美術の先生は考える

中学美術の授業の実践を中心に、美術について考えたイロイロを紹介できればと思います。

1学期の振り返り2018

2018-07-22 12:55:32 | 日記


2年1組担任として過ごした今学期。
誕生日の朝、教室に入るとハッピーバースデーソングに、黒板にプレゼントに…と、まだ4月、担任になったばかりのクラスの子たちのサプライズに大感動で始まりました。
絵心ある子、イラストが得意な子、美術好きな子が集まったクラスなんだなと気づきました。
担任として相性いいかもと思ったものです。

もちろんそこからの3ヶ月は平坦なわけはなく色々…ほんと色々初めての経験もしながら、体調もちょっと壊しながらと苦労も多かったのですが、なんとか夏休みに辿り着きました。

結局今年も2,3年生1学期のメイン題材の文化祭のポスター原画制作は終えることができず、残りは宿題!…となってしまいました。
昨年の反省を生かして無駄を省いた年計にしました。
他にも工夫したのは、紙と絵の具(ケント紙・ポスターカラーor画用紙・水彩絵の具)を得意な方に選んで良しとした点。紙を独自サイズに全部手作業でカットしてやや小さくして負担感を減らした点。
少しは効果あり。授業数が十分だったクラスは、3分の1程度の子たちが完成までこぎつくことができたので昨年よりはマシ。
しかしまだ工夫は必要かなと。
宿題にすることなく、学校の特活指導部からの要求にも応えつつ、より良い学びを得ることができる題材に進化させたいと思います。

さて、夏休み。
あと数日で全造秋田大会。
まずは明日からの三者面談にしっかり取り組み、合間に文化祭準備も進め、サッパリした気持ちで教科の勉強に向かいたいと思います。
コメント