香武堂覚書

福岡県福岡市東区で頑張る武道具店舗のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最近の総紺鹿小手

2014年12月09日 | 日記

最近のはホントに安くなりましたね
でも何で安くなったかっていうと

・材料を安上がりにしてる
・作業の簡略化、ブラックな海外効率作業化

あと、仁義無い安売り合戦でしょかね


とりあえず、安いのは理由があるです。



海外産にあるある話の折り返し無し綴じ。
布地をただ縫い付けてあるだけだから、そりゃほつれて破れていくよね?って話。
国内で仕立ててるものなら端の処理は畳んで縫い付けるんだけどなぁ
より丈夫にしてるとこなら追加の裏地がついてきてたり。


表の破れ処理。
ここも早く修理しとかないと全部剥がれだすから要注意


内側も補強して、綴じなおして終了


あと少し、ホントに一手間抜かないだけでいい防具になるのに残念。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

藍染め預かり

2014年12月07日 | 日記
若水館の先生の剣依と袴の藍染直しを預かりました。
自宅の方で発酵させた藍を使うので、専門店のようには染まらないんですけども。
(´・ω・`)

おっきい甕、それこそ風呂桶の数倍の量を建てれれば藍の菌も活性化するんだろうなぁ
2.5kgの藍玉から木の灰汁で仕込んだものなのでせいぜい30リットルくらいですねー







預かり時の写真をこちらに。
20日に渡せるよう、干して漬けての繰り返し作業中です。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3mm銃剣道防具納品

2014年12月05日 | 日記
福島県の自衛隊さんから3mmの銃剣道防具一式のオーダー入りー

胴のほう、色々あるうちから選べるんですがサイトのほうが画面が小さいのでちょっと補足です。

胴台はこちら。


胸はこちら。


胸の飾りはこちら。


紐も変えれますのでこちらからお選びください。



今回は曉雲塗りの三階松五番刺(エンジ)を選択いただきました。



納期は1週間(胴組にちょっと時間かかりました)でした。
アフターサービスもしっかりしてますので、これからもよろしくお願いいたします。
m(_ _)m

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自衛隊さんから修理品が届きました

2014年12月01日 | 日記
12月1日~12月2日にまたぐ修理作業になりましたわ

まずは胴布団
BEFORE

AFTER

乳革と真ん中のほうの縁?の破け処理。
ジャブですね、ジャブ

次、肩の首のとこ

ここね、黒い甲羅的な革を一度剥がさなきゃ無理なんです(´・ω・`)

剥がしてみると、

こんな感じ。
ちなみにこの肩、黒革の下はこんな感じでした。

えぇぇ。。。フェルトむき出し。。。

で、作業に戻って首の部分を作って、

取り付け。綴じなおし。



続いて肩2号さん

『はりかえ』
わーぉ、書くと4文字で実にアッサリ感でますよね?
裏面も見てみます。

破けてますねー

とりあえず剥がさないと何もできないので本体から剥がします。

ついでに革が白くなってるのも確認。

これは革染で対応しましょかね

で。
表処理して

裏処理して


組みなおし


プラス染め

全然アッサリじゃないわドッペりやわー


最後、面

用心垂と顎をつける場所の伏せですねー


ついでで、染め。
BEFORE

AFTER


お勤め、ご苦労様です(`・ω・´)ゞ

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする