セイヨウニンジンボク

2013年05月29日 | 日記
今日は 梅雨を思わせるような 曇り空 あるいはその空から 時々落ちてくる雨・・

静かで 落ち着いたしっとりとした時間が流れています。

植物たちも 心なしか ホット 一息ついている感じです。ゆったりしたエナジー

が流れてきます。

雨の季節になると 福田平八郎の絵を 思い出します。

もう 何十年も前 若い頃に 初めて見た時は 衝撃を受けました。

「雨」 という作品なんですが 切り取られたような 屋根瓦 の絵です。

屋根瓦の質感がとてもよく出ていて・・ しかし よく見るとポツポツと降り始めた

雨の跡が描かれているんです。 瓦を濡らした雨粒の跡を巧みに 描くことで

 「雨」 を表現した着想が 凄い!  他に 「漣」 という作品もありますが

これも素晴らしいです。 本当に大胆な日本画です。もう随分前に亡くなって

いますが 今見ても 古さなど微塵もありません! 若い頃とは また 違った

目で見れるので いい絵画や本 音楽は生涯の師であり友ですね。

興味のある方は 是非 「福田平八郎の世界」に入ってみて下さい。



さて 今日は セイヨウニンジンボク です。

真夏に薄紫色の花を 枝先にたくさんつけて 全株に香気があって

花期も長く 土質もあまり選ばない 寒さに強い! スパイスとしても使える

ということなので 育ててみたい!  と思って何年も前に植えて枯らしたことが

あったんです(・・;)  しかし諦めきれず 再度挑戦で昨年又植えてみました。

春になり 経過観察・・・ウーン(´Д⊂ いっこうに芽吹く気配がない!

・・ と諦めかけた つい先日 下の方から芽が出ているではありませんか!

\(^o^)/   セイヨウニンジンボクって メチャメチャ芽吹きが遅いんですね。

下の葉は 草だと思っていました。

時には 揺すってみたり 木の枝を持って 生きているのか エネルギーを感じて

みたりしましたけど・・・「何 やってるの!? ちゃんと生きているのに ・・」

って感じだったでしょうね (笑)

気づいてから ここまでが早かったです。芽吹けば早いんですね\(◎o◎)/! 









ねむの木 も芽吹きが遅いですよね でも ねむの木は いかにも 眠っている時間が

長そうで納得ですけど セイヨウニンジンボクはねぇ・・・でした。(’-’*)

しかし 芽が出たからといって花を咲かせるとは限りませんしね。思いどうりには

いかないものです。(T_T)

このように いつ 咲いてくれるんでしょう!? か。



素敵な花ですよね (*^ω^*)



今日も お寄りくださりありがとうございます (*´∀`*)

  

  




コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 時間の不思議 | トップ | 絵とお花カフェ  »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「雨」 (喜劇駅前食堂)
2013-06-10 08:25:25
メアリーさんに教えられて、福田平八郎の「雨」知りました。一目見て、スゴイと唸りました。屋根瓦、そしてそこに降り出した雨の跡がポツポツポツ……。
こんなモチーフ、構図で描かれた絵は世界でも例を見ないでしょうね。まず面白い! と思いました。そして、新しい! と思いました。

「雨」といえば、雨のなかを歩く旅人たちの姿を描いた広重の浮世絵を思い浮かべますが、福田平八郎の頭にも当然この絵はあったでしょうね。「じゃあ、あの広重の雨の風景にズームインしたら?」…というのが私の勝手な推測です。福田平八郎の「雨」と広重の「雨」をつなげたら、つまり瓦に降り出した雨にズームインして、次に広重の雨の風景に移ったら、リッパな映画のワンシーン(2シーン?)になりませんか? いずれにしろ、これが60年前に描かれたとは衝撃的です。

スゴイ、と唸った理由がもう一つ。実は、店の2階ギャラリーで、そんな展示ができないかなと、夢想していたからです。
つまり、いままで描かれたことのないモチーフ、構図などで描いた絵を子供や大人から大募集して、それをズラーッと壁いっぱいに展示したら面白いのでは、と考えていたのです。
タイトルはそのものズバリ、「いままでになかった着想、構図で絵を描こう。イイ大人イイ子ども絵画大展覧会」(仮題)。
考えていたことを、いきなり目の前にドーンと差し出されて、驚いたというわけです。

メアリーさん、福田平八郎を教えてくれてありがとう。
「雨」はこれから何度も見返すことになると思います。
しかし、今ごろになって福田平八郎を知るなんて無知もいいところですね。
喜劇駅前食堂さんへ (管理人)
2013-06-10 12:11:04
いやいや 無知ということはないと思いますよ。あらゆることの出会いは その人にとり 最高のタイミングで出会うようになっているのですから・・。あるいはその人に準備が出来た時に・・。2階のギャラリーの構想が 福田平八郎 を引き寄せたんだと思います。思いはエネルギーですから・・共振してシンクロが起こったんですよ(’-’*)
広重の 「雨」 の感性も凄いですね\(◎o◎)/!
雨の匂いまで伝わってきそうな・・。
日本人の雨だけではなくて 雪 月 花 など 自然に対する感性・・素晴らしい!!
今は 強く願えば 実現しますよ。夢想!?した段階でもう「思い」という矢は放たれた訳ですから もうそれに向かって始まっていますよ。 そんな超面白そうな企画実現させなきゃ・・。
「思ったまま 大展覧会」とか 絵画だけでなくてもいいですよね。 子供の泥まんじゅう的な オブジェ(笑)でも・・。
こうした楽しくワクワクしたことを考えていると いつまでも瑞々しく 生きられるんじゃないかしら・・・。 

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事