赤い太陽にキッス! 

旅日記、旬の花をパチリ!
ランチあちこち、スウィーツ大好きも書きます。
そうそう、 朝一番の太陽にキッスも・・・

15.倉屋温泉 おんぽいの湯

2019年04月04日 06時42分34秒 | 苗木城跡へ
15.倉屋温泉 おんぽいの湯

森の吐息、 鳥の声、湯けむりが漂う湯の音色
こんなコピーが並ぶ 倉屋温泉 おんぽいの湯へ入浴券600円を支払って入場します。



石風呂、ヒノキ風呂、露天風呂には陶器風呂、こうやまきの桶風呂などがあり
露天風呂からは雄大な恵那山を眺めることができます。
泉質はアルカリ性単純泉です。


おんぽいの湯 
面白い名前なんですね。おっぱいと間違えそうですが名前の由来は
この地方は古から木曽五木の産地で付知川、木曽川を使って熱田・桑名へ運んでいました。
その時「おんぽいえ~ おんぽいえ~」と掛け声をかけながら下流へと流して行きました。
その掛け声から温泉の名前にしたそうです。

敷地内には 岐阜県知事 梶原拓さんの書になる碑が立てられていました。
コメント