安息タイム

リタイヤ後...今日もまったり

今年の寒蘭2

2020-11-22 | 寒蘭

水・木・金と夏日が三日間も続いた珍しい11月でしたが

 ウォーキングルート沿いは山茶花が咲き香りもしてきます

やっと3鉢目の寒蘭が咲きました

 ↓ 卿雲 咲き始め、一番かわいい顔です

 立葉ですから・・・軸が伸びないと何ともバランスが悪い

 他の無点系よりは固定度の高い前面無点です

 次に咲くのは

 ↓ 友錦 紅更紗の無点系、今年は花間をとって咲いてくれます

もう満開の予定だった金鵄ですが

 首を振ってきたら・・・そのまま倒れてしまいます

 これもハモグリバエ被害でしょうか

対策は? 来年も同様な被害があればやめたくなりそうです


土曜日に秋の蘭展を見てきました

 最優秀は寒蘭の雄鵬(真ん中)でした、15輪ほど付けた超大型種

 花は紅更紗花でとても見応えがありました

次に目についた花を

 ↓ 南雪 緑の濃い一文字に近い素心花、いいね~

 ↓ 徐福 覆輪にも見える特徴のある花です

今年は開花調整が難しかったのか、蕾のままの花が多かったです   

月曜日まであるから、もう一度見に行こうかな

栽培講習会「ランの栽培と管理」もあるからハモグリバエについて

聞いてみようかな・・・

即売会には、食指が動くようなものがなく・ザンネン

コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年の寒蘭 | トップ |   
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今年の寒蘭2 (ranran)
2020-11-22 10:36:18
卿雲が咲きましたが、やはり今年は遅れ気味だったでしょうか。我家の土佐茜雲と違い無点の固定度が高い品種は安心できますね。
友錦も既に無点の舌が覗いており開花が愉しみですね。

金鵄の蕾が萎れて来たのは1本だけで、残りの2本は大丈夫なんでしょうか。我家の翠晃も途中で同じような状態になりましたが、花茎に穴が無かったのでハモグリバエでは無かったように思います。原因は不明でしたが、勝手に温度か株の体力不足と判断しました。

展示会でもまだ蕾の状態が多かったようですが、やはり全国的に開花が遅れているようですね。
良い機会ですので軸が途中で萎れる原因と、ハモグリバエ対策なども機会があれば是非お聞きし教えてください。
今年の寒蘭2 (nishi)
2020-11-22 12:58:29
過去3年と比べると10日ほど開花は遅いようです。卿雲は天花まで咲いたし、残りは友錦だけになりました。昨年の初花よりは期待しています。

金鵄は首を振っては倒れ・首を振っては倒れ、すべて切り取ってしまいました。花茎に穴はなかったのですが、4本あった軸のうち10月にハモグリバエで萎れた毒素が残っていた?とにかく1輪の花も見ませんでした。

今日はカンラン栽培についての講習会ですから行ってみます。
萎れた状態、黒くなった蕾の写真を印刷しました。ハモグリバエ対策、またほかの原因、教えていただければいいのですが。

コメントを投稿

寒蘭」カテゴリの最新記事