美術の先生は考える

中学美術の授業の実践を中心に、美術について考えたイロイロを紹介できればと思います。

夏休みの図工・美術の宿題について考えさせられる

2019-08-19 22:32:13 | 日記
「学校で絵の具の使い方も教えず、宿題にするのはどうなんでしょう?小学校の美術(図工)教育への愚痴です。」
と、小学生の子をもつ同僚から、描いた絵の画像付きでメッセージが届きました。
実はうちの子も今年から中学生となり、夏休みの絵の宿題が出されました。その内容も『ちょっと習っただけの一点透視で四つ切り画用紙に風景画を描いて完成してくる』もの。
出ました…。まだこういう宿題あるんです。ガッカリです。

これらを作品展に出すのでしょう。これまでも県内の作品展では嫌というほどその手の作品を見てきました。授業内で見つけることができるはずのない景色をモチーフにした絵。途方もない程の時間をかけて描いたと思われる絵。
そしてそういう作品に立派な賞がつけられ飾られている光景。

やっぱり早く変えなければ駄目です。こういった作品展の体制を。

夏の東北造形研の実践発表にて、田中真二朗先生も「上手な作品を作らせるのが美術の授業ではない。」等とハッキリと根拠をもとに話してくれました。聞いていてサッパリしました。
しかしそういう話は届く人にしか届いていないのでしょう。
これからの未来で活躍していってくれる子どもたちに、図工・美術の授業を通してどんな資質・能力を育んでいくべきなのか?
ちゃんとそういうことを考えて題材を計画・実施し、そういう授業から生まれた作品を発表する美術展にしていかなければなりません。
見に来ていただく一般の方々にも嘘の美術教育を発表し続けているようで、これでは申し訳ない。

痛感したので、この場に考えを残しておこうと思います。

因みにメッセージをくれた同僚は、
「美術嫌いの子どもが増えちゃう。」
「親として協力したけど、もともと絵が不得意な父親の夏休みも潰れちゃうよ…。」
「早く改善して下さい。」
とも嘆いていました。
もっともです。
このブログも大々的に拡散はしませんが、届く人には届くでしょう。そして少しずつこういう現状は変わっていくでしょう。それで良いように思い地道にできることをしていこうと考えていたのですが、変わっていく間に犠牲になる子どもたちが存在するのも現実。
やはりできるだけ早く変えるためのアクションをしていこうと決意するのでした。

最後に前述のうちの子の宿題。
うちの子はこの夏、部活で数々の大会に出場させて頂き、多忙な日々を過ごしました。
他の教科の宿題も色々ありますから、不得意な絵画制作にじっくり向かう時間なんてありませんでした。…いや、無理したら時間ありましたけど、無理させたくありませんでした。
よって、これ。

一応かなりぼかしの加工をした上でここに貼り付けました。もうあえてガンガン手伝って、短時間で仕上げてやりました。
子どもと話し合い、お手伝いがバレても責められてもいいと割り切って、済ませただけの絵です。
本人は完成した絵を見て、軽く笑いながら、それでも自分がメインで描いたので、ちょっと満足げではありました。複雑だったそうですけどね。
これが冬の作品展に出品されたら、もうただ笑うだけです。
賛否はあるでしょうが、我が家の結論。僕なりの抵抗でした。

そんな僕も自校で1学期に10時間程制作した作品の仕上げは課しました。
ただし、1学期中にちゃんと授業の時間をかけて教えて学ばせて、早い子は完成させた上でです。
紙のサイズを小さくしたり、〆切を緩くしたり、夏休み中に制作したいと登校した子にも場所と機会を与えつつ、反省や工夫や努力した上でです。
しかしそれでも良いものだとは思っていないので、来年はもっと短時間に済ませる課題にすべく、具体的に方法を既に検討中です。
対して「夏休みの宿題」と投げっ放しの宿題を課している先生方、そろそろいい加減考えて下さい。
作品展に出品するための作品を確保するための課題やめませんか?
コメント   この記事についてブログを書く
« 「美術の時間」展in青森 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事