ピアノ教室&音符ビッツ認定教室&音符リトミック教室 広島市西区

ピアノ&リトミックレッスンの様子
お問い合わせkmusicpianopiano@gmail.com
広島市西区横川

トラちゃん、おんぶ!

2016年12月13日 | 新聞や雑誌の記事


なぜかトラちゃんが、突然隣の部屋から走って来て
背中に乗ってきました!

こんなこと初めてです^_^

しばらくおんぶしていたら
下に降りて行きました。
コメント

早く読んでも忘れない、記憶を脳に定着させる方法(下)

2016年12月13日 | 新聞や雑誌の記事
 本の読み方にも覚えるための方法があります。「視覚」と「聴覚」を有効に使うと、さらに吸収力はアップします。『ずるい暗記術』の技術を読書術に応用した方法を、『ずるい勉強法 エリートを出し抜くたった1つの方法』から紹介いたします。

● 繰り返すことで吸収力を高める

 前回、「無理して最初から理解しない」ということをお伝えしました。では、どうやって理解をしたらいいのでしょう。

 それは、「繰り返す」ことに尽きます。

 繰り返しやっているうちに自然と慣れ、いつのまにか理解できるようになります。

 たとえば、初めて自転車に乗ったときのことを思い出してみてください。

 最初はもちろん、まったく乗れません。親に後ろから押してもらったり、補助輪をつけたりはずしたりしながら乗る練習をしたはずです。何度か転んだこともあるでしょう。しかし、それをずっと繰り返すうちに、いつのまにか一人で乗れるようになったのではないでしょうか。そして、今では何も考えず、当たり前のように自転車に乗っていますよね。

 それは、繰り返し練習することで、体が慣れたからです。

 脳も、体と同様です。慣れないうちは覚えるまでに時間がかかりますが、繰り返し頭に入れるうちにだんだん慣れて、最初は難しいと感じていたことも、当たり前のように理解できるようになります。短い時間で繰り返す回数を増やしていくと、吸収力はどんどんアップし、忘れないようになります。

 さらに吸収力を高めるためには、ただ繰り返し見るだけではなく、「なりきる」ことが大切です。

 本に書かれているメソッドやノウハウを自分に置き換え、自分が実際にやっている場面を頭のなかで思い浮かべるのです。最初は難しいかもしれませんが、とにかくやってみましょう。これも繰り返すうちに、だんだんと具体的にできるようになるはずです。いわば「イメージトレーニング」です。

 これをやっておけば、ラクに実践に移すことができます。

● 聴覚を活かして集中力を上げる

 これまでは、主に「視覚」を使って記憶を定着させてきました。今度は「聴覚」を使った方法です。

 音楽の力を借りて、集中できる環境をつくるのです。

 「本を読もうと思っても、なかなか読めない」と言う人がいます。その理由の一つとして考えられるのが、「集中できない」ことです。そして、本を読まなくてはならないときほど、つい携帯をいじったり、今やらなくてもいいメールの返信をしたりなど、集中とは真逆の行為をして、自分で勝手に「読まない言い訳」をつくってしまいます。身に覚えのある人もいるのではないでしょうか。

 そうならないために、私は「音楽を聴きながら読書をする」ことをおすすめします。

 なぜ音楽がいいかといえば、「リズム」があるからです。曲のリズムに身を任せていると、周囲のよけいなものや雑音が気にならなくなっていきます。なかでも、AKB48やジャニーズなどのアイドルソングはノリがいいので、そのテンポにノッているうちに、いつのまにか集中モードに入ることができます。アイドルの楽曲などいわゆるヒットソングは、心臓の鼓動に近いリズムでつくられていると言われており、そのテンポに同化しやすいのです。

 大切なのは、ノリのいい曲を選ぶことです。

 いくら好きな音楽でも、テンポのまったりとした曲、クラシック音楽などは、ノリづらいのでおすすめできません。また、バラード系の恋愛ソングも、歌詞に聞き入ってしまう傾向があり、避けたほうがいいでしょう。どうしても日本語が耳に入ってきてしまうという人は、洋楽にシフトしましょう。

 通常、1曲はだいたい3分間くらいですから、「1曲聴く間に1冊読む」と決めれば、スピードアップして読む訓練にもなります。

 「『ながら』勉強はダメ」とよく言われます。効率が悪いからというのが理由のようですが、そもそも勉強しなくてはいけないのだったら、「ながら」でもいいからやるべきだと、私は考えます。

 もともと集中してできる人は別として、多くの人はなかなか集中できません。集中できない挙げ句に勉強そのものをやらなくなってしまうくらいだったら、音楽を聴きながらでもやったほうが最終的には結果につながります。

 とはいえ、なかには音楽をまったく聴かない、聴きたくないという人もいるかもしれません。そういう人は、「場所」を変えてみましょう。いつもと違う場所に移動すると脳も刺激され、記憶の吸収力も高まります。

 読書も勉強も、自分が集中できる環境をつくることがポイントです。

佐藤大和
コメント

「ごんぎつね」4年生でなぜ学ぶ? 10歳の壁に合わせた「心の教科書」

2016年12月13日 | 新聞や雑誌の記事
 小学4年生の教科書に登場して60年になる。児童文学者、新美南吉(にいみなんきち)がつづった「ごんぎつね」。1980年代からは、全検定教科書に掲載されるようになり、今も子どもたちに読み継がれる。償いや心の交流がテーマ。ほのぼの、ハッピーエンドの物語でもない。4年生には少し難しすぎるようにも思えるこの教材。なぜ教科書から消えることがないのか。

教材の重みも増していく

 佐賀県武雄市の市立武内小学校。周囲には、物語にも登場する小川や稲田、彼岸花の農村風景が広がる。5年ぶりに4年生の担任になった橋本澄子教諭(49)は今秋、あらためてこの教材と向き合うことになった。

 小学校の新任教諭の多くは中学年を担任する。橋本教諭も1年目、4年生を担任し、国語で「ごんぎつね」を教えた。

 「あのころは段落ごとに読み進め、どんなことがあった? ごんはどんな気持ちだった? 兵十(ひょうじゅう)は? ひたすら問い掛ける授業で精いっぱいでした」

 教諭として年を重ねるに連れ、この教材の重みも増していくのだという。

 「情景って言葉ありますよね。人の心と場面が重なり、深く伝わってくるような。子どもたちはまだ、その言葉自体は知らないんだけど、その感覚を初めて知る教材だと思う」

子どもたちにとって教科書で長文を読み込むのは初めて

 ごんは人間で言えば何歳ぐらい? なぜ、兵十にクリやマツタケを届け続けたの? それは、いたずらへのつぐないの気持ちだけだったのかな? ごんの思いは最後、兵十に通じた?

 めあて(学習目標)を変えながらの授業は14こまに及び、10月初めから始まった。

 本文だけで18ページ。子どもたちにとって、教科書でこれほど長文を読み込むのは初めて。根気と集中が求められる。物語の「起承転結」という言葉を初めて学ぶのもこの教材だ。

 家や学校での音読、視写(書き写し)を繰り返し、授業が核心に入ったのは連休明けの11日から。教室の机の配列も、みんなで話しやすいよう「コ」の字型に変わった。

 物語の主題の一つが「つぐない」。本文には一カ所登場するが、子どもたちは意味が分からず、辞書を引く。〈あいてにかけたそんがいを、おかねや品物でうめ合わせること〉。小学生向けの辞書にはそう記されているが、ぴんとこない。「最初は『恩返し』と同義語と捉える子もいました」と橋本教諭。

 ごんはなぜ、いたずらを繰り返したのか? 「ひとりぼっち」もキーワードの一つ。その背後に孤独・疎外感があり、やがて母を亡くして同じ境涯になる兵十への共感にもつながっていく。「自分の気持ちを伝えたかった」「だんだん、やさしさが増している」「力になりたかった」。子どもたちは、それぞれの感想や意見を発表し合い、心情理解を深めていった。

 10歳の壁-。子どもたちは、10歳前後で思春期へと向かい、心や言葉の変化、成長の試練を迎える。この物語は、そうしたタイミングに合わせた「心の教科書」でもあるように思えた。


物語のクライマックスはどこだろう?

 松尾寛教頭(50)は「低学年の国語では、文章に書かれていることを学ぶ。でも、この教材では記述から想像力も働かせ、見えない心をどう読み解くのかがポイント」。国語の教材としてだけではなく、自己理解や他者理解、人として成長していくための学びも含まれている。

 物語のクライマックスはどこだろう? 一連の授業終盤、橋本教諭は問い掛けた。

 兵十が火縄銃でごんを撃つ場面を挙げる子どもが多いかと思ったが、そうではなかった。〈ごん、おまい(おまえ)だったのか〉〈兵十は、火なわじゅうをばたりと取り落としました〉。それは普段、あまり意見を発表しない子だったりもした。

◆「ごんぎつね」あらすじ

 ひとりぼっちの小ギツネ「ごん」はいたずら好き。村で暮らす青年「兵十」が川に仕掛けた網に入っていた魚やウナギを逃がす。やがて、兵十の母が亡くなり、ごんと同じようにひとりぼっちに。ごんは「つぐない」のため、魚やクリ、マツタケを、兵十の家にこっそり置き続けるが、その思いは届かない。ある日、家に入るごんを見た兵十は、火縄銃でごんを撃つ。兵十はそのとき、ごんの思いを知る。

西日本新聞社
コメント

猫のいびきは病気のサインかも?

2016年12月13日 | 新聞や雑誌の記事
猫がすやすやと寝ている姿に癒される人は多いことでしょう。ただ、最近うちの猫、やたらと大きないびきをかいている……という場合は要注意。寝息とは思えないような大きないびきや、歳を重ねていびきをかくようになったという場合は病気のサインかも。いびきで発見できる病気をまとめてみました。

猫のいびきは鼻腔内が狭くなることで発生することが多いです。肥満やアレルギーなどで気道が狭くなっている場合や鼻腔内に異物や腫瘍などがあると、いびきをかきやすい状態になるそう。

元々、他の猫よりも鼻腔内が狭い鼻ぺちゃさんの、スコティッシュフォールド、ペルシャやヒマラヤン、エキゾチックショートヘアなどの短頭種は猫の鼻腔狭窄(びくうきょうさく)になりやすいといわれているので、注意が必要です。鼻腔狭窄になったときの症状はいびきのほかに、鼻の穴が狭まっている、鼻水を飛ばす、口呼吸をするなどがあるので、普段の行動に変化がないか見守り、変化を感じたら、病院などに相談することが大切です。

そのほか、いびきで疑われる病気は様々。

◆感染症による鼻炎
猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、クラミジアなどの「猫風邪」と呼ばれる感染症から、鼻の粘膜が炎症を起こし鼻炎となるケースがあります。

◆軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)
猫の口の中の上あごの奥にある膜状の組織を軟口蓋(なんこうがい)と呼びます。これが生まれつき長いと呼吸をするたびに振動が起きるのでいびきにつながることもあります。症状が重くなると、呼吸も苦しくなり、切除手術が必要なケースも。

◆鼻腔内腫瘍
鼻腔内に腫瘍ができると鼻水やくしゃみなどの症状に加え、いびきもかくようになることも。今まではいびきをかいたことなどなかったのに、急にいびきをかきはじめた場合は一度、動物病院に相談してみましょう。

◆心筋症
心臓の筋肉が分厚くなる肥大型心筋症は、猫の心筋症の中でもポピュラーな病気です。心臓が肥大すると、気管や気管支を圧迫し、その結果いびきをかくこともあるそうです。

多少のいびきなら大丈夫ですが、大きないびきや呼吸にいびきのような雑音が混ざる場合は要注意。心筋症などは初期症状がわかりにくく、症状が進んでしまってから発見される場合も多いので、小さな変化を見逃さないようにしたいものです。
コメント

「猫の寿命を10年伸ばす」腎不全予防薬に実用化の動き

2016年12月13日 | 新聞や雑誌の記事
 60歳で定年してから猫を飼い始めたという、元銀行員のAさん(74)は嘆く。

「還暦と同時にメスのスコティッシュフォールドを飼い始めました。胡蝶蘭が好きな妻が『ランちゃん』と命名して、娘同然にかわいがっていた。

 ですが、13歳を超えたころから嘔吐を頻繁に繰り返すようになって、獣医に診せたところ末期の腎不全と診断された。最期は寝たきりで、今年、14歳で亡くなった。以来、妻が塞ぎ込んでしまって。病気の兆候に早く気づけなかったことが悔まれます」

 14歳まで生きたことは、猫の平均寿命(11.9歳)に比べれば大往生かもしれない。それでも「もっと長生きさせてあげられたかも」と後悔する気持ちはペットを飼う人なら誰もが共感できるだろう。

 猫は他の動物に比べて腎不全で死亡する割合が突出して高い。日本アニマル倶楽部の調査によれば、猫の死因の22%にものぼる。だが、長い間、「なぜ猫だけ腎不全が多いのか」という原因は解明されていなかった。そのため治療法も確立できず、猫の腎不全は“不治の病”とされていた。

 そんななか、今年10月、愛猫家たちに吉報となる研究結果が出た。東京大学大学院医学系研究科疾患生命工学センターの宮崎徹教授が原因を突き止め、『サイエンティフィック・リポーツ』(電子版)に発表した。宮崎教授の解説。

「人間をはじめとする多くの動物は、体内に脂肪を融解するたんぱく質の一種『AIM』を備えていて、これが尿管の詰まりを解消し、腎不全を防ぐ働きをしています。ところが、猫の『AIM』は他の動物と微妙に異なり、その機能を備えていなかったのです」

 宮崎教授は、他の動物のAIMを培養して猫に投与した。すると、尿管の詰まりを除去する効果が確認できたという。つまり、猫以外のAIMは、猫にとっても腎不全の予防薬となるのだ。

「すでに予防薬の開発を始めているので、3年後を目途に実用化したい。そうすれば、猫の寿命があと5~10年延びることも夢ではない」(同前)

 この研究結果はネット上で拡散され、世界中の愛猫家から称賛の声があがった。
コメント

カテゴリ 起きたい時刻に目覚める能力を、人間は本来持っている!

2016年12月13日 | 新聞や雑誌の記事
 「睡眠の『質』を上げれば睡眠『時間』は必要最低限に収められ、さらにこれまで以上に日中を快適に過ごせるようになる」と語る『朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」』の著者・坪田聡氏。
では、どう睡眠の質を上げていくのか。その具体的な策をお教えいただく。今回は、目覚ましいらずの「理想の目覚め」について語ってもらった。

● 朝に弱いがなくなる「即起き」の技術とは? 

 前々回の記事では、拙著『朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」』に掲載されている「即寝の技術」の一部を紹介した。

 今回は反対に、本書に掲載した即起きの技術の一部を紹介しよう。これは、目覚めてすぐに一日をスタートさせる技術である。「即寝」の技術とは逆に、睡眠中の「リラックスした脳と体」から、昼間の「活動的な脳と体」に瞬時に切り替える方法だ。

 起きなければいけないのにダラダラとふとんから出られない、朝に弱い、といった悩みはもうなくなる。

 「即起き」のメリットも、睡眠時間の短縮だけではない。「即起き」できる状態とは、目覚めた瞬間に体内の副腎皮質刺激ホルモン(脈拍や血圧を上昇させて全身の細胞を活発に動かし、ストレス耐性を高める働きを担うホルモン)が十分に分泌されていて、心身ともに日中のさまざまなストレスに耐えうる準備ができているということ。
 つまり、体内の「今日一日」に対する準備も、起きた瞬間に整った状態にできるということだ。

 即起きの技術はいくつかあるが、今回伝えたいのは「理想の目覚め方」についてだ。
 あなたにとって理想の目覚め方とは、どのようなものだろうか? 

 目覚めにおける一番のストレスは「もっと寝たい」ということだろう。もっと寝ていたいのに、目覚まし時計で強制的に起こされる……耳元で鳴る目覚ましの音を「うるさいな」と思ったことは、誰しもがあるだろう。「まだ寝ていたいのに! 」「今起きようとしていたのに! 」とイライラしながら目覚める……朝一番に感じるストレスは目覚ましの音かもしれない。

 当たり前の話だが、自然に目が覚めるのが、人間が最も心地いいと感じる理想の目覚めだ。毎日、休日のように目覚ましを気にせず、目が覚めたタイミングで起きられたらどれだけ幸せだろうか……と思う人も多いはずだ。

● 人間に備わっている夢のような能力「自己覚醒」とは? 

 実は目覚ましなしで、休日のように毎日自然に目覚めることは、睡眠時間が短くても実現できる。
 人間は、「自己覚醒能力」という、自分が起きたい時刻に起きられる夢のような能力を持っているのだ。その能力をフル活用すれば、目覚ましなしで起きることができる。

 この自己覚醒能力については、目覚ましなしで起きられる人と、目覚ましがないと起きられない人を比べた興味深い実験がある。

 目覚ましなしで起きられる、つまり「自己覚醒」できる人は、目が覚める1時間前から、心地よく目覚めるのに欠かせない「副腎皮質刺激ホルモン」の分泌が緩やかに上昇し始め、気分よく目覚めることができた。
 一方、目覚ましで強制的に起こされた人の副腎皮質刺激ホルモンは上昇せず、目覚めの気分はよくなかった。

 自己覚醒能力の高い人は、起きる時間に合わせて副腎皮質刺激ホルモンを分泌し始め、目覚めてすぐ活動できるよう脳と体の準備を整えているのである。
 つまり、自然な目覚めができるようになれば、心地よく起きられるだけでなく、すぐに活動できる準備が整った状態で起きられるのだ。

● 5時に起きたいなら、枕を「5回」叩く

 では、目覚ましがないと起きられない人が、どのように自然に起きられるようになるのか。
 方法は単純だ。「何時に起きたいか」を強く思い描くだけでいい。それだけで、起きたい時刻に起きられるのである。

 嘘のような話だが、効果は実験でしっかりと証明されている。この実験では、被験者Aに「明日、6時に自分で起きてくださいね」と伝え、時計のない部屋で寝てもらう。
 一方、被験者Bには「明日、9時に自分で起きてくださいね」と伝え、時計のない部屋に寝てもらい、不意を突いて6時にたたき起こす。被験者Bにとっては少々酷な実験だ。そして双方の副腎皮質刺激ホルモンの分泌過程を調べる。

 結果、被験者Aは、6時の起床に向け、4時30分ごろから副腎皮質刺激ホルモンが増えだした。体が自然に、起きる準備を始めたのである。

 一方の被験者Bは、6時の時点でも副腎皮質刺激ホルモンの分泌は停滞したまま。体が9時に起きるつもりになっているのだから仕方がない。

 そして6時にたたき起こすと、副腎皮質刺激ホルモンの分泌が一気に増えた。予定していたよりも急に早く起きなければならなくなり、体がフル回転で副腎皮質刺激ホルモンを分泌させ始めたのだ。
 酷な実験を課しておいてなんだが、あまりいい目覚めとはいえない。

 つまり、「〇時に起きよう」と意識するだけで、その時間に起きるように体内時計を調整する機能が人間には備わっているのである。もちろん、目覚まし時計のように時間ぴったりというわけにはいかないが、起きようと意識した時刻の前後15分程度であれば、自然に目覚めることはできる。

 その精度を高めるためには、起きる時刻の数だけ枕を叩くのが効果的。5時に起きたいなら、1から順番に数字を声に出しながら、枕を5回叩く。これは記憶中枢に刻み込む作業で、自己暗示としては高い効果が得られる。加えて、「自分は絶対に起きられる」と信じ切ることで、自己覚醒能力はより高まる。
 気軽に取り組めるので、ぜひ今日から実践してほしい。
コメント

元CAが教える! 子連れフライトに欠かせない5つのアイテム

2016年12月13日 | 新聞や雑誌の記事
楽しい目的地まで辿り着くための最大の難関、子連れフライト。子どもが突然泣きだしだり、叫びはじめたりすれば、周囲のイタい視線が気になりますよね。今日はそんな惨事を避けるべく子連れフライトに用意しておくべきマストアイテムをご紹介します。

1: ドライフルーツ


出典: http://googirl.jp


子どものフライトで気をつけたいのが、離着陸時の耳抜き。耳抜きが上手にできないと、気圧の変化で鼓膜が引っ張られるためかなり強い痛みを感じるので、子どもの場合長時間ギャン泣きなんてことも。そんな惨事を防ぐためにも、耳抜き対策は大切です。

耳抜き時には唾液を出るような食べ物を子どもに与えましょう。一般には飴を舐めさせると耳抜きが上手にできますが、赤ちゃんの場合はミルクやジュース、まだ飴を舐められない1歳~2歳児の場合はなかなか噛み切ることができないフランスパンやドライフルーツなどをガムのようにくちゃくちゃ噛むのが効果的。耳抜きのタイミングは、離陸後15分~30分、着陸時はシートベルトサイン点灯時を目安に。


2: 厚手の靴下


出典: http://googirl.jp


大人の方の場合、快適な空の旅を満喫するためによく機内用スリッパを持参する方がいらっしゃいますが、小さなお子さんの場合はスリッパでなく厚手の靴下を持参するととても便利。小さなお子さんは座席でじっとしていられないので、靴を脱がせたり履かせたりの繰り返しなんてことがよくあります。スリッパ代わりに厚手の靴下を用意しておけば、いちいち履き脱ぎさせることもなく、着陸時にきれいな靴下に履き替えるだけで手間がいりません。

3: 塗り絵&シール


出典: http://googirl.jp


塗り絵やシールは子どもにおとなしく座っていてもらうための必需品。とくにシートベルトサインが点灯した離着陸時は座席を離れることができないので、塗り絵&シールが大活躍。シートベルト点灯時は座席のテーブルは使えないのでシールや絵本などテーブルを使わないで遊べるものが便利です。

また、おもちゃを忘れてしまった場合は、客室乗務員に子ども用玩具がないか確認にしてみるもの◎。長距離フライトの場合、航空会社によっては塗り絵や色鉛筆などを用意していることがあるので要チェックです。

4: ペットボトルの水

機内は想像以上に乾燥しているので、大人も子どもも水分補給は必須。お水は客室乗務員に頼めばすぐにもらえますが、小さなお子さんがいる場合、紙コップの水がこぼれたり、座席のテーブルをあけるのだって一苦労。とくに2歳未満のお子さん連れは膝に子どもを乗せているのでなかなか身動きがとれません。

子ども用の水筒や蓋をきちんと閉められるペットボトルがあると安心&便利です。液体物は機内持ち込み手荷物をチェックするときに没収されてしまいますので、手荷物検査を通り抜けたあとゲート付近の売店や自販機でペットボトルを購入することをオススメします。

5: 子ども用タブレット

娯楽レベルの高い機内のエンターテイメント。けれど、子どもの年齢によっては機内のエンターテイメントを使いこなせないこともあるので2歳未満のお子さん連れの場合は子ども用タブレットを持参しておくととても便利。長時間フライトの場合は、子どもがすぐに飽きないように事前に新しいアプリを多数ダウンロードしておくことをオススメします。

コメント

ホッチキスの針は外さなくても良いらしい 「古紙リサイクル時、ホッチキス針は障害にはなりません」

2016年12月13日 | 新聞や雑誌の記事
古紙をリサイクルに出す際、「ホチキス針を外す必要はない」とSNSで話題になっています。実際にホッチキス針の箱を確認すると、そこには確かに「ホッチキス針は古紙の再生紙工程で支障はありません」の文言が……。今までの一手間は何だったんだ……?

【画像】ホッチキス針の注意書き

 製造元のマックスのサイトを確認すると、「古紙リサイクル時のホッチキス針について」の記載があり、王子製紙による古紙再生の工程が記されています。

 まず、ブロックにした古紙の塊をバラバラにし、水とともに溶きほぐし繊維状にする工程で大まかなゴミが取り除かれます。この時、一部のホッチキス針も除去され、その後幾重にも組み合わされた除去装置でホッチキス針等の異物はキレイに除去されるそうです。

 あらためてマックス株式会社に電話確認したみたところ、水とともに溶きほぐされた紙よりも、ホッチキス針の方が自重があるため水に沈むそうです。その原理を利用して機械の中で他の不純物とともに除塵(じょじん)されるため、ホッチキス針は外さなくても古紙のリサイクル工程で障害にならないとのことでした。
コメント

行き詰った時に脳を解放する「sleep on it」の効用 - 茂木健一郎

2016年12月13日 | 新聞や雑誌の記事
何か課題に取り組んでいて、なんだかこんがらがった感じになり、これ以上押してもなかなか前に進まない、という感触になることがある。そんなときは、無理に押さないで、離れるといい。一つの有効な方法は、眠ってしまうことである。ソファや椅子で、5分、10分の仮眠でもいい。

ほんとうに眠らなくても、目を閉じて、頭をからっぽにして、じっとしているだけでも良い。すると、脳のDefault Mode Networkが活性化して、さまざまな情報を整理してくれる。オフラインのプロセスが進行することで、もつれていた糸が、ほぐれていくのだ。

英語には「sleep on it」という表現がある。何かの問題について、一晩眠って考える、あるいは小休止をする、という意味である。つきつめすぎて脳が疲れるのを避ける、という意味だけでなく、以上に述べたような、無意識のプロセスに期待する、という意義を持つ。

漫画家にとって、ネームを描くのはいちばん創造的で、きつい作業だが、浦沢直樹さんはつまると、ソファの上で目を閉じて10分とか15分とか眠るという。すると、目が覚めた時にネームができているというのだ。まさに「sleep on it」の効用である。

眠るのが難しかったら、ちょっとオフィスを出て、外を5分くらい散歩するのでも良い。その時のコツは、頭を空っぽにして、今までの問題を考えないことである。意識の中では考えていない状態が、無意識の中では、かえって、その解決に取り組んでいる状態を意味する。つまりは、脳のモードを変えるのだ。

以上に述べた方法を実践する上で一番大切なのは、集中して取り組んでいて、もうこれ以上、と行き詰った状態を察知して、そこから脳をリリースすることを学ぶことである。

だらだらと、同じ課題に取り組んでいるのが一番良くない。集中とリラックスというメリハリが大切なのだ。

茂木健一郎[脳科学者]
コメント

【しつけ】「子どもを怒鳴らずに納得させる」方法、秘訣は“クレーム対応”にアリ!

2016年12月13日 | 新聞や雑誌の記事
レストランでクレームを言ったことはありますか? または、買った商品に対して文句をぶつけたことはありますか?

実は、クレーム対応の極意は“お客様がどんなに理不尽なことを訴えてきたとしても、まず相手の立場に立って共感すること”なのです。

「もし、私がお客様の立場だったら同じように感じると思います」の気持ちを示すか示さないかで、相手が抱く感情は全く変わってきます。

これって子育てに応用できるんですよ。

『〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』の著者の立石美津子が、その方法をお話しします。

納得できない言われ方

テレビショッピングでダイエット器具を買ったとします。でも、CMでやっているほど効果がありませんでした。

そこで「使ってみたけれども、ちっとも体重が減らないじゃないか!」とクレームの電話を入れたとします。

オペレーターから「そんなことはないはずです。大勢のお客様に効果が出ています。あなたの普段の食生活を見直して、運動もそれなりに行っていただいて…」と延々と説得されても、最初の「そんなことはないはずです」のフレーズで耳にシャッターを下ろしてしまいますよね。

これと同じで、子どもがこのような態度をとったとき、最初から突き放してしまっていませんか?

●いつまでも公園から帰ろうとしない→「いい加減に遊ぶのを止めなさい!夕飯の時間が遅くなっちゃうじゃないの!」

●玩具をいつまでも片づけない→「なんで片づけないの!さっさとしまってご飯食べなさい!」

●夕飯の前にお菓子を食べたがる→「お菓子はダメ!ご飯食べてからじゃないとダメ!」

●バスや電車ないで騒ぐ→「コラッ!シーシー」

●売り物を触る→「触っちゃダメ!」

子どもだって、それをしたい理由があります。そんなときに頭ごなしに怒られても、「じゃあ、そうしよう」とはなりませんよね。


応用あれこれ

そこで、クレーム対応の極意の応用です。「あなた様がそう考えるのは最もでございます。」という姿勢で説得してみましょう。

●まだ遊び足りないから、公園から帰りたくないと思うのは・・・最もでございます。

●玩具を片づけるのは面倒だと思うのは・・・最もでございます。

●夕飯前にお菓子を食べたいと思うのは・・・最もでございます。

●バスや電車の中で騒ぎたい・・・・最もでございます。

●スーパーで商品を触りたい・・・最もでございます。

「最もでございます」とまで言わなくても、「そう思う気持ちはよくわかるよ」と言葉にしたり、共感している気持ちを語気や柔らかな表情で伝えながら話すのです。

これで子どもは「ああ、ママは自分の気持ちをわかってくれた」と思い、聞く耳をまず持ちます。

そこでこう話を続けるのです。

●【共感する】まだ遊び足りないから、公園から帰りたくないのね。わかるわかるその気持ち。

⇒【本題】でも、これ以上遊んでいると暗くなってしまうよ。夕飯の時間も遅くなってしまうよ。あと2回滑り台をしてから帰る? 3回滑ってから帰る?

●【共感する】遊んだ玩具をいちいち片づけるのは凄くめんどくさいよね~。

⇒【本題】でも、元あった場所に片づけないと、次遊ぶとき行方不明になってしまうよ。だから、片づけよう。

●【共感する】お菓子って美味しいよね。夕飯前にお菓子を食べたいのはわかるよ。ママだってケーキばかり食べていたいと思うもの。

⇒【本題】でも、先に甘い物を食べたらお腹がいっぱいになってしまって、御飯やおかずが食べられなくなるよ。それでは身体も大きくなれないし、力もつかず風邪も引きやすくなっちゃうよ。だから、夕飯が済んでからデザートのお菓子を食べようね。

●【共感する】バスや電車でのお出かけは楽しいよね。だから大きな声を出したくなるよね。

⇒【本題】でも、自家用車ではないの。寝たい人、本を読みたい人など色んな人が利用する交通機関だからお口は閉じていようね。

●【共感する】この鶏肉パック、ぷにょぷにょしていて触りたくなるよね。

⇒【本題】でも、これはまだお金を払っていないからあなたのものではないの。誰かが触った指跡のついた鶏肉は食べたくないよね。だから、売り物は見ているだけにしようね。

まとめ

子どもの言い分に耳を傾けることなく「ダメ!」「コラ!」「いい加減にしなさい!」「シーシー」と命令するだけですと、その言葉に条件反射するだけに留まってしまいます。

もし、これで親の言うことを聞いたとしても「子どもはママが怒るから、怖いからやらない」だけで、心から理解して納得はしていません。だから叱る人がいなければ同じことを繰り返します。

子どもがその行動を止めないのは「楽しいから」「好きだから」なのです。そして、その楽しみを抑えても、中断しなくてはならない理由がわかっていないので、またやってしまうのです。

子どもが適切な行動をするようになるためには、まず共感してやり心を開かせてから、なぜそうしなければならないか理由を説明しましょう。

子どもであっても立派な意思を持った一人の人間です。きちんとした扱いをされれば正しい行動に移りやすくなるものですよ。
コメント