名古屋・名駅街暮らし

足の向くまま気の向くままに、季節の移ろいや暮らしのあれこれを綴ります。

飛騨の春祭り事情

2011年03月23日 | セカンドルーム

 

今朝は、昨日に比べると北の風が強くて凍えるような寒さだった。


雪解けの進んだ田んぼは、再び氷が張り、土手には霜柱が立っていた。
こんな日は、寒くて不自由な避難所の方々のことが頭をよぎる。

話はがらっと変わるが、飛騨地方では雪解けを待って、各地の氏神様で春祭りが執り行われる。

 去年の春祭り


ここ、岩井神社でも3月27日に春の例祭が行われる。
秋の本祭りと違って祭り行列や獅子舞などは無く、氏子たちが本殿に集まり、五穀豊穣や家内安全を祈願する神事だけがひっそりと行われる。
あちこちの鎮守の森のから祭囃子が聞こえてくると、長い冬が明けて野良仕事が本格的に始まる。
飛騨の三大春祭りといわれる、高山祭(4月14.15日)、古川祭(4月19.20日)、神岡祭(4月23日)も、東日本大震災の影響で対応が分かれている。

 起し太鼓

古川祭と神岡祭は、神社での神事を除く全ての行事が中止になり、神輿行列、屋台曳行、起し太鼓などは行われなくなった。
高山祭は、市観光課によると例年通りに行われるとのことだ。


特に今年は、秋の高山祭で有名な桜山八幡宮で、5月3日~5日まで、30年ぶりに式年大祭が行われる。
この祭の起源は古く、神社が修理造営された時や、天災や世情不安の時などに行われ、「世直しの大祭」とも呼ばれていたという。
桜山八幡宮が、飛騨中の神社を招いて、それぞれが祭行列を仕立てて桜山八幡宮に向かい、闘鶏楽や獅子舞などを奏上する。
わが集落の氏神様も参加する予定で、私も祭行列の一員に加わることになっている。

規模縮小の議論や、中止になった祭行事の復活嘆願が出るなど、飛騨地方は観光と神事の狭間で揺れ動いている。
150以上の神々が集まる大祭で、天変地異を鎮め、人々の安全や安寧を祈願する神事は、粛々と執り行うべきで、被災地の復興を祈願し、犠牲者の冥福を祈ることは時宜にも適うと思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 山里の雪解け風景 | トップ | 霜と霜柱は春の兆し? »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (志帆)
2011-03-23 21:49:10
今年は何時までも寒さが続きますね。
わたし、お祭り大好きなのです。
岩井神社の写真はほのぼのこころ暖かくなりますし、起し太鼓の写真にワクワクします。
太鼓の音が聞こえるような懐かしさを覚えます。
でも、今年は事情が違うのですね。
春の例祭の記事を楽しみにしています。
お彼岸とも思えない寒さですね (Rei)
2011-03-23 22:10:25
お祭りの対応も様々の由、災害支援、復興祈願など銘打って開かれるところが多いようですね。
名古屋から近いのに高山祭りはテレビでしか知りません。

私も4月中旬の旅行キャンセルしました。
JR新幹線も落ち込み、観光地もひっそりと聞きますと行ったほうがよかったかしら?などと思いました。
京都のブログ友は外国人観光客のキャンセルが多くてひっそりと書いていました。
自粛ムード (山里の住人)
2011-03-23 22:44:20
志帆さん
来たかと思ったが、また冬に逆戻りでした。

春を迎える喜びで弾ける祭りも、今年は祭りの気持ちになれないと、自粛ムードが漂ってます。
止むを得ない対応ですね。
冬に逆戻り (山里の住人)
2011-03-23 22:56:39
Reiさん
山国の春を告げる高山祭りも、今年は少し盛り上がりに欠けるかもしれませんね。

自粛ムードが広がるのも心配ですが、ここ暫くはしょうがないと思います。
当分は被災者の救援と復旧が最優先ですね。
 (Hisa -飛騨里山サイクリング)
2011-03-24 10:05:06
おはようございます。

ご存知の通り、古川祭が中止になりました。こちらに去年の5月に移ってきて、まだ見ていないこの祭りを楽しみにしていたのに残念でなりません。しかし、これは個人的なこと。もっと大きく見ると、もっと残念ことだと思っています。

こんな時だからこそ、神事として行い、国を元気づけてほしかったし、地域を元気づけてほしかった。自粛することが何も生むことはないけれど、行うことで寄付金を集めたり、地域の活性化したりできたはずなのに。私には、祭を行う者が保身に走ったようにしか見えません。ただ残念です。

高山祭がいつもと変わらずに行われ、国と地域を盛り上げてほしいと心から願います。
Unknown (こつこつ)
2011-03-24 10:31:48
こんにちは
祭は、意見がいろいろで考えさせられますね…
観光業で潤っている町は、中止となれば活気も落ち込みそうです。しばらくはガマンですね。
飛騨の春は夜に、練習の獅子舞やカンカコカンの音が神社や公民館から聞こえ始めて、あ~春なのかなって気付き始めて祭の日には、寒い冬を耐えたんだなって思いです
また一年を迎えられたり、一日一日過ごせれたのは本当に何事にも感謝しなければいけませんね
飛騨にスポットライトを (山里の住人)
2011-03-24 11:27:46
Hisaさん
高山市と飛騨市は対照的ですね。
祭り行事で被災地を励ます方法もあるし、地域の活性にもつながるので、ちょっと残念です。

環境大臣賞は、飛騨では少ない明るいニュースだったし、里山サイクリングや山之村、古民家再生など、グローバルな視点で飛騨を見る人が居るのは、とても心強く思います。 
これからも飛騨にスポットライトを当ててください。
春の足音 (山里の住人)
2011-03-24 11:55:46
こつこつさん
冬が厳しいほど春を迎える喜こびも大きいですね。
カンカコカンは、気持ちも昂ぶるし、春の足音そのものです。
無事に過ごせたことと、被災地の復興を春祭りで祈ってきます。

動物たちも、スプーンやフォークも、とてもかわいらしいです。

コメントを投稿

セカンドルーム」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事