こんにちは浦田関夫です

市民の暮らしを守るための活動や地域のできごとを発信・交流しましょう。

耕作放棄地は、農産物の価格安定でなくなる

2011年11月26日 06時49分13秒 | Weblog


 24日からデコポンの発祥地として有名な熊本県宇城市へ農業委員会のメンバーとして「耕作放棄地対策」について視察に行ってきました。

 「耕作放棄地の対策」については妙案は、「農産物が生活できる価格で売れること」と宇城市の農業委員会会長が述べられ、唐津市のメンバーも意気投合しました。
 いまは、つくった農産物は生産費を下回る価格が続き、「子どもに農業を継げとは言えない」状況はどこも同じです。

 宇城市では、イノシシだけでなくシカの被害も増えているそうです。くわえて「台湾リス」が繁殖し、年間1000数百頭捕獲しているとのことでありました。動物園が休止して野生化したのではないかと話されていました。
これも、農業の荒廃と無縁ではないでしょう。

 



 イノシシ対策で「金網」をつくっている会社も視察しました。
この会社は、売り上げの3割がイノシシ対策用の「金網」をつくっているとのことでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 「仕込み質問」は、第三者委... | トップ | 「カネ」まみれの原発推進 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

耕作放棄地=シャッター商店街問題?  (Whistle Life)
 今回は耕作放棄地について考えてみたいと思います。耕作放棄地とは文字通り耕 作が放棄された農地のことを言い,現在日本では,山間部の集落を中心に後継者 不足・野生鳥獣害を理由に耕作放棄地が増...