香武堂覚書

福岡県福岡市東区で頑張る武道具店舗のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

垂紐の飾紐修理の話

2017年01月18日 | 日記

春日市の道場、若水館の先生の。

結び方さえ解れば誰でも大丈夫、胴の乳革交換より楽ちんです。



こんな感じでほつれてたりして、ちぎれたり無くなってたりすることが結構あると思います。
個々の部分、1本の紐で全部仕上がってますので、修理するときは全部外します。

垂の一番端の部分は6か所、垂の真ん中の4つの飾りは8か所穴があいてます。
今回のは端の6か所に紐を通していくんで、



細い千枚通しみたいなのがあれば楽にできます。
1つの穴に2回通す感じで、

A B


C D

こんな穴の配置としたら、
C→A→(裏を通って)→B→D→(裏を通って)
→C→A→(裏を通って)→B→D→(裏を通って)→C

これで表に2本で1つの線が2ラインできてます。

あとは、8の字を描くように、
BDの下をくぐらせ折り返してCAの下をくぐらせ折り返してBDの下・・・
を適度に締め上げながら続けていくだけです。



昔の人は良く考えますねぇ
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 小手の指先が大破してた件 | トップ |   
最新の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事