森にすむ熊小郎と妖精たち

多種多頭で動物三昧の悲喜交々を綴ります

春めいて 2018

2018-03-23 16:41:05 | 
ようやく北の大地に春の訪れを迎えています
でもまだ雪は残っていますが、大地の芽吹きが見られています


春一番に咲き始めるのが福寿草です
福寿草の名前が良いですね
道路脇で見られますが、その道路が凄い事になっています


今年は雪が多かったせいでしょうか、泥濘みが出来ています


なので、タイヤもこんな状態です
都会ではほぼ見る事がないでしょうね(田舎だってないかも)


アックは外の鳥たちを見るのが好きですね


庭にはまだ花がないので、派手なピースでも見て華やいでみました


天井のディスプレイに注目、父のアイデアで百均から集めた飾り物です
ピースに増して色彩豊かで楽しくなりますね

父の事で思い出したのが、遺品整理で写真をどうしようか考えています


父のアルバムには私の知らない写真がたくさんあります
写真を撮ることが好きで、すぐカメラを手にするので母が嫌がっていた時もありました
この写真、なんて可愛いんでしょう
カメラのレンズ越しに見える孫に名前を呼びかけている、その父の声が聞こえてきそうです
でも冬場にブランコ!
このブランコも父が作ったもので、孫を迎える前に雪かきして乗れるように準備していた様子が目に浮かんできます

やっと春ですね〜気分も軽やかに元気で明るく暮らしましょう‥

星になった妖精 ウサギのパル

2018-03-15 16:51:58 | 小動物
3月15日は何の日だったかな〜 と考えたら、ウサギのパルちゃんを迎えた日でした
残念ながら今年に入り、1月8日に亡くなりました
私が迎えてから10年と10ヶ月一緒に過ごしましたので、年齢は11歳を超えていました


写真を振り返って見ていました
この時は昨年の10月27日に家の前で撮った写真です


後ろ右脚を痛めていて歩きづらそうにしていました


昔はウサギのハーネスとリードを着けてうさんぽとやらをしていました


さすがに歩きも遅くジャンプも出来なくなっていました


見た目だけでは老いた感じはしていませんでしたが、10年一緒に過ごしたら先は長くは無いように感じていました


ウサギはとても神経質で、出来れば隠れて居たい生き物です
運動は必要ですが、人と遊びたいなんて気持ちはサラサラありません


パルちゃんのパル「pal」 は友だち仲間と言う意味です 昔のペンパルを思い出して付けました
私にペンパルが居たわけでは無くて、少女フレンドやマーガレットにペンフレンド募集とあり憧れていただけの事でした
ウサギって可愛いですよね
でも、何の動物もそれなりの飼育法があり、ちゃんと分かった上で覚悟して迎えないと結構大変です
何はともあれ、今日は可愛かったパルちゃんを思い出して、自分に掃除ご苦労さんと言いたいですね
パルちゃんありがとう。

春の嵐

2018-03-01 11:14:54 | 日記
天気予報って昔に比べると随分当たりますね、素晴らしい事です
予報どおり朝は雨でしたが、その後雪に変わり今は吹雪となっています


雪が降っていますが写りませんね
春の嵐となる予報なので、昨日のうちに用を済ませて置きました


昨日、家の周りの写真を撮ってみました
まだこんなに雪があり1メートル程の積雪となっています


玄関横は垣根が見えなくなっています


私を見かけるとカー助カー子が現れます
物干し竿の位置で積雪の高さがわかります


ここは裏口で灯油タンクがあり、屋根から雪が落ちて凄い事になっています
窓下のプロパンは埋まっています
オンコの垣根も雪の重さに耐えています


裏庭です、屋根から雪が一気に落ちるのでとにかく凄いです


ここには鳥部屋のストーブの排気口があるので気を付けて除雪しています


この写真は先週金曜日朝起きて窓を開けると、又降ったの〜ってもう雪にはウンザリです


ところが雀たちは待っています
仕方なく朝一番で餌場の雪かきをしました


そうすると一斉に食べ始めます
餌台にいるのはヒヨドリのヒヨちゃんです
野生動物は雪が多いだけで生き延びるのは大変だと思い、冬場だけ餌を置きます
春になれば自然と来なくなります、生き延びる術は本能ですね

このブログを書いている最中も、春の嵐が容赦なく襲ってきています
自然に逆らわず身を安全にして居るのが一番です