幸せで、豊かな人生のために!

個人の幸せが組織を強くし、企業を強くする。
成功すれば幸せになるのではなく、幸せだから成功する(ショーン・エイカー)

運が良くなるために!

2018年08月30日 07時37分19秒 | 生き方
運の良い人がいる。
次々といろんな事に巡り会えて、
偶々起こったことが良い結果につながったり、良い仕事を紹介してもらえたり。
若い時から何をやっても上手く要領良くこなしていく姿に、
「いつかしっぺ返しがくるよ」って慰められたりもしたが、
結局そんなこともなく今も上手くやっている。

その反面、運の悪い人もいる。
いつも機嫌が悪く不平不満が多い。
マイナス思考で、どうせ上手くいかないと思ったら、やっぱり上手くいかなくて、
また機嫌が悪くなる。

いつも貧乏くじばかり引いてるような人を
精神科医の和田秀樹先生は、
不機嫌な人が貧乏くじを引いてしまうと、
いっそう不機嫌になり、
絵に描いたような「貧乏くじ」になる。
と言っている。
運の良い人が貧乏くじ引いた時には、
大袈裟に嘆いてもその時限りで、
結局誰かに助けてもらったりして上手くしのいでいる。

運の良い人と運の悪い人、
その違いについて脳科学の中野信子先生は、
運が良い人とは、
「運が良くなるような行動をしている。」と言っている。

人間の脳内には、快感を感じる報酬系という回路があり、人助けなど社会的な行動も含め、自分が気持ちよいと思える行動をとると活動する。
「もっとこうしたい」「もっとこうなったら良いのに」という欲を忘れ、「気持ち良い」「気分いい」としか感じない瞬間。
その瞬間には、「もう何もいらない」とさえ思える。
つまりそれは、自己一致の状態になっている。と言う。

自己一致の状態とは、
「こうなったらいい」「こうあるべき」と考えている理想の自分と実際の自分が一致していることで、
あるがままの自分を自分で受け入れている状態のこと。
この自己一致の状態にある人は、
人を引きつける力がある。
「もっとこうしたい」「もっとああしたい」など、
ある意味攻めの姿勢がまったくないので一緒にいる人は楽な感じでいられる。
また、常に脳が「快」の状態にいるので一緒にいる人も快い気持ちになれる。
さらに、自己一致の状態にある人は、
人の話を素直に聞けるという特徴もある。
自分が心地よい状態なので相手が多少波立っていてもそれを吸収してしまう余裕を持っている。
そんな人は、やはり他人に好かれる。

つまり、運が良い人とは、
どういう状態に自分はしあわせを感じるかを把握している。→そのしあわせの状態を積極的に作り出す努力をしている。→自己一致の状態になる。→人に好かれる。  
という図式が成り立つ。という。

運が良くなるためには、
自分がどういう状態が最も幸せを感じられるかを理解すること。
一般的な価値観や他人の意見に惑わされず、
自分の価値観で自分なりの幸せを把握すること。
そして、ありのままの自分を理解して受け入れることで、自己一致の状態になること。
さらに、
真面目すぎないこと、柔軟性を持つこと。
真面目すぎる人は、
自分の価値観より社会性や常識などを重視している。
自分を殺して生きている。
自分の価値観を見失って、自分で自分を殺してしまっている。
自分を大切にしていないから、他人からも大切にしてもらえない。
だから、
自分の価値観で生きること。
柔軟な姿勢で生きること。
柔軟性があれば、心に余裕ができて、
他人も自分も許すことができる。

そんな人は、
周りから見ても魅力があり、人を惹きつける。
ポジティブで柔軟性があるから、何でも受け入れられる。
好奇心も強く、何でも求める姿勢があるからチャンスに巡り合いやすい。
失敗を恐れず行動するから良い結果も生まれてくる。

真面目さは大事だけれど、
「真面目」を自分の価値観で生きられないことの言い訳にしてはいけない。

もっと自分を大事にしてもいいんだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 自己理解と自己受容 | トップ | 笑いを勝利に結びつける! »

コメントを投稿

生き方」カテゴリの最新記事