内的自己対話-川の畔のささめごと

日々考えていることをフランスから発信しています。自分の研究生活に関わる話題が多いですが、時に日常生活雑記も含まれます。

集中講義第五日目(最終日)― まだやるべき仕事が残されているという自覚

2018-08-04 23:59:59 | 雑感

 「災害レベルの」記録的な酷暑の中、五日間の集中講義を今日無事終えました。反省すべき点ももちろんのこと多々ありますが、今年で八年目の夏期集中講義も、それに参加した者たちそれぞれにとって収穫のある内容にできたかなと思っております。なにはともあれ、一仕事終えて、ホッとしています。
 私自身にとっては、先月刊行されたばかりの『個体化の哲学』の邦訳の「序論」をこの集中講義の中でつぶさに検討する機会を与えられたことは幸いでした。おかげで、ちょっと捻くれた間接的な言い方になりますが、私にもまだやるべきことがあるのかも知れないと思えるようになりました。
 先週土曜日に帰国してちょうど一週間、これで今回の夏期日本滞在中の職業的義務はすべて終了いたしました。バンザ~イ。明日から夏休みだぜぃ。













ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 集中講義第四日目 ― 新宿で『... | トップ | 何もしない静かな午前と人と... »

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事