美術の先生は考える

中学美術の授業の実践を中心に、美術について考えたイロイロを紹介できればと思います。

県美術展搬入・展示を終えて

2019-01-10 23:04:08 | 日記
第32回を数える、青森県中学校選抜美術展の作品搬入・展示、夜の懇親会を終えて帰宅しました。


特別賞を決める審査会にも事務局として立ち会いましたが、特別な感情はなし。もうああだこうだ言っても仕方ないので、上手な子が拍手喝采を浴びる場として割り切ろうと思っています。美術展にはそういう側面もあるので。

大事なのは自分たちが先頭に立つ気持ちで工夫し続け、題材や学びや授業の取組が見える展示をし続けること。そしてそこに共鳴して同様のことをしている先生方を増やしていくことだと思っています。


今年出品した平面作品には、写真のように全てに“制作者のことば”を付けました。
そのために購入済みの四つ切り画用紙・ケント紙を、手作業で数百枚カッターでカットし、規定の台紙に規定の名札を貼っても干渉しないように、でも作品が小さくなり過ぎないようにひと手間掛けました。
自分的には絶妙と感じた縦横7㎝ずつカット作戦でした。
「是非そういうことばを添えたかった」と話した美術好きの生徒の声もあったので、満足ではあります。


立体作品に添える題材パネルは必須。余裕がなくても意地で用意します。
これがなければ、テーブル上で他の作品たちに混ざり、なんだかよくわからない混沌の一部になってしまいがち。
題材パネルは仕切りの役割も兼ねて、題材のコンセプト・学びを説明する大事なものだと考えています。

ここ数年特に作品の見せ方に注視して本美術展に関わってきましたが、少しずつ“わかる展示”、“授業が見える展示”が増えてきたように感じました。
良い傾向ですね。今後もどんどん増えていき、スタンダードになればいいなと思います。

本美術展は、
平成31年 1月11日〜13日の会期で、はちのへポータルミュージアムはっち で開催です。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 美術室の環境を考える | トップ | 市の美術展搬入・展示を終えて① »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
応援しています (山崎正明)
2019-02-07 08:55:02
実際に展示を見たいくらいです。私のブログに書かせていただきました。
Unknown (knjuke1974)
2019-02-07 21:42:50
ありがとうございます!いつか実際に見ていただき、題材や展示方法など、ご意見いただければ幸いです。
来年度東北造形(八戸)で、一部お見せできればと考えておりますので、もしおいでいただければよろしくお願いします。
お待ちしております!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事