NATURAL SOUND

音楽の話を中心に、日々のできごと‥

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

BRUCKNER SYMPHONY No.7

2018年05月12日 19時50分42秒 | ブログ
ブルックナーの7番。彼の作品の中ではおそらく最も知られているもので、演奏会でもよく取り上げられます。2003年にウィーンフィルがティーレマンと来日した時のサントリーホール。ビデオテープで録画してDVDに保存していたものです。この時ティーレマン45歳。若いのにテンションの高い素晴らしい演奏。
続いてさらに遡ること20年ほど。1986年のヨッフム~コンセルトヘボウの人見記念講堂での演奏。こちらはゆったりとしたテンポで風格のある悠揚たる演奏。どちらも素晴らしいのですが、この年になるとヨッフムに魅かれますね。7番を二回続けて聴いたのはたぶん初めてです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« EROICA | トップ | Ein deutsches Requiem »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事