詐欺などにだまされないぞ!

架空請求、オレオレ詐欺のような劇場型詐欺を始めネットを中心とした犯罪、特に詐欺関連の情報を集めていきます

社員の「うつ」、幹部ら陰口メール フルキャスト謝罪

2009年02月27日 09時24分23秒 | その他の情報(私の気づいたものなど)
社員の「うつ」、幹部ら陰口メール フルキャスト謝罪
2009年2月27日6時50分

 人材派遣大手フルキャストホールディングス(東京都渋谷区)とグループ会社の幹部らが1月、パワーハラスメントが原因の「うつ」を診断書を添えて訴えた男性社員に対し、診断に疑問を示し、「採用時から『ろれつ』は回っていない」など、侮辱ともとれるメールを交わしていたことがわかった。男性が入る労働組合は「心の病気を笑い物にする人権侵害だ」と抗議し、同社は今月謝罪した。

 男性社員(28)は、グループ会社トップスポット(東京都新宿区)に勤務。労働組合派遣ユニオン・フルキャストグループ支部(フルキャストユニオン)は、一昨年から男性社員を含む組合員へのパワハラをめぐり、会社に改善を求めてきた。これに対し、フルキャスト側はパワハラを否定。派遣ユニオンは昨秋、東京都労働委員会にあっせんを申請していた。

 男性社員は昨年12月、診断書を都労委に提出。メールはこれを踏まえて書かれたとみられ、1月中旬、交渉に関係する幹部数人が受け取ったメールに内容を残したまま、書き足していく形で送受信を重ねた。その際、一人が男性社員に誤って送信し、発覚した。

 一連のメールのうち、フルキャストのコンプライアンス責任者は、個人情報である男性社員の持病を明らかにしたうえで、「鬱(うつ)かどうかはわかりません」との疑いを表明。さらにパワハラの影響を否定し、「採用時から、『ろれつ』は回っておりませんでした」などと書いた。

 男性社員は、ろれつが回らないというのは事実無根の言いがかりだとし、「メールを見たときはショックと悔しさで眠れないほどだった」と話す。

 同ユニオンは会社に強く抗議。これに対しフルキャストホールディングスは今月6日、社内メールの「不適切な記載」を認め、漆崎博之社長名で男性に「お詫(わ)び」の文書を出した。関係者を処分するとともに再発防止策を講じるとしている。フルキャスト広報室は朝日新聞の取材に対し、「労働委員会のあっせん中であり、コメントは差し控える」としている
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« カード・暗証番号…分担して入... | トップ | 突然3億3000万円の請求... »

コメントを投稿

その他の情報(私の気づいたものなど)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事