深圧☆アモーレ❢

少しでも皆様のお役にたてる情報を提供できたらと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ホームページ&ブログページが新しくなりました!!

2017-09-14 13:00:00 | 日記
いつもブログをお読みいただきありがとうございます!

この度、松本深圧院のホームページが新しくなりました!

ホームページのリニューアルに伴いブログページも新しくなりました!

今後は下記リンクにてブログをアップしていきます。

松本深圧院ホームページ←こちらをクリック!
深圧アモーレ❢←こちらをクリック!

これからもよろしくお願いいたします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

筋トレは諸刃の剣です!

2017-09-07 10:30:00 | 日記
最近はプロスポーツの世界でも筋トレがブームです。

ですが、肉体改造をして成功した選手ってどの位いたでしょう?

なんだか最近の選手って芸人じゃないですけど"一発屋"みたいな感じの人多い感じがします。

それだけ一線で活躍し続けるのは難しい世界なのだとは思いますが…

何かにつけてやたらに休み過ぎな気がします。

目当ての選手がケガばかりでは、観る方の興味も薄らいでしまいます。。。

その競技自体への興味も薄れちゃうかもしれませんね。


とっても個人的な意見なのですが、
筋トレでいくら身体大きくした所で、
その競技の筋力はその競技をしないとついてこないのではないでしょうか。


体操の内村選手は一切筋トレしないそうです。

野球のイチロー選手も負荷の大きいトレーニングはしません。

サッカーのカズ選手だって昔からほとんど体型変わってないですよね?

一時的に筋トレして馬力を付けても、
一瞬の記録は出るかもしれません。

ですが、それを維持し続けるのは難しいのだと思います。

世界のホームラン王と呼ばれる王さんやミスタージャイアンツと呼ばれる長嶋さん、
400勝投手の金田さんなど…往年のスター選手はムキムキだったでしょうか???

昔よりはるかに科学的に色々解明されてきているのであれば、
もっと記録が伸びて、怪我人が減っても良い気がします。

怪我人だらけの今のプロスポーツ界、何か問題があるのではないでしょうか?
本当の意味で選手生命を考えるのであれば、根底から変えて行かなければならない気もします。

と、先日の高校野球の甲子園大会で活躍した選手の身体の線の締まり具合を見て思いました。

プロスポーツ選手だって筋トレ失敗したらケガだらけです。

痛みを抱えている患者さんや手術後の患者さんに筋トレさせるのは如何なものか…

筋トレは諸刃の剣です!

過度な筋トレで与えた筋肉達へのダメージは計り知れません…。

そもそも『筋トレは健康的!』と言うのはちょっと語弊があります。

過度な筋トレは筋肉を壊す作業にしかなりません。

筋トレしたらそれ以上に壊れた筋肉達へのケアが必要です。

特に若いとケアを怠りがちです。

そのダメージの蓄積が痛みに繋がるのです。

痛みを抱えているのであれば、筋トレするより歩いて下さい。

生活の一部に入り込んでいる文明の力を使うのをちょっと控えて見て下さい。

車移動を自転車にしてみたり、自転車を徒歩にしてみたり。

それだけでも十分な筋トレです。

因みに、歩く為の筋力は歩かなければつきません。

歩く為の動きをしなければつかないのです。

マシーンを使ってガッシャンガッシャン!!やった感はありますが…
そんな直線的な動きは非日常的です。

トレーニングをするのであれば、
もっと実用的なトレーニングをしましょう。

しっかりほぐし、日常しっかり動いてあげて、
そしてしっかりケアをする。

痛みや不安を抱えている方には、
それだけでも十分なトレーニングだと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせです。

2017-08-31 10:00:00 | 日記
今日はお知らせが3つあります。

1.9月より私の施術場所が変わります!
 今まで10階1001号室で施術を行っていましたが、9月より13階1302号室へ異動になります!
 場所が変わるだけで後は変わりません(笑)
 10階1001号室も今まで通り営業しております!
 私のご予約の患者様は今後ご来院の際は13階1302号室をお呼び出し下さい。
 よろしくお願い致します。

2.9月から当院のホームページが新しくなります!
 9月より松本深圧院のホームページがリニューアル予定です。
 リニューアルに伴い、ブログもお引越し致します!
 また引っ越し先の情報、詳細は後日お知らせ致します!

3.9月30日(土)にオフ会を開催します!
 9月30日(土)に毎年恒例となっておりますオフ会(お食事会)を開催致します!
 楽しくお食事をしながら患者さん同士の情報交換や普段私達スタッフに聞き辛い事も聞いて見ましょう!(笑)
 初めての方もお気軽にご参加下さい!
 詳しくはスタッフまでお願い致します!

<開 催 概 要>

◆日時  2017年9月30日(土)13時~15時(2時間)
 (受付12時45分~)
  ※受付時間前にお越しいただいても店内に入ることができませんので、
恐れ入りますが、お時間に合わせてお越しください。

◆会費  お一人様5,000円

◆場所  ニューディッシュ ムース デリ & カフェ(nu dish Mousse Deli & Café)
東京都中央区銀座4-8-4 三原ビル1階
電話:03-3561-0730

<アクセス>
都営浅草線/日比谷線 東銀座駅 徒歩2分(A2出口より)
地下鉄銀座線 銀座駅 徒歩4分(A7出口より)
地下鉄有楽町線 銀座一丁目駅 徒歩5分(11番出口より)

◆定員  35名 ※定員になり次第締め切らせていただきます。

◆お申込み メール:info@ms-ginza.com / 電話:03-3562-2777
または各スタッフへ直接お申込みください。


スタッフ一同、皆さまのお越しを心よりお待ちしております!


8月はなんだかスッキリしない月でした。
体調を崩されている方も多い様に思います。
これから台風の時期です。
皆様どうぞお身体ご自愛下さい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

痛みが変化する。。。

2017-08-24 10:00:00 | 日記
一日の中でも痛みの強さが変化したり、
痛みの出る場所が変わるなんて話を良く聞きます。

・朝の起き抜けが痛む…

・長時間座っていた所から立ち上がって一歩目が痛くて出ない…

・動いていると少し痛みは楽になる。

・歩いていて急に痛みが出る…

・少し休むと痛みは落ち着いてまた歩ける様になる。

どの症状も凝り固まった筋肉の問題です。

そもそも、器質的な問題(軟骨のすり減りや骨の変形)が原因で痛みが出ているのだとしたら、
痛みに波が出るなんて事は考えづらいです。

なぜなら、どんなに外から手を加えても器質的な問題は解決するなんて考えられないからです。

いくら筋肉をほぐしても、
血流を良くしても、
すり減った軟骨も変形した骨も変化はしません。

器質的な問題が解決しないのに痛みが変化するのだとしたら、
原因が他にあると考えるのが妥当です。

すり減った軟骨も、
変形した骨も痛くはないのです。

痛みの原因は凝り固まっている筋肉です。

凝り固まって動けなくなっている筋肉が元気に動けるようになると血液の循環も良くなり、
痛みの緩和に繋がります。

痛みから早く抜け出すには、
安静ではなく、
いかに血液の循環を良くするかです。

表面の大きな筋肉だけでなく、
深い所にある細かい筋肉をほぐす事が重要です。

深圧はそんな深い所にある細かい筋肉達へ直接的にアプローチしてほぐして行きます。

人によって変化の出方は様々ですが…

少なからず痛みに変化が出ているのだとしたら、
諦めずにほぐしてみて下さい!

骨は大丈夫です!

『変形』は『修復作業』です。

修復が終われば必ず落ち着きます。

器質的に問題は間接的な原因にはなっても、
痛みの直接的な原因ではありません。

『変形性=手術』ではないのです!

他にも手段はあります!

諦めないで下さい!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手術を選択する前に…

2017-08-17 10:00:00 | 日記
手術を選択する前に出来る事。

当院には手術を回避したくて通院されている方が多いですが、
痛みに耐えきれず手術を選択する方もいらっしゃいます。

当然、手術も一つの選択肢ですから、
私達は患者さんのその決断に対しても最善のサポートをして行きます。

術前・術後にしっかり筋肉をほぐしてあげる事で、
術後の経過も良くなりますし、人工関節も長持ちします。

もちろん、関節包で炎症が起き、
痛みの出ている場合は手術時にその関節包を取り除いてしまうので、
炎症によるその強い痛みは無くなるはずです。

瞬間的な変化を出せる手術はとても画期的だと思います。

しかし、筋肉が原因で痛みの出ている場合は手術後にも痛みが残る場合もあります。

なので、術前・術後に少しでも筋肉をほぐしてあげる事が重要になります。

そして、まずはしっかり筋肉達をほぐしてあげましょう。

『手術をして痛みが無くなった!』
『日常生活が楽になった!』
私達はそんな言葉が聞きたいです。

『手術をしたのに…』
とならないようしっかり準備しましょう。

私達もしっかり寄り添い、サポートして行きます!

人により時期は異なりますが、
変形も炎症も必ず落ち着きます。

あくまでも手術は選択肢の一つです。

手術を選択する前に手術の方法なども必ず確認し、
情報収集も含めてしっかり準備しましょう。

医師は『手術以外に手段は無い』と言いますが…

他にも選択肢はあります。

骨は大丈夫です!

まずは出来ることから始めてみましょう!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加