赤い太陽にキッス! 

旅日記、旬の花をパチリ!
ランチあちこち、スウィーツ大好きも書きます。
そうそう、 朝一番の太陽にキッスも・・・

ヒイラギの香り

2006年11月30日 13時34分07秒 | こころの日記
● どこからかかすかな香りが・・・

ハナミズキが大きな葉っぱを散りばめ、木々が冬支度に忙しいこの頃
こころに透きとおるような香りがどこからか漂ってくる。
よくよく探してみれば庭の鬼門に植えられている柊の花からである。
節分の夜、ヒイラギの枝と大豆の枝に鰯の頭を門戸に飾ると悪鬼を払うという
あの柊である。
近寄ってみると、
小さくて白い可憐な花だが香りはあたり一面に振りまかれている。

キンモクセイのような甘ったるい香りではなく、清楚で大人っぽい香りだ!
僕は大好きだ!



ヒイラギ(柊)
本州から沖縄に分布する常緑の低木である。
和名は柊であり、
葉の棘がささるとズキズキするほど痛いという意味の古語である「ひいらぐ」に由来するという。
11月に白い花をつけ、果実は翌年の初夏に黒く熟する。
 葉には鋸歯の先端が変形した棘があるが、老木になると葉の棘は次第に少なくなり、無くなって全縁となってしまう

コメント   この記事についてブログを書く
« べにあかくん | トップ | 絵手紙に見る戦後 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

こころの日記」カテゴリの最新記事