Koba の庭~春夏秋冬

庭や鉢植えの樹木や草花を中心に、家庭菜園も楽しみ、四季の彩を写真で紹介します。

ヒメリュウキンカの花(1) 白花

2021-04-08 | 山野草・園芸草花

ヒメリュウキンカ」(姫立金花)はキンポウゲ科の多年草で、
ヨーロッパ~シベリアが原産地、湿った草原や湖沼畔に自生して、
草丈5~10cm、葉長2cm位で小型です。
 
基本種は黄色花ですが、この鉢は白花を咲かせます。
 

 
 
地下に根茎を持ち、早春に新葉を展開し、
3月下旬には蕾を着けました。 
 

 
3月末、6輪がほぼ一斉に咲き揃いました。 
 

 
咲き始めは黄色を帯びた花で、 
 

 

 
徐々に白く変わりまます。 
 

 

 
4月初めの花姿、
最初の1輪は散って、遅れて7輪目が開いてきました(左端)。 
 

 
この後、ほぼ一斉に散り落ちました。
地下に塊茎を残して、夏は休眠します。
 


コメント   この記事についてブログを書く
« 雪割草の花 2021(5) 千重... | トップ | エゾムラサキツツジの花 2021 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

山野草・園芸草花」カテゴリの最新記事