KJだより

アロマとコーチングをこよなく愛するナースとして徒然なるままに・・・。

食事会の企画20181113

2018-11-14 06:33:18 | Weblog
今月から新たな業務内容に就いている。

そこで一緒に働くことになった同僚がいる。
彼女とは、3年前に研究支援で長~い時間を共有した仲間でもある。

私が早く仕事を覚えるためには彼女の存在が欠かせない。

ということで、食事会を企画。

お店選びは私。

最近お気に入りの石釜焼きピザのお店。

さっそく、予約の電話をした。

私「○○です。予約をお願いしたいのですが」
店主「こちらのお店をご利用されたことはありますか?」
私「はい。3回ほど」
店主「ありがとうございます」
私「FB見せて頂いてますよ」
店主「ああ!」

私のみよじだけでは、ピンとこなかったみたい。
もう覚えてもらったと思ったのになあ。

(予約して行ったのは1回だけだったからやむを得ないかな)

おいしいお酒と料理で、同僚と作戦会議をしようと思う。
そのためには、まず、社会から自分たちに求められていることは何かを考えることから。

色々なことがひらめいてきた。

働きすぎに気をつけながら仕事を楽しもう。
コメント

出版記念パーティへの参加

2018-11-11 06:51:40 | Weblog
人生初の出版記念パーティへの参加。

着て行く服を揃えるところからのスタート。
靴・アクセサリー・バックも考えて。

おしゃれも楽しいものだなあ、と思った。

パーティの司会は、元アナウンサーさん。
お祝いのあいさつに駆けつけられた方々は、肩書きの立派な方ばかり。
皆さん、主催者との関係をナラティブ。
話、上手だなあ、と思った。

おいしい料理を食べる時間も忘れるほど。

心地よい空間だった。

同行した同僚、そしてセミナーで知り合いになったことのある男性も積極的に名刺交換をしていた。
一方、私は消極的。

それでも、1年前の自分には考えられなかった回復ぶり。

こうやってお出掛け出来る体に戻ったことに感謝しよう。
コメント

マニュアル作り人間

2018-11-10 07:21:08 | Weblog
私、最近、マニュアル人間なのだと気付くようになった。

自分ではそんなつもりはなかったのだが、マニュアル(≒書いたもの)がないと落ち着かないのだ。

心の健康も回復し、新たな分野での仕事が付与されるようになってきた。
そこで私がしたいことは、業務内容をマニュアルで確認することである。

が、そこで問題が発生。

新たな業務にはマニュアルがないのだ。
マニュアル人間の私は、マニュアル作り人間へ。

先輩らが話し合いで産み出した手順を、私がコンサルのように聞きとり、手順書を作成。
それも写真入り。
翌朝に納品。

かなり喜ばれた。

リーダーからもお礼と今後よろしくのあいさつ。

私の不得意分野を他人にゆだね、私の得意分野で力を発揮する。
自分の弱さを認めつつ強みで勝負。
それぞれが目指す目標は一致している。

正確さを大事にしつつ、迅速さを大切にして仕事を進めよう。

コメント

研修講師業ほめ方講座20181109

2018-11-09 07:00:04 | Weblog
昨日は研修講師をした。

今年で3期。
1コース4コマのうち、3コマを担当。

看護補助者対象の研修。
内容は教育技法がメイン。

コーチングとティーチングの使い分けとか、承認の仕方とかをレクチャー。

私がこれまでに多額自己投資?をしてきたコミュニケーションスキルに関する内容を組み合わせたもの。
90分間のうち、60分間くらいはワークにあてている。

思いがけず、受講者それぞれのジブンガタリの時間が多い。

楽しんでもらえた感じ。

昨日の最終のワークは、ほめシャワー。
一人に対し、順番に他の4人が褒め言葉をシャワーのように発していく。

皆、普段から、その人のいいところを良く見ているんだな、と思う。

こういう研修は講師の気持ちも洗われる。

そして、昨日はよかったことがもう一つ。
解説で進めようと思っていたらところを、ひょんなところからYouTubeの動画を閲覧したこと。
教材活用についてもっと普段から考えよう~、と思った。

地元の自動車学校の存在に感謝である。

私、身近な存在をほめることができているだろうか。
他人にばかり言ってなくて、自分のことを振り返ってみよう。
コメント

忘年会の段取り20181108

2018-11-08 06:51:52 | Weblog
忘年会の段取りの季節がやってきた。

A先輩「○○さん、私たち委員会活動で頑張ってきたから忘年会をしませんか?」
私「いいですね」

ということで、もう一人の先輩師長と3人での忘年会企画。

私「それでは、お店選びは私がします」

幹事やらせてもらえる~。
ワクワクするな。

お店はどこにしよう?

先週末の金曜日、二次会のお店で高校の同級生と遭遇。
彼女のお宅は、お父さんが飲食店を経営している。

どんどん干物を出してくれるちょっと変わったお店。

忘年会・新年会の空席情報を聞くと、まだまだ余裕があるとのことだった。

そこで、決定!

3年くらい前に祖母をつれて出掛けた思い出のお店でもある。

昨日は、この委員会活動の中間報告を会議の場で行った。
議題に載せてもらうための交渉はAさん。
内容を文面として作成したり、プレゼン準備をするのは私。
細部をチェックする係はBさん。

上手に役割分担ができている。

それにしても私、先輩らに恵まれている。
私の得意なところで仕事をさせてもらい、目に見える形で仕事が進む。
そして、自分に足りないところを、先輩の後ろ姿を見て学べる。

実践共同体として組織に貢献していきたいなあ。

忘年会までの1ケ月間、楽しいことを考えよう。




コメント