ピアノ教室&音符ビッツ認定教室&音符リトミック教室 広島市西区

ピアノ&リトミックレッスンの様子
お問い合わせkmusicpianopiano@gmail.com
広島市西区横川

「格安スマホ」、知られざる弱点はココだ! 

2016年12月16日 | 新聞や雑誌の記事
前回は「格安スマホ」が大手携帯会社から回線を借りて提供するMVNOのサービスを提供していること、その特徴やメリットなどについて説明した。だがMVNOのサービスは、大手携帯会社のサービスとまったく同じではなく、いくつかのデメリットが存在することも忘れてはならない。 最も大きなデメリットとなるのは、やはりサポートが弱いことだ。これはMVNOが格安でサービスを提供するため、サポートにかけるコストを絞っていることが影響している。



 特に、大手携帯会社で一般的な実店舗でのサポートを、MVNOに期待してはいけないといっていいだろう。大半のMVNOはそもそも実店舗を持っていないので、サポートの基本は電話とインターネットのみとなる。

■MVNOはあくまで「通信」のサービス

 中でもMVNOはコストがあまりかからない、ネット上でのサポートに力を入れる傾向が強いことから、少なくともネットが利用できる環境とスキルがなければ、いざという時に困る可能性があることは覚えておきたい。

 また、MVNOならではの問題として、回線と端末、サービスのサポート窓口が異なっていることも挙げられる。たとえば大手携帯会社と契約している場合、通信ができなくなった場合も、端末が壊れた場合も、まずは「ドコモショップ」など各社のショップで相談するのが一般的だ。だがMVNOの場合、そうした常識が通用しないのである。

 というのも、MVNOは、一部例外を除くとあくまでSIM(端末に挿す、通信に必要なカード)の部分、つまり通信サービスしか提供していないので、そのサポートしか行わないのである。最近では、MVNOがSIMと端末、サービスをセットで販売するケースも増えているが、これに関しても、SIM以外はあくまで販売しているだけに過ぎないのだ。

通信速度が極端に遅くなることも

 それゆえ、通信トラブルが起きた場合はMVNO、スマートフォンが壊れた場合は端末メーカー、ネットサービスでトラブルがあった場合は、サービスを運営している事業者のサポート窓口にと、それぞれ個別に問い合わせる必要がある。

 トラブルの原因が通信、ハード、サービスのどこにあるのか判断するのが難しい場合は、原因解明のため複数のサポート窓口に問い合わせる必要があり、解決に手間がかかってしまうのは難点だろう。

 もっとも、MVNOの中には、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)傘下のトーンモバイルが提供する「TONE」のように、端末とサービスを一体で提供しているものも存在する。サポート面での複雑さや面倒さをできる限り避けたいのであれば、あえてそうしたサービスを選ぶのも手だ。

■利用者が集中する、「昼休みの落とし穴」

 もう1つの大きなデメリットとしてよく指摘されるのが、時間帯によって通信速度が極端に遅くなってしまうことだ。

 MVNOは携帯会社の回線を使っているため、理論上の通信速度は携帯会社のサービスと基本的に変わらない。だがMVNOはあくまで携帯会社から回線の一部を借りてサービスを提供しているため、大手携帯会社と比べると用いる帯域幅が狭い、わかりやすく言えば“回線が細い”のだ。

 道路が広ければ多くの車を走らせることができるのと同様、回線が太ければ多くのユーザーが同時に通信しても、速い速度を維持できる。だが回線が細ければ、多くのユーザーが一斉に通信した時、道が狭いため渋滞が起きやすく、1人当たりの通信速度が遅くなりやすいのだ。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

首都圏では、かなり遅くなることがありますが、
地方では、少し遅くなることはありますが、
ほとんど問題ありません^_^


海外出張のときに使える?

 MVNOの通信速度が遅くなりがちな時間帯は、大きく分けて朝の通勤時、昼休み、夕食前、そして就寝前の4つ。これらの時間帯は全国的に多くの人がスマホを利用する傾向が強いので、遅くなりやすいのである。

 中でも特に注意しなければならないのは昼休みの時間帯だ。この時間帯は利用者が特に集中しやすく、通信速度が極端に落ちてしまうケースが多い。動画など大容量通信が必要なサービスを利用する場合はこの時間帯を避けるか、自宅や会社などのWi-Fiを活用するのが無難だろう。

 MVNOが回線を太くするには携帯会社にお金を払ってより多くの帯域を借りる必要があるのだが、その分借りるコストが多くかかってしまい、通信料が高くなる可能性があるため、容易には解決できない。MVNOのサービスを利用するならば、大手携帯会社のサービスよりも通信速度が落ちやすいことは、ある程度覚悟しておく必要があるだろう。

■海外出張が多いユーザーも要注意? 

 デメリットはほかにもある。特にビジネスパーソンにとって大きな問題となってくるのが、「国際ローミングサービス」を提供しているMVNOが少ないことだ。

 国際ローミングは、海外でも、普段利用しているスマホをそのまま利用できる非常に便利なサービスだ。MVNOも回線を借りる携帯会社と国際ローミングサービスの提供を契約していれば、同様のサービスを提供すること自体は可能だ。実際、音声通話やSMS(ショートメッセージ)の国際ローミングが利用できるMVNOはいくつか存在する。

 一方で、データ通信の国際ローミングサービスに関しては、MVNOの仕組み上の問題もあり、提供しているMVNOはエレコムの「SkyLinkMobile」など、極めてごく一部しか存在していないのが現状だ。つまり、海外でデータ通信を利用するならば、空港で海外用Wi-Fiルーターを借りるか、海外で利用できるプリペイド方式のSIMを購入する、あるいは現地でプリペイドSIMを調達するなど、何らかの対策が必要なことに注意されたい。

 基本的にMVNOは毎月の料金が安い分、大手携帯会社と比べるとサービスの充実度は低い。サービスやサポートに関して、大手携帯会社とまったく同じ内容・品質を求めようとすると、途端に不満が高まってしまうだろう。サービスを快適に利用するためには、ある程度の“割り切り”と、不足する要素に対処できるスキルや知識を身につける必要があることを、よく覚えておきたい。




↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

海外で使う場合は、現地のSIMカードを購入する方が
ずっと安くつきます!

購入方法も簡単です!
コメント

子どもの感情コントロール力を育てる保護者の接し方とは?

2016年12月16日 | 新聞や雑誌の記事
小学校入学に向けて、大切になってくる「感情をコントロールする力」。幼児期のうちに家庭で育む方法はどのようなものだろうか。ベネッセ教育情報サイトでは、発達心理学が専門の聖徳大学准教授・佐伯素子氏に伺った。

喜怒哀楽などさまざまな感情のなかで、人間関係のトラブルの原因になりやすいのは、怒ったりイライラしたりする感情だと思います。ただ、怒ってしまうのは生理的な反応であり、それを誰も止めることはできません。脳にある扁桃(へんとう)体という部分が、自分の嫌なことや恐怖を感じると、私たちが気付く前に、身体反応を起こすようにほかの領域に信号を送ります。その作用で心拍や血圧、呼吸数の増大、発汗なども起こります。

それを静めるには、前頭葉を働かせて思考することが有効だとされています。具体的に言うと、なぜ自分は怒っているのか客観的に原因や状況を考えるのです。ただ、この行為は大人でも難しく、時間が経っても怒りを引きずってしまうことは少なくありません。特にお子さまの場合は、まだ前頭葉の機能が十分に発達していないこともあって、怒りがヒートアップしてしまうと、自分がなぜ怒っているのかさえわからなくなってしまいます。
そこで、保護者のサポートが必要です。お子さまの感情を受け止める方法をご紹介します。

【STEP1】子どもの気持ちを受け止める
子どもの気持ちに共感してあげて、気持ちを代弁してあげることです。すると、子どもは自分の気持ちを客観的に理解することができるようになります。その際、お子さまが非常にはげしく怒っていても保護者がつられて強い口調になるのではなく、お子さまが受け止められるくらいの強度で返してあげることが大切です。

【STEP2】怒りを増幅させるのもなだめるのも、考え方次第
感情を起こさないようにすることはできません。でも、感情が起こった状況を解釈し直すと、感情は静まっていきます。怒りの感情は、自分の目的が阻害されたときに起こります。「思いどおりにならないこともあるんだ」「いつも公平とは限らない」「こんなこともあるさ」と考えるだけでも、怒りは静まっていきます。
コメント

ペットの健康診断、全国一律の7980円クーポンが登場

2016年12月16日 | 新聞や雑誌の記事
「かけがえのない家族」となるのが愛犬・愛猫などのペットだ。しかし、食事など日々の生活に気をつけても、防げない病気もある。そうした場合、早期発見して、重症になる前に治療を始めたいところだ。

 この際、重要となるのが「健康診断」だ。最近は多くの動物病院で「ペットの健康診断」を実施している。ただ、人間とは異なり、会社や自治体が費用を負担してくれたりはしない。

 たとえば、都内のある動物病院では、「聴診、血液検査、糞便検査」を実施して料金は1万2000円(税別)で、これに初診料が加わる。年に2~4回程度は行なうのが望ましいとされ、負担はかなり大きい。

 そんななかで、医療情報サービス会社「シグニ」は、全国1150の提携する動物病院で健康診断を受けられる「検診クーポン」を発売した。生化学と血液の検査に、問診、初診料を含めて、料金は税込みで全国一律7980円だ。

 安価だが、他の健康診断と変わらない項目を受診できる。検査項目は、添付の表にある通りで、生化学検査では腫瘍や肝臓疾患などの指標となる「総タンパク」や肝胆道系疾患などを示す「γ-GTP」、糖尿病、ストレスなどに関係する「血糖」などの16項目、血液検査では細菌感染などの指標になる「白血球」や心疾患や肺疾患と関連する「赤血球数」、「ヘモグロビン」などの8項目の検査を受けられる。


これ、いいですね〜!
健康診断、受けさせたいです!
コメント

クリスマス、大掃除、お正月… 猫飼いの年末年始トホホあるある

2016年12月16日 | 新聞や雑誌の記事
猫を飼っていると、意外と「事件」が多いのが年末年始ですよね~。ゆえに猫の飼い主ならではの、ちびっと悲しい出来事(あるある)を集めてみると…。

【写真特集】キラキラ飾りは攻撃対象?

あるある(1) クリスマスの飾りつけが地味になる

 クリスマスツリーのモチーフや揺れる飾りは、猫にとっては「獲物」。動くものにはすぐ反応してじゃれたり、飛びついたり。また、キラキラ光るものにも目がない! なので一瞬にしてツリーを破壊してしまいがち。その結果、ついつい地味目な飾り付けになっちゃうんですねー。

あるある(2) シクラメンの花がフェイクだ

 クリスマスらしさを演出してくれる、シクラメンの鉢花。この時期、たくさん見かけるし、やっぱり生花がゴージャスですよね。ところがこのシクラメン、猫には危険な植物で、もし口にしてしまうと、最悪けいれんや神経麻痺を起こすことも。毒があるのは主に根なので、鉢を掘り起こさなければ心配ないのですが、土をホリホリするのが好きな猫も多いですからね。愛猫のためにはフェイクでがまんがまん!

あるある(3) 鶏もも肉をゆっくり堪能できない

 クリスマスディナーに欠かせないのが、ローストチキンやフライドチキン。が、しかし、こちらも猫に狙われがちな一品。わが家の愛猫はチキンの骨を飲み込んで、あわや開腹手術か、という事故を起こしたこともありました。猫にもよりますが、もともとは肉食ゆえ、肉を狙う輩もいます。というわけで、チキンはすぐ食べて骨はゴミ袋に入れて猫の届かないところへ、というのが得策です。

あるある(4) 大掃除と「かくれんぼ」がセットだ

 猫は環境の変化に敏感です。家具を動かしたり、網戸を外したり、いつもより大がかりな掃除にびっくりして、隠れてしまうことが多いもの。掃除している間に、ちょっとしたすき間などに入り込んでしまうので、掃除後は猫を探し回ることに。洗面所のタオル棚のタオルとタオルの間とか、本棚の奥とか。困りものだけど、「もう、こんなところにいたの~~~♪」と、見つけたときのあの可愛らしさといったら! 楽しい余興のひとつでもありますね。

あるある(5) しめ縄飾りが恋しい

 クリスマス飾りと同様、こちらも猫に見せてはいけません。一般にしめ縄飾りは稲わらでできています。猫が大好きなねこ草もイネ科の植物。結果は破壊の道へ…。さらに飾りの稲わらは固いので、誤食するとのどに刺さったりして危険です。そんなことから、ついつい遠のいてしまう、しめ縄飾りなのでした。

あるある(6) 正月がさみしい

 お正月は友達一家を招いてわいわい楽しく騒ぎたい! なんてことも猫にとっては迷惑な話。知らない人に警戒して、隠れてしまう傾向が。環境の変化に敏感な猫は、来客が苦手なのです。帰省で連れて帰ることもなかなかハードルが高いし、かといって預けることも猫にはストレスになりがち。そして離れている間は飼い主も寂しい…ということで、愛猫中心に考えると、正月もいつもと同じが良さそう…。


うちのトラちゃんは、人見知りしないので、
誰かが来ると玄関まですぐにお出迎えします。

猫好きな人には、すり寄って行ったり
膝に上がって離れなかったりと
家族以外の人にもすぐに慣れてしまいます。

でも、猫嫌いの人には絶対に近づきませんね〜。
コメント