こんにちは浦田関夫です

市民の暮らしを守るための活動や地域のできごとを発信・交流しましょう。

消費税は「高齢者のため」はウソ

2013年09月26日 06時18分16秒 | Weblog


 厚労省は25日社会保障審議会の介護保険部会を開いて、一律1割負担になっている介護サービスについて、一定の所得がある人を2割にする案を示し2015年度から実施しようとしています。

 高齢者5人に一人が対象になるといいます。
安倍政権は、消費税を5%から10%へ増税する計画です。
その理由を「高齢者社会を支えるため」と説明していましたが、それが真っ赤なウソであることがここでも証明されました。

 消費税の財源を5兆円の「景気対策予算」(大型公共事業)や「復興法人税の廃止」をしながら国民には、25年間も「復興税」を負担させる自公政権のまやかしがここでも暴露されました。

 消費税に頼らない社会保障制度と景気対策は、国民の雇用と所得を引き上げることにあります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 残念!ホークス・ファーム誘致 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事