おとろ日記

サンデー毎日な日々の生活を綴っています

ささやかに果実が実ってきました!・・・イチジク ブルーベリー 姫リンゴ等 

2018年08月15日 07時11分28秒 | 日記

 我家の庭は花が中心で 果樹は花の邪魔にならない裏庭で ささやかに植わっているだけなのですが・・・
それでも「イチジク」が 今年も実をつけてくれました。

 

 ここ数年は外れなく そこそこの成果なのですが 冬場の思い切った剪定と 結実してからの水遣り(妻の)が効いているのかも?

 

 色付いてきたものを収穫し 初物をいただいてみました。

 

 とろっと甘く 美味しい。  鳥やアリとの戦いにはなりますが 順次熟してくるので楽しみです。

 

 数はさほどないのですが「ブルーベリー」も熟してきました。

 

 

 他には 収穫はまだまだ先になりますが「姫リンゴ」も それなりの実をつけてくれています。

 

 果物ではありませんが 今「茗荷」が最盛期を迎えています。

 

 「ミニトマト」は そろそろ終わりのようです。

 

 やはり果実は 楽しみが大きいですね。

 見た目はさほど立派でなくとも 取り立てを食べると感慨もひとしおです。

コメント

我家の庭に咲く 夏の白い花!・・・カノコユリ ノリウツギ

2018年08月13日 08時00分00秒 | 

 庭の片隅に 夏の花である「カノコユリ」が咲き揃ってきました。
鹿の子模様のない 白い花ですが それなりの花数です。

 

 

 虹でも出ないかと 背後にシャワー水を撒いてみましたが そう上手くは行きませんね。

 

 もう一つの白い花は「ノリウツギ」で 咲きだしてからかなり経ちますが 長期間花持ちするようです。(9月まではOK)
アジサイの仲間のようですが こちらは梅雨時ではなく 夏の暑い時期に花を咲かせます。

 

 

 花色が白から→ピンク→ワインレッドと変化する品種もあるようですが 我家ではあまり変わらないようです。

 

 いずれも 夏の花が少ない時期に咲いてくれるので 重宝しています。

 また白い花は 涼しげで良いですね。

コメント

男の料理教室「防災食」!・・・鯖缶カレー ヒジキ 切り干し大根等

2018年08月11日 07時43分58秒 | クッキング

 今月の料理教室 テーマは「防災食」!
台風シーズンを迎え 非常食として 缶詰や簡易干し野菜を利用し 火や水の使用を最小限に抑えるレシピでした。

 まずは「ご飯」ですが ポリ袋にお茶椀1杯分の米とペットボトルのほうじ茶を入れ 袋の上部を結び 沸かした湯の中で
20分茹でてから 火を止め15分蒸らすと 一人分の茶飯が出来上がります。

 

 続いて ご飯に合わせる「鯖缶カレー」を作りましたが 鯖の水煮缶と粗くきざんだカレールー トマトジュース 水をポリ袋に入れ
上記と同じく湯の中で20分茹でたものを ご飯にかけると出来上がりです。
 トマトジュースが程よいコクを出してくれます。

 

 次は「ひじきの和え物」ですが 缶詰のみで出来上がり ひじき水煮缶 大豆水煮缶 ツナ缶 をボウルに入れて和えるだけです。

 

 こちらも簡単「切り干し大根の酢の物」で 切り干し大根 カットワカメ 先程使用した鯖の水煮缶の残り汁をポリ袋に入れ
酢と 少量の砂糖・水で味を調え 軽く揉み味をなじませるだけです。

 

 スープは「ミネストローネ」で 焼きとり缶 冷蔵庫の残り野菜 乾燥マカロニを 無塩トマトジュース・水で煮るだけです。

 

 デザートは「レアチーズケーキ」で お菓子のオレオクッキーを砕いて 溶かしバターを足したものをケーキ型の底に敷きつめ
その上に クリームチーズ ヨーグルト 生クリームが主となるケーキ生地を流し込み 冷蔵庫で冷やし固めます。

 

 カットして器に盛れば 立派なデザートが出来上がりました。

 

 本日の防災食は 缶詰とポリ袋を多用したレシピで 洗い物も少なく出来上がり 環境に優しい楽ちん調理!

 トータルカロリーは デザート込みで1,063kcalとやや高めになりましたが 美味しく頂きました。

コメント

今年も行ってきました「びわ湖大花火」!・・・虹色の旅へ 滋賀・びわ湖

2018年08月09日 07時11分55秒 | お出かけ

 昨年参加して 非常に良かった「びわ湖大花火」のバスツアーに今年も参加しました。

 近鉄高の原駅を15:30に出発し 途中 京都南の桂川インターでトイレ休憩をとり 花火会場である大津に向かったのですが・・・

 

 京都府と滋賀県との県境あたりで大渋滞!  バスが全く進まなくなってしまいました。

 

 それでも 何とか花火が始まる直前に会場である琵琶湖競艇場に到着!  19:30打ち上げ開始ですが周りは真っ暗。
眼前には水面が広がり ライトアップされた噴水や 琵琶湖遊覧の目玉である外輪船のミシガン?も・・・

 

 程なく花火が始まりました。 ここの花火は連射が多く中々の迫力です。
滋賀県では観光キャンペーンとして「虹色の旅へ 滋賀・びわ湖」が展開中で 花火も虹色に合わせた7つのテーマで企画されていました。

 

 

 

 しかしながら 花火写真は難しく 美しさが十分に伝えられないのが残念!

 

 

 

 ほぼ1時間で 約1万発の打ち上げが終了しましたが ここの花火は涼しく 虫も来ないので快適です。

 もう少し早い時間に到着して 明るいうちに周りの景色が見られるとより良かったのですが まずまず満足!

 帰路もスタート直後に若干の渋滞はありましたが 高速に乗るとスイスイで 2時間弱で高の原駅に戻ってきました。
 

コメント

季節外れの返り咲き!・・・藤の花 モミジアオイ フヨウ

2018年08月07日 08時12分19秒 | 

 早朝散歩で いつもの美術館の前を通りかかると この暑さの中で何と「藤の花」が返り咲き!
通常は実を付ける時期なのですが 棚一面に結構の花を咲かせていました。  何か得したような気分!

 

 

 公園では 人目を惹く真っ赤な「モミジアオイ」が今年も大きな花を・・・

 

 

 上記花の仲間である「フヨウ」も 散歩道で良く見かけます。

 

 

 夏場は ヒマワリのような 原色系で 大きくて目立つ色の花が似合います。

 早朝歩きでも汗ばむこの時期 花を見かけると ホットしますね。

コメント

今日のワンコ 初体験にビビリまくり!・・・小春初散歩

2018年08月05日 07時37分06秒 | 日記

 柴犬小春も生後100日を過ぎ 混合ワクチン 狂犬病等の予防注射が全て終わりました。
そこで いよいよ散歩OKとなり 近くの公園で慣らしておこうと考えたのですが・・・

 まず 玄関の階段が降りられず リードで引っぱるも一歩も動きません。

 

 

 抱きかかえて 何とか家の外に出ましたが・・・

 

 次は 道路を走る車等が怖くて歩けず こうなりました。

 

 で 何とか近くの公園の駐車場まで到着!

 

 しばらく 歩かせていると 別の犬が登場し これにも参った!
早くお家に帰りたいと 全力で引っぱります。

 

 

 やっと出られて ヤレヤレ!

 

 家の敷地内では やりたい放題で手に負えないのですが・・・

 初めての外出とは言え 意外と内弁慶で臆病なのかも?

 徐々に慣れてくるとは思いますが ビビリまくりの初散歩でした。

コメント

京都伏見桃山を歩く!・・・伏見桃山城 明治天皇御陵

2018年08月03日 07時18分28秒 | ハイキング

 ハイキング仲間との月例会で 伏見桃山周辺を歩きました。
桃山御陵前駅を起点に 周辺の神社 お寺 天皇御陵 お城等を巡るコースで 住宅地の中を歩き出しました。

 

 最初に乃木将軍を祀る「乃木神社」にお参りしました。
将軍は日露戦争での武勲が知られていますが 学問を通して人道の奥義 真髄を極めた生き方が たぐい稀な人だったようです。

 

 境内には 国家に詠まれている この石も・・・

 

 この地域には天皇陵が点在し 崇高 光明 桓武天皇陵等も寄りましたが 何といっても「明治天皇御陵」の規模が凄い。
参道だけでも1km以上はありそうです。

 

 

 これまで見た天皇陵の中でも 最大であり 約250段の石段を登った高台にあり 伏見市内が一望できます。

 

 次の寄り道は「伏見桃山城」で  正門 お城共にカッコイイ建造物ではありますが・・・
実は 今は閉園してしまった元遊園地の目玉施設として 昭和39年に建築された模擬天守閣なのです。 
それでも 伏見のシンボルとして 引き継がれています。 残念ながら 耐震基準より天守閣へは登れません。

 

 

 次に訪れた「海宝寺」は 黄檗宗の寺院で 伊達政宗邸の跡と言われています。

 

 庭に残る 政宗公のお手植えと言い伝えられる古木が 中々の風格です。

 

 最後は「藤森神社」で ここは勝運の神様で 5月には馬の曲乗り神事が行われているそうです。

 

 その後 京阪墨染駅まで歩き 電車で2駅のスタート地点まで戻り 商店街の居酒屋で反省会。 そのあとカラオケを少し・・・

 

 当日は 暑い中 そこそこ歩きましたが その分ビールが格別でした。

 トータル歩数は 約20,000歩でした。

 

 

 

 

コメント

アルプス 花と絶景旅(その4)!・・・千畳敷カール 木曽駒ヶ岳登山

2018年08月01日 07時37分26秒 | 山歩き

 アルプス旅最終日の4日目は 中央アルプスの「千畳敷カール」周辺を散策!
昨年はこの地区をパスしたので2年振りの訪問です。 雨の気配はなく 周辺の山を少し歩くのも良さそう。

 宿泊した駒ヶ根駅前から バスで40分強山道を走り ロープウェイ乗場である しらび平駅まで行きます。
そこから高低差約1,000mを一気に登ると 日本最高所駅である千畳敷駅(標高2,612m)に到着!

 駅のすぐ前に すり鉢状の広大なカールと後方の山並みが広がっています。

 

 まずは カール内の遊歩道を花を観察しながら進み 木曽駒方面への登山口に向かいました。
ここから登っていきます。

 

 途中 小学生らしい集団が お花畑の中を降りてきました。 花は「ハクサンイチゲ」と「シナノキンバイ」かな?
この地域では 夏休み中の木曽駒ケ岳登山が 教育実習に組み込まれているようです。

 

 急坂の八丁坂から ロープウェイの駅を振り返ると こんな感じ!

 

 登り始めてから 1時間弱で分岐点の乗越浄土に到着!
そこから 中岳 駒ヶ岳方面に向かいました。

 

 宝剣岳方面との分岐点近くで 「イワヒバリ」が顔を出してくれました。

 

 中岳へ向かう 途中の景色です。 写真のてっぺんまで登ります。

 

 「中岳」 山頂に到着!  2,900mを超えました。

 

 周辺には 面白い形をした岩が突き出し・・・

 

 ここから 少し下ってから登り 写真のてっぺんの木曽駒ヶ岳を目指します。

 

 登山道の側で高山植物の女王と言われるあの花 「コマクサ」に出会いました。
植物園以外では初めての遭遇でしたが 見やすい所に点在しており どうやら植え付けられているようです。

 

 

 最後の急こう配を登り 「木曽駒ケ岳頂上(標高2,956m)」に到着しました。 程よい風もあり快適!

 

 昼食休憩を取りながら しばらく中央アルプスの景観を楽しんでから 別コースより下山開始!
こんな岩の間も通り・・・

 

 千畳敷カールまで戻ってきました。

 

 朝の内は晴れていましたが 午後になるとモヤが出てきて こんな感じ。

 

 

 こちらで見られた花の一部を紹介しておきます。
まずは 終わりかけでしたが なんとか見つけた「ミヤマクロユリ」!

 

 花弁がまだ残っている「チングルマの穂」と「ヨツバシオガマ」!

 

 岩の間に咲いていた「イワツメグサ」!

 

 カール内の代表的な夏花である「コバイケイソウ」の群生も見られました。

 

 散策を終え ロープウェイで13:30分頃 しらび平駅まで降りてきました。

 

 その後 バスで駒ヶ根駅まで戻り 車で高速道路を走り帰路に着きました。

 今回の旅は4日間全て好天に恵まれ 北アルプス・中央アルプスの「花と絶景」を存分に楽しむことが出来ました。

 最終日には 日本百名山に数えられる 木曽駒ケ岳にも登頂し 大満足!!!

 体力維持に努め 来年もまた来てみたいと思います。

 Oさん Tさん お世話になりました。 

 

コメント (2)

アルプス 花と絶景旅(その3)!・・・八方尾根 池に映る白馬

2018年07月30日 07時05分43秒 | 山歩き

 3日目は ここ数年 雨やモヤに祟られた八方尾根へ!
今年は下界は晴天で 期待に胸膨らませながらリフトを乗り継ぎ 約20分の空中散歩で八方池山荘まで登りました。

 

 リフトの足元には お花畑が広がり・・・

 

 横を見ると 白馬三山(左から 白馬鑓ヶ岳 杓子岳 白馬岳)がクッキリと・・・

 

 ここからは 登山道コースで神秘の池である八方池を目指しました。 岩が結構ゴロゴロと・・・

 

 途中からは 木道に変わり 雪渓を横に見ながら進みます。

 

 もう一息で池というところで 若干モヤが出てきて心配しましたが・・・

 

 八方池(標高2,060m)に到着すると 何とかモヤも消えてきました。

 

 で ポスターでのみ見ていた 憧れの絶景(水面に映り込む白馬三山)を目にすることが出来ました。 超ラッキー!!!

 

 池の畔に腰かけ 小一時間見惚れていると 団体さんが通りかかり こんな写真も・・・

 

 貴重な風景を満喫してから 下山を開始しましたが 池の周りには色々な山野草が咲いていました。

 

 

 八方尾根で見られた 花の一部を紹介します。  今年は花数も結構多かったのではないでしょうか。

(オオバギボシ)

 

(ヤマホタルブクロ)

 

(マツムシソウ)

 

(ハッポウウスユキソウ)

 

(ワレモコウ)

 

(オオバセンキュウ)

 

 13時頃に下界に降りてから 次の目的地である中央アルプス(駒ヶ根のホテル)に移動しましたが・・・

 今回の八方尾根では 一度も雨に降られず 初めての景色が見られ大満足でした。

 翌日は 「千畳敷カール」周辺を散策します。

 

コメント (2)

アルプス 花と絶景旅(その2)!・・・栂池高原

2018年07月28日 07時24分22秒 | 山歩き

 アルプス旅2日目は 小谷村(おたりむら)の「栂池高原」を訪れました。
ここには日本有数の高層湿原である栂池自然園があり ゴンドラとロープウェイを乗り継ぎ約40分で到着です。

 

 

 整備された木道を歩きながら色々な高山植物が観察でき 今年は「ニッコウキスゲ」が見頃で あちこちに群生していました。

 

 

 私の好きな「ワタスゲ」も やはり湿原に似合いますね。

 

 

 展望湿原(標高2,010m)からは 白馬山系を間近に望め 雄大な大雪渓を見ることができます。
雪渓を登っている人も数名確認できました。

 

 

 好天で池に映る木々や青空も良い感じ!

 

 その他の花も紹介しますと・・・
「クルマユリ」も見頃で 小ぶりの花をいたるところで見かけました。

 

 「キヌガサソウ」は終わりかけのようでした。

 

 「アカモノ」も可愛い!

 

 雪解け水の側には「ハクサンコザクラ」も・・・

 

 「チングルマ」の花後の姿も面白いですね。

 

 また花ではありませんが 松ぼっくりに似た「オオシラビソ」の紫の実も 今年は沢山みられました。

 

 今回の湿原散策では 何か所かで北アルプスの山並みが顔を出し 大満足!

 最後に 栂池名物「サルナシ」のソフトクリームを味わい 下山しました。  翌日は八方尾根です。

 

 

 

 

 

コメント