Koba の庭~春夏秋冬

庭や鉢植えの樹木や草花を中心に、家庭菜園も楽しみ、四季の彩を写真で紹介します。

家庭菜園 2022(9)「ミニカボチャ」の栽培

2022-10-01 | 家庭菜園

カボチャは、中南米が原産のウリ科の野菜で、
日本へは17世紀にカンボジアから渡来しました。
 

 
 
ミニカボチャ
坊ちゃん」のポット苗を1株、HCで購入し、
5月初め、ウリ科の畝の右端に植えました。 
支柱を立てて吊り栽培します。
 

 
花の寿命が短いので、咲いたら人工授粉をします。 
 

 
下の雄花を摘み取って、上の雌花の雌しべに受粉します。 
 

 
授粉が成功すると、実が成長してきます。 
 

 

 
8月上旬から、径10~12cm程のカボチャが収穫出来ました。 
ヘタがコルク上にひび割れてきたら収穫します。
すぐに食べないで、2週間以上置くと追熟して甘みが増します。
 
 

 

 
9月下旬、古葉は枯れてきますが、新葉も出てきます。 
 

 
昨日5個目の収穫をし、実の無くなったツルを処分しました。 
 

 
残る果実は3個、
この品種は、草勢の衰えが遅く、長期間収穫が出来ます。
今朝の朝陽の中で、西洋朝顔をバックに逆光で1枚撮りました。
 

 
1株から計8個の実成りで、今年は水やりの成果?が出ました。


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 鉢植えの「ハナキリン」 | トップ | 鉢植えの「カライトソウ」 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

家庭菜園」カテゴリの最新記事