ヘボのアルバム (続編)

四季折々の戯言を・・・
そこから何が読めて来るか?

     『 最後の追い込み!!! 』

2017-09-08 09:26:46 | 日記

             


庭木、刈り込み作業も最後の追い込みになった! 
晩夏熱い時期での作業故老い耄れには苦労が伴う!!! しかし、苦労がある半面仕上がり後の満足感は計り知れない!!! 
これを頼りに続けられているのかも知れない・・・
老いと共に高所作業に不安を感じるようになり15尺の脚立作業に終止符を打った。
回りや新聞記事等で高所からの落下事故が毎回のように伝えられ、事実、危険作業極まりないので婆や娘達の忠告もあり近年止めるようにして来た・・・
非常時に来ていた庭師さんが代わりに努めてくれるようになり有難く思っている・・・ 
  ピンチになった赤松と高所作業、高野槇の刈り込み等担当してくれている。。。 
一位の高い所は恰も丁髷のように一部残されているが、近々丁髷を切り巧く仕上げてくれるだろう・・・こうして見ると丁髷は実に見苦しい!!!
高所でなければほんの数分トリマーをクルリと回せばスカッと上がるのに惜しまれる・・・
この30~50cmの高さが問題だ!!! 脚立の限界にあり、15尺だと非常に難儀!!!また危険を伴う!!!






yが御陀仏後はこの庭師さんが総て我が家の庭先を手入れする事になる!!!
腕の立つ職人でこの界隈ではNo1だろう!!!
松本山雅の大サポーターで来るとサッカーの話題で花が咲く!!!
我が家の銘木庭木は此処の屋敷から移植されて来たものでこの人の父親が造り上げて来た!!! 木造りの名人だった!!!  
赤松、一位、そして紅枝垂れの銘木がゾロゾロありそれはそれは見事だった!!!
こんな流れからこの庭師さんとは切っても切れない間柄にある・・・
近々、刈り残しの丁髷落としに来てくれるだろう・・・

今日、明日と垣根の刈り込みをすると正直ホッとする。 
そして、この界隈では迷(めい)庭園に変貌する? 

刈り込みが済んだ庭先は何処の家を問わずシャキッとし清々しい!!!
松本でも西山地区に入り昔からの旧家を覗くとこうした銘庭園の家が所々に有り一寸訪問して見たくなる!!!
我が家も時間と共にこうした仲間入りが出来そうな庭を演じる時期に入り出した・・・として置こう?   
刈り込んだ一位はこんな感じだ!!!



奇妙な庭木が目に入るだろう・・・ 一位の平刈りとイイ丸刈りと対をなし段物の各段が平らに刈られている!!! 最初これを見た時は度肝をん抜かれたが各棚を平行に刈り込めればそれはそれは美しい!!! まだまだ、その力は無いが段々に近付きつつある・・・ こう言う庭木が我が家の特徴だ!!!


この木は古木で樹齢300年は超えているだろう? yの一番お気に入りの銘木だ!!!
丸刈りもある!!!
まだ若きだがそれでも50年は経っている!!! 苗木から此処までyが仕上げた!!! yの子供みたいな庭木で銘木になりつつある?


オマケを一つ… 石榴が色付いて来た!!! 近々パックリと割れるだろう・・・ 靖ちゃん取りに来てねぇ~~~~~!



さてさて、来週からは何に集中しようか? 常に呆け防止を考えている・・・  
矢張りヘボちゃん遊びか?  これに勝るモノは無い!!! 
この際手持ちカメラ・レンズを総動員させ銘画面を更に更に残して置きたい!!!
婆の退院の目途が付いたらOlympusのシステム系導入検討に入ろうか? 
このシステムには一寸考えさせられるものがある・・・ 
後はお金の工面だ。。。。。実は、これが問題だ!!!!! 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
«      『 耳寄りな話:N... | トップ |      『 本物か? 』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事