ガーリーバンドSCANDALに嵌った日

ガーリーガレージなバンド、SCANDALを応援するブログです。

タイアップ2曲、いいですね(*´▽`*)

2020-01-06 12:58:44 | シングル・アルバム感想
ちょろっとだけの感想ですけど……。
ドラマ「来世ではちゃんとします」のタイアップである「Tonight」とアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」のタイアップである「AMDKJ」を聴きましたが……両方ともイイですね(≧▽≦)!

どちらもアップテンポで爽快感ありますが、「Tonight」のほうはポップな感じで明るく前向きな印象が強いですね(∩´∀`)∩ 歌詞をちゃんと聞いているわけではありませんが(ボクは歌詞を気にするのはずっとあとで曲調でまずは聞くタイプなのです(^^ゞ)、弾むような恋心を歌い上げた踊れる曲、といった感じがします。

「AMDKJ」はアゲアゲチューンのロックという感じで……これはべらぼうにカッコイイ!(≧▽≦)
一発聞いただけでズキューン! とやられました! 歌詞もボクはこういうタイプの方が好きかな……。
これは多分、多くのスキャちゃんファンが好きなヤツだと思うんですが、アルバムとライブが早くも楽しみになってきました(*´▽`*) かなり期待できそうですね!

いやあ~ホントにいいものを作り続けるバンドになってくれて、新年早々感無量でした(*´▽`*)
コメント (2)

2020年もよろしくお願いいたします。

2020-01-02 00:05:47 | ご挨拶
 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
 
 今年は(今年も?)すでにフルアルバムやツアーが発表されているので、安心してSCANDAL活動ができますね(*´▽`*)
 ボクは近所の名古屋、江南と大阪2日目に参戦する予定です。
 アルバムの方もドラマの主題歌になったり(実はこれが初めてだそうで……ちょっと意外でしたが)アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」のED曲に使われたりと、なかなか盛りだくさんな内容のようです。
 鬼太郎なんてボクが子供のころからやってますからね~。そんなアニメの曲に使われるなんて、ちょっと嬉しいですよねw
 
 早くアルバムを聴きたいと思いつつ、今年もボチボチこちらのブログはやっていきますので、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
コメント (3)

年末の挨拶

2019-12-29 22:10:22 | ご挨拶
 
 今年もなかなか更新ができなかったのですが、お世話になりました。
 ライブレポくらいしか出来なくなった状態でありながら、毎日のように来て下さる方もいらっしゃるようで本当にありがとうございます。
 ボク自身がずっと忙しく、毎日仕事をしているような状況なので(好きな時間に仕事ができるという気楽さはあるんですが(^^ゞ)記事を増やすのは現実的には難しいんですが……来年も同じようなペースで細々と活動していければと思っています。
 
 今年のSCANDAL、一番のトピックといいますとやはりプライベートレーベル〝her〟を立ち上げたことになるんじゃないでしょうか。
 デビュー以来お世話になっていたレーベルを離れるわけですから、メンバーの葛藤も大きかったと思います。
 
 ファンとしてもどうなるやら、ヤキモキする面もあったかもしれませんが、結果的にいうと大きな活動の変化もなく……まずまず順調な船出をきれたと言えるんじゃないでしょうか。
 
 個人的には「Fuzzy」のライブや先日の対バンライブなど、当たりのライブが多かったため「常に最高のライブを提供してくれる」という印象がますます強くなった一年でしたねw
 あとツイッターで「SCANDAL」がトレンドするのを何度も見たのも印象深いです(*´▽`*) 今年やたら見た気がするんですけど……なにか理由があるんですかね(^^ゞ しかしスキャちゃんが話題になるのは嬉しいことなので気分がアガリましたね~。
 
 来年も早々にアルバム発売がありますし、それを引っ提げてのツアー、さらにはドラマとのタイアップもありと……引き続き楽しませてくれそうです。
 
 ボクも今までのようにひっそり、できる限り応援していきますので、来年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
 それではみなさん、よいお年をお迎えください(∩´∀`)∩
コメント (2)

SiMとの対バンライブレポ、いやぁ、いいもの見れました(*´▽`*)

2019-11-18 13:36:27 | ライブレポ
昨夜の興奮も冷めやらぬなか、SiMとの対バンライブのレポートと参りましょう(∩´∀`)∩
いつも通り、記憶違いや音楽素人ゆえの間違いとかがあったらすみません(^^ゞ あと基本的にはボクの主観で書いているものなので、その点ご容赦いただければ~m(__)m

前半でSiMが温めまくった会場なんで、もう完全に出来あがった状態のZepp OSAKA bayside。
「最強のライブモンスター」の後、SiMファンも多くいるなかでのいつも通り登場しました(*´▽`*)


1、最終兵器、君

なんと! まさかの新曲でスタートです。これには度肝抜かれましたね~。
とか言いつつ、実はライブ前の予想でこの1曲目をボク、当ててました~(∩´∀`)∩ すごくないですか? スゴイでしょ!?(・∀・)
ただ偶然当たったとはいえw、まったくの適当でもなくそれなりの根拠もありまして。新曲はこのライブで確実にやると思っていたんですが、ノリの面で考えると新曲はどうしても慣れてない面がありますからね~。やるなら案外1発目がいいんじゃないかと思ったわけです(^^ゞ

しかし実際にはSiMが温めてくれていたこともあってか、いきなりよく盛り上がってました(*´▽`*) ラストのHARUNAの鉄砲バキューンポーズなんてハート射抜きすぎやん! って威力ですしねw
でもってHARUNAがいつもより気合い入っているのが煽りで伝わってきましたw やっぱり対バン効果というか、SiMの影響を受けてたんだと思います。
ぶっちゃけ去年の対バンのときは、スキャちゃんめっちゃ余裕感じられたんですよ。横綱相撲とまでは言い過ぎかもですけど(^^ゞ、威風堂々平常運転だった印象があります。
やっぱりSiMは最強格のライブモンスターなんだなと、このとき思いましたね~。


2、エレクトリックガール

さすがに畳み込んできます、高速ハイテンションなら負けてないエレクトリックガールの登場ですよ(*´▽`*)
いや~、やっぱりいいですね! この曲めっちゃ好き(*´▽`*) アドレナリンがぐんぐん分泌されるのがわかりますもんw
そしてライブ曲にとって、「声をだす」「アクションがある(タオル回しとか)」がある曲ってやっぱりすごく強いです! 一体感がめちゃめちゃ生まれるんですよね。
聞き取りやすいHARUNAのヴォーカル、MAMIのギンギンのギター、ノリをつくるRINAのドラムと、技術がちゃんとあるので初めて聴いた方でもすっとノレると思うんですよね。なによりTOMOMIのベースソロがカッコよかった! 聞かせるベースソロなんですよね~、カッコイイ!(≧▽≦)
きっとSiMファンの方もおお、と思ったんじゃないですかね~。


3、瞬間センチメンタル

「これが本物だ~!」というHARUNAのシャウトで始まりましたw 、もちろんSiMのMCを受けての発言です(前の記事参照)。
「瞬セン」ももちろん鉄板曲なので盛り上がらないわけがない! んですが、加えて知名度も高いと思うんですよね。
SCANDALのライブが始まったときから会場の一体感はありましたけど、よりガチッと温まった感がありました(*´▽`*) 全体がより一層ぶわっと盛り上がったといいますか。

ボク個人的な感想ですけど、ここらでもう会場全体がスキャちゃん色に完全に染まっていたと思います。
あれだけ素晴らしいライブをやったSiMの余韻を自分色に染め変えていくのって凄いことだと思いますよ!
SiMファンの方がこれくらいまではまだダイブとかやっていたんですが、たぶん「SCANDALのライブではやらないんだ」と気付いたようでやめたんですね(その気遣いがまた素晴らしい!)
だけどちゃんと盛り上がっていて、それでちゃんと楽しませているわけで、改めて本当に強いバンドになったんだな~と感じ入ってしまいました(^^ゞ


MC

「え~、サイレントサ……はあ!?」というHARUNAのノリツッコミがまず炸裂しましたw これもSiMのMCを受けてのことですね(^O^) このあたりの機転の利き方がさすがですw

「いや~、ホントにSiMがめっちゃめちゃやってくれて……(笑) ウチらのファンを可愛がってくれました(^^ゞ でもいつも通りにやってくれと言っていたので、全力でやってくれて本当に嬉しかったです」

「こうやってSiMをお迎えしたのはウチらも新しいフェイズに行きたいなと思っていて。だからファンの子たちにも新しいものを見せて欲しいなって。それはSiMの流儀をマネしろってことじゃないよ? 私たちなりの流儀で、もっと上のものを目指していきましょう」

SiMのMAHさんも言ってましたけど、これらのMCから「次の段階に進みたいんだ」というスキャちゃんの意志が強烈に伝わってきましたねえ。
それは丸々SiMのようなことをする、というのではないんですが、方向性としては間違いなく「最強のライブバンド」を目指していくんだ、ということなんだろうと思います。プライベートレーベルを立ち上げたのも、そういう方向性に進みたい意志と関わっているように感じますしね。


4、マスターピース

再開はこの曲からスタートです。しかし「マスターピース」もいい曲なんですよね~。MAMIの作曲のセンスが溢れまくってる名曲なんじゃないですかね。RINAの歌詞も前向きでグッときますしねw
新しい曲でもいいものを生み出せているのが、スキャちゃんの未来を明るく照らしているように思いますw
SiMのライブからここまで、もうホントに休むことなくず~っと盛り上がりっぱなし(*´▽`*) 対バンだと曲数が10曲程度になるので、逆にガンガン攻める良セトリになるのかもしれないですね。


5、LOVE SURVIVE

なるほど! これはみんな盛り上がるの間違いナシだろうな「ラブサバ」です(*´▽`*) やっぱりこの曲も強いな~!
対バンライブで使うにはピッタリの一曲かもしれないですねw 高速テンポでテンションアガりますし、スキャちゃんならではといっていいHARUNA&TOMOMIのツインヴォーカルですしね(∩´∀`)∩
これまでももちろん会場アゲアゲなんですけど、ここで一回沸点に達したかな、というほど爆アゲでしたね~(*´▽`*)


6、声

個人的に今回一番印象に残ったのがこの「声」なのでした。
なにしろこのタイミングでの「声」はエモいですよ! エモすぎでしょう!!
MAMIヴォーカルなのでSiMファンの方からすると新鮮さもありますし、ノレる曲調でもあるんですけど……この曲自体は歌詞からいっても本来はじっくり聴いて泣ける曲だと思っていますので。久々ということもあって、胸キュンキュンですよ(´;ω;`)ウゥゥ 泣ける。

いやもうここまでがずっとアゲアゲだっただけに、ここでの「声」はインパクトありました。対バンライブでこれをやるのも勇気いると思いますしね。
正直これを聴いた瞬間、心が完全にスキャちゃんに持っていかれましたね~。なんというか「やられた」と思いました(*´▽`*)


7、STANDARD

……と「声」でキュンキュンさせておいてからの「STANDARD」!! 感情がブン回されてる!(((o(*゚▽゚*)o)))
アカンアカン、こんなにジェットコースターみたくテンション振り回されたら壊れますやんw いやもう最高! 会場が一体となってヤングコーンやる光景といったら!(≧▽≦)
またMAMIがいつもより明らかに気合い入っているんですよねw これもHARUNAと同じく、SiMのライブに影響受けた結果だと思います。それだけSiMは強いバンドなんですよね。
もともと「STANDARD」はめちゃめちゃ好きなんで、これだけでもクッソアガるんですけど、「声」からの流れで威力倍増でした。シャウトすんの、めっちゃ気持ちいい。昇天寸前w

気がつけば自分がめっちゃ笑顔を浮かべているのに気付いて……ああ、やっぱりスキャちゃんは幸せなんだと思いましたね。SCANDALのライブは楽しい。これ。
暴れまくりのSiMのライブをこうやって塗り替えていくのが、繰り返しになりますけどホント素晴らしかったです。


MC

ここではまずMAMIが珍しく話し始めました。SiMとの橋渡しをした、という意味もあるんでしょうね。

「アツい~。とりあえずみんな、クールダウンしようか」(すかさずTOMOMIが「ふぅ~」と深呼吸を。このカワイさで会場がどっと沸きましたw TOMOMIはこの一言だけ、RINAにいたってはひと言も喋らなかったんですけど、たったひと言で爪痕を残すTOMOMIの恐ろしさw)

「対バンが決まってからSiMのライブにお邪魔して挨拶にいったんですよ。そしたらMAHさんが乙女のようになってて(笑)。ライブどうしようかな、というので『遠慮なくやってください。お互いの流儀でやりましょう』と伝えました。そしたら本当にいつも通りのライブをやってくれて本当に嬉しかったです」

「ファンのみんなにもこういうモッシュやダイブとか、こういうライブの楽しみ方もあるのを知ってもらいたかったんです。いろいろな楽しみ方をしていいんだよって」

このMAMIの発言も、スキャちゃんが今後向かっていきたい方向をなんとなく示しているような気がしますよね。
続けてHARUNA。

「ここ最近はずっとワンマンライブばかりしてたんですけど、正直フェスとかにいってもなんとなくウチらは真っ直ぐ見てもらえていないというか……私たちは真っ直ぐ音楽に取り組んでいるんですけど、そういった目では見られていないと感じていたんですね。だったらワンマンでめちゃめちゃ力つけようじゃないかと」

「それでようやくどんなバンドとも闘えると自信がついたので、今日は最強のライブモンスターSiMに来てもらいました。こうやって最高の夜をつくってくれたSiM、そしてSiMのファン、もちろんウチらのファンに本当に感謝します」

このMCはとても良かったです。文字にするより、実際に聞いてもらうと何倍もグッとくるんじゃないかなと。
プライベートレーベルherを立ち上げてから、HARUNAのMCが格段によくなったように感じるのは気のせいですかね(前が悪いというわけじゃないですよ)。なんだかストレートな言葉を発しているのがすごく伝わってくるんですが……。
本当にウソ偽りない心境なんだろうな、と感じる淡々と喋りながらも熱いMCでした。


8、Fuzzy

あっという間に感じるライブもこれで最終ターンに入っていきますが……これがまたエモいんですよね~「Fuzzy」。
ここでもまたグッときちゃいましたねえ。テンポは早くてアゲアゲな曲調ながら、サビから切なさがズズ~っと入って来て……。ただ盛り上がるだけじゃなく、惹かれるんですよね。こういうところもスキャちゃんの中毒性なのかもしれません。特に女性は惹かれるのかな~と。
「声」でも「BABY」でも「会わないつもり」でも「カゲロウ」でも、ノリのいい曲調&切なさはSCANDAL最強楽曲方程式のひとつかもですw


9、Flashback №5

いまや完全に鉄板曲入りした感があるこの曲ですがw、やっぱり合いの手を入れる系統は盛り上がるんですよ!(≧▽≦)
シャウトしてるとガンガン自分のなかで盛り上がりますし、「STANDARD」とか「エレクトリックガール」のようなこっちのタイプはライブに欠かせないもうひとつのSCANDAL最強楽曲のパターンな気がしますねw
叫びながら気付けばやっぱり笑顔になってるんですよね(*´▽`*) もうホントに楽しいw 
幸せで汗かいてエモさもあるって、どんだけオイシイライブなのかって話ですよねw


10、テイクミーアウト

これも確実にあると予想できたライブ鉄板曲「テイクミーアウト」(*´▽`*)
わかっていてもめっちゃめちゃ盛り上がります……!! HARUNAの「踊れ~!」という煽りがこれほどピッタリの楽曲もないんじゃないですかねw まさしく会場全体が一体となって爆発してました(*´▽`*)
もう見渡す限りフロアが踊りまくり、そして「パッパラ」の大合唱……いやライブ最高っす(≧▽≦)! これは幸せ空間すぎる~!!


11、SCANDAL BABY

ラストにきました、SCANDALの国歌「BABY」!!
もう完璧すぎるといっていいセトリのラストを飾るのに、これ以上相応しい曲はないんじゃないですかねw いやでも贅沢すぎるかも……。これまででも十分満足なのに、オイシすぎるラストですよ(∩´∀`)∩
ワイパーなどは本当に全員が……それこそSCANDAL、SiMのファンの区別なくみんながやってるんですよね。完全に会場がみんなで盛り上がっているという……。
これがSiMとの対バンライブの答えだとボクは思いましたね~(*´▽`*) 恐らくこの光景はスキャちゃんのメンバーにも確かな手応えとして目に映ったと思います。


次の段階に進みたいSCANDALにとって、最高の答えがでた今回の対バンライブだったんじゃないでしょうか。
改めてSiMに感謝したいですし、素晴らしいライブを見せてくれたスキャちゃんを誇りに思えますね(∩´∀`)∩
コメント (9)

対バンライブにいってきました~(*´▽`*)

2019-11-18 03:14:29 | ライブレポ
ご無沙汰しております~。いまやすっかりライブのときしか更新しないブログになっちゃいましたが(^^ゞ、元気に生きてますよ(∩´∀`)∩
「SCANDALの対バンライブ大阪公演」、SiMとの対バンに参戦してきました~(*´▽`*)
ライブ前とかにいろいろ面白いこともあったんですが(^^ゞ、そちらは置いておいて。

ひと言でいうと……すげえ良いライブでした!(≧▽≦) いやホント、ワンマンライブに慣れてますが、他のバンドと相乗効果がある対バンもかなりいいです……普段は見られないバンドさんを見られるのもいいですが、SCANDALというバンドの立ち位置がわかるのもいいですね(*´▽`*)

よく海外にいくと日本のいいところが見える、というでしょ? あんな感覚です。
他のバンドさんのいいところを見ると、スキャちゃんの良さや個性も浮き上がってくるんですよね。
対バンとはいうものの、どちらもいいバンドだ!(*´▽`*) という気分になるのがハッピーですよw

もしかしたらSiMのファンの方が検索などして、間違ってここのブログにいらっしゃるかもしれませんので予め断わっておきますが(^^ゞ、あくまでここはSCANDALの応援ブログですのでSCANDAL中心の感想になっております。その点ご容赦をm(__)m

しかしSiMは本当にいいバンドでしたね~。HARUNAが「最強のライブモンスター」と言ってましたが、その呼称も納得な素晴らしいバンドでした。
曲調自体ノリノリで、SCANDALファンの方は基本的に好きな方が多いんじゃないでしょうかね。ボクも初めて聴く曲なども多かったんですが、関係なく楽しめました(*´▽`*)
デスボイスのシャウトが多いのでゴリゴリ感は強いんですけど、ひとつの曲のなかでも転調が多いので、飽きないんですよね。電子音も効果的に使って、楽曲自体すごくよくできてるなあと(音楽素人の感想ですけどね(^^ゞ)

でヴォーカルのMAHさん(スキャちゃんたちがマーさんと呼んでいたので、ボクも合わせますw)がヤンチャ感いっぱいなんですが、決して失礼な感じはないんですよね。可愛らしいキャラというかw 愛すべきヤンチャぶりなんですよ。
ひとつひとつの曲の煽り方が違っていたり、派手に暴れているようでギターとベースの方が同じタイミングで楽器をぶん回していたり、実はめちゃめちゃ演出が計算され尽くしていると思います。
なので盛り上げ方がすごく上手いんですよね。まさしく「ライブモンスター」でした。

MCも面白かったので、いくつか覚えているものを抜粋しますね。(発言は全部MAHさん)

「今日はサイレントサ……SCANDALに対バンライブに呼んでもらいまして……」(この名前を間違えるボケを2回やってましたw 2度目にはブーイングもw もちろんブーイングも本気のヤツじゃなくツッコミの意味でのヤツです)

「SCANDALとはフェスでもすれ違うくらいで、ギターのMAMIちゃんと2~30人のバンド飲み会で知り合うくらいでした。でも手は出してないので安心してください(・∀・)」

「今オレたちもツアー中なんだけど、対バンに呼んでもらったのできました。SCANDALはこれまでずっとワンマンライブをやってるイメージだけど、ここでオレらと対バンするのもなにか新しいことに挑戦したいのかなって。今日のライブはいつもやってる通りを遠慮なく出して、と言われたんで全力でだします」(なにげにスキャちゃんの心情を的確に指摘している言葉じゃないかと)

「東京でキュウソネコカミが『瞬間センチメンタル』やったって言うんで……考えることは一緒だなと」(会場「オオ~!」)
「キュウソは原曲からキーを下げてやったとかで……じゃあこっちはやったろうじゃんと。一番しか歌わなかった? じゃあこっちはフルだ」(会場ますます「オオ~!!」)
「練習してきたんで……聞いてください」(『瞬セン』のイントロが始まり……すぐに終わりました(^^;))
「いやこんな高いキー無理だわ! 本物がこの後やるんでそれ聞いてください」(このあたりがホントに可愛げのあるヤンチャぶりなんですよね~(*´▽`*))

おっと気が付けばSiMのことばかり書いてますけど……(^^ゞ それくらい魅力あるバンドさんだったということで。
で、モッシュやらダイブやらサークルモッシュやらも、ファンの方がすごくやってるんですが、(ボクは2階席だったので)上から見ているとかなりコロコロしてましたw それでもSCANDALファンとSiMファンが、どっちがどっちかわからないくらい融合してましたね~。

昔はなんとなくですけど、スキャちゃんファンと他のバンドさんのファンとの間で違いがあったように思うんですよ。あそこはどっちのファンだな、とわかるというか。
そういうのが傍目からは全然わからなくなっていて、ボクなどはそれでちょっと感動しちゃいましたね(^^ゞ

SiMがこれだけ素晴らしいライブ見せた後だと、次に出てくるSCANDALは大丈夫かな……と以前は思ったものですが、いまやどのバンド相手でも自分たちの色を出せるのがスキャちゃんですからね(*´▽`*) 
去年の対バンでそこはハッキリ見届けていたので、今回は余裕を持ってSCANDALのライブを待つことができました。

ということで今回はここまでにして、スキャちゃんのライブレポは次回(明日かな?)に持ち越しにさせていただきますm(__)m
コメント (2)