赤い太陽にキッス! 

旅日記、旬の花をパチリ!
ランチあちこち、スウィーツ大好きも書きます。
そうそう、 朝一番の太陽にキッスも・・・

41.藩の政務が行われた被雲閣へ

2019年04月27日 06時56分13秒 | 美しき四国9つの名城めぐり
41.藩の政務が行われた被雲閣へ

枯山水の庭園を有する
被雲閣大書院の中を見せていただけることになりました。


庭園には
昭和天皇お手植えの松、重さ11トンの銀閣寺型手水鉢や
橋本体と欄干、中柱を一枚の石から刳り抜いている太鼓橋
などがある立派な庭園です。
貸し切り中でしたがガイドさんの申し出に、
被雲閣の中を見せていただけることになりました。


披雲閣は松平藩時代の政務や藩主の住居として使用されていたそうで、昭和天皇も
お泊りになったことがあるそうです。
ガラス戸がはめられていますが、
板硝子は当時の日本にはなくドイツから輸入されたものだそうです。
コメント   この記事についてブログを書く
« 40 鯛のエサやり体験 | トップ | 42.シャンデリアと障子に襖 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

美しき四国9つの名城めぐり」カテゴリの最新記事