に卯衣のことを相談します。桐也はともかく、恋からは明確なアドバイスは貰えなかったものの、鳥居と付き合い始めて君は良い意味で変わった、今の君なら大丈夫だ、きっと鳥居を引き止めることが出来ると言われます。
その後、恋にしばらく1人である手見れば「答え」は自然と導き出せると言われた忍はその通りに街を出歩きますが、そこへ忍を捜していた彩愛が声をかけてきます。彩愛が忍を捜していたのは、恋から連絡を受けたからでした。忍は彩愛にも相談して彩愛ならどうするか聞いてみますが、彩愛からはそれを答えても良いけど、そもそも最初から忍くんの中ではもう結論ついてるじゃんと返されます。卯衣の両親に電話をし、卯衣を連れ戻さないように説得する。初めからそのつもりだったんじゃないかと。確かに忍はそう考えていましたが、失敗したときのことを恐れて決断が出来ないだけでした。すると、彩愛から環奈を好きになって脱オタしたときのことを思い出してほしいと言われます。彼女に気に入られたい一心で今まで大事にしていたものを全て捨て去った、思い立ったが即行動、それが彩愛の知っている忍の本当の姿でした。彩愛のその言葉で目が覚めた忍は、自分が失敗して卯衣と離れ離れになることを恐れて躊躇していたのだと気付き、彩愛からも背中を押されたことで、ようやく卯衣の両親と話すことを決意したのでした。
卯衣の両親と話す決心をした忍はすぐに家に帰り、なずなに卯衣の両親の連絡先を聞き出そうとします。しかし、なずなから忍がやろうとしていることは分かる、けどそれは子どものワガママ、両親の気持ちもあるし、離れていても恋人関係は続けられる、それなのに一緒にいようとするのは何故?と問われます。その問いに忍は一瞬悩もうとしますが、皆に相談して自分のすべきことを再び思い出し、答えます。卯衣がこれ以上悲しむのを見たくないからと。卯衣の屈託のない笑顔に惹かれて彼女のことを1人の女性として好きになった、そんな彼女が今、ずっと悲しい顔をしている、それが俺には耐えられない、だから周りにワガママと言われようと、卯衣の両親にこの決意を伝えたい。その言葉を聞いたなずなは納得し、忍に卯衣の両親の連絡先を教えます。
卯衣の父親と電話で話をする忍。そして、卯衣と付き合っていること、卯衣が自分や友人たちと離れることを悲しんでいること、そして親にも卯衣は渡さないことを伝えますが、父親は私は正真正銘の家族で、親が子どもと一緒にいたいと願うのは間違っているかと聞いてきます。それを聞いて忍は、間違っていないと言いつつも、子どもと一緒にいたいと願うなら例え仕事という理由があろうが、何としてもあなた達は卯衣と暮らすべきだった、仕事を優先すべきじゃなかったと返します。すると、父親も仕事を優先したが故に娘の卯衣を悲しませてしまったと言い、そして、自分に対して真っ向から向き合った忍を認め、卯衣を任せることにし、卯衣は引き続き忍の家で暮らせることになりました。ただし、1つだけ条件がつけられました。それは、卯衣を悲しませないこと。自分たちのような過ちを犯さないでほしい、卯衣のことを幸せにしてやってほしい。それが父親から出された条件でした。すると、忍は、卯衣のことを未来永劫大切にすることを誓うのでした。

鳥居卯衣編 感想
卯衣ちゃんマジ天使や~。エッチのときはかなり大胆になるけど、普段は甘え上手な可愛い妹って感じですね。あまり可愛さにマジ癒されます!性癖の方もどれだけ変態になるのかと警戒したけど、思ったよりも全然普通でした。あれ?って感じ。メインヒロインの他の3人が結構変態だからかなり警戒してましたが、卯衣ちゃんのは確かに普段の性格からすれば大胆なことをすることもあるけど、トイレシーン以外は至って普通のエッチでしたね。
シナリオについては序盤はイチャラブ、後半は引っ越し騒動でシリアスな感じでした。まぁでも、卯衣ちゃんの引っ越し騒動については彼女が主人公の家に来ることになった経緯を知ってれば必ずどこかで出てくる話なので、思ったよりも主人公がヘタレなかった分、悪くはなかったかな。あそこで主人公がグダグダ考えて長引いたらイヤでしたけど、一度決心した後はきっちりしてましたし。まぁ少しあっさりした内容だったので、もう少し卯衣ちゃんとのイチャラブが見たかった気はしますが。
Hシーンはシーン回想では10回分ですが、最初の2回はセットなので計9回ですね。前戯だけで終わるのが4回もあるので、半分くらいしか本番Hがないです。シナリオの長さからすると回数的にはまぁまぁですが、前戯だけで終わるHはぶっちゃけそこで終わるか?って思うこともあったので、本番なしを入れて回数の水増しをするんじゃなくて、前戯と本番をセットにしてほしかったです。まぁでも、本番Hは全部おっぱい見せてくれたし、パ○ズ○フェ○も2回あるし、Hシーンは概ね満足でした。パ○ズ○フェ○の2回目に関しては、片方のおっぱいが若干隠れ気味でしたが、まぁかろうじて乳首見えてたので良しとします。アニメーションは結局最初の初体験だけでしたね。まぁ前作もアニメーションは少なかったし、こんなもんかって感じですか。結局、初体験が1番良かったような気はする。あとはラブホHかなぁ・・・ハメ撮りになってる点は残念ですけど。あとは生徒会室での騎乗位も良かったけど・・・最初にぶっかけちゃうのが残念でしたね。個人的にぶっかけはあまり好きじゃないからわざわざ選択肢を中出し固定にしてるのに、最初にぶっかけちゃうのはどうなんだよって思うんですよ。中出し好きにはぶっかけがイヤな人もいるので、そういう人のためにもHする前のぶっかけは無しにしてほしいなぁ・・・何のための射精箇所固定か分からなくなるので。まぁでも、とりあえず、可愛くて大胆な卯衣のおっぱいがたっぷり堪能できたので良かったです。( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!
卯衣ちゃん自身はとても可愛くて満足したんですけど、1点だけ気になるところが。それはエピローグ。エピローグの最後に「忍くん」と呼んじゃったのがなぁ・・・いや、最後だけだったのでまだマシですが、もしも卯衣ちゃんのアフターがあると名前呼びになってる可能性が示唆されてしまったのは大きなマイナスかなぁ・・・って思います。せっかくさ、「妹ポジションのまま彼女になった」のに、その“妹”という属性を取り払ってしまうのはどうかと思うんです。ライターさん的には関係性の変化を見せたくてそうしたかったんでしょうけど、属性優先の人からすると、そのヒロインを好きになった最大の理由を潰されてしまったようなもので、そういうことをされてしまうとガッカリしちゃうから、止めてほしいですね。例えいずれは名前呼びになるのだとしても、物語の中では「おにーちゃん」呼びのままでいてほしかった。まぁ私の場合は最後だけなら許しますけど、これでもし続編作るなら、引き続き「おにーちゃん」呼びにしてほしいですね。

「リアルエロゲシチュエーション!」のあらすじ・感想はこちら↓
リアルエロゲシチュエーション!

「リアルエロゲシチュエーション!」の頂き物はこちら↓
応援バナーキャンペーン当選グッズ原画家直筆サイン入りアートキャンパス

「リアルエロゲシチュエーション! H×3」の公式サイトはこちらから↓

自宅すたじお 3rd project『リアルエロゲシチュエーション! H×3』応援中!

卯衣ちゃんの素直さと健気なところがずっと変わらず、可愛いままだったので安心しました。最悪、ゆりちゃんみたいな変態になることも覚悟してたのでw

コメント (2)

「リアルエロゲシチュエーション! H×3」 マスターアップ

2018年01月14日 12時00分00秒 | 自宅すたじお

2018年1月26日発売、自宅すたじお最新作「リアルエロゲシチュエーション! H×3」がマスターアップしたそうですね(*'∇')

マスターアップおめでとうございます~!

結構ギリギリのマスターアップになりましたねw

まぁでも無事発売されるようで、何よりです。卯衣ちゃんルートが早く見たいですなぁ・・・妹系幼馴染はイイ!!

ともあれ、楽しみですね!

「リアルエロゲシチュエーション!」のあらすじ・感想はこちら↓
リアルエロゲシチュエーション!

「リアルエロゲシチュエーション!」の頂き物はこちら↓
応援バナーキャンペーン当選グッズ原画家直筆サイン入りアートキャンパス

「リアルエロゲシチュエーション! H×3」の公式サイトはこちらから↓

自宅すたじお 3rd project『リアルエロゲシチュエーション! H×3』応援中!

卯衣ちゃんのパ○ズ○っぽい画像があったので、パ○ズ○フェ○には期待したいヽ(´ー`)ノ

コメント (2)

「リアルエロゲシチュエーション! H×3」 体験版 あらすじ・感想

2018年01月08日 00時00分00秒 | 自宅すたじお

2018年1月26日発売予定、自宅すたじお最新作「リアルエロゲシチュエーション! H×3」の体験版をプレイしてみました(*'∇')

巨乳好きとしては外せない作品かなと思いますw

リアルエロゲシチュエーション! H×3 概要
今作は昨年1月に発売された「リアルエロゲシチュエーション!」に新しくヒロインを追加しシナリオも新しくしたアナザーストーリーとなります。
「リアルエロゲシチュエーション!」のあらすじ・感想はこちら↓
リアルエロゲシチュエーション!

リアルエロゲシチュエーション! H×3 キャラクター紹介
長門忍
本作の主人公。かつてはオタクだったが、オタク嫌いの宮之上環奈に惚れて脱オタをした。
環奈の事が好きだったが、彩愛から告白を受けたことをキッカケに、彩愛、環奈、ゆりの3人から猛烈なアプローチをされることになり、学園祭までに誰を選ぶか決めることになったが・・・。

天咲彩愛

忍のクラスメイトで二次元同好会に所属。見た目はギャルそのものだが隠れオタクで忍のことが大好き。通称“恋する核弾頭”。とにかく積極的にアプローチをかけてきて、隙あらば忍にベッタリくっ付いてエッチなことをしてくる。
明るく元気でビッチな雰囲気を持っているが、実際は純情で素直な性格の処女ビッチ。若干子どもっぽいところもあり、集中力が長く続かない。ただ、好きなものだったり目標があればものすごく集中できる“やれば出来る子”。
オタクになったのは忍のことが好きになってからで特にコスプレが趣味。勉強は苦手だが、手先が器用でイラストを描いたりコスプレ衣装も自作可能。

宮之上環奈

忍のクラスメイトで委員長の花沙音とは親友同士。オタク嫌いなことから彼女に片想い中の忍が脱オタするキッカケとなった。忍はずっと片想いだと思ってたが、実は両想いであることが後に発覚する。
普段は大和撫子風だが、潜在的にSっ子の素質がある。見た目のイメージと違って勉強が苦手。

里神ゆり

忍の幼馴染。以前は仲が良かったが、ゆりが忍を異性として好きになり特殊な性癖に目覚めてからというもの、忍と距離を置いてしまった。そのため、忍からは嫌われていると思われていた。忍を異性として好きだと気付いたのは、不慮の事故で忍のパンツを被ったとき。
普段は大人しく恥ずかしがり屋で引っ込み思案だが、本当は肉食系の変態女子。毎朝、忍が寝ているのを自分の部屋から覗いてオナニーするのが日課であり、オカズは忍の脱ぎたてパンツ。比喩的表現ではなく、本当に食事にパンツが並ぶw 他に好きな人の匂いが好きだったり、おしっこを飲むのが好きという変態ぶり。
それらの変態っぷりは全ては母親のなずな譲りで、母親に協力してもらい、変態行為に励んでいる。ただ、変態なだけの女の子・・・というわけではなく、料理は得意で家庭的な一面もある。

鳥居卯衣

H×3で追加された新ヒロイン。昔、忍の隣の家(里神家とは反対側)に住んでいた幼馴染。忍とは同い年だが、忍にとっては妹のような存在で、卯衣も忍のことは「おにーちゃん」と呼び慕っている。彩愛ほどではないかオタク趣味を持ち、コスプレするのも好き。恋とはコスプレ会場で知り合っていた。
ちょっと人見知りなところがあり、素直で甘え上手な性格。持って生まれた妹体質のせいか、彼女を見ていると庇護欲をかきたてられ、放っておけない気がしてくる。所謂、守ってあげたくなるタイプである。
引っ越しのトラブルがあって住む場所が無くなったため忍の家に住むことになり、なずなのアドバイスを受けて妹ポジションとして忍へのアプローチ合戦に参戦する。他の3人に比べて出遅れているという焦りがあるせいか、忍へのアプローチは大胆で、再会したその日の内に忍との初体験を済ませる。卯衣との本番Hは、忍にとっても初体験だった。
性癖も特になく素直だったが、忍の部屋にあったエロゲをDL版でプレイして、変態に目覚めていくことになる。

松永・アメリア・恋

学園の生徒会長で二次元同好会にも所属している3年生。学園一の秀才。忍や桐也とは悪友のような関係で、アニメやゲーム好き。忍が二次元同好会を辞めて脱オタしてからも交流があった。卯衣とはコスプレ仲間である。
密かに忍のことを想っていて、忍と彩愛たちの一件は静観を貫く態度を取っていたが・・・。

咲楽花沙音

忍のクラスのクラス委員長。環奈とは親友同士で環奈の初恋を応援している。

里神なずな

ゆりの母親であり、ゆりが変態になる原因でもある。行動原理は「面白いかどうか」であり、基本的に娘の応援を優先しているが、恋愛成就しようと頑張る子も同じように応援し、時には娘に不利になるようなアドバイスもする。そして、それにより事態が進展して忍達がどう行動するか見て楽しんでいる。
ある意味、忍たちを掻き回す黒幕とも言えるw

八重桜みる

忍のクラスの担任教師で、なずなの親友。見た目は幼女だが中身はオッサン。忍の家に入り浸り、いつも酒を飲んでおり、婚期が遅れていることを気にしている。

リアルエロゲシチュエーション! H×3 体験版 あらすじ
学園祭までに天咲彩愛、宮之上環奈、里神ゆりの3人の中から1人を選ぶことになっていた忍。しかし、未だに誰と付き合うか決められなかったため、見かねたみるが本番Hも解禁させ進展を図ろうとします。その後、忍はみるに頼まれて酒のつまみを買いに外に出ますが、公園を通りかかると昔、隣の家に住んでいた幼馴染の鳥居卯衣と会います。
彼女は明日両親と一緒にこの町に引っ越してくる予定でしたが、忍に早く会いたかった卯衣は1人で先に来たようでした。しかし、母親から電話がかかっていて、母親がこれなくなって引っ越す家もなくなり、でも転校手続きは済ませてしまった・・・ということで、忍の家にお世話になることになったのでした。
卯衣を家に連れ帰ってきた忍は、なずなに事情を説明し、卯衣をなずなに任せてお風呂にはいりますが、忍がお風呂に入っている間、なずなは卯衣に忍が現在ゆりと他2人からアプローチされててエッチなことも経験しているとこっそり教えます。忍のことが好きな卯衣はそれを聞いて驚き、ゆりと同じ幼馴染ポジションで被っててアピールポイントがないと慌てますが、なずなから他の子と同じことをしてはダメ、卯衣ちゃんは妹扱いされて可愛がられていたのだからその方向で攻めれば良いとアドバイスを受けます。そして、早速お風呂に入っている忍に迫り、チャンスと見た卯衣は、そのまま忍と初体験を済ませるのでした。
妹属性を持ち尚且つ忍と同居している卯衣が転校してきたことで、焦りを覚えた彩愛達。しかし、みるから本番解禁の話を聞いて、負けじとこれまで以上にアプローチをかけてきます。みるから言われて覚悟を決めていた忍も彼女たちのアプローチを受け止め、卯衣の転校初日に3人と本番を済ませます。一方、持って生まれた妹体質のおかげでクラスに馴染めた卯衣は、その日の夜に、今朝忍の部屋で見た恋愛ゲームのタイトルを検索しますが、それが噂に聞くエロゲだったため驚きます。しかし、忍ともっと仲良くなるため・・・というよりも興味本位でそのエロゲをダウンロードしてプレイしますが、それが彼女の今後を変えてしまうことになるのでした。

リアルエロゲシチュエーション! H×3 体験版 感想
新ヒロインの卯衣ちゃん可愛いですねぇ・・・守ってあげたい妹属性最高ですw しかもロリ巨乳。この作品にしては珍しく純粋で素直な性格の良い子ですけど、エロゲを知ってどう変わっちゃうかが気になりますね、それ次第では1番好きな子になるかもしれないw 少なくとも体験版の範囲では実に私好みの子だったなぁ・・・。
他のヒロインは特に変化はないので何も言うことはないですが、サブヒロインはやはりアレかな、本筋には組み込まないで、デビュー作の「ナデレボ!」みたいにアナザーストーリーとして展開するのかな?まぁ、なずなさんと恋会長のHシーンが見られるならどういう形でも良いですけど。卯衣ちゃんを除けば、この2人が本命なのでw
Hシーンに関しては前作同様、漫画チックな演出効果があったりアニメーションもありますが、アニメーションはもうちょっと動きを早く出来たりしないのかな?卯衣ちゃんの本番Hはアニメーションしてたけど、ピストン運動しているようにはあんまり見えなかったので・・・もっと激しく動いておっぱい揺らしてほしい(爆) とりあえず、卯衣ちゃんの初体験の騎乗位のアングルは最高でしたw 彩愛やゆりちゃんのも良いですね。環奈はちっぱいなので興味なしですが(爆) ところで、なずなさんの本番Hは製品版のお楽しみってことか・・・w
まぁとりあえず、今回も変態チックなHシーンが多めでしょうけど、おっぱいは大変良いので、変態なシチュエーションはともかく、おっぱいいっぱい見せてくれることを期待したいですね。恐らくHシーンの回数は少ないであろうなずなさんがおっぱい見せなかったら発狂しますよw

「リアルエロゲシチュエーション!」のあらすじ・感想はこちら↓
リアルエロゲシチュエーション!

「リアルエロゲシチュエーション!」の頂き物はこちら↓
応援バナーキャンペーン当選グッズ原画家直筆サイン入りアートキャンパス

「リアルエロゲシチュエーション! H×3」の公式サイトはこちらから↓

自宅すたじお 3rd project『リアルエロゲシチュエーション! H×3』応援中!

卯衣ちゃんの性格はあのままでいてほしいなぁ・・・。

コメント (8)

「リアルエロゲシチュエーション! H×3」 体験版公開 

2017年12月21日 12時00分00秒 | 自宅すたじお

2018年1月26日発売予定、自宅すたじお最新作「リアルエロゲシチュエーション! H×3」の体験版が公開されてます(*'∇')

1.4GBと結構なボリュームありますね・・・自分はとりあえず12月の新作が終ったらプレイする予定です。

体験版をやらずとも買う予定でしたし慌てる必要もないかなと。

今回はブランド初の発売延期しちゃいましたが、今後の作品は延期することがないようにしてほしいですなぁ・・・延期癖がつくとfe○gになっちゃうよ!(爆)

「リアルエロゲシチュエーション!」のあらすじ・感想はこちら↓
リアルエロゲシチュエーション!

「リアルエロゲシチュエーション!」の頂き物はこちら↓
応援バナーキャンペーン当選グッズ原画家直筆サイン入りアートキャンパス

「リアルエロゲシチュエーション! H×3」の公式サイトはこちらから↓

自宅すたじお 3rd project『リアルエロゲシチュエーション! H×3』応援中!

尚、諸般の事情によりOVA版は購入見送りすることにしました・・・。

コメント (2)

「リアルエロゲシチュエーション! H×3」 発売延期

2017年12月01日 15時15分00秒 | 自宅すたじお

2017年12月22日発売予定だった、自宅すたじお最新作「リアルエロゲシチュエーション! H×3」が2018年1月26日に発売延期となりました。

これはちょっと意外かなぁ。過去2作品とも納期守ってたので、今回も大丈夫かなって思ってたんですけど、延期ですか~。残念です。

アレか、OVA版と一緒に買えってことですかねw

これ以上の延期は・・・ぁ、いや今のところ2月が空いてるんで、別に2月でも良いですけどw

とりあえず、1本少なくなったからといって、12月は買い足すつもりはないですね。コミケグッズ買わなきゃならんしヽ(´ー`)ノ

「リアルエロゲシチュエーション!」のあらすじ・感想はこちら↓
リアルエロゲシチュエーション!

「リアルエロゲシチュエーション!」の頂き物はこちら↓
応援バナーキャンペーン当選グッズ原画家直筆サイン入りアートキャンパス

「リアルエロゲシチュエーション! H×3」の公式サイトはこちらから↓

自宅すたじお 3rd project『リアルエロゲシチュエーション! H×3』応援中!

ぁ、OVA版も買う予定ですよw

コメント (6)