こあらいガーデン

小川に続く道

階段

2022-07-13 09:32:03 | ガーデニング

大雪で壊れてしまったベランダの手すりと階段が出来上がりました。

あまりにもキレイな板で建物がくすんで見えて、嬉しいやら、悲しいやら・・・

 

 

以前は山ぶどうのツルが地面から上まで延びていたのですが、すっかり無くなり

ちょっと寂しいので何か這わそうか色々考え中です。

 

ガーデンの夏の花も咲き出しました。

爽やかな夏の高原へお出かけください。

 

バラとシマススキ

 

 

カシワバアジサイ

 

カンパニラ

 

キョウカノコ

 

ヤマアジサイ

 

モナルダ

 

オカトラノオ

 

アストランテイア

 

庭の写真を撮っていると

今は亡き最高のスーパーモデルがいない事に

あらためて涙する。

陽気で、楽天的で、けなげな態度で安らぎを与えてくれた

愛犬小夏 13年間 ありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

梅雨寒

2022-06-08 13:34:42 | ガーデニング

 

夏を感じる日もあれば、梅雨という言葉を聞いたとたんに肌寒い日があったりで

この気候の変化は畑の作物にも影響しているようです。

 

信濃町も田植えが終わり、山の雪もほとんど消えてきました。

ガーデンの花や葉が雨にぬれて、一層色濃くなり元気づけてくれてるようです。

 

ヤマブキ

 

ハナケマンソウ

 

ミヤコワスレ

 

ゲラニュウム

 

チョウジソウ

 

アヤメ

 

黒姫山

 

ジメジメした梅雨の季節、どうかお体に気をつけてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

待ちわびた

2022-05-08 12:33:31 | ガーデニング

待ちくたびれた春の山は

山笑うように明るくなってきました。

ガーデンの桜の花もすっかり散り、若草色の葉になり緑の競演の始まりです。

 

 

今頃?って思われるでしょうが、今頃なんです。

水仙や二輪草がやっと咲きだして今から活動が始まります。

 

ジューンベリー

 

プリムラ

 

ショウジョウバカマ

 

水仙

 

タンチョウソウ

 

イカリソウ

 

エンレイソウ

 

二輪草

 

自然との出会い、人との出会い

緑と遊ぶことの幸福感をあじわいに、ぼちぼち出かけてみませんか?

対策をとって!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

遅春

2022-03-28 16:42:24 | 黒姫

3月27日(日)で黒姫スキー場の冬期営業も終了となりました。

シーズン中こあらいをご利用いただきまして誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ようやく春めいてきた黒姫ですが、吹く風はまだまだ冷たく残雪は1メートル以上もあります。

日一日と日が長くなり、太陽の輝きも少し強くなってきました。

鳥の声や姿を目にするのが嬉しく体も軽くなっていく気がします。

 

草や木の生意が動くころの芽の姿をみて、生命の勢いを感じ取るのも楽しみのひとつです。

 

 

雪が解けると家のあちらこちらが傷んで、こあらいのベランダが大雪で潰されてしまいました。

階段のテスリに20年程かけて這わした山ぶどうのツルも全部折れてしまってます。

暖かくなると、このベランダに出て沢山の人々が、朝食や夕方の黒姫山や妙高山を眺めながら

の一杯、夜の星空を観測するなど、大切な場所だけに残念でなりません。

なんとか早急に改修工事をと考えております。

 

この雪が全部解けるのはもう少し先だと思いますが

早く庭の桜が咲いてくれる日を待ち望んでおります。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

豪雪

2022-02-06 12:51:34 | 黒姫

 

7年前(2015年)の大雪より多い雪の量です。

毎日毎日ともかく降り続けて、こあらいの建物も埋もれています。

寒波には、クリスマス寒波や立春(節分)寒波とかがありますが

この寒波で終わりにしてもらいたいです。

 

 

 

庭の桜の木、枝のところまで雪が積り

雪に引っ張られて折れるのではないかと気をもんでいます。

 

 

なぜ、こんな寒さと大雪に耐えながらここで暮らしていくのか・・・

 

春になれば山々の木が芽吹き人々の力になり

一斉に咲く花が喜びを与えてくれる。

自然がもたらしてくれる大きな何かを

雪国の人々はよく感じ取っているのではとおもいます。

この土地で暮らすことで初めてふれあえるものがたくさんあります。

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする