40歳までに10秒台

老いを感じ始めたおっさんが、100m10秒台を目指すブログ
10年程度ですが、陸上指導経験と自分の競技経験のお話もあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

腕振りは必要?短距離・長距離について

2016-11-05 22:20:22 | 考察
最初に結論から書くと。どう考えても必要。
下半身の力の方向性の制御、ねじれの抑制と
必ず必要になります。が、短距離、長距離での
重要性は少し異なるのではないでしょうか。

短距離
日本女子最速、福島選手の腕振りがかなり特徴的で
一番速い福島選手の腕振りがああなんだから、そこまで
影響しないんじゃないのかな、と考えたりもしましたが
福島選手が特徴的な腕振りをしているだけで、重要性を
無視する要素にはなりえないのが今の考え。

といっても、腕振り無視を考えたのは遥か昔、陸上を始めた
ばかりの時ですが、かなり適当な考え方です。

自分でやればわかりますが、まずはスタート時
前への倒れこみを利用し、スタートをする際
倒れるのを抑制し、かつ足の力を前へ導きます。

スタートの速い人をみれば、腕の振りがかなり力強く
速いのがわかるかと思います。ただ、ある程度の
体重に対しての腕の筋力がなければ、効果は少なくなります。

また、中間疾走時、意識してしっかり振ることで、反発の利用を
スムーズに行えます。しっかり振ると、それだけ疲れますが
増すスピード感はかなりあります。またピッチのコントロールにも
つながります。

もちろん、正しく振れなければ意味はなく、逆効果にもなりえます。

長距離
これまた対して影響ないんでない?むしろ振ったら疲れんじゃないの
という考えでした。短距離同様に振ったら当たり前ですが、疲れます。
それ以外でどうかというと、きれいに触れると、短距離同様
前への進行をスムーズに感じられます。長距離の場合は
腕でスピードが増す、というよりも、腕で全身運動の調整をする
という使い方の方がしっくりきます。

スパート時には当然短距離同様に振り込む必要はあります。


短距離、長距離ともに、速い人を真似するのがよいですが
単一のデータではなく、多くのデータから考え
自分に合い、速く走れるものを見つけてみましょう。
『陸上競技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 群れでの練習は避けるべき・2 | トップ | 20161106練習内容 »

コメントを投稿

考察」カテゴリの最新記事