赤い太陽にキッス! 

旅日記、旬の花をパチリ!
ランチあちこち、スウィーツ大好きも書きます。
そうそう、 朝一番の太陽にキッスも・・・

9.お昼は きょうとなごみ館で京料理を

2013年04月21日 17時22分57秒 | デジカメ旅日記
9.お昼は きょうとなごみ館で京料理を

昼食時間をかなりすぎたころ、バスは七条通のクラッシクな建物へ案内してくれた。
ここで食事?と怪訝に思うような建物だったが、今日の昼食場所
きょうと和み館だった。


レストランの前には台湾の方が食事を済ませて出てきたところで
混雑していた。

レストランの中に説明が書かれていたが、この建物は
大正3年に建設された、かつての村井銀行 七条支店だったそうで、大金庫室は
厨房として使っているようだ。

私たちが頂いたのは春の和み膳 だった。
団体だからテーブルに全料理がドント並べられていた。

京都の料理らしく見た目は美しく、良い材料が使われているようでしたが
特別美味しいと言う印象は薄かったように感じました。
やはり京料理は和風の佇まいで和みを感じるような所が良いなあ~


小鉢

京壬生菜と浅利の白和え
ゴマ豆腐 桜花添え
湯葉饅頭 桜葉包み 蟹あん仕立て


季節の4種盛り
(鰆の木芽味噌、京風出し巻き、蓮蓮根、辛子茸)

造 り

2種盛り(桜鯛、鮪)


小鍋立

鶏肉と九条ネギの京風春彩鍋
(鶏肉、九条ネギ、えのき、糸こんにゃく、筍、若布)

ご飯


香の物
きょうと和み味噌 小梅干し

水菓子
あずき葛もち
コメント

宣徳薄端花器が展示

2013年04月21日 04時19分45秒 | デジカメ旅日記
8.宣徳薄端(せんとくうすばた)花器が展示されていました。



胴に,龍や亀,鶴などの彫刻が施されている


中国,明代の宣徳年間(1426年-1435年)に
鋳造された銅器を模して作られたと思われるもの
コメント