たびびとの写真帖

   ーーー小さな旅の思い出写真集ーーー

「ロウバイ」(蝋梅)

2019年01月07日 | 写真

                2019.1.7  千葉市中央区青葉の森公園にて(五分咲き)   

  「ロウバイ」(蝋梅):ロウバイ科ロウバイ属の落葉低木。中国原産で江戸時代に日本に渡来した。「蝋細工のように透きとおった梅に似た花」ということでこの名がつけられたという。花はとてもよい香りがする。花期は12月末頃から3月中旬頃で、お正月頃に咲き始めることが多い。花の少ない時期で日本水仙とともに冬場の庭園を彩る貴重な存在になっている。原産地中国でも「梅・水仙・椿・蝋梅」が「雪中四花」として愛されている。写真のロウバイは「ソシンロウバイ(素心蝋梅)」といわれる品種で花全体が黄色一色になっているが、単に「ロウバイ」と呼ばれる品種は花の中心部が赤褐色になっているので見分けがつく。(*千葉市中央区「千葉市都市緑化植物園」にも数株植栽されています。)

      *花言葉:「ゆかしさ」「慈しみ」  *1月2日、21日、27日の誕生花

       蝋梅や 雪うち透す 枝のたけ  芥川龍之介

       蝋梅や 薄雪庭を はきのこす  水原秋桜子

       蝋梅の つやを写しぬ 薄氷   増田龍雨

ジャンル:
植物
この記事についてブログを書く
« 千葉神社新春「はしご乗り」 | トップ | 「セイタカシギ」(水辺の貴婦人) »

写真」カテゴリの最新記事