赤い太陽にキッス! 

旅日記、旬の花をパチリ!
ランチあちこち、スウィーツ大好きも書きます。
そうそう、 朝一番の太陽にキッスも・・・

3.樹齢およそ500年の大木が立ち並ぶ酒波神社へ

2012年05月31日 14時53分56秒 | こころの日記
3.樹齢およそ500年の大木が立ち並ぶ酒波神社へ

クリーンセンターからは峠を下る道路で、


さわやかに、快適に歩く、ウグイスの囀り声が
さわやかさを倍加してくれて、快調に歩く。
コース地図に書かれている
つばくろ口 の道標へやって来たが、字が良くわからない。
意味もよく分からないままに通り過ぎる。



日吉町の集落に入って来たようだ。
平安時代の中頃に書かれた「美濃国神名帳」に
『正一位酒波大神』と記されているほどの歴史のある格式高い神社、
酒波(さかなみ)神社の鳥居が見えてきた。

鳥居をくぐり、石段を見上げると社殿の屋根の一部がちらっと見えるぐらいの急石段!
恐れをなして登るのをやめてしまう人もいたが、手摺を頼りにしながら昇る。

170段余りの石段の左右には、樹齢およそ500年の大樹 老樹が立ち並び、
神聖な森厳な雰囲気が満ち満ちています。
ここでもウグイスのラブコールが囁かれている。

疲れが重なってきて、やっとの思いだったが一気に登った。
すると神主さんが一人一人お祓いをしてくれた。

傍らでは冷たいお茶のお接待も受けることができた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2.神社仏閣は古い佇まいが良いね | トップ | 4.五平餅を買う! 半原浄瑠... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

こころの日記」カテゴリの最新記事