美術の先生は考える

中学美術の授業の実践を中心に、美術について考えたイロイロを紹介できればと思います。

美術室の環境を考える

2018-12-28 18:58:18 | 日記
昨日部活の遠征で、秋田の真二朗先生が偶然本校体育館に来ていました。
前の晩ご一緒してたのに、うちに来るとは話してなかったぞ…。
というわけで、もちろん美術室見せて下さいの話になりまして、見てもらったわけです。いや…恥ずかしい。

本校は2つの美術室があり、ひとつはただの一般教室。水道もない狭い部屋です。
彼はわざわざ両方見てくれました。
いやーーー…恥ずかしい。

彼は多くを語らず去って行きましたが、まぁ仕方ないです。とても褒められた環境ではありませんので。

そこで、美術室の在り方を考えてしまいました。
ウェブ上でも光村図書出版さんのページから、お三方の先生の美術室が360度で見ることができるので、見たことはあります。
それぞれ素敵だなー!と思いつつも、自分には同じようにはできません。
それは以下の理由から。
❶複数の美術教師で運営している。
❷整備すべき美術室が2つある。
❸片付け・廃棄・補修だけでかなりの労力。
❹まず間違いなく長くは居られない。
❺誰が引き継いでも困らない環境へ。という観点。

たまに気持ちや時間に余裕がある時に少しずつ改装し、今ではたまに来た生徒に「すごい!メチャメチャ変わってる!」「綺麗になってる!」と言われるまでになった第一美術室。とにかく色んなものを捨てまくりましたから。間違いなくスッキリはしてきました。
理想にはまだまだ遠い環境ですが、もうひと方の先生に気遣いつつ、転勤時に私物だらけで苦しまず、捨てちゃってから「自分のモノがなくなってる!」と騒がれず…などなどに気をつけながら改装を続けていこうと思います。
整理整頓にカゴとか箱とか100均で買いたいのですが、長年居ることできる気がしないので二の足を踏んでます。

…しかし問題は第2美術室だな。
来年度入る新3年生は、環境の悪さに間違いなく愕然とします。こちらも工夫を続け、少しでもよい環境を目指したいと思います。
春休みの大仕事になりそうです。
来年度で本校3年目。まだ居ることができれば…ですが。
コメント   この記事についてブログを書く
« 2学期の振り返り2018 | トップ | 県美術展搬入・展示を終えて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事